デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

やぁ、
3時間ぶりですね、デスカイザーです!


ついに、きました!!


とある魔術の
禁書目録3期
制作決定!!!



2期ラスト、木原・ヴェント編の次といえば、フランスはアビニョンを舞台とした左方のテッラ編!
すなわちメインヒロインは五和!!


アビニョンの後学園都市に戻った上条さんのもとに来るのは五和!!
同棲!!!


そしてアックアとの戦いでも大活躍の五和!!!!!






人類よ、戦け
これが正妻の力だ



(以下ちょっと落ち着いてからの追記)

14巻かどこかでの、アイテムたち裏組織の抗争なんかを含めるとアックア編が終わるくらいで18話ですかね……。
ローマ編までを26話で押し込めるかどうか(こちらも五和出ますね!ローマ清教の寮の話があったはず!)

そうなると第三次世界大戦を描くストーリーが余るわけですが……

続報に期待です

どもー!
デスカイザーです!


ラノベ情報系の更新、月末の発売情報を除けば(それもここ2ヵ月できてませんが)ノーゲーム・ノーライフ映画化以来でしょうか?


ということで……

『SAO アリシゼーション編』
『SAO オルタナティブ GGO』
Wでアニメ化決定!!



アリシゼーションは昨年?発表されたゲームにユージオ&アリス参戦って情報や、オーディナル・スケールラストの「ようこそ、ラースへ」で示唆されていました。
原作9~18巻、全10巻というシリーズ屈指の長さを誇ります!
今までのアニメがいずれも原作2巻程で1クール、4巻分で2クールをひとまとめとして1期2期とやってきましたが……。


単純計算するとトータル5クール必要なんですって……


いやいや、さすがに5クールは……ということで個人的に推したいのが分割4クール体制。
『デュラララ!!』の起承転結っていう前例がありますからね!
ほら、最終決戦とか4クールに入らなかったら年末特番とかで!



オルタナティブGGOのほうは意表を突いてきましたね……。
関連アニメの同時アニメ化、もちろん前例が無いわけではないですが、アリシゼーションが大作なのは分かりきっているので、まさかこのタイミングでとは。
買ってはいるんですが未読なので、近々読……めたらいいなぁと思っています(願)


AWとSAO1期の時みたいに重なったり、交互に放送して丸1年SAO漬け!みたいなこともあるかもしれませんね!



それでは以上です!
禁書3期の情報来たら起こしてください

どもー。
デスカイザーです。


どんなに苦しくても。
どんなに余裕がなくても。

それでも命をかけて読みたい作品がある。
そんな幸せな時間を過ごさせてくれて、ありがとう。


っていうことで翌日の仕事を眠気で彩った作品です。




今日のラノベ!


織田信奈の野望 全国版19


富士見ファンタジア文庫より
『織田信奈の野望 全国版19』です。



【あらすじ】

関ヶ原の合戦は終結し、信奈の天下布武がついに実現!東軍・西軍に分かれ争っていた姫武将たちも戦後処理のため、清洲城に集まり、ひとときの平和を楽しんでいた。しかし、その裏では…良晴との結婚を巡る、もう一つの戦いが勃発!?良晴を独占するため念願の祝言を急ぐ信奈に対し、小早川隆景・上杉謙信・島津家久などなど…良晴に想いを寄せる各地方の姫武将の家臣たちは、「側室同盟」を結び、大奥成立のため、密会・拘束・抜け駆け…陰謀と策略を巡らせる!?天下は信奈のものになっても、良晴だけは譲れない!恋のバトルの花咲く「清洲会議」が今ここに始まる!?



感想:★★★★★

緩急が凄い。
まさに急転直下桶狭間




九州編あたりからの怒涛の戦ラッシュが関ヶ原でひとまずの決着。
そして始まるは恋の戦!

勢力図的に今まで交わることのなかった姫武将同士による掛け合いは、シリーズをここまで読んできたからこその微笑ましさ。
まさにご褒美ですね!
本多正信とかねたんの絡みなんかは「ありがとう」としか言えない…っ!



そんな平和な感じ、1巻当初とか6巻の本猫寺の雰囲気を一気に吹き飛ばしたのが、168pからの良晴と小早川さんのシーン。
今まで感じていた平和は、関ヶ原での熾烈な戦いの果てにあるもので、壮絶な苦悩の上に成り立つもので、尊い犠牲の上にあるものだというのを再認識させられました。
小早川さんが泣き出してしまう1行は、本当にズガンと殴られたかのような衝撃。
発売日の26時に読み終わってそれから丸2日経つけれども、未だに読んだ時に頭に浮かんできた小早川さんの泣き顔がリフレインします。




いつもの『信奈』であれば、このシーンの直前にあった御館の乱で気を引き締めるところだったんですがね…。
上杉景虎の“運命”の収束、良晴たちの命の危機っていうのを考えたら。
発生要因とか会話とか、のほほんとした空気が拭えない展開だったのは小早川さんのシーンを引き立てるためにあえてやっていたのでしょう…。






19巻の真の実力はここからです。
小早川さん、あんなに泣いていたのに、この後のほほん時空に飲み込まれていきます……!
再点火した恋心を押しとどめきることができず、誰が文句を言えようか、いや、言えまい。
……信奈以外。


そう、信奈は怒ります。
良晴のこととなると、烈火のごとく怒ります。
つい、第六天魔王になってしまうくらいには。



何が何でも帳尻を合わせようとする歴史の意思。
信奈を怒らせ、冷静じゃない状態にして。
論功行賞のミスからの破滅という項羽の歴史をなぞらせて強制力を高めるかのような、そして場の力が最大限発揮されるような本能寺の変直前の勢力図を再現する武将配置。

このシリーズで幾度となく良晴たちの前に立ちふさがってきた歴史の意思。
本能寺の変、関ヶ原の戦いと運命をついに乗り越えきったかのように思わせての、再来。
さらにそれを義元ちゃんが水際で防いだ結果、ついに歴史が暴走したのか外国船団の来訪。
そろそろ薄ら寒いものを感じます…。
死の状況とか無視して、ただただ死という結果だけが与えられるような終わりも想定しておくべきかもしれないです……。いや、本気で…。





いやぁ、それにしてもまさかですよ。
1冊の間に2回同じことやられるとは思いませんでした。
1度目は不意打ちで感動させられ、2度目は不意打ちで恐怖を感じさせられて。
冒頭にも書いたように、緩急が凄かったです。

戦続きからの日常編……だからこそ、彼女たちが戦っていたという事実を忘れさせるほどの楽しい描写と、どんなに忘れようとしても忘れきれないものを意識させる物悲しい描写のそれぞれが映えるんですね。




1つだけ、義元ちゃんが万能化されすぎてることに少しむむっと思いました。
それが彼女の魅力だというのは分かるんですが、「義元ちゃんの命を救わなかったら今こうして止められる人はいなかった」っていう良晴の考えは違うと思うんですよね。
「台風で土砂崩れが起きたが、台風による倒木が民家への被害を食い止めた。台風に感謝しよう」みたいな矛盾を感じるんです。
義元ちゃんを救わなければ信奈上洛あたりで詰みかけてるわけですから事実としてはそうなんですけどね?
歴史改変に対しての力不足を感じた良晴が立ち直るきっかけというのも分かるんですが……「冒頭回帰による感動現象」よりは「今更感」が強いですね、やっぱり。






次巻でついに最終巻になるのか。
それとも、装い新たに世界編とでも銘打って再スタートするのか。
前者の覚悟は決めているけれども、あとがき直前のいつもの勢力図の代わりに世界地図が載っていたのが後者の希望を捨てさせてくれないです…。
何はともあれ……春日みかげ先生のお体の具合が本当に心配になるあとがきなので、どうかお体ご自愛ください…。
そして願わくば『信奈』を、あるいはまだ見ぬ新シリーズを。




以上!


織田信奈の野望 全国版 19 (ファンタジア文庫)
春日 みかげ
KADOKAWA (2017-09-20)
売り上げランキング: 114

↑このページのトップヘ