デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。


仕事が本格的に始まってからのほうが、始まる前の準備やら何やらしてた時期よりも自由な時間が多いという謎。
優先して読みたい作品が……3冊あるので今週はそれを読み終えることを目標にしてみます。
あとは4月分の新刊情報をまとめられていないので、なんとか明日にはまとめたいところです…。



では、今日のラノベ!

軍師/詐欺師は紙一重

講談社ラノベ文庫より
『軍師/詐欺師は紙一重』です。


【あらすじ】

父親が亡くなり家を失うことになった語利カタル。最後に住み慣れた家の中で見つけた謎の抜け道を通ると―ファンタジー世界のような場所に出た。そこにやってきたのはドワーフとミノタウロス!さらに竜を駆る少女までやってきた。戸惑うカタルに少女は言う。「お前、軍師の血族か。ならさっさと来い、女王陛下と国難がお待ちだ」と。連れて行かれた先で聞かされたのはこの国は危難を迎えると「軍師の館」が現れ、そして驚いたことに、詐欺師だと言われていたカタルの祖父はこの世界では軍師だったらしい!カタルは決意する、祖父の後を継いで軍師として活躍することを!祖父の残した詐欺の道具と知略で国の危機を救えるか!?




感想:★★★★☆

軍師のあげる策を「謀略」と言うくらいですからね。
軍師と詐欺師の差っていうのはあって無いようなものなのかもしれません。




異世界トリップからの軍師もの。
主人公カタルは、元の世界に戻り夢であったゲームアプリの制作を再開させる!という強い気持ちを胸にして、軍師としての道を歩むことを決めます。
この「ゲームアプリ制作」という理由が、この作品独特の風味を出していたようにおもいます。


亡くなった父がゲームアプリ制作会社の社長であり、カタルもその遺伝子を濃く受け継いでいるんですね。
幼い頃から忙しそうに、面白そうに仕事をしている父を見てきたカタルの気持ちを汲み取れるからこそ、カタルが一国の軍師という大役を迷った末に受領したことの重さが出てきていたと思います。


また、色々なジャンルの製品があるゲームアプリという市場だから、「アプリの制作中、設定中で知った」というような描写にも一定の説得力がありました。
ここは内容そのものよりも、自分の感じ方に驚きを感じました。
その情報入手源が仮に「TVで見て知った」だったら説得力に欠けるだろうと思ったからですね。


「何をやるにしても何かしら学べる、情報を得られる」ということを(一応)信条にしているのに、TVのランクは下がっているという…。
例えばそのTVを見た時に両親がいた、とか父親が忙しい仕事の合間にとかだったらまた話は変わって説得力とかともかくそのエピソードの質は「感動」になりますし、逆にカタルのような出自ではなく普通の家庭に生まれた子が「クイズアプリでこの前やった」とかだったら説得力には欠けるでしょう。こじつけというか、都合の良い理由に見えてしまいます。

今作はそうした「知識」の出処が明確だったので、読みやすく、かつ溺れない程度に情報が詰め込まれていたのが好印象です!



情報といえばもう1つ、リュウゾウ語録の存在を忘れてはいけませんね。
「良いな、この言葉」ってメモしたのが7箇所くらい。
その中でも一番記憶に残っているのは、176pの“今あることだけを認識しろ、想像力は危機的状況になればなるだけ抑え込め”という言葉です。
危機的であるが故にマイナス方向に進みがちな想像を止め、現実を正しく捉えることで問題を解決するという考え方でしょう。

深い…。
核心を突いていると分かるのに、実行難易度が高いフレーズ。
だからこそ、タメになると思ったしこれを機になんとかしていきたい所存。
リュウゾウ語録は是非改めてメモし直したいですね…!






カタルと徐々に心を通じさせていたラウラさん。
距離が縮まるスピードに少し違和感を感じましたね…。
チョロインという言うにはチョロくなく、かといって一般的な騎士や軍人のようなお堅さ全開というわけでもなく…。
軍人だけに、まさに懐に踏み込むような距離の詰め方。
あるいは背中を預けさせようとするかのような。

王女と摂政に関しては、まだまだ謎の多い存在すぎまして…。
なんとも言えないが故にモヤモヤ感。





以上!



軍師/詐欺師は紙一重 (講談社ラノベ文庫)
神野 オキナ
講談社 (2017-03-31)
売り上げランキング: 59,045

どもー。
デスカイザーです。


お待たせしました!
やっと感想が書ける状態になりました!
(視界の右側にある段ボールから目を背けつつ)

まぁもっとも明日から本格的にお仕事生活が始まるので、更新頻度はあまり上がらないかもしれませんが…。
拘束時間的には大学時代のアルバイトと変わらないので、意外といける気もしてます。



では、今日のラノベ!


文句の付けようがないラブコメ 6

ダッシュエックス文庫より
『文句の付けようがないラブコメ 6』です。


【あらすじ】

果てなき輪廻の果てに。数多の被験者のうち、“非人道的実験”に成功して生き延びることができたのは少女Aだけだった。世界を救う英雄たる使命を背負った少女A。周囲にあるのは無数の書物が並ぶ図書館のみ―彼女の心象世界には時間も空間もない。世界救済を探るためのあらゆる可能性を、ただひたすら演算するだけの存在として、少女Aは存続していく。そんな彼女の前に突如、異物たる少年Bが現れてこう言った。「お前さ。俺と結婚しねえ?」「はい。よろしくお願いします」永遠とも思えた輪廻の果てに待つ、少女Aと少年Bの結末とは?『文句の付けようがないラブコメ』がここに終わり、そしてまた始まる―




感想:★★★★★

終わりにして始まり
始まりにして終わり





AとBのいる世界」と「CとDとEが裁定者として世界を推測する世界」の2パートが交互に繰り返されていく構成。

「「CDEの世界」は、その存在が矛盾しているところがキーでしょう。
監視、裁定する立場であり役者でもある立場である彼女らが、その舞台の存在そのものに疑問を差し挟むだけのパートなのですから。
そして疑問を持ち得るということはどういうことか?
舞台の未成立、すなわち繰り返すゲームの終わりであると。
では、このくそったれなゲームを始めたのは、この世界の神は誰だ?」


っていうところがざっくり「CDEの世界」で語られていた内容ではと。
クルミちゃんほどでは無いにしろ、おチヨさんほど頭が回るわけでは無いので解釈が間違っているのではと不安になりながら読んでました…。

理解しきれなかったのは単純に一気に読めなかったというのもあるけれど、「ABの世界」が間に挟まるという構成の弊害でもあったと思います。
この構成にはそれ以上の価値があるのでしょうがないのですが。




「ABの世界」の内容は突き詰めればシンプル。
ずばり「Aの名前をつけよう」!

Aは知識はあっても記憶はなく、本があっても理解が無いようなそんな状態。
そこに突如現れたBは結婚を申し込み、Aは受け入れ…。
長い長い時間をかけて(時間の概念が意味を為さない空間ではあるけれども)口を動かすことを「思い出し」、感情を「思い出し」、思考を、口調を……そして記憶と事実を。


上に書いた「それ以上の価値」っていうのはこの部分にありまして。
徐々に徐々にA……セカイという神が自分のことを思い出すのと並行して、それを裁定するCDEも真実に近づいているところ。
そしてその真実が最終的にこれまでのこのシリーズを覆すものだというところ!!!




千億のループの果て、46兆年の月日の果てにたどり着いた「ABの世界」が、それでもなお「1回目のゲーム」。
既刊5冊のループ、えぇ、悲しくも美しい文句のつけようがないラブコメが、まさに一瞬の出来事のような。
そしてその46兆年×46兆回分のパターンを構築するだけの情報処理能力をもつセカイと、それを全て実行してきたユウキ。


無限の果てに元に戻った世界の救済、ラブコメの「続き」。
文句をつけられるはずがあるだろうか、いやない。




……え?これ続刊あるの…?



以上!



文句の付けようがないラブコメ 6 (ダッシュエックス文庫)
鈴木 大輔
集英社 (2016-11-25)
売り上げランキング: 42,828

どもー。
デスカイザーです。


Twitterの方では呟いていますが、就職に伴う引越しの準備・片付け等でなかなか読書ができない状態が続いています……。
明日には引越し関係は一段落するのですが、今度は3泊4日で研修となりまして……。

ついでに新居、ネット環境をなんとかしようにも生活費だけで手一杯です!
スマホのテザリングでどこまでできるかの勝負になりそうでして……。


と、いうことで想像以上に更新できていなかったのでその言い訳でした。
研修の移動や宿泊施設で読書できると思うので、なんとか4月第1週中には感想書くようにします!



当ブログの更新を楽しみにして下さっている方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください……。




以上

↑このページのトップヘ