デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。


「ここまで溜めたら今やっても後でやっても変わらないだろ!」
ってことで、読み終わったのが新しい順に感想を投稿していこうかと思います。
新鮮な感想は新鮮なうちに、熟成させてしまった作品は更に熟成を重ね味を出せる……出るかなぁ…。




今日のラノベ!



この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!


講談社ラノベ文庫より
『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』です。



【あらすじ】

勇気を出して告白し、豪快に砕け散った僕の前に突然現れたのは、パンツをはいていない金髪の美少女。彼女は世紀末にあらわれるはずだった「恐怖の大王」の魂を探している天使だという。けど、そんなことより早くパンツはいて!スカート、たくしあげないで!そしてそんな僕たちを見下ろすもう一人の桃色の髪の美少女。彼女はちゃんとはいている様子なので、ひと安心…と思ったらおしりから生えているのは尻尾…え?キミは悪魔??しかも「恐怖の大王」の正体が、××だって?!だからキミも、なんで脱ぐのさ!?第1回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。



感想:★★★★☆

引越しの片付けの一貫で本棚を整理していた時に見つけました。
ラノベ文庫の『このすば』こと『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』。
『湯けむり温泉郷まほろばの非日常~おんせん部活動日和~』で僕の中ではお馴染みの水樹尋先生のデビュー作ですね!
2012年2月刊行なので……5年半前!


天使のセラフ、悪魔のベリアルが、主人公・一樹の中に眠る大王様の魂をめぐって対立しているというのが物語の基本。
死後の幸せが確約されているとはいえ、天使に無邪気に命を狙われ悪魔に罵倒されながら命を救われるという構図そのものに一樹の不幸っぷりが凝縮されています…(笑)



基本的に世界の法則とか起承転結とか文脈とかを無視するタイプの無邪気さを発揮するセラフがとてもいい味を出してました!
天使の頭の輪っかを蛍光灯で代用して、代用できちゃったあたりで考えることをやめたよね!
54pでの出来事です……。

そして、天使がかき乱す?ひっくり返す?のを丁寧に積み直そうと真面目に頑張るのがベリアルちゃん。
たまに暴走するけど。純真だもの。
恐怖の大王が復活しても(理由はしっかり付けた上で)人類の敵にまわらないので、あまり悪魔してないです。
そして純真です。
どれくらい純真かというと、

Q:恋人になって最初にすることは?

A:交換日記


ってくらい純真です。
大王も思わずダメだしです。
でも、可愛いのでOKです。
155pくらいの大魔王とのやり取りなんですが、1冊通して1番好きなシーンだったりします。





タイトル『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』にはちょっと引っかかってました。

この素晴らしく不幸で幸せな世界「と」僕と、であって、
この素晴らしく不幸で幸せな世界「で」僕と、でないことに。

下だったら、一樹がセラフやベリアルと共に、あるいはクラスメイトの姫ちゃんや大王様なんかも一緒に、不幸体質だけど幸せに生きるんだ!的なビジョンが見えるわけですよ。
でも今作は上で、世界と僕=主人公が並列に置かれているわけで。
最初読んだときは正直ちんぷんかんぷんでした。
『わたしとことりとすずと』的な何かかと。


やっとのことで解釈が出来たのが終盤、大王様と戦うシーン。

「僕」が命を差し出せば「世界」に少しでも希望がある。
素晴らしく不幸で幸せな「世界」で「僕」が生きることを諦めれば、もしかしたら。


この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と、天秤にかけるなら世界を選ぶ。


それが一樹の選択でした。
でもセラフとベリアルからしてみれば、少なからず好意を寄せていた相手がそんな考えから大王様に殺されてしまったわけです。
セラフも途中からは死後の幸せではなく現世での幸せを実現させてあげようと頑張っていたのに。


この素晴らしく不幸で幸せな世界と彼とを天秤にかけるなんて、本人だろうと大王だろうと許さない。


セラフはここまでず~~~~っとぽけーっとした雰囲気を漂わせていましたし、ベリアルは一樹を守っていたのはあくまでも大王様の魂のためでしたし。
矢印が全然別の方向向いていたのに、急にギュンッと一樹に向いたことに痺れました。

最終的なオチをまとめるならば、再び一樹のもとに封印された大王様へのメッセージという形で、


この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と、ともに。



というような感じでしょうか!
人の願いは自分勝手でわがままで、争いが絶えず、分かり合おうとしないようなものばかりだけど、それだけじゃないんだよ?と。
だからここで見守っていて?と囁きかけるような一樹のメッセージであり祈りです。




今巻では何とも言えない端役感ただようクラスメイトの姫ちゃんの今後の動向に注目です。
一応、一樹の好きな子だしね?

あとどうでもいいけど、サキュバスでもないのに胸に逆ハートマークつけてるベリアルににじり寄って赤面フィーバーさせたい!



以上!



この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と! (講談社ラノベ文庫)
水樹 尋
講談社 (2012-02-02)
売り上げランキング: 1,298,936

どもー。
デスカイザーです。



引越しと同時に風邪をひき、ようやく治りかけです…。
片付けも一段落したので、今日からブログも再開です!
(実に最後の感想から1ヶ月以上…。申し訳ございませんでしたー!)
感想待ちが20冊近くあるので、1ヶ月近くはあまり間を空けずに更新できると……思います。




それでは、今日のラノベ!

ラノベ作家になりたくて震える。

電撃文庫より
『ラノベ作家になりたくて震える。』です。



【あらすじ】

ラノベ作家志望の高校生・冬野藍介はある日、自分の作品が何者かに盗作され、新人賞を受賞したことを知る。ショックを受ける藍介にクラスメイトの元天才子役・鮎原睡蓮はこう打ち明ける。「実はね、この作者はね、わたし、なの」「…はい?」「お願い。二巻を書くのを手伝って!」「…は?」睡蓮の言葉に混乱し、怒りを爆発させる藍介であったが、結局睡蓮のムチャ振りを渋々引き受けることになり…。そして徐々に距離を縮めるふたり。しかしその先に、本当の衝撃が藍介を待ち受けているのであった…!?



感想:★★★★☆


『彼女は遺伝子組み換え系』
の嵯峨伊緒先生の新作です!
待ってました!!



口癖でキャラを魅力的に見せるという前作の良い所は今作でもしっかり引き継がれていました。
睡蓮ちゃんの「ふゃ」「めえめえ」と、睡蓮ちゃんの友達の氷緒菜の「ん」ですね。
34pで初めて「ふゃ」が出た時の、心が震える感覚は忘れることが無いでしょう…。



これは革命ですよ革命!



「ふゃ」ってたった2文字の文字列なのに今まで見たこと無い並びな気がしますし、それがまた睡蓮ちゃんのふわ~っとした雰囲気にピッタリですし。
実際に声に出してみるとどう発音してるのか分からないというか恐らく3次元でこれ言われたらイラッとしそうなものですが、読んでる間、睡蓮ちゃんが発しているものとなると素直に「ふゃ」という声が聞こえてきます。
「めえめえ」も同じですしというかそういえば!
「ふゃ」は語尾小文字ですが、「めえめえ」だったり「~だよお」だったりは語尾大文字なんですよね。
可愛く見せるのなら一見全て語尾小文字に統一しそうなものですが……「めぇめぇ」「~だよぉ」……あ、うん、違いますね!なんか一気にギャルっぽいというか、元気な子を連想する雰囲気になりましたね!
さすがという他に無いです本当に。





ストーリーは若干ストレスが溜まったかなぁ、というのが正直なところです。
主人公・藍介の原稿を少しだけ書き直して応募したという睡蓮ちゃん。
藍介は後半で気づくまでずっと「少しだけ書き直しただけなら自分の作品」という認識を持ち続けていて、これが睡蓮ちゃんとの決定的な齟齬を生むわけですが。
読む側からしたら結構序盤に気づいてしまうわけですし、そもそもの前提として少しでも書き直しているなら別の作品、あるいは別のバージョンだろ!と。

ただ、藍介くんが恐らく王道好きで、言われたことを真に受けるタイプで、とても自分の気持ちに素直なタイプということをふまえると納得です。
それにこの素直で荒削りな感性が、睡蓮ちゃんの演技で身につけた繊細な表現力と合わさったらとても面白い作品になることは間違いない(実際受賞しているわけですし)ですから、結局はあのストレス感があったからこその良作だったと思います!!
藍介くんのそういう部分は、ライバル作家の晴ちゃんがズバッと指摘してくれているので溜まり続けたというわけでもないですしね?




嵯峨伊緒先生には、また新たなキャラの魅力の見せ方(文字列編)を見せて欲しいです!
あと水着は黒でお願いします。


以上!



ラノベ作家になりたくて震える。 (電撃文庫)
嵯峨 伊緒
KADOKAWA (2017-09-08)
売り上げランキング: 233,937

どもー。
デスカイザーです。




とりあえず先に記事更新予定を。
11月8日に引っ越すので、感想記事の更新は11月10日以降を予定しています。
10冊近く溜まっているので、しばらくぶりに連続更新できそうです!
しばしお待ちを。



さて、
ひとまず近況ということで……

お仕事、辞めました!



これから先どうなるんでしょうねぇ...。
少なくとも現状「お客様のため」っていう仕事の根底に疑問というかストレスを感じているので、それが払拭されるまではフリーターで収まるのかな、と思っています。


今回の大きな失敗の要因の1つは、「周りの影響を受けやすい」っていう自分の性格を甘く見ていたことですね。
まさか半年でパチンコ・スロット依存症になるとは思わなかったです( 笑 )
お金が無いどころか、借金にまで手を出してるわけですから全く救いが無い。

付き合い方さえ間違わなければとても楽しいコンテンツであることは補足します。



接客自体は楽しかったし、続けたい気もします。
自分が好きな仕事を広める仕事が良いっていうのも変わらず。
…………やっぱり変なプライド捨てて本屋に勤めるべきなのか……?  

それとも人生の最終目的である「働かずに金を稼いで生きる」を達成するために知識を増やしていくべきか?



明日はどっちだ……!

以上!

↑このページのトップヘ