どもー。
デスカイザーです。
エビフライは尻尾から食べるタイプです。

今月既に20000円分のラノベを買ったようですね…。
どこかでバイト増やさないとダメだなこれ。



今日のラノベ!

Reゼロから始める異世界生活

MF文庫Jより
『Re:ゼロから始める異世界生活 1』です。



【あらすじ】

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした―筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。「死に戻り」―無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す、唯一の能力。幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、待望の書籍化!―たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。


感想:★★★★★

アニメ放送開始しましたね!


ただただ個人的なプライド的な何かを守るために言わせていただきましょう。
初版であると…!

満足!




では感想。
なるべく話の流れには触れないように注意します…。
最低限のネタバレはしますが。



『Re:ゼロから始める』というタイトル通り、異世界召喚+ループもの。
主人公のスバルにはスキルも力も武器も無し。
ついでに言うなら召喚主も経緯も動機も思惑も何も無し。
そしてもちろん、ループについての説明も無し。

スバルは3周目か4周目かでようやく「ループしている」ことに気づくんですが、よくよく考えたらそれが自然なのかもしれませんね。
読者としては状況証拠から容易に断定できるけど、当の本人からしてみれば(いくら異世界という非現実に触れているとはいえ)それを最初から飲み込むことなんかできるわけが無いですもんね…。

とはいえ自分が見知った誰かの―たとえ相手はそれを”知らない”としても―哀しみを受け入れるような諦めのいい性格ではなく。
強者を相手には怯えるし、自分には戦う力がなかったとしても、誰かに頼りお願いし誰よりもみっともなく足掻くことくらいはできる。
それが彼の魅力であり、この作品の魅力ですね。



総じて、”弱者のリアリティ”に溢れている作品だと感じました。



アニメはどこまでスバルの絶望を表現してくれるのかが出来栄えを左右することになりそうですね…。





以上!

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA/メディアファクトリー (2014-01-23)
売り上げランキング: 859