デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

今日のラノベ!

ギャルこん2!

講談社ラノベ文庫より
『ギャルこん2!ギャルと合コンに参加することになった。』です。



【あらすじ】

「あたしと一緒に、合コンに参加してほしいデース」そんな真乃のお願いにより、オレは人生初の合コンに参加することになった。ギャルが苦手なオレにとっては気が乗らないのが正直なところだが、真乃の頼みとあらば仕方ない。だが、いざ会場に向かってみると、そこに現れたのはオレの知っている真乃の姿ではなく、肌が黒くなってギャル度は高めだが、態度は逆にお淑やかになっているという、明らかに様子のおかしい真乃…いや、真乃の偽物だった。首をかしげるオレたちだが、一方で、果音の様子もまたおかしい。オレを騙してホテルに連れ込んだかと思うと、そのままオレを押し倒してきて…!?純情ギャル&真面目少女との新婚生活ラブコメ第二弾!



感想:★★★★☆


(1巻で受けた『僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない』と似てる…っていう印象は全く無くなったということを最初に。)

『ギャルこん!2』ではなく、『ギャルこん2!』なんですね。
階乗だから実質4巻です(違います)。
あぁ、なるほど。
ギャルと合コンにってことですか(違います)。



1巻の感想では「果音ちゃんの感情出るシーンをもっと読みたい!」と書いていましたが、その点についてはとても満足です!
ラブホでおっぱい見られちゃうシーンの赤面なんかね、最高ですよね!
本当に「なんてこと無い」なら目隠しも手を縛ることも無いわけだから、彼女が吐露した以上にドキドキしていたことは明白!
服を着る前に拘束を解いてしまうなんて初歩的なミスを彼女がシラフでするはずがない!
そう、ドキドキしていたことは明白!!

明白である!!!!

って事あるごとに煽って羞恥と蔑みの目線に晒されたい。


後半、真面目なシーンで言い負かされてしまった果音の涙もまた、ベクトルは違えど羞恥と同じで今までならあり得なかった表情ですよね。
論理的に完璧な筋道を立てているが故に、それを超える理屈(または屁理屈)を出されたら即応できないのが果音ちゃんの弱点。
幼なじみっていうだけじゃなく、果音ちゃんのほぼ唯一と言って良い弱点を補完できてしまうケータローが憎いもとい羨ましい……。





「自分の信じる道を大事に」×「人は見かけによらない」
1巻の感想では前半部分しか見抜けませんでしたが、2巻でダブルテーマだったことに気づくことができました。
果音ちゃんは先に言ったとおり。
真乃(ギャル)と真乃の真似をする偽真乃(黒ギャル)の2人と本物の(?)ギャル3人組に今回付加された意外性は山ほど。
ヒメルダが実は年下で、中二病でごまかしているけど実はもっと構って欲しかった!っていうのもそうですよね。

まぁでもやっぱり見た目から受ける印象からはなかなか逃れられないですもん…。
だから偽真乃父の言う「世間はこうやって見る」っていう意見は、分かってしまうんですよね…。
頑なで視野が狭かったからイラッとしたけれど、決して間違っているわけではなく。

折り合いつけるの難しいけど、周囲に迷惑をかけすぎずにしよー!
っていうザックリとした着地しかできないですごめんなさい。





合コンの話をしよう。

あのね?南野さんがすんごい可愛いんだ

ここで可愛いと思ってしまったこの感情が、まさにケータローのトラウマの引き金であることを忘れないようにしておきたいです。
ギャルトラップ、あるいは南野マジックとでも名付けよう。





次は順番で言うならヒメルダ回になるのかな…。
真乃、果音ちゃんからは一歩引いた立ち位置の彼女がメインになるとしたら……良い意味で予想外の展開の連続になりそうで楽しみです!!


以上!


ギャルこん2! ギャルと合コンに参加することになった。 (講談社ラノベ文庫)
三門 鉄狼
講談社 (2017-02-02)
売り上げランキング: 227,299

今日のラノベ!


余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です上

余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です下

モーニングスターブックスより、
『余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です』です!



【あらすじ】

『魔法』と呼ばれる特殊な力を持つ者だけが入れる高校で、憂鬱な毎日を送っていた落ちこぼれの野花三葉は、ある日の放課後、何者かに階段から突き落とされ、命を落としてしまう。「もっと好きに生きればよかった」―後悔する三葉の前に白猫の姿をした天使が現れ、あと六ヶ月だけ時間をくれるという。かくして、三葉は六ヶ月の“余命”を手に入れるのだが!?第1回「モーニングスター大賞」受賞作!




感想:★★★★★

読後に泣く自分を幻視して買った作品
その幻視は現実のものとなりました……。



少し長い感想(あるいは駄文の垂れ流し)になったので、最初に要点を。

◎上巻は、後悔しないように生きる!という三葉の強い意思が魅力的なストーリー。
◎下巻は、自分を殺した相手に迫ることで感情が大きく動いていく…!
◎どちらかというと女性向け小説読んでる時の感覚、樹虎にきゅんきゅんする!
◎ぼくはいま、とても悲しい




ではいきます。

不遇な学校生活を送っていた三葉(「みつは」ではなく、「みつば」です)。
親友とは離れ離れになり、仲の良い友達ができず、組まされたペアは不良で、先生からもいびられ…。
とどめとばかりに階段から突き落とされ死んでしまいます。

物語はここから始まる、延長戦の6ヶ月。
奇跡で得られた6ヶ月を、後悔しないように全力で生きると決めた三葉の、不器用ながらも力強い6ヶ月。


上巻は、それまでの学生生活の難点だった人間関係について立ち向かっていくのがメインでした。
ペアの樹虎に対してはおどおどせず正面からぶつかっていくことで次第に信頼を勝ち取り。
他人の危機に見て見ぬふりをせず飛び込んで助けたことで、心実というかけがえのない友人を得て。
努力に次ぐ努力により模擬戦で好成績を収め、魔力覚醒薬使用の誤解を解いて先生からの評価も変え。

まさに表紙に映る堂々とした仁王立ちのように、「どうなるか分からないけどなんとかする!」っていう三葉の固い意思が眩しかったです!
……ポチ太郎の堂々たる姿もまた…。
お前表紙にいたのか……
ポチ太郎、なんだかんだキーマン……ならぬキーワンです。


まぁ、でもですよ。
上巻だけで見たら、割とよく見かけそうな「頑張る女の子!」系の物語と言えなくもないです。
急に何かの才能に目覚めたり、周囲の態度が唐突に一変するわけでもなく。
もちろんその頑張る姿に心打たれたので「すぐ下巻読もう!」となるわけなのですが。
……上下巻同時刊行、大正解ですよね。




ってことで下巻。
上巻で三葉は頑張りました。
すごく、すごく頑張って、人間関係も、魔法のちからも順調です。
順調なのに、これからなのに、余命が、命の期限が迫ります。


恋愛模様が動き出すのも下巻から。
樹虎と三葉の間には、ペアを超えた感情によって動いてるかのような場面が増えていきます!
最初は三葉をグズ呼ばわりしてた樹虎が、集合場所に現れない三葉を探して校内を走り回ったりね?
三葉が樹虎をからかう頻度が高くなっていたのは、あれですよね。小学校低学年くらいの男の子が好きな子にちょっかいかけちゃうみたいなやつですよね!?
そしてそんな樹虎の前に立ちはだかるは、クラスのイケメン委員長山鳥くん…!
ハァー!!!真面目くんと不良くんがクラスの美少女をめぐって恋の争い!

「ここ(モーニングスターブックス)って女性向けレーベルなのかな!?まぁいいか!!」

心実が三葉を「おねえさま!」と慕う姿がまた程よい百合感を醸し出しいとをかし。

「ここ(モーニングスターブックス)って女性向けレーベルなのかな!?まぁいいか!!」(2回目)



そんな弛みきった思考のまま、三葉を突き落とした犯人との対峙のシーンを読んだので…。
目が覚めました。



もともと6ヶ月しかない余命がもう残り半分も無いって状況で、犯人が自殺しようとしている場面に遭遇した時の三葉の気持ち。
想像するだけで、ドス黒い感情と胸が締め付けられる感情と喪失感と色々ごちゃ混ぜになりました…。
大切な人がいなくなった程度のことで、簡単に命を無駄にしようとしているなんて、ねぇ…。
限られた時間を後悔しないように生きると決めた三葉を、嘲笑うかのような。
「―ふっざけんな!」っていう慟哭に込められた感情は、どんなに想像しても想像しきれないものですよね…。




生き返る前に課題になっていたことは犯人を見つけたことで概ね完了し、あとは後悔の無いように死ぬまで生きるだけ。
……だったのに。
ここで恋心に気づいちゃうのは、切ないですよ……。
だってもう無理じゃないですか。
どんなに足掻いたって、ねぇ、もう……ねぇ。

ラスト100ページくらいですかね?
それこそ禁断魔法でも何でも使って三葉が余命以上生きる術を見つけ出すんじゃないかと急いで読みたい気持ちと、全てを察して最後の三葉の生き様を目に焼き付けようとゆっくり読みたい気持ちがせめぎ合ってました。
三葉のために何かをしなきゃいけないのに、何をすればいいのか分からない感覚。
もちろん読み進める以外には何もできないんですが、それでも何かせずにはいられないような。


そして、涙。


やっぱりどうすることもできなかったというやるせなさ、心実の心が引き裂かれるかのような痛みの幻覚、最後の最後の奇跡で樹虎と三葉が結ばれた喜びと切なさ。
三葉が後悔しないように全力で生きたこの6ヶ月が、たしかに彼女が生きたという証をこの世に残したということの誇らしさ。

クローバー畑に向かって最後まで全力で駆けて行った三葉の姿が、本を閉じたら居るわけです。
こんな満面の笑みで、樹虎に背中を預け、心実がしょうがいかなぁと見守る姿が。

ぁぁぁぁぁぁぁぁ…………。





これだけ全力で頑張る姿を見たら、「自分も後悔しないように生きよう!」って普段なら思うところですが、今回は受けたダメージが大きすぎまして…。

何より、悔しい。
三葉の死を覆すことができなかったことが、とても悔しい。



2巻分で描ききれなかった分のストーリーが詰め込まれた3巻の発売が決定しているようですが、僕は3巻をどういう気持ちで読めば良いんでしょうか…。
本当に誰か教えてください。
読みたいけど、読んだら多分また泣くですよ…。

樹虎にきゅんきゅんするという意味ではどちらかというと女性向けなのかもしれませんが、男性の皆様にもこの悔しさを味わっていただきたいです!
あと、こういう物語こそアニメやってほしいですね!
そして涙に溺れるのである。




以上!


どもー。
デスカイザーです。


「ここまで溜めたら今やっても後でやっても変わらないだろ!」
ってことで、読み終わったのが新しい順に感想を投稿していこうかと思います。
新鮮な感想は新鮮なうちに、熟成させてしまった作品は更に熟成を重ね味を出せる……出るかなぁ…。




今日のラノベ!



この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!


講談社ラノベ文庫より
『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』です。



【あらすじ】

勇気を出して告白し、豪快に砕け散った僕の前に突然現れたのは、パンツをはいていない金髪の美少女。彼女は世紀末にあらわれるはずだった「恐怖の大王」の魂を探している天使だという。けど、そんなことより早くパンツはいて!スカート、たくしあげないで!そしてそんな僕たちを見下ろすもう一人の桃色の髪の美少女。彼女はちゃんとはいている様子なので、ひと安心…と思ったらおしりから生えているのは尻尾…え?キミは悪魔??しかも「恐怖の大王」の正体が、××だって?!だからキミも、なんで脱ぐのさ!?第1回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。



感想:★★★★☆

引越しの片付けの一貫で本棚を整理していた時に見つけました。
ラノベ文庫の『このすば』こと『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』。
『湯けむり温泉郷まほろばの非日常~おんせん部活動日和~』で僕の中ではお馴染みの水樹尋先生のデビュー作ですね!
2012年2月刊行なので……5年半前!


天使のセラフ、悪魔のベリアルが、主人公・一樹の中に眠る大王様の魂をめぐって対立しているというのが物語の基本。
死後の幸せが確約されているとはいえ、天使に無邪気に命を狙われ悪魔に罵倒されながら命を救われるという構図そのものに一樹の不幸っぷりが凝縮されています…(笑)



基本的に世界の法則とか起承転結とか文脈とかを無視するタイプの無邪気さを発揮するセラフがとてもいい味を出してました!
天使の頭の輪っかを蛍光灯で代用して、代用できちゃったあたりで考えることをやめたよね!
54pでの出来事です……。

そして、天使がかき乱す?ひっくり返す?のを丁寧に積み直そうと真面目に頑張るのがベリアルちゃん。
たまに暴走するけど。純真だもの。
恐怖の大王が復活しても(理由はしっかり付けた上で)人類の敵にまわらないので、あまり悪魔してないです。
そして純真です。
どれくらい純真かというと、

Q:恋人になって最初にすることは?

A:交換日記


ってくらい純真です。
大王も思わずダメだしです。
でも、可愛いのでOKです。
155pくらいの大魔王とのやり取りなんですが、1冊通して1番好きなシーンだったりします。





タイトル『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』にはちょっと引っかかってました。

この素晴らしく不幸で幸せな世界「と」僕と、であって、
この素晴らしく不幸で幸せな世界「で」僕と、でないことに。

下だったら、一樹がセラフやベリアルと共に、あるいはクラスメイトの姫ちゃんや大王様なんかも一緒に、不幸体質だけど幸せに生きるんだ!的なビジョンが見えるわけですよ。
でも今作は上で、世界と僕=主人公が並列に置かれているわけで。
最初読んだときは正直ちんぷんかんぷんでした。
『わたしとことりとすずと』的な何かかと。


やっとのことで解釈が出来たのが終盤、大王様と戦うシーン。

「僕」が命を差し出せば「世界」に少しでも希望がある。
素晴らしく不幸で幸せな「世界」で「僕」が生きることを諦めれば、もしかしたら。


この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と、天秤にかけるなら世界を選ぶ。


それが一樹の選択でした。
でもセラフとベリアルからしてみれば、少なからず好意を寄せていた相手がそんな考えから大王様に殺されてしまったわけです。
セラフも途中からは死後の幸せではなく現世での幸せを実現させてあげようと頑張っていたのに。


この素晴らしく不幸で幸せな世界と彼とを天秤にかけるなんて、本人だろうと大王だろうと許さない。


セラフはここまでず~~~~っとぽけーっとした雰囲気を漂わせていましたし、ベリアルは一樹を守っていたのはあくまでも大王様の魂のためでしたし。
矢印が全然別の方向向いていたのに、急にギュンッと一樹に向いたことに痺れました。

最終的なオチをまとめるならば、再び一樹のもとに封印された大王様へのメッセージという形で、


この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と、ともに。



というような感じでしょうか!
人の願いは自分勝手でわがままで、争いが絶えず、分かり合おうとしないようなものばかりだけど、それだけじゃないんだよ?と。
だからここで見守っていて?と囁きかけるような一樹のメッセージであり祈りです。




今巻では何とも言えない端役感ただようクラスメイトの姫ちゃんの今後の動向に注目です。
一応、一樹の好きな子だしね?

あとどうでもいいけど、サキュバスでもないのに胸に逆ハートマークつけてるベリアルににじり寄って赤面フィーバーさせたい!



以上!



この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と! (講談社ラノベ文庫)
水樹 尋
講談社 (2012-02-02)
売り上げランキング: 1,298,936

↑このページのトップヘ