どもー。
デスカイザーです。


……特典だけはしっかりチェックしようと心に誓ったのが今日のハイライト。

ヤフオクって偉大ですね!(反省)




それじゃ、今日のラノベ!



ヒーロー文庫より
『ポーション、わが身を助ける1』です。


【あらすじ】

普通の女子高生・カエデは、獣人やエルフ、ドラゴンのいる異世界にスリップしてしまった。カエデは持っていたリュックサックに見覚えのない本があることに気がつく。本に書かれていたのはポーションの作り方だった。しかも「生成」と唱えるだけ。半信半疑だったカエデだが、試してみるとポーションが出来てしまった。異世界に放り出されたカエデにとって、それは生活を支える糧になった。出来たポーションが、結構な値で売れるからだ。いつか元の世界へ帰ることを望みながら、ポーションの支えもあって、異世界での生活を送るカエデ。とある一行との出会いから、生活は変わっていく。ドラゴンに遭遇したり、奴隷を買うことになったり…一人の女子高生の異世界での奮闘は続いていく―。


感想:★★★☆☆

中途半端ぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!


転生直前の記憶を失った状態で異世界転生したカエデが、なぜかカバンの中に入っていた調合のレシピ本をもとにポーションを生成して売って生計を立ててなんとか生き抜いていくストーリー。

ドラゴンとの戦闘だったり逆恨みのストーカーだったりと結構緊迫したシーンがあるんだけど、あんまりドキドキしなかった…。
盛り上がるところの上がり方がなだらかすぎて気づけないのよ。
そしてそのままなだらかにくだっていくのよ。
ストーリーは好みなんだけどなぁ…


そしてなにより終わり方…。
あまりにも中途半端すぎるって…。
感覚としてはひとつ起承転結が終わったあと、2周目の起承転結の「承」で終わった感じ。
なぜそこで区切ったし…
ものすっごい消化不良



良くも悪くも淡々とした作風でした。
「落ち着いた雰囲気」ではなく「淡々とした」というのがポイントだったりする。




以上!