デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。



幸せを態度で示すと言われ、パンパンと手を叩くのはなぜなのか。
童謡って奥が深い…。



今日のラノベ!

賭博師は祈らない

電撃文庫より
『賭博師は祈らない』です。


【あらすじ】

十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。―それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想い通わせていくが…。やがて訪れるのは二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。第23回電撃小説大賞・金賞受賞作!



感想:★★★★★

今年の電撃小説大賞もすごいのが出てきましたねー!
今のところ2017年で一番面白いと思った作品です。




いつも小金だけ稼いでいくというスタイルから「ペニー・カインド」のあだ名を持つ賭博師・ラザルスと、「大勝ちする」という失敗を帳消しにするために賭場から購入した奴隷で喉を焼かれている少女・リーラの物語。

良いと思ったポイントは、
①リアリティ
②口癖
③ジョン
④コイン
の4点ですね。



①リアリティは間違いなく狙って作られたもので、ついついラザルスという賭博師が実在して有名な記録が残っていると錯覚してしまうほどの精度。
あとがきにもある通りジョンやフランセスのような実在した人物を多少手を加えて登場させているという点はもちろん、メイド服の興りやテムズ川の汚染状況のような民俗学や地理歴史に分類される点においても非常に優れています。

その一方で時折入る作品世界の時間軸以降の情報が、この作品がフィクションであることを思い出させてくれました。
263pのヴァンテアンという賭博のことを説明する「フランスで生まれたこの賭博は十九世紀に入り急速にイギリス国内で広がりを見せ、二十世紀初頭になってアメリカで名前がこう変わった。ブラックジャックである。」という文章が良い例ですね。

ラザルスへの過度な感情移入は防ぎつつ、一方で作品世界にはどっぷり浸からせる。
読者を賭場の観戦者にするような表現だな、と感じました。




②ラザルスの口癖「どうでもいい」。
一言なのに、対応するシチュエーションにより存外多くの情報をくれる言葉ですね…。
108pで知った知り合いの賭博師の死の前後では重みが全く違うものになりますし、苦笑いしながらだったり吐き捨てるようにだったり言い方を変えれば事細かに描写するよりも分かりやすく感情が分かりますし。

さらに、「どうでもいい」と言いながらも実はしっかり考えているということ自体が、ラザルスをより賭博師らしくしているような気がします。
ポーカーフェイスのためのルーティーンのような。
興味ない風を装いながら計算することで相手を出し抜くような。

『C3 -シーキューブ-』のいんちょーさんの口癖「馬鹿げている」に似たものを感じます。
あちらも感情表現を含めていて、策士のようなところもあるので。



③ジョンがカッコ良すぎるんですよっ!!!!
脳も筋肉で出来ている系のキャラかと思いきや、性格イケメンだし要所で物凄く良い事言うし!
特に250p、攫われたリーナをダラダラ言い訳並べて取り戻しに行く決心を固めないラザルスに対して放った「お前がやりたいという以上に、やるべき理由が必要か!」の一言。
響きます……。

考えてみれば、拳闘を衰退させないために暗黙の了解以外のルールを制定しようとし、そのためにはと不利を承知で自分が勝手にそのルールに従って闘うような人。
他人を想い、自分を発露することことそが彼の人生
もしかしなくても作中で最もまともな人間はジョンなのかもしれません…。




④Twitterで大絶賛すると宣言した理由であるコインの仕掛け。
200pくらいまで読んだところで「ラザルスのコインが両面とも表で、それがオチだったらどんなに痺れるだろう」と想像していたんですよ。
賭博師ならイカサマ用の小道具(四五六賽みたいな)は誰でも持っているとか、コインを見た神父さんが微妙な表情をしたとか、それまでのコイントスが全部表だったとか、フラグはあったので。

そしたら本当に両面表だったし、最後の最後337pで明かされたし、何より「リーラに関する選択肢を提示した後、リーラにコインを手渡し、仕掛けに気づいたリーラが喜ぶ」という想像していた中で一番望んでいたものだったし!!!
フラグに気づいていなかったらもう1度読み返したくなること間違い無しな仕掛けでした!

種明かしの時にラザルスが言っていた「困ったときにやるべき事は、いつもあらかじめ決まっているのさ」というセリフはこれだけでも痺れますが、同じセリフを冒頭16pでコイントスする際にも言っているということがまた痺れに拍車をかけます。
賭博師の必須三箇条、勝たない・負けないに続く『祈らない』の由来ともとれますし。
状況的に「リーラを買う」ではなく「奴隷を買う」なんだけど、ラザルスがこういう仕掛けをやっていたから2人が出会ったわけですし。
教会でも救出前でも旅行前でも、リーラに関することでコイントスする時、ラザルスは既にリーラを自分の元に置いておくことを決めていたと言うことですよ?
萌えるなというほうが無理だ!




そんなこんなで色んな要素が混じり合い、取り憑かれたように読んでしまう作品でした。
上に挙げた以外にもリーラが声を出せないということを最大限に生かした展開だったり、ニリツ先生の美麗でシーンに合った雰囲気を使い分けたイラストだったりも引き込まれた理由でしょう。

周藤蓮先生、今後要チェックですね。




以上!


賭博師は祈らない (電撃文庫)
周藤 蓮
KADOKAWA (2017-03-10)
売り上げランキング: 1,805

どもー。
デスカイザーです。


昨日は大学の卒業式でしたー!
感動要素は微塵も無かったけれども、楽しかったですね!
そういう風に思える人間関係がたくさんできたのは本当に良かったです。

その反動で今日は疲れたので今日は半日読書してました。
久々にネット小説(ノクターン)も読みあされたので満足!



では、今日のラノベ!

食べるだけでレベルアップ!

富士見ファンタジア文庫より
『食べるだけでレベルアップ!~駄女神といっしょに異世界無双~』です。


【あらすじ】

「ホントに異世界だな、これ」「アタシを養いなさい!」女神ローラの唯一の信者として、異世界へと召喚された少年ケーマ。彼に与えられたのは、食べたものの経験値・スキルをそのまま獲得できちゃうチートスキルだった!狩った魔物や異世界ならではのグルメを堪能するケーマの美味しい日々は、「ふえぇぇ~!」巨乳だけが取り柄の駄女神をイジったり、「ご恩は、一生忘れませんっ!!」助けたウサ耳娘に懐かれたり、なぜか美味しい思いも特盛りで!?そして気づけば彼は、凶悪な魔物すら鼻歌交じりで蹴散らせるレベルになっていて―。美味しく食べて国士無双な、異世界食べ歩きファンタジー!



感想:★★★★★

楽しさ、国士無双!



知の女神・ローラに呼び出され異世界に転生したケーマが、「食べるだけで育つ」というレアスキルによりチートレベリングをしつつ、異世界生活をゆったりまったり満喫するお話。




「魔吸収」というスキルで、食した対象のスキルを自分のものにしたり、経験値を得たりするんですがね?
生活に必須な食事をすることで成長するというスキル特性的な強さはもちろんなんですが、食べることでスキル自体の熟練度が上がり経験値の取得効率も上がるというところが特にエグいチートですよね…!
本来存在するであろう高レベル帯のレベルアップ速度逓減問題をある程度無視できるっていうことですから…。






この作品の楽しみどころは、①駄女神の駄女神っぷり ②散りばめられた雑学 ③ケーマのスペック ④微エロ といったところでしょうか。


①は、kt60先生の書籍作品としては初めてアホの子がメインヒロインというところで大きなポイントだったと思います。
もうね、密度が濃い。
アホの子がアホの子してるだけでまず面白く、そこに先生の代名詞とも言うべき飽和した語彙による詰り(なじり)が入ってきて、それが1巻まるまる読めるとかお得すぎます!
税別750円くらいまでなら出しても良い。本当に。
ちなみに今巻で一番好きなフレーズは106pの「王じゃなくなったベルゼブブ」です。



②は、食をテーマにしているのに意外にも食以外のところのほうが「へぇ~~~」と言いたくなるものが多かったように思います。
ウーパールーパーが幼形成熟することとか、アブラムシの「個としての集団」という生態とかはここぞとばかりに書いてあったのでもちろんですが。
ギルドのクエストがランク分けしてあることの「ハンターに見合ったレベルの仕事を」という意味以外の思惑とか、遅効性の毒を門で飲ませて必要手続きをする場所で解毒薬を渡すこととか、システマチックな所での学びが色々あったところが、個人的にはとてもポイント高いです。
モンハンのランク帯による受注制限にも意味はあったんだっ!!

そういえば猪の肉を剣の上に置いて焼いていたシーンを見て、そういえば中世モデルの異世界冒険作品でも当たり前のように鍋とかフライパンのようなもの使ってるなぁ、というのを思いました。
旅の荷物を少しでも少なくするならそういう使い方は当然アリだよなぁと思う反面、衛生面の問題や脂がこびり付かないのか、火に近づけ続けて剣が痛まないのかとかは気になるところです。
異世界冒険モノの荷物事情というのは、当たり前の物を当たり前に持たせるパターン、考慮の末に減らしていくパターン、所持品無しで行くパターン等様々なので注目したら面白いのかもしれませんね!



③はチートスキル「魔吸収」ではなく、会話スキルのほうですね。
192pとか203pのリリナという商人を相手にしている時は特に顕著なんですが、ケーマは口がうまいというか人心掌握に長けてるんですよ。
ちょっとすごいとかじゃなく、それこそスキルなんじゃないの?と思うくらいに。

何でかなぁと少し考えてみたんですが、現状判断材料としては前世のケーマの環境しか無いですよね…。
24pでは暮らしがあまり良くなかったこと、母のいる家にいるのが辛く父ともうまくやれていないことがサラッと書いてありました。
母の「アレ」というのがどこまでのものか気になってはいましたが、文章から受ける印象よりは酷いものを想像したほうが良さそうですね。
なるべく敵を作らず、挑戦的な相手とも蟠り(わだかまり)をあまり作らず会話できるスキルが自然と身につくくらいのものを。



④は読んで字のごとく?
唐突におっぱい揉んだり、戦略的におっぱい揉んだり。





無限に読んでいられるので無限に続いて欲しい!



以上!


今日のラノベ!


医療魔術師は、もう限界です!

富士見ファンタジア文庫より
『医療魔術師は、もう限界です!』です。


【あらすじ】

大国に挟まれ戦乱が絶えない小国ノーザルの診療所には、今日も多くの患者が列を作る。天才医療魔術師ジークは睡眠を削り、体力も限界、それでも治療の手を休めることはない!「嘘ですもうやだ眠い、休みたい!40時間ぶっ続けたぞ!?」「仕方ないですね、私たちの愛を注入しますから元気出して」美人助手オータムたちの優しい支え(鉄拳制裁もドーピングも辞さないバックアップ)もあって、患者は笑顔で帰って行く。その笑顔が、ジークを何度でも奮い立たせる―「先生、近くで大きな戦乱があって、1000人追加です!」「…もう限界です!いっそ俺を殺してくれ!!」診療所も戦場!?癒したい系ファンタジーラブコメ開幕!!



感想:★★★★★

表紙に一目惚れして買いましたん。




読み始めの引き込まれ方は過去稀に見るレベルでしたね…。
10pくらいを読んだ感覚でページ数見たら40p目でビックリしたのをよく覚えてます。
他の作品で言うところの「プロローグでワンクッション置いて本編」にあたるところが、いきなりのド修羅場120時間労働ですよ…。
しかもその間にキャラ紹介を済ませ、且つメインヒロイン(表紙の子)・オータムの寝顔付き(扉絵)!


始まりのシーンだけでなく、この作品は妙に繋がりが滑らかで想定してるページ数と実際のページ数が合わないことが頻発してました。
単純に労働時間がおかしいっていうのもあるし、オータムとジーク先生の遠いようで近い距離感にドキドキっていうのもあるし…。
なんでしょう……なんでしょうね?
鉄拳制裁系ヒロインであるんだけど、それは患者の事を真剣に考えているからで、でも先生のこともとても尊敬しているから時折優しくなる姿にこっちはクラッと来て……。
ジャンルとしてはよくいるヒロインなのに、今までのそれとはまるで違う魅力を感じるオータムさん、マジ至高。






この作品の軸は、先生と助手のラブコメというものと、医療従事者の立場から見た戦争を描くというもの。

ラブコメに関しては、後半の駆け引きでもにゃもにゃした後、317pからのラストシーンがもう本当に素晴らしいの!!
不器用で唐変木でダメダメなジーク先生がひねり出した「オータムへの答え」と、それを察した瞬間のオータムの反応……!
このシーンは、キャラが生きてます!
頭の中でオータムとジーク先生がしゃべった通りの事、動いた通りの事が文章に書いてあるような、そんな感覚。
素晴らしすぎてこのシーンだけ既に100回くらい読み返している気がする…。



医療従事者から見た戦争=無くなってしまえ、なんだけれども。
それ以上に、戦争をする人を憎み、巻き込まれた人を憂い手を差し伸べるという点をフィーチャーしていたことを評価したいです。

これは魔法治癒能力が高い=基本的に魔力の扱いが上手いというこの世界ならではの法則があるから成り立っている事業だけども。
戦争当事者を治療しないという方針を貫いているその裏側で、それこそ何日間も文句は言うけど決して逃げ出さずに治療し続けるジーク先生の根性、プロ意識に脱帽です…。
きっかけが悲惨だからこそ、それに懸ける想いも強く…。
それ故にオータムの思いに気づくことができなくなった……と考えればあの唐変木もしょうがないのかなぁ…。





オータムの笑顔をもっと見たいけど、あのラストを越える完結シーンを想像できないんですよね…。
ギャグの勢いも、ここぞという時の感情描写もバッチリなので続刊にしろ新刊にしろ、楽しみに待ちたいと思います!



以上!


医療魔術師は、もう限界です! (ファンタジア文庫)
はな
KADOKAWA (2017-02-18)
売り上げランキング: 289,229

↑このページのトップヘ