デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

入学式行ってきましたー。


あと、東急の定期買いましたー。


明日は健康診断ですー。


つきツキ!10巻が読み終わってないから今日は特に書く事も無いからおしまいー。

今日は大学で履修登録説明会と簡単なテスト受けてきました
そのあと、一人暮らししてる友達の家に遊びに行って遊戯王とヴァンガードで遊んでたら定期買えなかったww
明日入学式がパシフィコ横浜であるから帰り際に今度こそ買ってきます!


そんなこんなで今日紹介するラノベはコレ!


アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)
(2013/02/09)
茜屋まつり

商品詳細を見る


アリスちゃんかっけーーー!ってことで「アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム」です


【あらすじ】
 「あたしが巡り逢ったのは……最高の銃だったわ」
  そう言ってアリスは逝った。私の名前はミスター・マグナム。偉大なる魔女によって生み出された魔法の銃だ。
  災厄により相棒を失ったわたしは、不思議な運命により過去の世界で意識を取り戻す。そこで出逢ったのは、
  少女時代のかつての相棒。だがこのアリスは、とんでもないおてんばアホ娘だったのだ……。
  やれやれ。とはいえわたしは立ち上がる。かつての悲劇を起こさぬよう、新たな未来を切り開くために―――。

【主な登場人物】
 アリス(アホ):ヒロイン。《ライトニング・ワイルド》の異名を持つ。アホ。すごくアホ。とにかくアホ。
 ミスター・マグナム:魔女によって作られた銃。特殊な弾を打てたり、所有者に同調したりできる。
 ロッキー:本名ロクサーヌ・ラヴォワ。《ショットガン・クイーン》の異名を持つ。金髪巨乳で牧場の跡取り娘。
 アゴンロジ:アリスの師匠。身軽な体で走り回り、投げ斧と弓で攻撃する。すごく噛む。五右衛門以上かもしれない…
 バンプ:牧師。卑怯な手を使うさまは一周まわってかっこいい。

【感想】
  今年の電撃小説大賞で大賞を獲った作品。
  銃については詳しくないほうだとは思うけど、戦闘シーンも読みやすくて面白かったです。

  あらすじでもなんとなくわかるけど、物語はミスター・マグナム、つまり銃の一人称で進みます。
  かつての相棒の『復讐者』アリスとアホアリスを比べて落胆してるところとか、銃が考えてると思うとなんかシュールで笑えた。

  唯一読んでて気になったのはルビが多いこと。
  弾の名前とか民族の通称とか国の名前とか通り名とか……
  1ページに一つはルビ付きがあって、字が細かいから読むのに苦労したね。まだ若いのに。

  ミスターとアリスの掛け合いは面白いし、戦闘もイメージしやすくて入り込みやすい作品でした。
  最後にお気に入りのセリフを。

 「わたしのアリスたんに、銃を向けるなァァァアアア――――ッ!!」


  セリフの真相が気になったらぜひ一読を。

  以上!
続きを読む

今日から大学生ですよ!!  ってことで大学行って英語のクラス分けテスト受けてきた。
新歓では友達ができなかったけど、友達が新歓で作った知り合いの中にデュエリストがいたから便乗してきたww
実際、趣味合う友達が大学でできて一安心です(笑)


んなわけで、とりあえず今日感想書くラノベはこれ!!


選ばれすぎしもの! 3 (電撃文庫)選ばれすぎしもの! 3 (電撃文庫)
(2013/03/09)
峰守ひろかず

商品詳細を見る



でかいな。広告。まぁいいや。

【あらすじ】
 異世界の王女マヤが加わり7人となったヒロインたちと暮らす、僕こと水尾護。勇者として異世界の平和を護る
 ……はずが、何故かビーチで男だらけ!でもビーチということは水着に着替えたヒロインたちも勢揃いですよ  ね。しかし水着をも凌ぐ更なるお色気イベントが僕を待ち構えていた!果たして僕は襲い来るヒロインたちから
 逃げ切れるのか?ってなんで襲われてるの!?
  そんな苦難?を乗り越えた僕だが、偽勇者ゴルディアスの正体を暴くため旅立つ決意をする。一緒に行けるの
 は1人だけというが――――?
  こき使われ系勇者の物語、完結!


【感想】
  今日まで3日連続で紹介してきた「選ばれすぎしもの!」シリーズの完結編です。
 まぁ、やってることはいつもどおりヒロインたちと勇者護のイチャイチャストーリーなわけだけど…。
 舞台は2巻でピックアップされなかった『自然』『都市』『地獄』、さらに護のいる世界。

 護の世界:フラウディアが護の学校に転校してきてクラスは騒然。特に護の友達の金原とクラス委員長
      兼新聞部の早見さんが護とフラウディアの関係を探ってくる。そんな中、学校に『侵食界』が!?
 
 『自然』:護の学校が連休だからせっかくだから旅行しよう!ってことで、キトラの提案で『自然』の海に。
      ヒロインたちがそろってただで終わるはずもなく……!
       要するに水着回です!

 『都市』:ヒロインたちの世界を移動しながら、色々なものにとり憑いておそってくる『侵食界』。
      そんな中、アーニーの体が急に大きくなってしまう!
        アーニーの大人姿サイコーー!

 『地獄』:『地獄』に里帰りしていたマヤから「ぶとうかい」への参加を求められる護。
       踊れるかどうかを悩みながらも引き受ける護であったが……!?

   
  3巻はカラーイラストが今までで一番よかった。水着のマヤとコルリがかわいくてもう……(笑)
  あと、アーニー株が俺の中で急上昇したね。スク水と大人ver.で。カウガールっていいね。ホント。


  最終巻だからといって今までの流れを変えることなく、ヒロインたちとイチャイチャしながらストーリーも
 しっかり進めているってのは結構すごいことだったりするんじゃないだろうか?説明が長くなってテンポが悪く
 なることもなかったし。

  とりあえず「選ばれすぎしもの!」シリーズはこれで完結。3巻で終わってしまうのが寂しい作品。     というかやろうと思えばあと3巻くらいは出せそうなんだけどなぁ。
  とりあえず峰守ひろかずさんのほかの作品も見つけ次第読んでみたいと思います。


  以上!
 

↑このページのトップヘ