デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

どもー。
デスカイザーです。


『ゼロの使い魔』連続更新も残すところあと3回!



今日のラノベ!

ゼロの使い魔20

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 20 〈古深淵(いにしえ)の聖地〉』です。


【あらすじ】

「やっぱりわたし、サイトのこと好きなのかな」「見せるの、そんなにイヤじゃなかったの」「わたし、悪い女の子なんだわ。友達の恋人を好きだなんて―」―ティファニアの『革命胸(バスト・エボリューション)』のおかげでエルフの追っ手から逃れた才人たちは、ルクシャナの導きでとある島を訪れる。この世界の生き字引といわれる水韻竜に会うためだ。だが有益な情報はなく、やきもきしながら過ごすうちに、ついにテファがレボリューション!?一方、ルイズは学園の仲間とともにエルフの土地へ。才人の無事をひたすら信じ、迎撃するエルフたちと戦う。世界を巻き込む災厄に翻弄されるルイズと才人は、再び手を取り合うことができるか!?いよいよファイナルへ、カウントダウン3。


感想:★★★★☆

「サイトはルイズの恋人」だと頭で分かっていても、心がそれを許さない。
一時の夢でも良いとサイトにアタックするティファニアがとても健気で可愛い…。
某野望の光秀ちゃんもこのくらい健気だったら本能寺なんて微塵も気にしなくて良かったのに、とか考えてしまいました。


エルフ側にも、人族側にも、同じ一族のファーティマからでさえ冷たい目で見られ。
それでもたったひとつ望んだ奇跡「サイトを使い魔に」。
本当にそれまで健気さが報われなさすぎていた中でのこの奇跡。
シリーズ十何巻分の重みがある契約のキスは、今までサイトとルイズがしてきたどのキスよりも重みがあったように思います。
それで良いのか正ヒロイン……。


一方その正ヒロインはというと、自信を無くしたり上限突破して取り戻したり。
安定の情緒不安定性を発揮しながら、エルフ族の首都アディールへ向かう最中に伝家の宝刀「爆発(エクスプロージョン)」を使用。
アルビオン艦隊を撃退した時以来の最大出力!

「話し合い」の席にたどり着くまでの手段とはいえ、空軍を壊滅させていくスタイルかー…。
独断専行してのこの行動は、その後の交渉に大きく影響しそうで怖いんだけどどうなんだろう…?






ヤマグチノボル先生の最終著書。
“聖地”の場所が朧げながら判明したり、サイトがティファニアとルイズの二重使い魔となり、同じようにジュリオがヴィットーリオとジョゼットの二重使い魔となり…。
物語が完結に向けて大きく、大きく動き始めました。
ティファニアの活躍・砂漠編というそれまでの『ゼロ使』とベクトルの違う話と、ルイズが自信を取り戻し爆発(エクスプロージョン)をぶっ放す今までの『ゼロ使』。
その両方がギュッと凝縮され「書きたいことを凝縮させた」と思ってしまえる内容であることが、余計に悲しいです。

あとがきの「書ききれるか心配です」という言葉は、文脈上そうした意味では無いはずなのに今読むととてもジンとくる言葉です……。




どこに着地して終わるのか。
残り2巻も、心して読みます!



以上!


ゼロの使い魔20古深淵の聖地 (MF文庫J)
ヤマグチノボル
KADOKAWA/メディアファクトリー (2011-02-22)
売り上げランキング: 64,910

今日のラノベ!


ゼロの使い魔19

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 19 〈始祖の円鏡〉』です。


【あらすじ】

ラブモードで平穏な生活から一転、才人に試煉の時が!? ド・オルニエールの屋敷では、ルイズとシエスタとタバサが才人をめぐって微妙な攻防を繰り広げる日常が続いていた。国はハルケギニアを滅亡から救うため、聖戦の準備を着々と進めていたが、才人は自分たちにエルフを倒す力があるのだろうかと疑問に思う。「ルイズは、そんな強力な魔法に耐えられるんだろうか……」しかし才人の懸念をよそに、ティファニアも虚無の担い手として使い魔召喚することになり、才人たちの屋敷へとやってくるが、ちょうどそのとき、襲ってきたエルフによって才人もろとも誘拐されてしまう。無敵のドラマティックラブコメ、砂漠編へ突入!!


感想:★★★★★

某所で見た「これほどシリーズが続けば続くほどヒロインの好感度が下がる作品は無い」という感想が忘れられないdeskyzerがお送りします。




第一章〈ド・オルニールの乙女たち〉
この作品で、最も平和で、最も理想に近いシーンがここにありました。
ルイズがいて、シエスタがいて、タバサがいて。
なんやかんやありつつも、賑やかで戦争とは無縁な生活を送る「乙女たち」。
でも、やっぱり最後はルイズとサイトが安らかな時を過ごす…。

虚無とかエルフとかどうでも良いから、もうここで終わらせない?とつい言いたくなってしまうようなとても幸せな1コマでした。





まぁ、結局は「そうは問屋が卸さない」ということになるのですが。

ティファニアとサイトはエルフに攫われ、一生をエルフの土地で過ごすか、心を喪って生きるかという究極の状況へ!
唯一の救いは身柄を預かったのが蛮人大好きという特異なエルフ・ルクシャナだったこと。
彼女がいなかったらまず間違いなくここで物語が終わっていた、というくらいの奇跡。

何より個人的に嬉しかったのは、ここにきて作品の中で一番好きなキャラクターが更新されるというね!

ルクシャナは前巻ちょろっと出てましたが、まだキャラを把握しきれるほどの情報が無かったので実質初登場。
金髪エルフ美乳もの好き一途小悪魔とかもう好きになるしかないじゃない!
紫髪日本人巨乳教徒一途微天然を嫁と言い張っている人が何を言っているんだという話ですが。

一途しか合ってねぇじゃねぇか……!




論理的に考えるとですよ?
ここまで大陸の枠のなかでは、サイトとティファ以外善悪の差はあれど中世貴族の思考が根底にあって、それを逸脱しない範囲で戦争だ内政だとやってきたわけですよ。
ティファはそこに投じられた一石として、「それでいいのかハルケギニア」という役割を充分以上に果たしていたと思います。
ただし、それも学園に馴染むまで。
馴染んでからは「ハルケギニアの文化やテンポに追いつこうと頑張る無垢な子」というポジションになったため、結局貴族軸になってしまっていたわけです。

ジョゼフ王や教皇という周りと違う思考を持つ人たちもいましたが、彼らは共に国家元首。
どうしても「悪の親玉」というイメージであり、作品内でのポジションは周囲と決して交わらない悪の異端でした。

そこに来て現れたのが、ルクシャナという善の異端
中世貴族っぽさも無く、何か悪巧みをしているわけでもなく。
ただただ自分の好奇心を満たすためだけに、死刑覚悟の民族反逆罪にまで手を出す子。
そりゃ惹かれますよ!



そんでもって貴族軸から解放されたティファニア嬢がまた、良い仕事をしてますよー!
言い方悪いかもしれないけど、どんなにやる気があっても守られる立場から動けないのがティファニアの最大の特徴であり武器であるわけです。
彼女が葛藤すればするほど守る側=サイトからしたらやる気の原動力になるし、それを見た彼女はますます葛藤して…という循環が起き。
その結果のおっぱいで、その結果のキスなんです!

いや、それを抜きにしてもこんな魅力的だったかねキミ!と唸るくらいの存在感でした。




そして、冒頭のコメントに戻る。

だってもう、ここまでの「面白い」の要素にルイズがマイナス要素としてしか関わってないんですよ?
逆にすごいぞこのメインヒロイン。

いや、この巻のルイズはすごく良いんですよ。
ただ、その良さは次巻以降で実るものだから、この巻での面白さでは無いような気がします。
次巻以降で調子乗るパターンがあるだけに、そこで全て台無しになったら……ねぇ?

そこも含めてルイズの良さ、と言えるだけの度量がほしい。



以上!


ゼロの使い魔 19始祖の円鏡 (MF文庫J)
ヤマグチノボル
KADOKAWA/メディアファクトリー (2010-07-20)
売り上げランキング: 54,992

どもー。
デスカイザーです。


FGOのバレンタインイベントのロイヤル級を、敵キャスター固定にして、孔明・イスカンダル・アンメアパーティで高速周回するのが楽しいです!
趣味全開な顔ぶれなのにこんなにするする回れるなんて!
フレンド孔明&マーリンさん、ありがとうございます!



それでは今日のラノベ!

ゼロの使い魔18

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 18』です。


【あらすじ】

才人の元に戻ってきたルイズは、才人に素直な気持ちを告げる。「会えないときは、いっつもあなたのことばかり考えてるの」それは、たくさん考えた末に、それでも才人と一緒にいたいと願う言葉だった。二人は初めてはっきりと気持ちを通わせあい、幸せにひたる。同時に、ルイズはハルケギニアを救うため、ロマリアの野望を止めることを決意した。二人はアンリエッタたちと協力し、まずはタバサを救い出して、再び王座にすえようと動き始めるのだが…。とどまるところを知らない無敵のラブコメファンタジー、ラブ分多め、ドラマチック増量でお届けする待望の18巻。


感想:★★★★☆

ルイズが、サイトが、タバサが、ジュリオが。
皆が自分の本心をさらけ出すシリーズ第18巻。



ルイズとサイトは、ようやく本当の本当に通じ合いましたね…。
まぁ……言ってしまえば3歩進んで2歩…と2/3下がるという牛もびっくりするくらいの牛歩で進展してきたお二人なので、今まで何回通じ合ってきたんだろうね!って嫌味も言いたくなりますが!
夜中の噴水広場で、というヾ(・∀・;)オイオイと突っ込みたくなるシチュエーションも、お互いどうしようもなく好きなんだなぁ、というのが見て取れるので良かったと思います。
人が通らなくて良かったね!
レモンちゃんかわいい!




タバサは144pで2行もしゃべってサイトたちと一緒にいることを表明したその事実が強い本心の表れですよね。
あのタバサが!2行も!!
……ってシルフィードと一緒にはやし立てたい。

その後のベッドで色々されたあとに「間違えて」と言われた時の涙がまた光るのよね!
心中を慮るとあんまり可愛い可愛いとも言ってられないけど、やっぱり可愛いのね!
やっぱりお姉さまが一番なのね!!
(以上、ゲストのシルフィードさん)




そんでもってジュリオですよ!
ジョゼットと一緒にいるときのいつもと少し違う雰囲気で「こいつ無理してる」感はあったけれども、それが一気に爆発するとは思わなかったです…。
ジュリオといえど、人は人か…。


ぼくが、何も感じないと思ってるのか?必死に好きにならないように努力して……、それでも、好きになっちまって。そんでも利用しなきゃいけない。そんなぼくの気持ちが、お前なんかにわかるか
(本文131p)


今まで自分の中でかろうじて成り立たせていた理屈を外側から容易く崩された後の言葉。
なんど見返してもウルッときますわ……。

どういう目で見られたとしても、みんなのためを思って実行してきた彼。
そうやって自分の気持ちを仮面で覆っていた彼が、自分の気持ちを相手に分かってもらえないことを責めるというその矛盾が人間らしさに溢れてます。
良い子だったんだね……。





ストーリーは一気に物語のクライマックスに向けて動き出しました!
大陸が浮く……だと!?

サブタイトル「滅亡の精霊石」は、大陸を破滅に導く風石のことでした。
いやこれ本当にどうすんだろ…。
無難な着地点を探すとしたら、エルフの力を借りて風石を大量消化するとか、別のものに錬金して無害化するとか…?
「四の四」が揃ったところでどうにかできるものなのかな…。




以上!


ゼロの使い魔 18 滅亡の精霊石 (MF文庫J)
ヤマグチ ノボル
メディアファクトリー
売り上げランキング: 499,940

↑このページのトップヘ