今日のラノベ!

大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?

MF文庫Jより
『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?替え玉皇帝になったので美少女嫁も豊富です。』です!


【あらすじ】

平凡な高校生・日和常信が目覚めると、異世界に召喚され替え玉皇帝にされてしまっていた。従属魔法により自由を奪われた―かと思いきや、召喚主である帝国の姫・パオラが良い子だったため、主従関係が逆転してしまう。自由の身となった常信は、帝国内を見て回るのだが…「この国でかすぎだろ!!!」国土は大陸の八割以上を占め、人口や資産は他国全ての千倍を誇り、これまで滅ぼした国は優に万を超える。―そう。このグロリア帝国は圧倒的大国!その全てが皇帝=常信のものなのだ!その上、パオラだけでなく、エルフの姫、獣人娘、姫騎士なども愛妾にと志願してきてしまい…!?これぞまさに大国チート!悠々自適の皇帝ライフが今始まる!


感想:★★★★★

「寝る前にちょっとだけ…ちょっとだけ…」と読み始めて、気がついたら読破してしまったくらいにはドはまりしました!



まずなんと言ってもヒロインたちが魅力的すぎる!

めっさ良い子のパオラ(表紙右上)でしょ?
性別や種族という枠を超えた改革を望む英才のビーチェ(同左上)でしょ?
猫耳発明堕落娘のキャラ(同左下)でしょ?
主に忠実で直情的なヒルデガルト(同右下)でしょ?


年齢もキャラも胸囲も髪型もバラバラなことってハーレムの基本だと勝手に思っているんですが、ドンピシャでそれに沿っていて。
尚且つその4人を1冊の間で活かしきっているのがまた凄い。
パオラは後述の知恵袋、ビーチェは宰相補、キャラは発明と制御、ヒルデガルトは戦場と、それぞれ活躍の場がはっきり違うからっていうのもあるけど、毎回それらを使い切って作戦を立てているのに全然飽きないんですよね。




では、なぜ飽きないのか?




多分ですが、作戦の規模がこちらの想像を軽々と上回っていくっていう作品の特徴がうまくハマっているんでしょう。
敵からしたら「論外」という理由で考慮せず、知恵袋やスレのような民意では「空想上」として非現実的であることをふまえていることを、数と金の暴力でなし得てしまう。
それも一人一人、一つ一つで見れば決してTUEEEでは無いものを、積み重ねていく感じがすごく面白かった!
百八人いる十二星姫だったり、広間を埋め尽くすほどの兵士・使用人VSチート敵軍師だったり。

今までありそうで無かった、もしくはあっても控えめだったところを突き抜けてやりやがってくれたことに賞賛を送りたい!




そんな「大国チート」な魅力に加えてもう1つある魅力が、知恵袋の存在。
いまだかつて、知恵袋の回答で政治が動くことがあっただろうか…?
あったかもしれないが、少なくとも私は知らない。

キャラの発明(魔力を使った擬似ネットワーク)を迷うことなく登用した主人公もすごいけど、そこに実名でがっつり政治課題を聞いちゃうパオラちゃんマジ天使…。
スレで自分の役職バラして実況している人も相当だけどね…!もうそれバレるって!




作品全体のテーマとして「利権貴族からの脱却、埋もれた平凡の活躍」っていうのがあって、それはビーチェやヒルデガルトにも関わってくるんですが、それ以上に表しているのが知恵袋やスレだったと思うんです。
だって、名前が出ないモブが成り行きとはいえ王様に意見を具申している形になっているですよ?
究極的な庶民の活用じゃないですか。

いちいち選挙をして間接民主主義体制を敷くよりもよっぽどリアルタイムに多様で専門性のある意見を回収できる、まさに現代版直接民主主義とも言えるでしょう。
デメリットは情報の真偽が問われることと、半端じゃない大国なだけに民意として投稿される情報量があまりにも多いことですかね…。

そう考えると、主人公やキャラが必要な情報をササッとスレから拾っていたのはやや非現実的だったのかもしれませんね…。
逆にパオラが実名で知恵袋やっていたのは、知名度と特定性を考えたら合理的!
パオラ、恐ろしい子…っ!




イラストが伝説的同人誌「おやすみ○っくす」(さすがに伏字にします…)の三上ミカ先生で、比較的イラストが多いMF文庫Jからの刊行だったことも飽きずに読み続けられた理由でしょうね!
三上ミカ先生も櫂末先生もTwitterに宣伝する際に上げていたTHE・KENZENなイラストはもちろん、162pのヒルデガルトが組み伏せられているシーンも大好き!
もはや魅力しかない





最後の最後まで「大国チート」でしたが、敵軍師の正当な戦う理由がなくなってしまった(というか解決した)だけに、次巻以降の異世界征服がどういった形になるのか楽しみです。
今巻の大収穫祭のように、平和で民が喜ぶユニークな作戦だと良いですねー!
あともっとロザリンドをめちゃくちゃにしてしまおう(ゲスな顔)




以上!