今日のラノベ!


ドラどら王子の花嫁選び

講談社ラノベ文庫より
『ドラどら王子の花嫁選び』です。


【あらすじ】

放浪の旅から王都に帰還した“ドラゴン乗りのどら王子”クラルト。戴冠を控えた彼に、周辺各国からの縁談が舞い込んでいた。結婚を嫌がるクラルトだが、“花嫁育成学科”が設立され、勝ち残った者と結婚させられることに。どうせやるなら面白く!とみずから育成学科の教師と審判を買って出たクラルトの前に、かわいさハンパない花嫁候補が続々登場!積極痴女気味いとこ、獣系グラマー美女、黒髪ポニテ剣豪、ツルペタ金髪王女、褐色爆乳元気娘。5人の美少女がグイグイ迫る!さらに能面クールメイドと健気ロリ妹も加わって大騒ぎ!ドラどら王子は誰を選ぶ!?ヒロイン全員俺のもの!難易度ゼロのオールレンジ・ハーレムラブコメ、ここに開幕!!



感想:★★★★☆

来ました!
deskyzerが大好きな「人生、面白ければそれで良い!」というタイプの主人公・クラルトが!
ヒロインを振り回し、ヒロインに振り回される系の楽しい作品です!!!





ハーレムで、多国籍で、王子で、というところまではよくあるけれど、そこに明確に育成要素持ち込んだところが斬新でしたね!


斬新でしたが、その育成がチョロく見えてしまうのが少し残念。
320ページあまりというページ数の中でできることは最大限やってはいると思います。
クラルトの求める「面白い」の加減だったり、「周囲が何と言おうと自分の思うように」という周囲に配慮した自己中心的思考だったりを花嫁候補たちに伝えるという部分はしっかりやっていましたし。
本国の立場と自分の気持ちの間で揺れる花嫁候補たちの葛藤に、クラルトが我流の考え方でもって悩みを吹き飛ばすという描写はヒロインたちの個性が見えて良かったと思います。


ただ、だからこそもう少しヒロインそれぞれに時間をかけて欲しかった!


黒髪ポニテ剣豪、ツルペタ金髪王女、褐色爆乳元気娘の3人は国を大事に想う気持ちはとても深いはずなのに、クラルトの言葉にコロッと助けられてしまう。
逆に積極痴女気味いとこ、獣系グラマー美女の2人はクラルトを想う気持ちがとても深く、それぞれに相応の過去があるはずなのに、事実とは裏腹に軽い語り口で述べられるのみ。


もっと深く掘り下げていれば間違いなくヒロインたちが映えるのに…、とちょっともったいなさを感じました。





プロローグでエピローグ冒頭の文章を持ってきてミスリードを誘う、という手法でストーリーを構成していたのは良かったと思います!
できるメイド・ゼナンが序盤で王様に約束を取り付けるシーンも一役買っているというのは作中でクラルトが述べた通り。
あとはクラルトの「結婚なんて面倒くさい」という初期の態度、積極痴女気味いとこの序盤の正妻感もこのミスリードを補強していましたね。


そのミスリードをあらすじの「ハーレムラブコメ」という言葉と、文中の強調が台無しにしている感は否めませんが。
この作品、良いところを素直に褒めさせてくれないように大宇宙からの圧力がかかっているんですかね…?

特に文中の強調(文字のルビの位置に「・や、」を置くやつ)は「花嫁」と「俺達」という文字に付いているんですが、その時点で「5人から1人を選ぶんじゃなく全員を選ぶんだな」というのが分かってしまうのですよ…。
そんな状態でクライマックスの「溜めて溜めて……全員俺の嫁!」を読むとなると、やっぱり面白さが半減してしまうのですよ…。
これは、あれですね。
以前ラノベ文庫刊行のあさのハジメ先生の作品で一度指摘したことがある事のはずなので、もしかしたらレーベル特有の問題なのかもしれません…。



ただプロローグでの花嫁を彩る言葉が、1人のものではなく5人それぞれのものだったという演出には脱帽です!
直前に存在を否定しておいてアレですが、強調された「花嫁」に目が行ったが故に他の文章への警戒が緩むという効果があったようです…。
新しい強調の使い方……!




花嫁候補の5人が魅力的であるのはもちろんですが、毒舌無表情万能メイド、全方位天使兄LOVE妹の2人も掘り下げがあまり無いのにストレートに魅力的。
メイドに関しては、クラルトがクライマックスで花嫁の一人にしようと考えていることに納得の魅力。
さすがくーるびゅーてぃー




今巻ではヒロインの掘り下げにやや物足りなさを感じましたが、2巻では新婚初夜&新婚旅行という内容らしいのでそこを見事に補ってくれる(はず!)。
今の時点での魅力にさらに魅力を足す、という工程でどんな化学反応が生まれるのか。
楽しみです!




以上!


ドラどら王子の花嫁選び (講談社ラノベ文庫)
愛坂 タカト
講談社 (2017-03-02)
売り上げランキング: 106,437