どもー。
デスカイザーです。

明日は「MF文庫夏の学園祭2014」!!

イベント参加するのが久しぶりだから楽しみです。
物販でどれだけ支出を抑えられるかが勝負!

UDXのイベントだから、いつもどおりステージに張り付き続けることがほぼ確定。
といってもMFアニメ化作品で、しっかり読み終わってるのが『ノーゲーム・ノーライフ』だけだから、途中うろちょろするかも?

それじゃ、今日のラノベ!

RAIL WARS!〈2〉日本國有鉄道公安隊 (創芸社クリア文庫)RAIL WARS!〈2〉日本國有鉄道公安隊 (創芸社クリア文庫)
(2012/05)
豊田 巧

商品詳細を見る


この話の流れでMF文庫じゃないという。
『RAIL WARS!!(2)日本國有鉄道公安隊』です。


【あらすじ】

通勤ラッシュの京浜東北線に正義に満ちた少女の声が響く。「待ちなさいよ!」「な、なんだね君は?」「國鉄公安室!第四警戒班、桜井あおい!痴漢の現行犯でお前を逮捕する!」いや、俺たち研修中の高校生だってば!しかも今度は国賓ベルニナ王子を北海道まで護衛だって?親方日の丸に就職し安定したレールを走るはずの俺の人生、どうしてこうなった!?「國鉄」が分割民営化されなかったもう一つの世界を舞台に夢の鉄道パラダイス・エンタテイメント第二弾。


感想:★★★★★

鉄道ものなのにバトル描写が一番のめり込めるという事実…。


学生鉄道OJT、とよばれるインターンシップ的なものに参加している高山。
東京駅の鉄道公安室第四警戒班・通称K4の活動になんとか慣れてきたところにやってきた王子護衛の任。

名目上「護衛」となっているが、王子と留学先で仲が良かった小梅さんがいるK4が友人として日本をガイドするというもの。
王子といえど継承権が5番目なため物騒なことにはあまり縁がなく、今回の北海道への旅も平和に過ぎると誰もが思っていた…。

平和で安全な就職からどんどん遠ざかっていく高山の苦悩はまだまだ続く…。



今回は首都圏を飛び出し、寝台列車「北斗星」で北海道へ!!
いいよね~。寝台列車。
俺も一回だけ「つばめ」ってブルートレインで九州まで行ったことあるんだけど、あれテンションめっちゃ上がるもん。
それがなんですか?
北斗星のAクラスとか羨ましすぎるんだよ…。
撃たれちゃえ!
銃で撃たれちゃえ!!

って思ってたらほんとに銃撃戦が始まってどうしようかと思いました

それはともかく。l

相変わらず鉄道関係の豆知識がいろいろ詰まっててほんとに面白い。
基本的なことから、客車の設備、運転室の様子までなんでもござれ。

それに加えて、バトルの迫力、K4のみんなの臨機応変な行動、そしてあおいのヒロイン度の高さ。
いやほんと、普段気の強い(どろこじゃない)あおいが、意外なものに恐怖感じちゃったりしたときのプルプル感を想像しただけで殺られる。(主にあおいに射殺される)


ラストのほうで入る見開きのモノクロイラストも素晴らしい。
見開きだからこその、空間を広く使った臨場感の魅せ方がいいよね~。

著者もイラストレーターさんもほんと鉄道好きなんだなぁ、というのが伝わるシリーズです。


アニメの作画崩壊感は半端ないけどな!!(気のせい…?)




来月中には全巻揃えて読み切る!!


以上!