デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

今日のラノベ!


滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ2

角川スニーカー文庫より
『滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ 2』です。


【あらすじ】

「どうやら、同じ日を繰り返したみたいなんだ」リルネ達とテスケーラの街へ辿り着いた俺は、何者かに術をかけられ時間軸をループし続けることになってしまった。冗談じゃねえ、早く“メーソン”を見つけなきゃいけないのに!おまけに、ループの引き金となった殺人事件を調べる過程で、針猫団という自治組織に絡まれまたもピンチ。けれど俺は針猫団のクライという少年に会い、ひと目で分かってしまった。彼がもう一人の主人公なのだと。


感想:★★★★☆

敵対する黒衣の数だけ主人公がいるのかな?
タイトルの「主人公の数を求めよ」の部分の意味が理解できた第2巻。
だとしたら「滅びゆく世界」というところの重要度を再認識せざるを得ないですよね…。




登場人物への容赦の無さは1巻から引き続き存在。
ループものだからね!Dead endで何しようが主人公のトラウマとやる気に繋がるだけだもんね!
リルネを中途半端じゃなくあぁいう状態(拷問中)にしたこと自体を評価したいよ、私は!

主人公の殺し方、というか殺すタイミングも全編通して見るとメリハリ付いてて良かったんじゃないかと。
引っ張るところ、畳み掛けるところ、あえて短く描写して絶望感を畳み掛けるところ。
そこの差がはっきりしていたから、ラストバトルでの畳み掛けがとても胸に来るものになっていました!

クライとジンの徐々に変わってきた絆という要素も含め、今巻はそのシーンを如何に映えさせるかに的を絞っていたように思います。
そりゃ、クライマックスなんだからそうなんだけども。
リルネとの主従・信頼関係とクライとの対等・利害関係との比較だったり、ティリスとスターシアの「眼の力」・守られるものという共通点だったり。
クライマックスを読んで初めてそれまでのすべてが腑に落ちるというような感覚で、それ故にクライマックスシーンのウェイトを大きく感じたような、そんな感じです。


逆に言うならば、それ以外の印象がちょっと薄くなってますね…。
ループって聞こえは良いけど要するに「無かったことに」しているわけで、ループ経験者の考え方が変わる以外の印象変化があまり無いというところがですね…。
これはdeskyzer個人の好みの問題ですし、客観的に見れば面白いんですがねー…。
あるいは読むタイミング(ノってる時なら大絶賛していた)





以上!お試し凝縮版でお送りしました。

どもー。
デスカイザーです。


SAO「オーディナル・スケール」昨日見てきました!
メインキャラ総出演でオリジナルキャラ出してぐだーっなんてことはなく、SAO事件を原作以上に掘り下げつつキャラの魅力を引き出すストーリー、さらにはアリシゼーション編に続くエンディングとすごく面白かったです!
コンサートのシーンでシリカたちの一つ前の席に川原礫先生がいたように見えたのは気のせいじゃないはず…。



では、今日のラノベ!

ソードアート・オンライン19ムーンクレイドル

電撃文庫より
『ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル』です。


【あらすじ】

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。どこからともなく現れた、たった一人の“ベクタの迷い子”が暗黒の神を倒し、この世界に平和をもたらしたのだ。しかし、そんな人界の中枢、白亜の塔“セントラル・カセドラル”にて―。“整合騎士見習い”へと昇進したロニエ・アラベルは、人界の最高意志決定者“代表剣士”キリトから、衝撃的な言葉を耳にする。「―いずれもう一度戦争が起きる」“アンダーワールド大戦”のその後を描いた“アリシゼーション編”最後を飾るエピソード!


感想:★★★★★

アリシゼーション編の後日譚、現実世界の五百万倍というスピードになったアンダーワールドにおける物語。
主人公は……ロニエ!!
月のように寄り添う彼女の、儚い輝きが導くものとは…



傍付きとしてキリトを見てきたロニエ、同じくユージオを見てきたティーゼ。
ロニエはアスナの存在が、ティーゼはユージオの消滅が理由で絶対に想いを伝えられないような状態にあって。
そんな恋における葛藤を抱えつつ、整合騎士としては着実に成長し続けるロニエの様子がもどかしくもあり、嬉しくもあり!

本編というかアリシゼーション編の中では学校にいた頃はメインヒロイン格だったけれども、そのあとはアリスが出てきてアスナも来て他の女の子たちもリアルから来て……。
確かに心神喪失したキリトの護衛として出番はあったけれども多くは語られないようなポジションだったから、こうしてキリトを想う気持ちと「アスナ様がいるから絶対に口に出してはいけない」という思いの間で葛藤する姿が見られたのは本当に待ち望んでいたことで嬉しかったです。


それと対比するかのように騎士としても女性としても成長していたのが、《無音》のシェータさん。
暗黒界人のイスカーンと結婚して子供も授かり、神器級の剣を大戦で使い潰してしまうも《無手》の剣士として新たな境地に足をかけていました。
二人の意外なほどの良い親っぷりを見ていると、あの大戦が必ずしも負の側面だけでなかったということを感じますね…。
そりゃ、戦は無いほうが良いに決まっているけれども、戦がなかったらイスカーンとシェータが出会うことも惹かれあうことも無かったでしょうし…。

二人の娘のリーゼッタをあやすロニエは、可愛さを感じて祝福していたのは間違いないけれども、それ以外の感情がトゲとなってチクリと刺さっていたんじゃないかと、つい考えてしまいました…。
キリトと2人になる機会が続いていただけに、そうした想いもどんどん強く…。





と、恋の話ももちろんなんですが、メインはアンダーワールドで発生した殺人事件とその背後に潜むものに迫るというもの。
殺人が起こるはずがないというところと、証拠となるものが消滅したというところで「SAO」での圏内事件を思い出しましたね。
あの時は被害者が死んでおらず転移していたというタネでしたが、今回はどうやら本当に死んでいて、武器も天命が容易に全損するように生成されたものようで、本当に背後に何かがあるようです…。
謎の黒い影、裏の暗黒術師、実行犯の謎…。

実行犯に関しては「システムに事故だと誤認識させる手順をとる」ことでシステムの縛りから逃れたとか、あるいはクスリやら何やらで自我を喪わせるか操るかして自殺させたとか、色々推理はできますが…。




話は大台20巻に続くようです。
恋も事件も気になりますが、「ロニエ・シンセサス・サーティスリー」が実現したのかどうかが一番気になるかも…。




以上!


ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)
川原 礫
KADOKAWA (2017-02-10)
売り上げランキング: 50

今日はラノベではなくコミック!

衛宮さんちの今日のごはん1

角川コミックス・エースより
『衛宮さんちの今日のごはん 1』です。


【あらすじ】

「Fate」×「料理」=「優しさ」 誰でも衛宮士郎の料理が作れる!
衛宮士郎が自慢の手料理で、冬木の住人やサーヴァントたちをほっこりさせちゃいます! 詳細なレシピも付いて、だれでも士郎の手料理を同調開始(トレース・オン)!



感想:★★★★★

この作品のおかげで先日の夕飯がかき揚げになりました。




stay nightあたりの時間軸で、テーマはごはん!
バーサーカー以外の英霊と主要キャラほぼ総出演!

Fate作品っていうのは、特性上どうしても過去作知識と作品経験がどうしても必要になります。
どの作品をベースにしてどういう設定で派生したのか、あるいは何をテーマにした聖杯戦争なのかetc…。
そこを超えても話が暗かったり血生臭かったり…。
なので、私みたいにアニメzeroをなんとなく見て、UBWも見て、FGOもやっているけどイマイチFateの他作品に手を出すのは躊躇われる…、みたいな方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
(もちろん、そういう要素が魅力であることは言わずもがな、ですが。)


はい、そういった方におすすめです。



さすがにこれが初Fateというのはさすがに無理があると思いますが、stay night、UBWを見ていたら間違いなく、FGOのみでも充分楽しめると思います!





で、内容ですが。
レシピは結構考えられているものが使われていると思います。
料理番組は結構よく見るほうなのですが、その中で「これを覚えると料理が変わる!」と紹介されているスキルがちゃんと使われていて、なおかつ味だけでなく見た目も工夫された料理が数多く掲載されています!
1話の寄せ鍋回の白菜の切り方、芯は葉と別に斜めに切る、っていうのを見た瞬間に「この本はまともな料理本」だと確信しましたもん…!

そのうえで、キャラが既存作品通りに思う存分動いているんだから不思議ですよー。
特に魚屋ランサーの違和感の無さ…!w
ゲイボルグで突いてきたわけじゃなかろうな!!

あと凛がやっぱり可愛いですね!
「冷やし茶漬け……食べきれちゃった……!」っていうシーンでの表情とか体勢とかバッチリよ!




これ読んでいて思ったんですが、コミックのグルメものだと「料理をどう作るか」に見せ場がある作品が多いのに対して、ラノベでグルメものだと「料理をキャラに如何に美味しく食べさせるか」に重点が置かれることが多いような気がします。
『ベン・トー』然り、『異世界居酒屋のぶ』然り、『さて、異世界を攻略しようか』然り。

あくまでも「多いような気がする」だけであって、コミックでも『幸腹グラフィティ』みたいな食べる側フィーチャーの例はいくらでもあるだろうし、ラノベでも作る側フィーチャーのもの……そう!ちょっとずれるかもしれませんが以前感想を書いた『迷宮料理人ナギの冒険』みたいにあるにはありますからね。



ゴホン。
何が言いたかったかといいますと、「料理を作る」というビジュアル的に動きが大きく心理的な描写が薄くなるものはコミックに適性があり、「料理を食べる」というビジュアル的には動きが最小限だが心理的には(三大基本欲求のひとつを満たすだけあって)とても大きな動きが見込めるものは文章に適性があるのかなぁ、ということです。

「料理モノ」としてまとめて見ていたのであまり気にしていませんでしたが、こういった違いをふまえた上で作品を読むと作者の腕の光らせ所に気づけたり他作品との比較点を見つけられたりしそうですね。





一人暮らしが落ち着いたら、この本から1つ作ってみたい!



以上!



衛宮さんちの今日のごはん (1) (角川コミックス・エース)
TAa
KADOKAWA (2017-01-26)
売り上げランキング: 276

↑このページのトップヘ