どもー。
デスカイザーです。

私の人生における第一次就職活動、本日をもって終了!!


正確に言うならばまだ内定いただいた企業から選ぶ過程はあるけど、選考は終わり。
疲れもうした…。
あとお金…。


第二次ですか?
転職する可能性がゼロとは言えないのでね?



んじゃ、今日のラノベ!

ユリシーズⅢ

ダッシュエックス文庫より
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士Ⅲ』です。


【あらすじ】

劇的なオルレアン奪回を経て、モンモランシ率いるフランス軍勢は、シャルロットの女王戴冠のため、司教座都市ランスへと進軍する。その一方で、救国の乙女と奉りあげられながら、ユリスへの変身を制限されたジャンヌは徐々にモンモランシへの不満をつのらせ、アーサー王の再来と名高い姫騎士リッシュモンは戦線を離脱するなど、内部では不穏な空気が流れつつあった。そんな彼らをイングランド軍の姫騎士ファストルフ率いるガーター騎士団、ユリス・ノワールと化したフィリップ、そして三十一人のユリスによる金羊毛騎士団が追撃する!混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編、揺れ動く乙女たちの愛が歴史を突き動かす第3巻!!


感想:★★★☆☆

物理的にも内容的にも分厚かったですね~。
分厚すぎて……3回寝落ちしましたね……。

日本史ならなんとなく地理とか人とか流れが分かるんだけど、西洋史になると途端に眠くなるんですよ!
あれ何なんでしょうね!
普段45分の電車乗車時間中に80~100頁くらい読むんですけど、これに限っては寝落ちしてなくても50頁、寝落ちしたら30頁くらいしか進まなくて毎回絶望してました…。



さて。
3巻の内容は、2巻のオルレアンでの反攻の後から始まり、ランスでの戴冠に至るまで。

今回の見所は大きく2つ。

1つは、イングランドとフランスの百年戦争の中において両国の趨勢を事実上握っていると言っても過言では無いブルゴーニュ公国・フィリップ善良公女と、ブルターニュ公国・リッシュモンの決断。

もう1つは、ヘンリー五世を敬愛し、その遺志を継ごうとするイングランド騎士・ファストルフ(表紙左の挑戦的な笑みを浮かべてる子)のリッシュモン、ジャンヌへの対抗心。




いつもならここから一つ一つ感じたこと書きおこしていくんですけどねー…。
今回ばかりは、ちょっとお手上げです。


フィリップがパリの黄金時代の時から感じていた欲との葛藤と懸念の現実化とか、リッシュモンの騎士道と祖国への想いとの板挟みとさらにそこに加わったモンモランシへのアムールというぐちゃぐちゃな心の中でも選択した心意気だとか。
同じ庶民の出としてファストルフがジャンヌに抱く微かな劣等感と対抗心、しっかり成果をあげている自分よりも血筋でチヤホヤされているリッシュモンに対する「絶対に見返してやる!」精神。理解できるだけに今巻時点での結末が哀しい。


書くとしたらこのくらいが限界なくらいに、今回はうまく読み解けませんでした…。
悔しい…。
…悔しい……




以上、です…。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士III (ダッシュエックス文庫)
春日みかげ
集英社 (2016-04-22)
売り上げランキング: 127,897