今日のラノベ!

最弱無敗の神装機竜 4


GA文庫より
『最弱無敗の神装機竜 4』です。


【あらすじ】

装甲機竜による校外対抗戦を控えた初夏。ルクスたち代表メンバーは、新王国の離島で強化合宿を敢行する。水着と温泉、合宿所での共同生活と、解放的な少女たちに圧倒されるルクス。しかしその合宿には、もうひとつの隠された目的があった。浮上した遺跡『方舟』の調査と、中で眠っていた自動人形との出会い。そして現れた敵勢力の影が、ルクスとフィルフィの過去と現在を結び、絶望の未来へと加速させる。「ルーちゃんは、ひとりじゃないよ」フィルフィを救うため、選択を迫られるルクスの決断は!?王道と覇道が交錯する、“最強”の学園ファンタジーバトル第4弾!


感想:★★★★☆

やっぱり4巻から雰囲気が少し変わりましたね。
今までは触りだけだった「旧帝国の滅亡前後」と「暗躍する影」の描写が鮮明になってきたことで。




ルクスの記憶ではフィルフィと最後に会ったのは7年前。
でも3巻でフィルフィは「5年前のことを覚えている」という趣旨の発言をしていました。

その矛盾を解き明かしながら、同時に「黒き英雄」が旧帝国へクーデターを起こすまでの流れも少し描かれつつ…、というのが今巻の大きな流れでした。




そういうことを匂わせるような描写は確かにあったけど、まさかフィルフィの体内にあるのが幻神獣どころか終焉神獣の一部だとは…。
敵さんが割とよく死ぬから、フィルフィも助からないんじゃないかとハラハラでした…!
ナイス研究リーシャ様!!

リーシャ様のおかげでバハムートの性能が凄いことになってきているけども、分かりやすく一撃必殺な武装になっていないのは良かったですね。
ちょっとスピードのおかしい抜き打ちと、相手の攻撃の威力を凝縮して跳ね返す技と、スピードを圧縮した普通の斬撃だから、「最弱無敗」の名は顕在と言っていい…ですよね?(ちょっと不安になってきた)



正直今までルクス争奪戦の有力候補はリーシャ様とクルルシファーの二人に絞ってましたが、今巻読んだらフィルフィが一番有力なんじゃないかと思わざるを得ないです…。
リーシャ様よりも長い間ルクスの「守りたい存在」で、クルルシファーより何気なく近づいて、クルルシファーより先にキスしてて、クルルシファーよりはっきりものを言う。

強い(確信)

そしてリーシャ様弱っ……




読んでて少し気になったのは、警備ザルすぎね…?っていうところです。
学園の堅いセキュリティはヘイズに呆気なく突破された3巻でも薄々思っていたけれどもね?

◎今巻は、気がついたら新帝国の貴族が島に上陸してて、
◎封印されていた「帝国の凶刃」はいつの間にか連れ出され、
◎上陸した貴族の持ち物確認が無かったからその中にいた「帝国の凶刃」の存在は偶然遭遇したアイリ以外知らないまま、
◎島の廃墟からヘイズが現れ、
◎とある夜の日に満を持してフギル兄さん登場、
◎そしてとどめに侍女降臨。

孤島だぞ…!?
元とはいえ旧帝国の要所のひとつで、女王とその側近レベルしか知らない事実とはいえ遺跡が出てくるという確かな情報がある場所だぞ!?

ドレイク型装甲機竜の索敵能力ゥ!!




次の巻以降への伏線は、なんといっても「帝国の凶刃」こと切姫夜架ちゃん!!
アイリは彼女とルクスを会わせちゃいけないと直感していましたが、一読者という何の責任も発生しない立場としてはルクスと会った時に、今のルクスの理想を聞いたときに夜架ちゃんがどういう反応をするのか楽しみで仕方ないです…!



あ、あと4巻は小冊子付きの限定版で……

image


「こ、このどエロ!!」
「ふぅーん…あなたもそういうこと考えるのね?」


っていう感じのリーシャ様&クルルシファー様の神々しいイラストの特別装丁が拝めます!
内容はラフデザイン集と、短編。
3巻で壊された女子寮を修復するために、1日だけ学園外でお泊まり会!な内容です!!
本編のちょっと殺伐とした雰囲気に疲れた後に読むと高まります!

ありがとうございます!!
(茨城の方角に頭下げながら)





以上!


最弱無敗の神装機竜《バハムート》4 (GA文庫)
明月 千里
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 283,305