どもー。
デスカイザーです。


新年初読書は何にしようか考え中です。
候補は
・織田信奈の野望
・彼女はつっこまれるのが好き
・新妹魔王の契約者
のいずれも第1巻。
……。
…………。
初笑いも兼ねて『彼女はつっこまれるのが好き』にしようかな!



んじゃ、今日のラノベ(3冊目)!

失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)
(2014/12/25)
岬鷺宮

商品詳細を見る


メディアワークス文庫より
『失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~』です。


【あらすじ】

この道立宇田路中央高校にまことしやかに伝えられる、「不思議な噂」がある。
失恋探偵。それは、正しく終われなかった恋を終わらせてくれる探偵なのだという。
幼馴染への失恋をきっかけに「恋する気持ち」をなくしてしまった少女・零は、失恋探偵を名乗る優しい少年と出会う。
彼の見習い助手となった零は、いくつかの恋の終わりに立ち会い、そして……。
「……どんな気持ちも、いつかは消えてしまうの?」
「恋は、終わり際が肝心なんですよ」
青春のいたみを優しく、しかしあざやかに描き出す、青春"失恋"物語。


感想:★★★★★

久しぶりのメディアワークス文庫だったけど、やっぱり文字の大きさにびっくりした。


今度の失恋探偵は、依頼主視点からスタート。
主人公の零(れい)は、幼なじみの秋人に告白し振られてしまうが、その瞬間からそれまで抱いていた恋心が嘘だったかのようにいつもどおり振る舞えてしまう。
そんな不安を抱えた零は、掲示板にあった失恋探偵という文字を目にする。

(なんやかんや)

失恋経験をもっと目にできれば自分も成長できるのでは、という思いから失恋探偵の助手に志願する零。
現失恋探偵の那由他は一度は断るものの、顧問の千代田先生に説得され、見習いというかたちで採用することに。
……。
百瀬っ!?
喋り方が先生っぽすぎて、一瞬別人かと思ったよ…。ほんとに。
このあと頭くしゃっとするいつもの癖が出てきてようやく確信したけども。


んで、このあとは探偵那由他とその助手零というかたちで何件かの探偵業務をこなし、少しずつ信頼関係が生まれていく感じでした。
初々しいふたりながらも、百瀬を彷彿させる鮮やかな推理。
面白かったです。

無理のない範囲でぜひ続いてほしいシリーズ。



以上!