デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

日記+ライトノベルの感想(ネタバレ要素を多分に含みます)

たまにFGOやパズドラの攻略とか、元ネタ調べてみて面白かった事なんかも書きます

今日のラノベ!

ゼロの使い魔17

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 17』です。


【あらすじ】

奇妙な二人組の刺客に襲われた才人は、心配して捜しにきたシエスタに助けられて息を吹き返す。しかし、待っていたのは、「ルイズがいない」という現実。落ち込みまくる才人は、シエスタに叱られ、励まされて、ルイズを捜し始める。アンリエッタにも事の次第を報告し、大がかりな捜索へと発展した。その頃、傷心のルイズはとある宿場町で、危険な雰囲気をまとう魅力的な少女と知り合う。ジャネットと名乗る彼女は、ルイズに「ひっそりと身を隠して暮らせる場所」を教えてくれるという。大人気冒険ファンタジー、離ればなれになった才人とルイズの行く末は!?緊迫の第17弾。



感想:★★★☆☆

姿形がどんなに変わっても、忘れられない人がいた。



……というところでしょうか。


ルイズとサイトの再会シーンは、アルビオン編でサイトがティファニアのもとに居た時の展開に酷似していたのが、面白いと思う反面ちょっぴり残念に思う気持ちも。
展開自体は熱い!が、飽きてきてもいる。

これだけ長く続いているんだからシリーズの根幹にある「サイトとルイズの微妙な関係」というテーマを成立させるための展開が多少似通っていてもしょうがないとは思います。
ただ、そこにテコ入れをして「似ている」を感じさせないことを求めるのが読者の横暴だと言わせる気もない、という感じですかね…。




ジョゼットをめぐる展開は面白かったです!
ジョゼフ王をめぐってあれだけの展開があったガリアに、それでもなお秘密が転がっていて、さらにタバサをめぐるロマリアの陰謀まで関わってくるというね!
ハルキゲニアが絡む余地なく、その陰謀がひとまず完遂されてしまっているあたりもアンリエッタの若手感があって良いと思います。

よく考えてみると、ただの修道院が空以外で立ち入れない場所にあって厳重に秘匿されているわけが無いですもんね…。
何か王族に関係する秘密があると疑える状況ではあったか……不覚。



……ルイズ失踪の次はタバサ失踪か…。
続くなぁ……。
ティファニアが失踪したら「疾走エルフか!」って言えるんだけどなぁ…。




以上!


ゼロの使い魔 17黎明の修道女 (MF文庫J)
ヤマグチノボル
KADOKAWA/メディアファクトリー (2009-06-22)
売り上げランキング: 339,834
続きを読む

どもー。
デスカイザーです。


『ゼロの使い魔』未読一掃作戦を決行中です。
これができるんだったら他の作品も一気に読むこと考えようかなぁ、と思案中。
いや、そもそも読書量を増やそうという至極まっとうな提案を先に考えるべき……?



今日のラノベ!

ゼロの使い魔16

MF文庫Jより
『ゼロの使い魔 16 ド・オルニーエルの安穏(ティータイム)』です。


【あらすじ】

様々な思いと策謀が絡んだガリア王ジョゼフとの戦いが終わって、才人たちは学園へと戻ってきた。全生徒の前で表彰され、アンリエッタからの褒美をさずかった水精霊騎士隊の面々は、それぞれ人気を取り戻して、幸せな時を過ごしていた。才人とルイズも、ふたりだけの世界に浸り…たかったのだが、シエスタがくっついて離れない。約束したお屋敷探しにも口を出されて、ルイズはご立腹。「メイドは雇わずって言ったでしょーっっ!」一方その頃、ガリアの女王となったタバサは、慣れない生活を送りながら、ロマリアの陰謀に立ち向かう決意を固めていた。冒険ファンタジー16弾。


感想:★★★★☆

史上最大の仲違い発生




サイトを信じると決めたからこそ、自分が釣り合うのか不安になるルイズ。
そういう状況で、シエスタや平民がサイトのもとに押し寄せてくるものだから不安はどんどん増していくばかりで。
それでもまだ「事情が事情だしシエスタなら」と気持ちの整理をつけたところで目撃するアンリエッタとの逢瀬。

そりゃ、ルイズじゃなくても悲しむってさ!



14巻以前の勘違いとか軽いすれ違いに端を発する痴話喧嘩は、ルイズもサイトもどちらにも非があると言えばそうでしょう。
どちらの言い分も、理解できました。

でも、今回のは徹底的にサイトが悪い。
201p挿絵のアンリエッタの妖艶な雰囲気に呑まれるなというのが酷だというのは百も承知。
それでも、将来を考える女の子がいて、その女の子とちょっと前に言い争いをしていて、その上で他の女の子とキスはあかんですよ。



「軽いすれ違いで済まなくなった」という意味では、聖戦を境にしてルイズとサイトの関係が明らかに変わったことをこれ以上なく最悪な形で示したことにもなりますね。
今後の展開(ルイズと仲直りする⇒敵と戦うという形式)はおそらく今までと何ら変わりなく行われるんでしょうが、それが及ぼす周囲への影響がでかくなった分物語全体のスピード感も変わってきて……、ということで今までとどう違う部分を見せてくるのか期待して次を読むことにします!




もう1つ今までとの変化が加わるとしたら、デルフの消滅でしょう。
これは本当に予想外でした。
確かによく考えると序盤を除くと近接戦闘と微妙な助言、あとはサイトとの掛け合いくらいしかデルフの存在価値が無かったですし、サイトは日本刀を使い始めましたし。
「デルフ、いらない子」説は薄々ありましたが……、居なくなった時のサイトの頼り無さがやっぱり感じられない罠。
サイトが感じる喪失感はあるにしても、それ乗り越えてしまえば必要不可欠というわけでもなく…。

いや、きっと今後重要な事実が明らかになるに違いない。




シリーズ終盤にかけての大転換点となった16巻。
最後の出てきた新キャラ・ジョゼットの本筋への関わり方も含め、目が離せない展開が続きそうですね!



以上!


ゼロの使い魔〈16〉ド・オルニエールの安穏(ティータイム) (MF文庫J)
ヤマグチ ノボル
メディアファクトリー
売り上げランキング: 575,930

今日のラノベ!

銃皇無尽のファフニールⅩⅢ

講談社ラノベ文庫より
『銃皇無尽のファフニールⅩⅢ スターダスト・クライ』です。


【あらすじ】

イリスに弓を引き、偽物の篠宮都とともに去っていった深月。自らを犠牲にしようとする彼女を止めるため、悠たちは彼女を追う。向かうのは、かつてアトランティス大陸があった場所に残る、最後の不可知領域。だが、そこはサード・ドラゴン―“真滅”のラグナロックの霧に包まれていた。その中に姿を消した深月と都を追って、悠はリーザたちとともに突入するが、そこで彼らが見たものは…!?「もうっ…深月さんは本当に―いつも一人で勝手に悩んで、突っ走るんですから…危なっかしくて仕方がありませんわよ!」冷たい闇の中で、叫んだ言葉を光に変える。霧の彼方に消えた彼女に届くように―。アンリミテッド学園バトルアクション第十三弾!


感想:★★★★★

全方位へのフラグが全て成立していると、ラブコメはこんなに平和になるんですね!



シャワー上がりのリーザ・アリエラ・レン・フィリルの着替えに乱入しても「恥ずかしいけど今さら騒ぐことでもないし…」で済まされるどころか、その場にいることも取り立てて拒否されることもなく。

人類に大いに災いを撒き散らしたヴリトラちゃんのほっぺたをつまみながらババ抜きをさせても怒られず。
ババ抜きの相手だったキーリは、当初の(それこそ禍炎界(ムスペルヘイム)のように)触れたらやけどどころか爆発しそうだった雰囲気は完全に霧散してお母様(=ヴリトラ)の可愛い姿に柔らかい笑みを浮かべ。

義妹の深月からは結婚後の財産管理を何でもないことのように言わしめ。

ティアとイリスは悠と同じ布団のなかにいること自体もはや当たり前のような感じすらあるし。




これが……ハーレム………!!!
というか一夫多妻?

本筋が本筋だけに一般的なラブコメなら多少ギクシャクしたりするところがギクシャクしないで済んだというのは、砂漠の中に給水地点が整備されているような読みやすさがありました。

もっとも、アリエラが言っていた「今のモノノベくんを怒る気にはなれない」という言葉を考えると、そうしなければいけないくらいモノノベが危うく見えていたという裏返しかもしれませんが。
だから次巻以降でのみんなの対応によっては、一夫多妻制の崩壊もありえる。
……いや、皆やっぱり素でモノノベ好きなだけだよな(前言撤回)。
そこで葛藤があるくらいだったら皆で一緒に見初められようとはならないもんな。


モノノベの周りで、水銀よ、成れ!!






本筋のほうで特に重要だった情報は、

・ノインの権能は言葉に宿る
・ノインの力=セブンス・ドラゴン(アポカリプス)の権能≒宙を定める蒼光(シャマシュ)(終焉残滓に最も長く抗った存在)
・篠宮都の魂は本物、ただし在り方は違う
・ツヴァイと都が二心同体、身体の所有者に意識の優先権


本筋はだいぶ前から「なるほど!(分からん)」としか言えなくなってきてるけれども、やっぱりドラゴン関係のほうはふわっとしたところしか理解できてない気がしますね…。
モノノベも言ってたけど、なんでノインの権能としてドラゴンの力が宿っているんだろう…?

あ、でも都のほうはさすがに理解できてますよ?

全ての終わらせ方にもよるけど、もしかしたらツヴァイとしても都としても「帰ってくる」可能性が残されているというのは、今後読み進めるうえでの期待になりますね。
最悪、裏切られても良い。
けど、深月や深月を心配するリーザ、そして何より篠宮先生の内心を考えると、最善の可能性を実現してもらいたいなぁ、と思います。




ヴリトラ出陣の構え。
となると、“本物の”ドラゴンを軸とする『ファフニール』第二章もそろそろクライマックスでしょうか。
14巻も情報量が多くなりそうで、今から恐ろしいです…。



以上!


銃皇無尽のファフニール13 スターダスト・クライ (講談社ラノベ文庫)
ツカサ
講談社 (2017-02-02)
売り上げランキング: 2,617

↑このページのトップヘ