どもー。
デスカイザーです。


ここ最近話題になっている「ラノベの主人公は努力しちゃいけない」発言についての記事です。
最初はTwitterで呟いて終わらせようと思っていたんですが、長くなりそうだったのでこちらでまとめておくことにします。

ラノベ読者の一人として、私はこういうことを思っているんだぞー!
というのを残しておきたかった、という(当ブログでは毎度のことですが)どちらかというと発信よりも記録に近い記事なのであしからず。


大元の記事はこちら!

……と言いたいんですが、元記事がリンクフリーじゃないらしいので、
「ラノベ 努力 社長」
あたりで検索していただけますと幸いです。




元の話はどうやら「人工知能は人間関係を破壊していくのでは」ということらしいです。
それこそラノベで散々語られている分野ですね。
『SAO』のアインクラッド編及びプログレッシブとアリシゼーション編では特に痛烈に明確に描かれていますので、このテーマに興味をもった方は是非是非読んでみてください♪



まずは、一番問題になっているところからいきましょうか。


「ラノベの主人公は努力をしちゃいけない、それは読者が自己投影できないからだ」という趣旨の発言。
これ、断定しちゃってるから問題なんですよね。


そういう嗜好の層が一定数(それも圧倒的少数というわけじゃなく)いるのは間違い無いと思います。
ただ、それがあたかも圧倒的多数であるかのように、そうじゃないとヒットしないかのように言っているからこれだけ叩かれているんであって。



それと「ヒロインは都合よくやってくる。超能力は勝手に身についている」という趣旨の発言。
「都合よく」と「勝手に」の部分じゃないでしょうか、問題は。

そりゃ例えば異世界転生ものならスキルの1つや2つや100個200個、ヒロインの1人や2人や1パーティが最初に転生条件として与えられることが多いですよ?
そうじゃなくても物語のスタート地点で主人公に好意を寄せてる幼馴染とか妹とか姉とか転校生がいたり、格闘術おさめてたり頭良かったりチートレベルの能力持っていたりしますよ?


主人公が苦悩する、失敗する、仲間が落ち込む、誰かに嫌われてしまう、誰かが傷つけられそうになる、etc…
それらに対応するために知謀を巡らせる、折り合いをつける、行動する、仲間と協力していくことも”努力”と呼ぶんじゃないでしょうか。
そして、その結果感謝され、達成感を味わい、結束し、絆を深め、成長していくことがラノベの醍醐味の一つなんじゃないでしょうか。

どんなに売れない作品だとしても、それが物語として成立している限りは何かしらの山場と、それを越えるための努力・奮闘と、それに伴う結果があります。
これだけは間違い無いです。
それを初期設定の優劣のみで判断し、展開や過程を一切考慮せずご都合主義だと断ずる。
「なーーんも努力してない設定じゃないと売れない」というインタビュアーの問いにYESを返す。



それを出版側が行っているのが、許せませんでした。






で、それとは別に「そもそも論」なんですが。


社会が、価値観がバラバラになってきた!
趣味が多様化してきた!

⇒売れるラノベには絶対の法則があるんです!
主人公に都合の良い物語であることです!



……?!


これが「売れるラノベに法則性が無くなってきたんです」だったら、そのあとの「都合の良いメディアを選択するようになり、自分に都合の良い情報しか得なくなる」という方向にも価値観の多様化という方向から繋がるんですが……。
「自分に都合の情報を選ぶ」という価値観に統一されちゃってるじゃないですか……。


あと、

努力してない主人公しか受け入れてもらえない!
今の読者は主人公が努力していると気後れしてしまう!
ヒロインも何もいつの間にか勝手に!

⇒いくら仲間内でも人間関係って疲れるよね!
それを維持するために努力してるよね!



……なぜその考えを
     ラノベに適用できなかったっっ!!



と、まぁ本人の発言の中で食い違いが発生しているように思われる部分がいくつかあるんですよね…。
努力うんぬんに関しても上述のように気づいていないだけで本人が答えを導き出しているわけですし。



問題のインタビューに関して私が感じたのは概ね以上ですね。




まぁ、でもですよ。
社会の価値観がバラバラになっている、という前提条件が覆らない限りラノベ市場の多様さが損なわれることは無いと思うので、ある意味安心といえば安心ですね。
(絶対の法則、とやらがどこまで真実味帯びているかにもよる…?)




眠くて着地点がふわふわしてますが、ここら辺で。


以上!