どもー。
デスカイザーです。


あけましておめでとうございます!
今年は更新頻度が今までよりさらに落ちることが確定しているのですが、なるべく多くの作品を、できるだけ深く読み込んでいきたいと思っていますのでよろしくお願いします!


では2017年1発目の…今日のラノベ!

彼女はつっこまれるのが好き!6

電撃文庫より
『彼女はつっこまれるのが好き! 6』です。


【あらすじ】

人気アイドル声優・音無まどかを「お姉さま」と呼び、挑発するかのような発言を繰り返す新人アイドルが現れた。彼女の名は、木立陽菜乃。中学三年生。ある日、いつものようにラジオを収録している良人とまどかのもとに、その陽菜乃が乱入してくる。まどかと陽菜乃がピリピリとした対決ムードを漂わせる中、良人はひたすらオロオロ…。そして彼女の登場に刺激され、良人とまどかの関係も接近しそうで―。暴走上等で突っ走る、ますます目が離せない絶好調のハイテンション・つっコメディ。第6弾。


感想:★★★★★


新年1発目にこの作品を読みたかったのは、「お仕事への覚悟」と「好きなものへの愛情」の2つがテーマになっているからです。
学生から社会人へ、という節目の年なので。



シリーズ通して音無まどかのプロ意識には脱帽しっぱなしだけど、それと並ぶくらい固い決心でもってアイドル声優業界に飛び込んできているのが陽菜乃ちゃん。

彼女の登場と、挫折。
先輩としてのまどかの対応。
それらを間近で見た良人の考え。


みんながみんな違う意見なので「こういう考え方で望まなければいけない」っていう明確な答えが得られるわけではないですが。
それはそれとして、「仕事に何らかの意識をもって取り組んでいる」という点が学ぶべき点になっていると思います。

今回再読して改めて思いましたが、やっぱりまどかも、陽菜乃ちゃんも、生涯忘れることなく尊敬し続けたいキャラですね…!
(良人に関してはこの巻での決断がきっかけとなって成長したシリーズ完結間際の姿で尊敬しているので……、6巻のこの段階では尊敬したいキャラからは外しておきます…)





「好きなものへの愛情」っていう点は主に陽菜乃ちゃんのまどかへの態度から。

“好きだけど嫌い。嫌いだけど好き。好きだから……嫌い。”(本文228p)

それだけの矛盾とか葛藤が生まれるくらい、何かを好きで有り続けられることって素晴らしいと思います。
……今までも定期的に言っている気がしますが。
その上でさらに「好き」に並び立てるように努力する陽菜乃ちゃんの在り方は、言葉では言い表せられないくらいすごいこと、じゃないでしょうか。
すごいことです(断言)




さぁ、気力とやる気のチャージは完了!
あとは彼女たちに見られても恥ずかしくないような仕事ができるように、努力するだけですね!



以上!