どもー。
デスカイザーです。

あと1週間でクリスマスイブ。
そして2週間で大晦日。

来年のことを話すと鬼(ラム)に嘲笑されそうなので、卒論とコミケ原稿がんばります…。



ではでは。
今日の……コミック!!

カフェちゃんとブレークタイム 1

電撃コミックスEXより
『カフェちゃんとブレークタイム 1』です。


【あらすじ】

ニコニコ静画で累計200万再生突破! 知識と妄想に溢れたフルカラー漫画!
珈琲の擬人化でちょっとHな小悪魔キャラ・カフェちゃん、天然巨乳キャラの紅茶のティーちゃん、百合好きな緑茶の緑ちゃん達が織り成す、飲料擬人化漫画。珈琲などの知識をちょっとHなネタで彼女達がご紹介!


感想:★★★★★

記憶の限りでは初の漫画の感想での記事!
きっかけはこの本の著者・ポルリン先生のこのツイート



1巻発売時に気になってはいたんですが、見つからなくてそのまま忘れてしまっていて…。
これを機に買うかー!ということで3巻まで探して買ってきました!
打ち切り回避に向けて微力ながら広めていきますよー!!



さてさて。



内容は「擬人化した飲み物が、自分を解説する!」と至ってシンプル。
シンプルだけど……意外と奥が深いのが飲み物の世界。

今回の登場キャラは珈琲のカフェちゃん、紅茶のティーちゃん、緑茶の緑ちゃん、烏龍茶のセイちゃんの4人ということで、それぞれの飲み物について産地や入れ方といった基本的な事項から、フードペアリングやミルクを入れる順番みたいなちょっと深い話まで!
まさに粒ぞろいの(珈琲だけに)豆知識が(珈琲だけに)詰め込まれています!!

そして何よりそれらをちょっとHにまとめあげているのがすごい!!

何だろう…。
最初は「えっちぃ!えっちぃですよカフェちゃん!」とか思いながら読んでいたんですが、次第に「そこか!そこに絡めてきましたか!」と感心も半分くらい入ってきましたね…。
カッピングネタは秀逸でした…!

さらにそのちょっとHな知識の宝庫がフルカラー!!

これだけで買いですよ。
事実買ったわけですが。


胸囲の格差社会でどこまで描いていけるのか、密かに楽しみにしたいです。




見開き1ページで1話完結という気軽に読めるスタイルなので、ちょっと時間が空いたときにパラッと見れるのもいいですね。
……ラノベでそれやるには『GJ部』くらいが限界ですからねー。漫画ならではですよねー。

「ラノベ カフェ」といえば『雛菊こころのブレイクタイム』ですが、あちらの珈琲の話は具体的な淹れ方とか精神的な作用・効能に重点を置いているのに対して、こちらはより入門的なところに重点がある印象でした。
そちらも面白いので是非に~!



1巻で好きなのは、20p「正解は?」回の「コロンビア!」と、22p「赤道」の最終コマ。
あと、65pの緑ちゃんの百合川柳!
ミルクのかかった白く百合百合しい二人を、白い百合の花で例えるという高度なテクニックに脱帽…




2巻、3巻の分もできれば年内に感想書きたいと思います!
……ぶっちゃけ冒頭に書いた諸々で切羽詰まってるので20分くらいで読んで感想書けるというのがありがたい…。
ラノベも結局読むんですけどね。その諸々で。


以上!
重版かかれー!!(念じ)



カフェちゃんとブレークタイム (1) (電撃コミックスEX)
ポルリン
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-12-18)
売り上げランキング: 64