デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

今日はラノベではなくコミック!

幸色ワンルーム

ガンガンコミックスPixivより
『幸色ワンルーム』です。


【あらすじ】

薄幸な少女は誘拐されて“幸せ”を初めて知る。
その日、少女は誘拐された。
しかし、それは少女にとって一縷の希望にかけた生活の始まりだった。
少女は誘拐犯に結婚を誓い、誘拐犯は少女にたくさんの“幸せ"を捧ぐ。
被害者と誘拐犯の関係なのに―――どうしてこんなに温かいの?
pixiv&Twitterの超話題作が待望の書籍化!!!
半分以上が本書限定の描き下ろしエピソードを収録!!!


感想:★★★★★

以前Twitterで1話を見かけて、強烈に記憶に残っていた作品。
3ページ目の“誘拐したのは本当だしねぇ”というコマのインパクトが尋常じゃ無かったんですよ…。



登場人物は誘拐犯と誘拐された少女の二人。
誘拐された少女は、周囲の大人からは虐待され、クラスメイトからはいじめられ…という境遇。
幸せとは無縁の生活であり、痛みや恐怖はとうに麻痺してしまった生活。

そこに差し伸べられた、誘拐犯の手。
救いの手、という表現は適切では無いでしょう。何せ誘拐ですから。
ですが、その手にそれまでとは違う温もりを感じた少女は「誘拐してもらう」ことに。



誘拐された先、誘拐犯の部屋は少女の盗撮写真でびっしり。
誘拐犯に「幸(さち)」という名前を付けてもらった少女は、いつかこの部屋を二人の写真で埋め尽くしたいと宣言します。
誘拐される前の写真ではなく、幸せに彩られた「幸」としての写真で。
これがタイトル『幸色のワンルーム』の由来ですね。

買う前は「しあわせいろの」と読んでいたので、「さちいろの」と読むことに気づいて感動しました…!
(公式で散々「さちいろの」と書いてあるのにね!」




お互いに相手の境遇を利用することを選択した二人。
言ってしまえば偽物の共存関係だった二人が、次第に本当の幸せを感じ始めるというストーリーがとても良いと思います。
感じている幸せも、私のように普通に生きていられる立場からすれば当たり前のようなものばかり。
(決してバカにしているわけではないのであしからず)
そうした当たり前でさえ「生まれて初めて!」と喜ぶ幸の姿を見ていると、嬉しいはずなのに涙が浮かびそうになります…。
きっと誘拐犯がふとした時に真面目に色々考えてしまうのは、そうした幸の過去を考えてのことで、同時にこの幸せを長く続かせることが難しいと心のどこかで分かっているからなんでしょう…。


二人の幸せは「荒野に咲く一輪の花」という表現でさえまだ足りないくらい、儚くて尊いものだと感じました。
だからこそ、周りの目を誤魔化しきって、できるだけ長く幸に幸せを与えてあげてほしいです…!

(2巻の予告が早速不穏ですが)




以上!


幸色のワンルーム(1) (ガンガンコミックスpixiv)
はくり
スクウェア・エニックス (2017-02-22)
売り上げランキング: 198

今日のラノベ!


ゼロの使い魔22

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 22 〈ゼロの神話〉』です。


【あらすじ】

ハルケギニアを滅亡の危機から救うため、ついに“聖地”に到達した才人たち。だが、教皇の開いた“ゲート”の先に映し出されたのは、才人の故郷…地球の姿だった。ルイズの唱える“生命”を使い、地球を奪還することこそがハルケギニアを救う唯一の方法だと語る教皇。「そんなこと、させてたまるかよ!」才人は抵抗しようと剣を取るが、“リーヴスラシル”のルーンに命を触まれ、意識を失ってしまう…。才人に残された時間はあとわずか。だが、才人を救うただ一つの方法があると教えられたルイズは…。ルイズと才人の最後の物語が、いまここに始まる―。恋と冒険の異世界ドラマティックラブコメ、堂々の完結!



感想:★★★★★

作品に関わる全ての人の想いによって紡がれた最終巻。
ライトノベル史に燦然と輝くこの作品の最後に立ち会えたことを、とても嬉しく思います。



さて。
「あれは……地球!?」で終わった21巻の続きです。

風石の暴走からハルケギニアの民を守るためには“聖地”=地球を奪う聖戦をしなければならないが、奪うためにはルイズの始祖の虚無で今の地球に住む人類を滅ぼさなければならない。

それもサイトとルイズにとっては、お互いの故郷のどちらを滅ぼすのかという選択に等しいわけです。
六千年前、愛し合っていた始祖ブリミルとサーシャが、お互いの故郷を滅ぼし合ったという真実をなぞるかのように。



そして……ここからは良くも悪くもいつもの『ゼロ使』ですね!
ルイズはサイトの命を蝕む虚無の力を消すために聖地を奪うことを「サイトに相談せず」決意してしまい。
サイトはそんなルイズの様子を確かめるべくロマリアの船に乗り込み…エルフ管轄の監獄島へタバサともども幽閉。

はい、お決まりの主従別行動ー!

「お互いに隠し事は無し」と決めたあの約束はどこにいったのか……!
いや、ルイズの気持ちもわかりますよ?
サイトを守るためにサイトの故郷を滅ぼすなんて選択、サイトが聞いたら絶対に止めるでしょうよ。
そんな恐ろしいこと、最愛の人に告げるのは怖いでしょうよ。

でも!
それでもあの約束からガラッと変わった二人の関係をもとに戻してしまうような決意だけは、思いとどまって欲しかった…。

ただし今回に限ってはそれが物語上はとても良かったです。
それだけ思いつめていたということが伝わってきたし、その後でシエスタがするもらい泣きが一層映える結果となっていたので。




お決まりの救出作戦を経て。
(もぐら大活躍!)




第十一章「ゼロの使い魔」からエピローグに至るまでの、最上の物語。


7万の軍勢を前にした時以上の死闘を繰り広げるサイトに心揺さぶられ。
シリーズ後半の因縁の敵・ジュリオとの、使い魔同士の本当の決戦。
六千年前をなぞるかのようなガンダールヴとその主人のひとつの結末。
そこで終わらず、六千年前と違う結末を迎えるために施された仕掛け、“親友”の消滅。
アンリエッタの物語でキーとなっていた誓約の湖での結婚の誓い。
そして、たった二人の新たなる旅立ち、Fin.



最終巻前半を含めシリーズがここに至るまでの物語は、ルイズとサイトが離れることで愛を深める物語でした。
すれ違い、勘違い、時にはお互いを想うあまりの別れということもありました。
ですが、ここからの二人の物語はルイズとサイトが共に居ながら愛を深めていく物語となるでしょう。
その転換点こそが、ラスト1ページに詰まっていたと思います。


正直なところ私の理想のEDは、ド・オルニーエルの屋敷でサイトとルイズはもちろん、シエスタやタバサ、ティファニア、たまにアンリエッタも交じり長閑に過ごすようなものでした。
ただまぁ、理想は理想。
こうして未来の生活や冒険を想像できる終わりに、なんの文句がありましょうか。



ルイズ、サイト、以下略その他大勢!
ありがとう!!





以上!

ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)
ヤマグチノボル
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 35

今日のラノベ!

ゼロの使い魔21

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 21 〈六千年の真実〉』です。


【あらすじ】

虚無の復活の阻止を目論む『鉄血団結党』の追跡を逃れ、間一髪“竜の巣”を脱出した才人たち。アリィー、ルクシャナと共に一路ハルケギニアを目指す船の中、負傷したティファニアの手を握る才人の胸には、最後の使い魔“リーヴスラシル”のルーンが浮かんでいた…。「なんなんだよ。これ、そんなにヤバイもんなのか…?」一方、『オストラント』号で二人の救出に向かったルイズたちは、エルフの国の首都“アディール”へと乗り込んだ…。互いを想い、すれ違い続けてきた才人とルイズが、長き時を経てついに再会を果たす!「サイト、あんたのご主人様が、迎えにきてあげたわよ!」無敵のドラマティックラブコメ、いまここに再始動!


感想:★★★★☆

すごい!
全く違和感が無く、ヤマグチノボル先生が書いたかのような文章!
強いて違和感を挙げるとするなら20pのケバブサンドの描写が妙に美味そうで上手かったことくらいですかね…。
本当にそれくらいしか感じないくらいご本人。




最後の使い魔“リーヴスラシル”は、使い魔の命そのものを主人の虚無の魔法の力と為す、捨て身の力。
とりあえず、ルイズが新しく習得した虚無の魔法の名前が「生命」だった理由と、それが莫大な威力を持つ理由がよーく分かりました。
使い魔の命を使った1発限りの大魔法、ってことだったんですね。
後の問題はそれは「どこに」撃つのか?

エルフに対してでは無さそう。
門の向こうでも無いだろうし、当然ハルケギニアにでも無いだろうし…。
……「撃たない」というまさかの展開?


そんなティファニア&サイトとルイズの再会シーン。
これは19巻でサイトが攫われた時点で読後こう思うことが分かりきってはいましたが!やっぱり言わせて!

この展開、前も見た!!!


なんでこいつらこんなに単独行動ばかりなの!?
今回含め不可抗力だというのは分かるけど!
なんでこう……こう!一緒に冒険しないの!?
どうせ夫婦になるんだろ!?

いろんな意味で今さら言ってもしょうがないことですよね…。
22巻でルイズとサイトが共に冒険……とまではいかなくても一緒に考えて結論を出すくらいのことがあることを期待してます…。



そういえば、ここに来て超序盤の登場人物の再登場が続いているのが熱いですね!
フーケとワルドだけでも熱かったのに、まさかのデルフを買った店の店主!
『リゼロ』のおっちゃんならともかく今まで1回も再登場していなかったあの店の店主ですよ…!
ヤマグチノボル先生の描いた『ゼロの使い魔』の最初の物語へのリスペクトなのかな、と思うとウルッときますね……。

こう来ると、カトレア姉さまの再登場が待たれますね。
エレオノール姉さまはマリコルヌといちゃいちゃ(?)していてください…。




“聖地”あるいは“悪魔の門”の向こう側。
作中ではとっても意外そうな描写で地球を目にしたところで終わりましたが、地球の武器が来ていたことと、かつてヴィットーリオが「世界扉」の魔法でサイトの家と繋げたことを踏まえれば、至極妥当なところですよね…。
驚くとするならば、「地球を目にする」=宇宙と繋がっていることにかな……。
座標ずれてるじゃねぇか…。





さて。

サイトが帰るのか帰らないのか。
そもそも生きて物語を終えることができるのか。
六千年前の出来事の理由は何なのか。

おそらく全てが明らかになるであろう22巻。
楽しみです。




以上!

↑このページのトップヘ