どもどもー。
デスカイザーです。


2014年最初の電撃文庫発売日!!

大学もバイトも休みだったから午前中に買ってきました。

12月くらいから机に放置してた帯とか電撃の缶詰とか整理してたから全然読めてないけども。

更新終わったら禁書の続きを読みたいと思います。



それでは、今日のラノベ!


メリーさんが出たよ2(桜ノ杜ぶんこ)メリーさんが出たよ2(桜ノ杜ぶんこ)
(2013/12/05)
沢城樹

商品詳細を見る


謎が謎を呼ぶ。『メリーさんが出たよ 2』です。

【あらすじ】
 大学の夏期休業中にかかってきた1本の電話から始まった奇妙な都市伝説との生活。
恐怖系都市伝説の代表として知られる『メリーさんの電話』だが、太郎の前(背後)に現れたのは、恐怖の存在どころか、存在意義も目的もよくわからない天然少女だった! そんなメリーさんに翻弄される日々を送る太郎の周りで、都市伝説『口裂け女』の噂が流れ始める。そしてある日、メリーさんは一人の女性を連れてくるのだった……。


感想:☆☆☆☆☆

今回は「口裂け女」絡みと「一反木綿」絡みの騒動に、太郎とその背後にいるメリーさんが巻き込まれていきます。

そしてなんといってもキーワードとなるのが「陽気な公社」。
表向きは地球環境を守るための平和組織としてここ数年で力を伸ばしてきた企業となっているが、その裏では何か怪しいうごきがあるようで…?

「鬼」に取り憑かれている藤間麻耶がなぜかこの企業について調べていたり、この巻で何人か登場する陽気な公社の人間もそのあり方に疑問を持っていたりと、怪しさ抜群!
……というか、まぁ確実になにかしら「メリーさん」だけでなく都市伝説と呼ばれる類のはなしに精通する組織っぽいし、ラスボスだろうなぁ。


1巻が雑誌?の連載を文庫化したもので、2巻となる今回は書き下ろしらしいです。
そのぶん続けるために必要な設定だったり1巻で曖昧だったところを補足したりで、メリーさん自体の登場が少なかったかなーっていうのが残念。
もうちょっと「むぎゅっ」を読みたかった…。


メリーさんが完全に状況把握のための不運に見舞われる役に徹してるのは、メインヒロインとしてどうなんだろう…。

可愛いから大歓迎だけどね!

ベッドに押しつぶされるメリーさんとか微笑ましすぎてやばい
…本人は必死だろうけども(笑)


桜の杜文庫は、ほかよりちょっと高いけどそのぶん質が軒並み高い!
……んじゃないかと期待してます。

『ネプテューヌハイスクール』だったり『戦国ぼっち』だったり『スペランカー』だったり『剣と魔法と学園モノ』だったり、気になる作品は多いのでいつか読みたいです。



以上!