どもー。
デスカイザーです。

ガンフェスニコ生をバイトで見逃すの最早恒例になり始めててつらいです……
でも日程的に土日バイト入れないといけないんだよなぁ……


さて!
今回はソシャゲ記事第2弾ということで、パズドラの「ハヌマーン降臨」について思うままに書きたいと思います。

image

クリアパーティは水パ(適当耐久)
フレンドの潜在覚醒はスキル遅延耐性じゃないことは確か(確認したんだけど忘れました……)
プラスはイズイズ、イシス、フレリューネが297、他は無振りです

最初初見ラードラで諦め、次に青ソニで行き諦め、三度目の正直でこれでした。
列パなのにヌト入れてるのは、一撃の重さよりも耐久しながらチビチビ削るためです。
時間は即決パズルで5分ちょっと。

最適解は……きっとガチ勢が教えてくれるから専門の方へ流れてください……



さて、このハヌマーンさん。
インド神話の猿族の1人で、遊戯王ではお馴染みのヴァーユの子らしいです。

ガネーシャとかもそうだけど、インドの神って他とは違って動物ベースが多いのが面白いですよね。
日本の八百万とはまた違うけど自然に寄り添うというか神聖視する過程で、驚異ともなりうる動物を崇めることで一種の安寧を得るということかな。


このハヌマーンさんの一番有名なエピソードがなかなかエキセントリックで面白い

「天高くにある果物をとろうと頑張ってたんだけど果物じゃなくて太陽だった。怒ったインドラのヴァジュラに顎砕かれて転落死」


ちなみにヴァジュラ=金剛杵は下の画像のやつ。



(Amazonリンクでごめんなさい……良いフリー素材が無かったので……)
密教の代表的な法具で、先端の分かれ方によって独鈷杵、三鈷杵、五股杵などに分類されるそうです。
どれにせよ、これで顎砕かれるのは嫌だなぁ……


なお、子であるハヌマーンを殺されたヴァーユが激怒し世界に風を吹かせることをやめたことで、世界中で生き物が大量に死亡。

神々「頼むから風を吹かせてくれ!」
ヴァーユ「だったらハヌマーンに不死と強さと叡智を与えろ」
神々「ぐっ……でも世界滅ぶから断れない……」

てなことがあり、ハヌマーンは以前よりも強くなって再臨!
ヴァーユさんホクホク!

結局世の中力持つものが強権を行使するんですよね!!
そういう話ですよねこれっ!



そんなわけで、パズドラ記事もといハヌマーン(原典)解説でした。
ちなみに、出典はほぼwikiですのであしからず。
論文じゃないからね!参考文献wiki一直線だよね!


以上!