どもー。
デスカイザーです。


ダメです(唐突)。

読書ペースが戻りません…。
ツムツムやりすぎてるっていうのは分かっているんですが、どうにも楽しくて仕方がない…!
今週水曜~土曜の間でなんとか2冊は読みたいところ……いや読みます!読みますとも!
読めなかったら……………………FGOのコミックアンソロジーの感想書きます(ペナルティは課さない方針)。



今日のラノベ!


魔装学園H×H 9

角川スニーカー文庫より
『魔装学園H×H 9』です。


【あらすじ】

次空津波に巻き込まれたグレイスと懲罰四剣たちは、死と砂漠の世界に漂着した。そこは、機械神オシリスが支配する“死者の都”。不死のオシリスに加え、洗脳されたユリシアも立ちはだかり、絶体絶命のピンチに陥るグレイスたち。しかし、そこに思わぬ人物が現れて!?一方、ユリシアの洗脳を解く方法を知った傷無の手には、ロープと鞭が握られていた。縛られた心を解き放つため、いま、時空を超えたSMミッションが始まる!!


感想:★★★★☆

(イラストHisasi先生の更新が続いていますね…)



二人目の機械神・オシリス編。

ホクトの戦う理由・存在理由が優しいものだったことと、8巻でのオシリスの話し方からしてオシリスも優しい話だと予想していたけど、予想以上に優しく愛に満ち溢れたファラオでした…!

肉体を得て、愛する民を、夫を、娘を蘇らせる。
シリーズの中でおそらく一番壮大なスケールでの戦闘でしたが、オシリスの願いが最初から明らかになっていたので今までで一番戦って欲しくない戦闘でした。

……あと正直なところ、ホクトと同じような流れを辿ることが見え見えだったので、「もう戦闘とかいいんじゃないかな?」思い始めていたりも…。



シリーズが長く続いてきたことで、戦闘では音速超えは当たり前、さらに光速も超え、時すらも超えることがしばしば出てきました。
エッチなシーンも両者とも絶頂は当たり前、今回はついに「物理的には繋がってるけど一応擬似挿入、大丈夫だ感覚は共有されているけどモノは入っていないというところまできました。
(……いやもうそれ直接挿入するのと変わらないんじゃ…)

もちろんコアの再インストールによる装甲の強化や、かつての敵ネームキャラとの共闘があるので完全なマンネリ化とまでは言いませんが、そろそろ何か新しい要素が欲しいところですねー…。




っていうところで、やってきました我らがタナトスさん!
次はイズガルド・バルディーンの黄金帝龍のほうでイチャコラするのかと思いきや、まさかのアタラクシアへのダイレクトアタック!
もういっそ空間震警報実装して、出てきた神と戦闘(デート)すればいいんじゃないかな!
どこかで見たことあるけど逆に新鮮!!




…………いや、タナトス出てきたらまた世界消滅しちゃうんじゃ…
どうすんのよ…。


待て、次巻!





今回のエッチなシーンは、オシリスによるユリシアの調教、傷無によるユリシアの調教、傷無とオシリスの魔力生成(問題の物理的に挿入)、そしてあとがき後の短編としてゼルシオーネ生徒会長のコア再インストール!


【悲報】今巻一の立役者であるゼルシオーネさん、構成の都合上エッチなシーンがおまけ扱い


ゼル様は再インストール後の魔導装甲は精神攻撃という特性を反映させ、蝶がモチーフになっていてかっこいいです!
(擬態とか攪乱とかあるよね、某動物番組で見たことある気がする)

いやまぁ、ぶっちゃけゼル様のエッチなシーンって、エロさより先に気まずさを感じたので短編扱いで助かったような気もします…。
全国のゼル様ファンの皆様には申し訳なく思いますが…。



オシリスのシーンを消化した今、褐色好きに残された希望はグラベルの再インストールのみなのである…。


以上!


魔装学園H×H (9) (角川スニーカー文庫)
久慈 マサムネ
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-31)
売り上げランキング: 112,743