どもー。
デスカイザーです。

親知らず抜いてきました!
麻酔が切れる時間なんですが、まだ痛みが全く無いので逆に戦々恐々としてます…。

そんな恐れを忘れるためには……エロスだ!


ってことで今日のラノベ!

魔装学園H×H10

角川スニーカー文庫より
『魔装学園H×H 10』です。


【あらすじ】

戦闘力とランキングが全てを決めるオーディンの世界。やっとオーディンへの挑戦権を得た愛音だったが、最強の槍グングニルは愛音の体を無情にも貫き!?一方、そうと知らない傷無は愛音の救出を急ぐ。しかし、姫川やグレイスの秘めた想いを知り、傷無の心は激しく揺れる。最強の機械神との決戦を前に、変わり始める仲間や家族との絆。皆の想いが交錯する中、史上最強のコアをインストールする、空前の任務が始まろうとしていた!!


感想:★★★★☆

オーディンの世界とタナトスの世界に分たれた戦局。


オーディン世界にいる愛音やグレイスたちは、文字通り命懸けでオーディンへの挑戦権を取りにいくもあらすじにあるとおり呆気なく返り討ちにされ…。
まぁ、ここまではいいのだけども。

その後特に期間が空いたわけでもパワーアップしたわけでもないのに、味方が増えただけで再突撃していったのは……愛音らしいと言えばそうなんだけどいい加減成長しなさいな!って思いました。

今までの戦局をどう打開してきたかって、仲間の増減はあったとしてもそれ+αで改装があって。
その改装によって2人ないし3人が力を得て、以前勝てなかった敵とやり合うという方式だったじゃない?

なんだけど、そのパターンに頼らず気合とか気持ちだけでなんとかしようとするタイプが意外とこの作品多い気がしますね…。
愛音とかユリシアとか傷無とか…。
それだけ逼迫した状況が多くて、キャラそれぞれの正義感の強さの表れでもあるんでしょうけどねぇ…。
今まではともかく、今回は特に猪突猛進感に溢れていたのでねぇ…。




タナトス世界側。
お留守番してたシルヴィアやハーキュラス、メルクリアにマスターズのメンバーたち、さらに戦艦アタラクシアに乗り込んでいた飛弾一家にハユルetc…が合流。
もう大所帯すぎてどこに誰がいるのか分からなくなるのはご愛嬌。

オーディン側が命張ってたのに対して、こっち側はタナトスに世界ごと飲み込まれていた割には平凡な展開続きだったような…?
少なくとも普通の捕虜はビーチパラソルの下で百合プレイに興じたりはしない(断言)

まぁ、だからこそというか、ピリッと引き締まる時の空気感は良かったです。




で、ここからはいつものエロス!のコーナー!!
今回は、ヴァルデ×傷無の擬似百合、シルヴィア&ハユルとの連結改装、ショタ傷無×JK怜悧の3本!

擬似百合は、あれですね。
傷無の女装、再び…!
あとヴァルデの目がガチで怖い((((;゚Д゚))))

連結改装は、あれですね。
見開き汁まみれハユル、三度…!
一歩リードして告白まで決めたのに、ここに戻ってくるんですよ、彼女は…。
進んでるのか退いてるのかはちょっと判断に困りますが!

ショタ×JKは、あれですね。
ある意味今までで一番禁断のやつ…!
既に3回くらい姉弟プレイやってますけど、今回のはだってショタ×JKだし…!




非常に良かったです。
が、あえて言うならばマスターズの誰か……ガーさまかスカーレットのエロス!があったらもっと良かった。
マジでそろそろガーさまとまともな改装してあげて…。



次の巻は……まぁ、まず間違いなくオーディンと決着つくでしょうね。

強さを求めるオーディンは言いました。
「敗者は死んで然るべきだ」と。(意訳)
次巻でオーディンは傷無や怜悧に負けるでしょう。
その時彼女が言うセリフ……もうお分かりですね?



「くっ…ころせ!」




※妄想です





以上!


魔装学園H×H10 (角川スニーカー文庫)
久慈 マサムネ 黒銀
KADOKAWA (2017-02-01)
売り上げランキング: 1,410