デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。


さぁ。
2ヶ月連続半月経過してからの新刊情報まとめ。
寝落ちする前に終えられれば上等!



ヒーロー文庫 4/28
タイトル著者イラスト
棺の魔王(コフィン・ディファイラー)真島文吉とよた瑣織
小さな魔女と野良犬騎士 2麻倉英理也西出ケンゴロー
逆成長チートで世界最強 1佐竹アキノリ篠月しのぶ




HJ文庫 5/1
タイトル著者イラスト
フェンリルの鎖Ⅰうかれ猫わざきた
新宿コネクティブ 1内堀優一ギンカ
異世界攻略〈クリア〉のゲームマスター坂本一馬yaman**
最強魔法師の隠遁計画 2イズシロミユキルリア
高1ですが異世界で城主はじめました 11鏡裕之ごばん



角川スニーカー文庫 5/1
タイトル著者イラスト
ゲーム・プレイング・ロールver.1
村娘。をヒロインにプロデュース
木村心一ぼに~
この素晴らしい世界に祝福を! 11
大魔法使いの妹
暁なつめ三嶋くろね
スーパーカブトネ・コーケン
ノーブルウィッチーズ6
第506統合戦闘航空団 疑心!
南房秀久島田フミカネ
&ProjektWorldWitches
 +オリジナルドラマCD付き同梱版
緋色の玉座高橋祐一岩本ゼロゴ
ヒマワリ:unUtopial World 4林トモアキマニャ子
まるで人だな、ルーシー 2零真似ゆきさめ




ラノベ文庫 5/2
タイトル著者イラスト
異世界支配のスキルテイカー 6
~ゼロから始める奴隷ハーレム~
柑橘ゆすら蔓木鋼音
パラミリタリ・カンパニー 1 萌える侵略者榊一郎足立慎吾
幼い女神(アマテラス)はかく語りき暇奈椿夕薙
(第6回講談社ラノベ文庫新人賞〈大賞〉受賞作)
自殺するには向かない季節
海老名龍人椎名優
巨乳天使ミコピョン!瀬戸メグルSyroh
下僕ハーレムにチェックメイトです!赤福大和むつみまさと
俺の幼なじみは宇宙人に侵略されている橘九位こじまたけし
BLAME!ノベライズ冲方丁弐瓶勉



電撃文庫 5/10
タイトル著者イラスト
新約 とある魔術の禁書目録(18)鎌池一馬はいむらきよたか
はたらく魔王さま!17和ケ原聡司029
狼と香辛料ⅩⅨ Spring LogⅡ支倉凍砂文倉十
絶対ナル孤独者《アイソレータ》4 -刺擊者-The Stinger-川原礫シメジ
悪逆騎士団Ⅱ そのエルフ、凶暴につき水瀬葉月ももこ
終わる世界の片隅で、また君に恋をする五十嵐雄策ぶーた
オレ、NO力者につき!阿智太郎U35
アストロノーツは魔法を使う天羽伊吹清けけもつ
資格の神様十階堂一系かろちー
キリングメンバー ~遥か彼方と冬の音~秋月陽澄さらちよみ
戟の疾走者(ストラトランナー)
落ちこぼれ騎士の逆転戦略
犬亥
駒都えーじ



GA文庫 5/15
タイトル著者イラスト
なぜ、勉強オタクが異能戦でもトップを独走できるのか?霜野おつかいはくり
暴血覚醒《ブライト・ブラッド》中村ヒロ加藤いつわ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか12大森藤ノヤスダスズヒト
ハンドレッド13 -ノブレス・オブリージュ-箕崎准大熊猫介
(ニトロプラス)
ゴブリンスレイヤー 5蝸牛くも神無月昇
くじ引き特賞:無双ハーレム権 5三木なずな瑠奈瑠亜
(GAノベル)失格紋の最強賢者
~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~
進行諸島風花風花
(GAノベル)グリムノーツ大泉貴穂里みきね
(GAノベル)チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。
さらに獣人にして、いちゃらぶします。2
森田季節ファルまろ
(GAノベル)剣士を目指して
入学したのに魔法適性9999なんですけど!?
年中麦茶太郎りいちゅ



NOVEL 0
タイトル著者イラスト
オカルトギア・オーバードライブ涼暮皐ERIMO/わいっしゅ




ガガガ文庫 5/18
タイトル著者イラスト
妹さえいればいい。7平坂読カントク
 +ドラマCD付き限定特装版
EXMOD 2 黒ノ追撃者神野オキナこぞう
(第11回小学館ライトノベル大賞 優秀賞)
ジャナ研の憂鬱な事件簿
酒井田寛太郎白身魚
漂海のレクキール秋目人柴乃櫂人
やがて恋するヴィヴィ・レイン 3犬村小六岩崎美奈子
(ガガガブックス)最下位職から最強まで成り上がる
~地道な努力はチートでした~
上谷圭桑島黎音



富士見ファンタジア文庫 5/20
タイトル著者イラスト
キミと僕の最後の戦場、
あるいは世界が始まる聖戦
細音啓猫鍋蒼
始まりの魔法使い 1 名前の時代石之宮カントファルまろ
せきゆちゃん(嫁)氷高悠荻pote
織田信奈の野望 姫武将録春日みかげ
ファンタジア文庫編集部
春日みかげ
深井涼介
魔術学園領域の拳王 2 傲慢姫招来下等妙人瑠奈瑠亜
追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ 2田辺屋敷美和野らぐ
俺の青春を生贄に、彼女の前髪をオープン 2凪木エコすし*
勇者のパーティで、僕だけ二軍!? 2布施瓢箪さくらねこ
オタサーの姫と恋ができるわけがない。 4佐倉唄あゆま紗由
非オタの彼女が
俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……5
滝沢慧睦茸
できそこないの魔獣錬磨師 7見波タクミ狐印
Only Sense Online 12
-オンリーセンス・オンライン-
アロハ座長ゆきさん
真・天地無用!
魎皇 鬼外伝 天地無用!GXP15
梶島正樹梶島正樹
織田信奈の野望 全国版 18春日みかげみやま零



MF文庫J 5/25
タイトル著者イラスト
異世界ならニートが働くと思った?5
エルフの姫に丸投げして他国で好き放題します。
刈野ミカタねこめたる
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?2花間澄sune
くずクマさんとハチミツJK 2鳥川さいかシロガネ ヒナ
世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮
1.冒険者世界も不景気です
葉村哲鳴瀬ひろふみ
世界の終わりの世界録〈アンコール〉10細音啓ふゆの春秋
星繋ぐ巫女のフォークロア
-人狼×討伐のメソッド Ⅱ-
斜守モルマナカッコワライ
ようこそ実力至上主義の教室へ 6衣笠彰悟トモセシュンサク



オーバーラップ文庫 5/25
タイトル著者イラスト
IS〈インフィニット・ストラトス〉⑪弓弦イズルCHOCO
あやかし姫は愛されたい 1
氷の姫と目醒めた英雄
岸根紅華Xin
黒の召喚士 4 無垢なる氷姫迷井豆腐黒銀
ありふれた職業で世界最強 6白米良たかやKi



ダッシュエックス文庫 5/25
タイトル著者イラスト
英雄教室 8新木伸森沢晴行
俺の家が魔力スポットだった件 5
~住んでいるだけで世界最強~
あまうい白一鍋島テツヒロ
クロニクル・レギオン 6 覇権のゆくえ丈月城BUNBUN
バイトリーダーがはじめる異世界ファミレス無双
姫騎士と魔王の娘で繁盛するまで帰れません
長野聖樹アルデヒド



ファミ通文庫5/30
タイトル著者イラスト
我が偽りの名の下に集え、星々庄司卓sime
女神の勇者を倒すゲスな方法 2
「返事がない、ただの聖女のようだ」
笹木さくま遠坂あさぎ
俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する 2藍月要閏月戈
佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have sherbet! 2九曜フライ
コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果 4朱月十話夜ノみつき
拡張少女系トライナリー ~サマープリズム~柄本和昭neco
モンスターハンター クロスソウル(2)西野吾郎布施龍太


モンスター文庫 5/30
タイトル著者イラスト
アラフォー社畜のゴーレムマスター ①高見梁川吉沢メガネ
俺の異世界姉妹が自重しない!②緋色の雨原人
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~⑥美紅U35
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける ⑨横塚司マニャ子
(Mノベルス)使徒戦記
ことなかれ貴族と薔薇姫の英雄伝 ②
タンバ新堂アラタ



deskyzerとしては今月はファンタジア文庫が大豊作で嬉しい限りです!
『織田信奈の野望』があるだけで豊作な上に読みたい作品がズラリなので。

あとはそうですね…。
GA文庫が最盛期を迎えている反面、MF文庫は新しい世代の作品を育てるのに苦労しているような印象。
電撃文庫も今月はビッグタイトル抑え目?
スニーカー文庫とガガガ文庫の独自路線、ヒーロー文庫とモンスター文庫のなろう文庫作品はもうしばらくは安定ですね。

来月末には講談社から新たなレーベルができるということで、今から楽しみです。




ただし、どれだけ読めるかは分からない。


以上!

どもー。
デスカイザーです。


インターネット開通!!


……これで更新頻度がめちゃ低い言い訳がまた一つ無くなったわけです(笑)
なんとか立て直したいところです!



では、今日のラノベ!


造られしイノチとキレイなセカイ 3

HJ文庫より
『造られしイノチとキレイなセカイ 3』です。


【あらすじ】

日蝕によって一時的に魔物が増えてしまう“厄災の日”を乗り切ったカリアス一家。その際に発覚したリーゼの謎の力や、アリアの記憶に残る旧文明の真相に迫るため、一同は遺跡を探索することに。だが、精霊術や闇聖術を使う子供たちに加え、国有数の力を持つ保護者のおかげでダンジョン探索が気付いたらピクニックに!?そして、探索をきっかけに、最後の一歩が縮まりきらなかった“おとうさん”と“おかあさん”の関係にもついに進展が…?


感想:★★★★★


おぉ、くっついた!!




2巻のリーゼとエリルの話の続きから入っているので、彼女らの覚悟が改めて見定められるシーンがいくつか。
関係性を確定させる言葉を出していないけれども、リースの「おとうさん」認定もあったことだし二人はもう大丈夫でしょう!
あの年齢でここまで覚悟と想いが試される恋愛というのもなかなか無いでしょうよ……。



そーゆーことで二人は置いておいて。


フィアナとカリアスですよ!!!
1巻からずーーーっと「ぐぬぬ…っ!」な感じでくっつきそうでくっつかなかった二人がついに!!

何て言うんでしょうか。
ここまで外堀を埋めて地ならしして杭打ってからの告白って、キレイですね…!
そうか、この作品の告白シーンってこれが初か。
だから、かな?

何を言うかは大体分かっていて。
どんな反応を返すかも分かっていて。
その上で紡がれる「好きです」という言葉。


普通の告白って、伝えたい、関係を変えたいっていう気持ちで伝えるものだけど、そこには「フラれたらどうしよう」とか、逆に「絶対にフラれない」っていう自信とか、そういう「好き」と違う感情が含まれているはずなんです。
本来純粋に愛情を伝える「好き」って、既に付き合っている二人にしかできないこと。


うむ。
そんなフィアナとカリアスの純粋な言葉をキレイと感じたのだな、私は。



やはり緋月薙先生の描くラブコメは素晴らしい…っ!!!
ラブコメのコメのほうをここまで面白く、かつラブのほうをここまで純粋に描ける人は他に居ないんじゃなかろうか?
今後もキレイなセカイを見守っていきたい所存


以上!



造られしイノチとキレイなセカイ3 (HJ文庫)
緋月 薙
ホビージャパン (2017-03-31)
売り上げランキング: 254,515

どもー。
デスカイザーです。


自炊をある程度諦めれば読書する時間できるんじゃないかということに気づいた帰省中の更新です。
帰省と言っても連休であるはずもなく、たまたま日曜が休日になっただけの…。

分かっちゃいたけどGWなんて無かったっ!!



今日のラノベ!


白翼のポラリス

講談社ラノベ文庫より
『白翼のポラリス』です。


【あらすじ】

どこまでも続く空と海。はるか昔に陸地のほとんどを失った蒼き世界、ノア。人々は、いくつかの巨大な船に都市国家を作り、わずかな資源を争って暮らしていた。飛行機乗りの少年・シエルは、そんな“船国”を行き来し、荷物を運ぶ“スワロー”。愛機は父の遺した白い水上機“ポラリス”。空を飛ぶことにしか生きる意味を見出せず、他人との関わりに息苦しさを感じていた彼は、ある日無人島に流れ着いた少女・ステラを助ける。素性も目的も、何も語らない彼女の依頼で、シエルはステラを乗せて飛び立つことに。その先には、世界の危機と巨大な陰謀が待ち受けていた―。紺碧を裂いて白翼が駆ける。あの空みたいに美しい、戦闘機ファンタジー。第6回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作!



感想:★★★★☆

海流に乗って移動する船国っていう設定を見て真っ先に「ひょっこりひょうたん島」を思い出してしまったせいで、ステラが流れ着いてくるくらいまで文章のテンションとこちらのテンションの開きがすごかったです。
どう考えても自業自得です本当にありがとうございました。




一言で言うなら「青さ」がこの作品の良さだったと思います。
(『白翼』ですが)



まずは表紙で印象づけられる空と海の青さ
文章内でも秘密の孤島の景色や、水上で迎える夜の海・星空の画、それに何よりシエルが飛んでいる空の情景!


風景に関しては色をうまく使って景色の全体像を固めつつ、細部はこちらの補完で処理するような緻密すぎず大雑把すぎない好みのライン。
飛行時は景色を詳細に描写しすぎてないから、シエル目線だということをしっかり把握できたし機動理解に脳の処理をまわすことができたので読みやすかったです。


……処理をまわしたところで飛行機がどういう機動してるのかは分からなかったですがね!!
読んでる間に分かったのはインメンマルターンくらいでして…。
一応読み終わってから調べてみましたが、多分記憶として定着することはない(確信)
著者様がきっと飛行機好きなんだろうなぁ、というのが伝わってきてそれはそれで面白かったですが、物語を十全に楽しめたかと言うと疑問符がつく結果ではありますね。
悔しいです…。


ただこれに関しては「もっと簡易な表現で!」とも言えないところなので難しいとは思います。
それがないと戦いに起伏が生まれづらいですし…。

まぁぶっちゃけてしまえば「なんかよく分からないけどすごいことやってる!!」だけでも物語としては成立しますからね。
特に今回の最後の航空戦なんて、一般戦闘機乗りからしても異常な機動ってことが伝われば良いわけですし。





視覚的な青さだけじゃなく、シエルとステラの青さもポイントだったと思います。
むしろこちらが本題。

シエルが「白翼」の名を次いで間もないという意味ではもちろん、なんというか彼の行動とか考え方が青いというのがしっくりくるんですよね。

募ったイライラを吐き出して、幾ばくもないうちに後悔したり。
確固たるポリシーがあると自分では思っているものが、他人から見たら思考の尻すぼみだったり。
壁にぶつかると簡単に揺らいじゃったり。


ステラはシエルよりももう少し白に近い薄い青。
純真であって、無垢であって、それでいて困難を排して突き進めるだけの根気を持っていて。
ある意味ステラのほうがシエルよりも主人公っぽいし、何ならシエルと出会わなくてもステラならどうにかできちゃったんじゃないかと思っちゃうような(笑)



メイン二人のそんな青さが、作品全体を爽やかにしてくれているんですよね!
視覚的な青さと相まって。

だから国同士の命運をかけたような展開も、プロローグ&エピローグにある「小さな世界を守ったお話」という表現がこれ以上なくピッタリハマっていて。
読後の気持ちよさは良いものでした!!





★マイナス1の要素は……あまりにもクライスが良い奴すぎるところ。
嫉妬とかではなく。

序盤に出てきたチョイ役かと思いきや、シエルの相談に乗ったり道案内してくれたり、果ては軍人としてではなく一人の人間として戦いに参加してくれたり。

タイミング完璧すぎて、さすがに都合良すぎると思ってしまったのよね…。
参戦に関しては事前に情報ないとそのタイミングでの邂逅は無理じゃね?っていうくらいだし。



……あれ?こいつもしかしてボレアスのスパイ?







以上!


白翼のポラリス (講談社ラノベ文庫)
阿部 藍樹
講談社 (2017-03-31)
売り上げランキング: 14,512

↑このページのトップヘ