デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。

当方ブログの記事別アクセス数を見てると、やっぱりアニメ枠がダントツなんですよね。
『空戦魔導士候補生の教官』あたりからは放送した翌日はアクセス数跳ね上がったりなんてこともしばしば。
2016年春クールで言うなら『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』でした。

そんなわけでですね?
アニメ原作への記事リンクをまとめておきます!
そしてこれをクール終了までブログのトップ記事にしておこうかと!

夏クールで試験的にやってみて、アクセス数だったりコメントでの反響だったりを見ながら来クール以降続けるかどうか決めるという形で。
説明終わり。

以下リンク
(※読み次第随時更新)

注:ネタバレ有り



『Re:ゼロから始める異世界生活』(2クール目)

1巻
2巻
3巻
4巻

『魔装学園H×H』

1巻
2巻
3巻

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』

1巻
1巻(再読) 
2巻
3巻

『クオリディア・コード』

『クズと金貨のクオリディア』
『いつか世界を救うために』(神奈川編)1巻
『いつか世界を救うために』(神奈川編)2巻
『そんな世界は壊してしまえ』(東京編)1巻
『そんな世界は壊してしまえ』(東京編)2巻
『どうでもいい世界なんて』(千葉編)1巻

どもー。
デスカイザーです。

FGO夏イベ最後の追い込みなう。




今日のラノベ!

魔装学園H×H4

角川スニーカー文庫より
『魔装学園H×H(ハイブリッド・ハート)4』です。


【あらすじ】

謎の言葉を残して異世界へと消えた那由多。その秘密を探るため、怜悧はついに東京奪還の作戦を決意する。新たな戦力を得るため、コアの“埋め込み手術”を命じられた傷無。しかし、相手に選ばれたのはシルヴィアだった!?幼いシルヴィアを戦いに巻き込みたくない傷無と、故郷を取り戻したいと願うシルヴィアはすれ違ってしまい…。一方その頃、異世界では驚くべき作戦が展開されていた!―究極の“埋め込み”ミッションが始まる!!


感想:★★★★☆

入れやがったっ!
とうとう入れやがったっっ!!



今回の山場は大きく分けて3つかな。
異世界の事情と、シルヴィアの天地穹女神(アマテラス)入りのための埋め込みと、東京奪還作戦。


バトランティス帝国含む異世界側にも、自分たちの世界を守るという理由があったんですね。
ただなんとなく、それを本気で望む人と、それを大義名分として娯楽を得ているだけの人との間に温度差があるように感じたのが今後の肝となりそうな…?
傷無の母・那由多の存在が異世界に受け入れられるまでに何があったのかも……記憶が正しければ明かされていないのでそのあたりの事情が見えればゼルシオーネの胸に秘める思いも見えてくる…?


……と思っていたら、今巻最大の山場だった東京奪還作戦でもう見えてきました。
それも「愛音、記憶をなくす前はバトランティスの姫だった」という特大の爆弾を抱えて。

いやまぁ正直半分想定内ではありました。
バトランティス人であることは想定内だったけど、皇女で、しかもゼルシオーネと親しいというところまでは読みきれませんでした…。

いやはや……。
これは……ただ地球をバトランティスの魔の手から守るというだけの物語じゃなくなりますね…!
良い!すごく良い!!
マスターズとかシルヴィアとか味方陣営が追加されているとはいえ、構図が変わらないから少しマンネリ感を感じていた部分もあったので、ここで大きく転換しそうなのは嬉しい。

愛音が向こうに行くかわりに、向こうから逆に2人ほどこっちに寝返ってきそうな雰囲気あるのも今後の展開の個人的注目ポイントであります。
グラベルとアルディア。
今まで紛うことなく天地穹女神を苦しめてきた2人を仮に受け入れるとしたら、傷無がどんな言葉で迎え入れるのかが楽しみです。


あと、というか今巻で一番大事な情報は、「ギアは那由多が作ったものじゃない」ってことですね。
(これ書かずに感想終わらせようとして焦りました)
衝突面(エントランス)が偶然バトランティスのギアを保管していた場所に繋がる…という仮説が那由多博士の口から語られているけど、そう都合の良いことが起こるとは思えないですねー。
何かある(確信)




そして問題のシルヴィア埋め込み編。
「ついに入れやがったっ!!」とは書きましたが、アレそのものを入れたわけじゃなくて、アレそっくりな形状で感覚がリンクするものを挿入しただけであって…。

アウトと書いてセーフと読むことにしておこう。うん。


Hシーンの審議は置いておくとして、シルヴィアの覚悟が思っていた以上にしっかりしたものであったのに少し驚きました。
今までシルヴィアの登場回数が少なかったというのもあって、なんとなくイメージが「軽い子」にシフトしちゃってたのかも。
傷無への想いだけなら他の4人にも負けないくらい大きく、戦うことへの認識もしっかり持ってたんですね…。
母国への想い意外にもう一段階くらい、その覚悟に至る何かがあるような気もするけど……?




5巻は……どうなるんでしょう?
3巻の終わり方もそうだったけど、微妙に戦いが終わりきってないところで本が終わるから、次への予想ができないんですよね。
これは新鮮で面白い。

帝国側に行く…にしても愛音もといアイネの説得とかになると絶望的だし…。




以上!

魔装学園H×H (4) (角川スニーカー文庫)
久慈 マサムネ
KADOKAWA/角川書店 (2015-01-31)
売り上げランキング: 72,204

どもー。
デスカイザーです。


ようやくFGOのイベントシナリオを完走したところでイベント残り3日。
当然アイテム交換もシナリオ消化も終わってるはずもなく!
……やばいよやばいよ!

今日のラノベ!

魔王の始め方 4

ビギニングノベルズより
『魔王の始め方 4』です。


【あらすじ】

新大陸へ視察に出向いたオウルは、現地の予知能力を持つ老婆から「マリーは死ぬ」と告げられ、さらにオウルは勇者で魔王を討つ者だと言われる。この受け入れ難い運命、予知に抗うことは出来るのか?


感想:★★★★★

新大陸編っ!

まぁまぁ、マリーちゃんこんなに大きくなっちゃって~!って親戚のおっちゃん感覚で読んでました。

オウル中心に良い家族が出来上がってましたね。
オウルはマリーを娘のように大事に育て、正妻はリル・スピナ・ユニスで、マリーはスピナを”姉さん”と慕い…………真面目に相関図書こうとするとメビウスるねこれ。
あと側室が10人と愛人が252人。

あ、でも今回出てきた「子供の魔王」ソフィアがオウルの娘ポジションに落ち着いて、マリーは今は娘というよりは手のかかる弟子ってほうが強いのか?っていうか側室になってたっけ?あれ?

さらにさらにスピナが”やりすぎた”後の治療の過程でなつかれちゃったホスセリちゃんに、未来を見る力を持つ天狐をその体に下ろす巫女・テナに、妖狸をその体に下ろす巫女でテナの孫・ユツ、「海の魔王」タツキに、「試練の山を司る魔王」サクヤもオウルファミリーに。
deskyzer的にはホスセリちゃんお気に入りです!



簡単な新キャラ紹介はここまでにして、話を戻しましょ。

何が家族っぽかったかというと、オウルが何かやることを任せることが多かったところ。
まぁ3巻でもその傾向は見えていたけど、今巻でそれがより鮮明になった気がします。
だって、一時的にとはいえオウルがオウルシティ側のダンジョン運営をメリザンドに一任してるんだよ!?
新大陸行ってるとはいえダンジョンのことだよ!?

そろそろオウルという存在の認識を今基準に置き直すべきかも…?
じゃないと毎巻毎巻驚くことになっちゃいそう。




新大陸での魔王オウルの物語。
勇者オウルとして、新大陸の魔王を倒す!運命を変える!という構図みたいですね。
英雄の星ほどの強制力は無いだろうけど、魔王として力を蓄えたオウルが勇者として善の力を振るうことになったら……破滅の道に繋がるのは必然ですね。

「運命を変えることはできる!」というのを示したのが今巻の意味になると思います。
オウル1人じゃ到底無理だけど、嫁ズの力や新大陸の巫術に魔王もとい神々の力。
そこまでを手札とし、運命の裏をかく一手を打てるかどうかがポイント。
今回はギリギリなんとかなったけど、これで序の口なんだから……さらに強力な神が出てきたら今度こそ死者が出そうでちょっと怖い…。




そして EX stepという名の本編!

ミオ!
メリザンド!

二人の!幸せが!
私は!嬉しい!

今、メリザンドは正しく救われたっ!
私はそれがたまらなく嬉しいっ!


「妻として」家を守るミオ!
その儚いたくましさが!胸を打つ!


帰ってきて言語野っ!!





帰ってきた言語野!!

どうしても新大陸と今までのダンジョンに物理的距離があるので、今までのキャラと新キャラのバランスが難しくなるところ。
それをこういう形で補完してくださるのは非常に嬉しい。
キャラひとりひとり、家族ひとりひとりを大せ…つ……に……


家族ひとりひとり…(泣)(au金ちゃん)

……。
…………。

……くっだらねぇ(勝手にやっておいて)



家族ひとりひとりを大切にするオウルが「理想のお父さんキャラランキング」に選ばれる日もきっとそう遠くは無いはずです!
そんなランキングあるのかどうかは知りませんが!
無いなら……いつかうちのブログでやりましょうか?





以上!

魔王の始め方 4 (ビギニングノベルズ)
笑うヤカン
キルタイムコミュニケーション (2016-06-30)
売り上げランキング: 20,212

↑このページのトップヘ