デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。


風邪をひいたおかげで読書が捗っております!
やっぱりラノベって楽しい!



今日のラノベ!


あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!

HJ文庫より
『あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!』です。



【あらすじ】

高校入学から数ヶ月。大貫悟郎はその日、長いこと片思いをしていた幼なじみの美少女・杉崎小春に告白した。「小春!好きだ!俺と付き合ってはくれないだろうか!!?」「いや、無理ですから」この一言であえなく玉砕!さらに小春は何を思ったのか悟郎に、「悟郎、あんた彼女作りなさいよ」とムチャぶりまでしてきて!?両思いなのに付き合えない!?一途過ぎる少年と本当は彼のことが大好きな少女の、どうしようもない青春大暴走ラブコメ開幕!



感想:★★★★★

あらゆる手を尽くしてでも完結まで読みたい作品



何から言えば良い?
とりあえず感情爆発させておく?


あぁ、ちくしょう完全に騙された!
比較的早い段階で違和感を持っていたとはいえ、
その展開は見破れなかった!
悔しい!
ありがとう!
大好き!!!



~(以下未読の方はネタバレ自己責任)~




書店で最初に見かけた時、

「お、こじらせ系ツンデレっ子のラブコメかな?」

って即カゴに入れたけれども、いやまさかここまでの破壊力をもってこられるとは…。
(前半の)どこを切り取っても二人の掛け合いは夫婦漫才とも言うべきもので、こう全てを許しあっている仲のする会話なんですよ。
でもそんな小春にも秘密がある…?
↑↑↑この疑問を頭に残されてしまったのが敗北の最初の布石。


放送部の千夏、生徒会長の真冬との掛け合いもまた必笑。
ぶれないハイテンション、鋭いボケ、助言の数々…。
既にヒントが散りばめられていたなんて思いもせず楽しく読んでいましたよ、えぇ!!



大貫君、藪蛇という言葉もあるのだから、これ以上掘り起こすととんでもない事実を引っ張り出してしまうこともあると思うよ。忠告までに
(本文29p)

真冬さああああん………。
そういうことだったんですね。
「あると思うよ?」ってイントネーションでつい脳内再生しちゃってましたけど、「あると思うよ。」って言い切ってるんですね。




そのあとは幼なじみとデートの下見と称して公園行ったり、ラブホ行ったり、旧友が登場して小春ちゃんが逃げちゃったり……。
友達に相談しながらなんとか小春を喜ばせようとする主人公、ね。
疑いの余地のない完璧なラブコメですよね。

でもここらへんも読了後に読み返すとありますね、ヒント。
しかもおそらく大量に散りばめられてますねこれ…。
なんで気付かなかったんだろう…、いや気づけないし気づきたくない…。

ちなみにこのあたりで最初の「小春のひみつ」=「旧友・明菜ちゃんとのけんか」だと思い込んでおります。
完全にしてやられてます。




さて、ここで最初の叫びで言っていた「違和感」についてです。
この作品では章の合間に「小春の日記」が挟まっています。
最初はリアルタイム形式なのかと思っていましたが(ひなこのーとみたいな?)、5章後で日付が1ヶ月飛び、6章後で日付が1ヶ月戻るという。


はっは~ん、この作品叙述だな?


deskyzerは日々着実に学んでいます。
2014年、小川晴央先生の『僕が七不思議になったわけ』で受けた衝撃をdeskyzerは忘れていませんでした。


この日記は、過去のものだ!



なんて名推理!
明菜ちゃん(中学時代の友達)のセリフで裏付けも取れたしこれは間違いない!
つまりこの作品は時系列が実はバラバラで…………うん、そうじゃないな。
………あれ?どういう叙述だ?






(敗北を悟りつつ読み進める)







(生徒会長が不穏な空気醸し出したところで察する)











(交差点の…………)










本当に、もう…。
こうなることを想定して読み始めてないわけですから、当然心構えなんてできないじゃないですか?


作中では一番最初と、終盤小春の死を主人公が認知する場面で「心が折れる音」について語られています。
倒木の音ではないです。
ガラスが割れる音でもありません。

無音。


なーんにも響かない。




この感想を書きながらパラパラ読み返しているだけでも、本当にたくさんのヒントが、齟齬が落ちていることに気がつきます。

カラオケに行かなかったのは?
珈琲を入れようとしたのにクルッと踵を返したのは?
電話に出なかったのは?
ラブホの受付のお婆ちゃんが怪訝な顔をしたのは?


おそらくまだまだ仕込まれていることでしょう。
2回、3回と読んで、気づいて、気づく度に…小春の気持ちを理解していくんですね、きっと。




『あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!』というタイトル。

読み終わった今となっては。



小春の悲痛な叫びにしか見えないですよ…。






主人公が狂気に触れはじめたところでの1巻END。
あとがきでも先生が仰られていたとおり、終わりに向かう物語。
奇跡も魔法もない世界で、どんな終わりを迎えるのか。
今から想像するだけで胸が痛いです…




以上!



あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! (HJ文庫)
内堀優一
ホビージャパン (2017-08-31)
売り上げランキング: 6,043

どもー。
デスカイザーです。


発売情報をまとめてすらいないので、何を買ったら良いのかも分からぬ状況。
非常にまずいです…。

ひとまずはHJ、スニーカーの新作が豊作なのでそれを消化しつつ『信奈』最新刊を待つ感じになるのかなぁ、と。




今日のラノベ!

あのねこのまちあのねこのまち

講談社ラノベ文庫より
『あのねこのまちあのねこのまち 壱』です。



【あらすじ】

駅では電車が素通りし、地図にあるのにたどり着けない町、夕霧町。びっしりと生えた大根が道を塞ぎ、地蔵が抜け道を教えてくれるこの町には、一匹の猫がいた―。ポルターガイスト現象に悩む高校生・墨染幸一は、たまたま夕霧駅に降り立ち、相談屋を営む少女・フミと出会う。彼女の店にはいつもフシギな相談が。影が消えたり、角が生えたり…。「私は何でも解決出来るからね」と笑うフミに振り回され、幸一もおかしな町を駆け回る!ヒトもアヤカシも恋も呪いもハッピーエンドにするために!!しかし、やがて幸一は知る。のんきに茶をすする彼女の、あくびに隠れた哀しい祈りを―。とっても愉快でちょっぴり切ない、脱力系お悩み解決ファンタジー!



感想:★★★★☆

第6回講談社ラノベチャレンジカップ大賞受賞作!!


あのねこのまちあのねこのまち
     ↓    ↓ 
あのね この町 あの 猫の町


というタイトルからも分かる不思議系物語。
二章までの雰囲気は和製不思議の国のアリス、みたいな印象でした。
……言うて「不思議 迷い込む」くらいしかアリス要素無いけれども!

猫又のフミが、のほほ~んとしながらも依頼者のために力を尽くす。
そんな、あたたかいおはなし。
主人公が世話を焼き、世話焼きの世話を焼きにフミの友人が来て、その中心でフミがにこにこゴロニャンしてるような。
まさに表紙から想像した通りの物語。


そこから一転する後半、三章以降はあたたかさが「あたたかい」という一面だけじゃないことを教えてくれる物語。
低音やけどのような。
依頼者の求めることを叶えるのがハッピーなのか、依頼者の求めを退けてでも別の解決策を探すのがハッピーなのか。
読み終わった今だからこそ、そのどちらでもないと言うべきなのかなぁ、と思います。

フミとイネおばあちゃんの時は、イネおばあちゃんの生きる理由を求める心と、フミのおばあちゃんにとにかく生きていてほしいという心が相反してしまったが故の結末で。
もしかしたらイネおばあちゃんが寿命を永らえさせることで新しい生きる理由が生まれたかもしれない。
フミの選択にはそういう未来もたしかにあったでしょう。
でも一方でその理由が生まれるまでに数多の苦痛が待っていたかもしれない、見つからないかもしれない。
失敗とまでは言わなくても、そんな未来があったかもしれません。
そしてイネおばあちゃんが選んだのは、そんな未来をまとめて捨てる、本来の死の運命に逆らわないこと。



東さんと鬼の時は、東さんの生き続けたくないという気持ちと、愛する”人”にとにかく生きていてほしいという鬼の気持ちが相反した結果の相談で。
「大切な人を亡くす」という経験が発端だったからこそ、愛する人に同じ思いをして欲しくないという気持ちが働くのは自明だったかもしれません。
が、フミには自分の過去が強く重なってしまい…。



フミがイネおばあちゃんを亡くした時の悲しみは、それこそトラウマになるほど。
「依頼者を笑顔にするため」ではなく、「みんなを笑顔にする」というフミの行動原理さえも見失ってしまうほど。
東さんを殺したら、鬼が悲しむのはフミが一番良くわかっているのに……。




主人公がポルターガイストを父のものだと頑なに認めなかったり、
好きな女の子と目線を合わせられなかったり。

素直になれない人を素直にすることは比較的簡単かもしれませんが、

半身とも言える存在の死を受け生きる理由を失った少女や、
のぞまぬ生を与えられた死を望む少女に死を与える猫又みたいに、

素直な人の意見を翻させるのは生半可な苦労でできることじゃないのかもしれません。





そんな難しいことを考えるよりも先にフミのYシャツに終始興奮していたなんてそんな





以上!


あのねこのまちあのねこのまち 壱 (講談社ラノベ文庫)
紫野 一歩
講談社 (2017-08-02)
売り上げランキング: 106,570

気づいたら2週間。
どもー。
デスカイザーです。


前回の更新後1週間は不眠に襲われ、その後1週間は眠気に襲われておりました…。
ストレスはしょうがなくないけど飲み込むとして、「そろそろ…寝れる?」って時に始まる隣の部屋の熱唱マンの罪は重い。


コミケでご挨拶させていただいた方々、遅ればせながらありがとうございました!
久々にラノベオタクっぽい日常(戦場?)に浸れて、楽しかったですし回復しました!
お金と時間の都合上回れなかったサークルさんもいくつかあったのが大変申し訳なく…、悔しいです…。
冬コミはもう少し余裕を持って参加したいです!



では、今日のラノベ!


成人すると塩になる世界で生き残る話

ビギニングノベルズより
『成人すると塩になる世界で生き残る話』です。



【あらすじ】

ある夏の日、成人になると肉体が塩になって死ぬ世界に一変した。これまでの社会機能は麻痺し、町では不良共が欲望のままに暴れ回る。そんな中、夏休みから自宅に引きこもってゲーム三昧だった青年・祐也が、不良達の抗争に巻き込まれることとなった。飛び交う銃弾、破壊と暴力、セックス。突如出会った盲目の少女と偏執的な後輩少女とともに、この異常な世界を奔走していく!



感想:★★★★★


タイトルの右側を理解することを脳が拒絶するところから、既にこの物語に呑まれていたのだと知る。




「なんで塩なの!?」
「どういう現象なんだ!?」


思い返してみると、そういうセリフが一切無かったように思います。
(あるいは覚えてないほど希薄なシーンではあったのかもしれませんが)
主人公なんて、初めて塩になった大人を見て最初は固まったものの最後には「まあいい、」で済ませますからね!

よくねぇよ!!?


と、読者としてはついつい思ってしまいますが。
あの場で「何で…?」のループにハマり行動しないなどという愚を犯さず、自分の守れる範囲を正確に判断して守るために行動し続ける主人公に、もう惚れ惚れ。
裏を返せば守れるもの以外は切り捨てるという残酷な姿勢が、どういう経緯で培われていたのかもまたこの作品に厚み(物理)を加えるスパイスの1つ。

そういえばこの作品、何かと人殺しを正当化している気がしますね。
それも自分や自分に近しい誰かを守るための人殺し。
許される行為か、許されざる行為か。
少なくとも塩になる世界になってからの話で言えば、司法も警察もまともに機能してないんで許す許さないの話ですら無いんですがね?





ヒロインは2人+1人。

+1こと、主人公のおとなりさんこと新崎さん。
幼なじみ的ポジションなのに、序盤に拉致られレ○プされるだけの子。
あるいはこの物語で一番不憫なのは彼女なのかもしれない…。


ヒロインその1、本条唯ちゃん。
新崎さんの友達の盲目の女の子。
人の善性をかき集めて形成したかのような天使、それ故に他人の悪意に疎い。
そして、悪意に疎いが故に悪意を上回る善意で包み込めるタイプの天使。
語弊を恐れず言えば、秩序も何も無い世界では足でまといにしかならず存在価値が女性であることくらいの存在。
主人公のスタンスに噛み合わないのに何故か行動を共にさせてもらえている。
その答えは結局うまく見つけることができませんでした!
情?



ヒロインその2、森園真名実ちゃん。
泣く子も黙る主人公の後輩のストーカー(仮)。
表紙で一目惚れしてずーーーーっと出番を待っていたのに、まともに喋るまで20万字超ってどういうことですかデブリ先生。
そしてスク水をありがとう。
主人公と同じくらい黒く、暗く、ぶっ壊れた存在でとてもゾクゾクしましたありがとう。
壊れてるけど、壊れてる世界においては狂おしいほどに愛しい。






何かが欠けた少年少女たちが、壊れた世界で互いを照らし合う物語。
四十二万文字のボリュームに見合うだけの読書時間は必要だけれども、
控えめに言って最高なので、是非。

とりあえず真名実ちゃんに出会えて本当に良かった。ありがとう。ありがとう。




成人すると塩になる世界で生き残る話 (ビギニングノベルズ)
宙乃塵屑
キルタイムコミュニケーション (2017-07-22)
売り上げランキング: 446,490

↑このページのトップヘ