デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。



12月31日、大晦日です!
今年も1年ありがとうございました!
来年もdeskyzerとデスカイザーのラノベ日誌を、よろしくお願いします!!

2017年最後の今日は「今年の感想、今年のうちに」ということで、まだ感想を書けていない3作品、それとこれから読む読み収め本1冊の計4冊分の感想を投稿する予定です!
終わるんでしょうか!分かりません!!

大晦日、勝手に感想チャレンジ、開幕です!



では1冊目。
当ブログ史上初の同人作品の感想です。

今日のラノベ!

観葉植物になって百合カップルのイチャラブ生活を見守る話

みかみてれん文庫より
『観葉植物になって百合カップルのイチャラブ生活を見守る話』です。



【あらすじ】

百合もの大好き女子高生、植田華はある日不慮の死を遂げる。だが目覚めた彼女は、妹の部屋にある観葉植物へと変わっていた! 小学生から大人になるまで、成長していく妹とその恋(百合)(尊い)を、植木鉢からじっと見守る、時に笑えて、時に切ない百合ラブストーリー!



感想:★★★★★


目が覚めたら体が縮んでいた高校生探偵がいるので、死んで観葉植物になる女子高校生がいても何らおかしくありませんとも。えぇ。



華の妹・葵ちゃんと、その友達の千晴ちゃんと泉美ちゃん。
3人の友情と親愛と友愛と愛情が生み出す、尊さに満ちた三角百合関係!

小学生編から始まり、中学生、高校生を経て最後は社会人エピローグ、完全勝利!
「ちょっと仲の良い女の子同士」から、「いつも考えちゃう存在」になり、「好き」に変わっていくその様をつぶさに見て取れることが、最大のポイントですよね!
約1名最初から百合に染まっている泉美ちゃんもいますが、彼女は彼女でその百合の想いを葵ちゃんにぶつけてしまって良いのか、千晴ちゃんに譲らなきゃいけないのでは、と思い悩んだり吹っ切れたり。
スタート地点がちょっとゴールに近かったからこその戸惑いです。
作品は作品、現実は現実という区別がしっかり付いていたことを褒めようと思いましたが、自分の友人を百合っぷるにしようとしていたような気もするので付いていないのかもしれないです。




あくまでも観葉植物視点なので能動的に動くことはできず、定点観察による成長記録なのでもどかしさはあります。
でもそのもどかしさが良いんです!
「おまじない」のちゅーで元気になった葵ちゃんが小学校に登校したとき、千晴ちゃんがどんな顔で出迎えるのかとか。
泉美ちゃんと葵ちゃんがあんなことやこんなことをした後に、葵ちゃん絶対泉美ちゃん見るたびに顔真っ赤にしつつ申し訳なさそうにしつつだろうなとか。
全ての状況を与えられるわけじゃないからこそ、妄想の余地が加わり、尊さが生まれる……。




最高でした……!
タイトルを初めて見た時は笑っちゃいましたが、内容は計算された百合の宝庫。

百合を見たときに間に入りたいとかいう男は爆発四散すべきだとは幾人もの百合神たちが口を揃えてきましたが、この作品は間に入りたい勢へのメッセージでもあります。

即ち、百合は見守るもの!




本日12/31、冬コミ3日目。
東5ホールポ47aにて、今シリーズ第2弾『飼い猫になって百合カップルのイチャラブ生活を見守るお話』が頒布されていると思いますので、もしコミケの暇つぶしにこの記事を読んだ方がいらっしゃいましたら足を運んでみてほしいです。
そこに百合があります。
勝手に宣伝おわり。




以上!


どもー。
デスカイザーです。


コミケ1日目&2日目、お疲れ様でした。
私deskyzerは何年かぶりに(5年ぶり?)不参加です。
明日、男どもの聖戦となる3日目も寒くなるようですので、風邪と凍死に十分お気をつけくださいませ。
……リアルに冬コミ早朝のトイレ列の寒さで気を失いそうになったお兄さんからの注意だよ!

ラノベ界隈も明日なので、本当に行きたかった……。




悔やんでも仕方ない!
こう、自制心とか射幸心とかそのあたりのせいですからね!!

ので、今日のラノベ!


文句の付けようがないラブコメ 7

ダッシュエックス文庫より
『文句の付けようがないラブコメ 7』です。



【あらすじ】

幾千幾万の輪廻を超え、ユウキとセカイは真のエンディングにたどり着いた。高校生だった彼らはいつしか大人になり、酒盛りしたり就活したり、周囲の反対を押し切って同棲してみたり。裁定者として絶対的な役割を担ってきたハルコ・クルミ・おチヨの三人もまた、新たな人生を謳歌し始めている。バッドエンドの連続だったこれまでの不条理を笑い飛ばすかのように、彼らは“普通のしあわせ”を当たり前に過ごしていく。これは、たった五人でセカイと世界を救うべく足掻いてきた勇者たちに贈る、最初で最後で最高の「文句の付けようがないラブコメ」。



感想:★★★★★

恐らく感想やレビューのほとんどに使われているであろう、この言葉。
やはり、この言葉こそがこの巻に、この作品に相応しいでしょうっ!!


まさに、文句の付けようがないラブコメ、でした!






以下、読書メモと共に感想を。




~memo~



10p:衝撃の一行、あと把握
⇒前巻のラストから、セカイとのどんな甘い生活が繰り広げられるのかなー!とワクワクしながら本を開いたら「妹と結婚して五年が経った 」、ですよw
びっくりして笑っちゃいましたが、つまりはこれユウキとセカイのハッピーエンドではなく、ユウキとセカイとおチヨさんとクルミちゃんとハルコの5人全員の幸せが保証されたうえでの「文句の付けようがないラブコメ」が見れるということの証左ですね!
……っていうことを把握しました。(=ハルコの妄想であることは看破)

それにしても恥ずかしがるハルコは可愛かった…!



66p:こんのすけこましのすっとこどっこーい!
こんのすけこましのすっとこどっこーい!
ハルコに対してもクルミちゃんに対しても「つい出ちゃった」って軽いノリで可愛いだの女性として魅力的だの言ってるけど、君そのシチュエーションの破壊力分かってる?分かってないでしょ!?
ハルコに対しては、恐らく46兆の46兆乗の繰り返しのなかでもぶれることのなかった庭でのティータイムでの告白。記憶が無くても心が忘れない時間。数少ない確約された「2人だけの時間」にハルコがどれだけの思いを持っているかは、クルミちゃんがティータイム来てるときの不機嫌さで明白。
クルミちゃんに対しては、良き友人としての我儘という形を取ったデートの終盤、万全の計画を立てたクルミちゃんの計画外の体調不良による膝枕療養中の告白。良き友達、良き同僚としてユウキの傍に物理的にも精神的にも居続けたクルミちゃんに物理距離ゼロからの照れ笑顔。そんなん赤くなるわばか。
すっっっっごく「夏祭り」歌いたくなるシチュエーションでした。



70p:なるほど資格から入る
⇒プロの人を真似る時、「まず形から入る」とよく申します。
個人的には形から入りつつ理屈を学んで理解に努めるのが究極にして唯一解だと思ってますが。
ともかく、おチヨさんのようなパーフェクトな人材を目指すのならば、まず資格から入るというのも一種「形から入る」になるのかなぁと。
教員免許、調理師免許、英検一級、危険物取扱者甲種、利き酒師免許etc…。
……何年かかりますかねー?



94p:なんだかんだでおチヨさん。されど……?
⇒いつものぱーふぇくとめいどを崩さずユウキに迫るおチヨさん。
ユウキに調子を狂わされることにが多くなってきた彼女の、なけ無しの反撃も半ば不発に終わってしまった感じでした。
ユウキの成長を感じるのはもちろん、おチヨさんがそれ程までに心を開いていることにも他ならないのでなんか嬉しくなりました。
……おチヨさん、ドキドキしてたんでしょうか…?
1人になった時に思い出して赤面してそうで可愛い!待っておチヨさん笑顔がコワイッ



108p:……と思ったらぶっ壊れた……
⇒いえーい!今まで全く想像していなかったおチヨさんの一面いえーい!
セカイの泥酔はまぁいつも通り(?)として、クルミちゃんとハルコの泥酔姿は絵にな……らないですし、おチヨさんに至っては触れちゃいけないレベルに達していますね!
もしかしたら就活をする娘たちに、巣立つ子らに感慨を覚えているのかもしれませんね。
いえーい!よく考えたら娘たちに混じって大学の非常勤講師が就活スタイルいえーい!



169p:いつもの
⇒このシリーズは、やっぱりこれが無くちゃ始まりませんね!
すなわちユウキのプロポーズ、セカイの即断。
折角手繰り寄せた未来にコレが無いだなんて、たとえ神でも納得しないでしょう。



180p:復活!
⇒「……開いた口がふさがらなかった俺、ここでようやく復活!
いやぁ、良いフレーズ!
声に出して読みたい日本語。



187p:餃子は無いが、ビールはOK
⇒金麦をあけました



189p:九十九機関、ふむふむ……。
⇒バタフライエフェクトか、あるいは何者かに意図された擦り合せか……。
どちらに転がっても良いような心構えが必要だったので、すこーし休憩を挟みましたね。
休憩しながら考えた結果、バタフライエフェクトなら「再び始まる永遠のラブコメ」として、意図されたものなら「今度は皆で世界を、セカイを救おう!」として文句の付けようがないラブコメになると確信したので、読書再開。



199p:ですよね。お決まりをありがとう。
⇒まぁこっちですよね。直前に予想したうちの後者。
文章的には「挨拶中だから顔を上げられない」という外部的理由と、「声に聞き覚えがあり怖くて/嬉しくて/信じられなくて顔を上げられない」という内部的理由の2つが込められていて、それはそのままユウキの心が1つにまとまっていないことを表しているのかなぁ、と。

ドアを開け、挨拶を言い始める前に頭を下げる。
接客なら完全にアウトな一幕ですが(相手の目を見る!礼はその後!)、営業だとまた違ったりするんですかね……?



205p:「縁」
⇒文句の付けようがないラブコメなのに、愛ではなく縁であるという。
粋ですねぇ……。
この一文が無かったら家族愛や友愛なんかをシリーズの芯であるかのように感想書くところでしたが、確かに愛でもありますが縁という言葉もしっくり来ますね。
むしろ1人対1人ではなく5人揃っての奇跡であったことを考えると、愛という言葉に違和感を覚えるまであります。
ユウキとセカイが結ばれる理由は愛であっても、ふたりが出会ったのは縁を決して手放さなかったどこかの諦め悪い男の子の成果であり、女の子たちの遠回りなフォローのおかげ。
末永くお幸せに。



212p:俺たちの戦いはこれからだ
先生の次回作は既に手元に。




~memo~



そんなわけで本当に最終巻。
1巻ラストで衝撃を受けたことがはるか昔のことのようです。
色々なラブコメの形を見させていただいて、そのどれもが「文句の付けようがないラブコメ」で。
本っ当に面白かったです!!


セカイに良き未来があらんことを!




以上!



文句の付けようがないラブコメ 7 (ダッシュエックス文庫)
鈴木 大輔
集英社 (2017-12-22)
売り上げランキング: 8,465

どもー。
デスカイザーです!


本日仕事納め。
4月の時点では仕事納めという概念が存在しないサービス業での就職だったので、年末を迎えた今仕事変わってるわ年末年始休暇が存在するわで少し嬉しかったりします。

なんというか……今年は色々あったなぁ!!
仕事面では本当に色々な方に支えられて頂いたおかげで決断できて、今普通に生活できているので感謝感謝です。
ありがとうございました!
そして今後のdeskyzerの仕事面での迷走を、是非ともtwitterと当ブログで見守っていただければと思います。



それでは、今日のラノベ!

出会ってひと突きで絶頂除霊!

ガガガ文庫より
『出会ってひと突きで絶頂除霊!』です。


【あらすじ】

―絶頂除霊。それは突いた相手を生者死者問わず絶頂させ、もののついでみたいに昇天させる猥褻能力。絶頂除霊などという呪われた能力を宿した少年・古屋晴久は、同じような呪いの眼―淫魔眼を持つ少女・宗谷美咲に出会ってしまう。その眼によって弱みを握られた晴久は、半ば強制的に退魔師史上最低最悪なチームを組むことに。初めてのまともなお仕事は、怪異「乳避け女」との大活劇。今宵も街には嬌声が響き渡る。それは紛れもなく、昇天の証明。ポンコツ退魔師たちが卑猥な能力で大活躍?ちょっぴりエッチな退魔活劇!!



感想:★★★★★

ひっでぇタイトルwww



というファーストインプレッションは覆りませんでしたが、その感じ方は少し変わったかもしれません。






突いた相手を絶頂させる。
そう、確かに猥褻能力。
なのに、そこに至るまでのヒューマンドラマがそこまでエロく感じさせないんですよね。
真面目に悩んでいたからこその怪異化。
真面目なのに絶頂させるしか除霊方法の無い主人公。
バカらしさと真面目さが両立しているということをタイトルが見事に表現していると思うんですよねぇ…。ひどいタイトルですけど。

これが作者的に成功なのか失敗なのかは分かりませんが、読者としては期待を裏切られたのに納得感を持って読み終えることができました。





そう。
読み終えることはできました。
できたんですが、既に次の巻への期待値がですね?

というのも彼女の存在です。
主人公の幼馴染の、葛乃葉楓嬢。
エピローグⅡでとある秘密が明かされて楽しみ!……とかではなく、それについては本編読んでいる間に気づいていたので(へーんしん!)「お、予想とおりだ」で済んだのですが。


おい破壊力やべぇぞ?
この鉄面皮、膝枕、超笑顔、後輩、超笑顔(語彙力)



で、しかもこの子2巻で主人公への複雑な気持ちという隙を突かれて物の怪の類に取り憑かれてしまい、そこを主人公の絶頂除霊で解決するんですよね?
あらすじも何もまだ出ていませんが、そうなると信じています。
2巻が違ったら3巻でも良いです。
もう絶対そうなるというかそうなれ!!!!!
僕は赤城大空先生の書き記すそのシーンと魔太郎先生のイラストがかけ合わさった瞬間に立会いたい、ただそれだけなんです……っ!

別に楓嬢のあられもない姿が読みたいわけじゃないんです……っ!!





『下セカ』からギャグの切れ味はそのままに、ネタのアホらしさが薄れたような印象。
個人的にはあちらは癖が強すぎてあまり続きを読む気にならなかったので、今回のは結構ありがたい路線変更ですね。
こう、こちらは虚構を虚構のまま楽しめるけど、あちらは虚構が現実を狂わせる錯覚に陥るといいますか……。
ま、まぁともかく。




楓嬢のあられもない姿、楽しみです。





以上!





出会ってひと突きで絶頂除霊! (ガガガ文庫)
赤城 大空
小学館 (2017-10-18)
売り上げランキング: 48,641

↑このページのトップヘ