どもー。
デスカイザーです。


昨日は大学の卒業式でしたー!
感動要素は微塵も無かったけれども、楽しかったですね!
そういう風に思える人間関係がたくさんできたのは本当に良かったです。

その反動で今日は疲れたので今日は半日読書してました。
久々にネット小説(ノクターン)も読みあされたので満足!



では、今日のラノベ!

食べるだけでレベルアップ!

富士見ファンタジア文庫より
『食べるだけでレベルアップ!~駄女神といっしょに異世界無双~』です。


【あらすじ】

「ホントに異世界だな、これ」「アタシを養いなさい!」女神ローラの唯一の信者として、異世界へと召喚された少年ケーマ。彼に与えられたのは、食べたものの経験値・スキルをそのまま獲得できちゃうチートスキルだった!狩った魔物や異世界ならではのグルメを堪能するケーマの美味しい日々は、「ふえぇぇ~!」巨乳だけが取り柄の駄女神をイジったり、「ご恩は、一生忘れませんっ!!」助けたウサ耳娘に懐かれたり、なぜか美味しい思いも特盛りで!?そして気づけば彼は、凶悪な魔物すら鼻歌交じりで蹴散らせるレベルになっていて―。美味しく食べて国士無双な、異世界食べ歩きファンタジー!



感想:★★★★★

楽しさ、国士無双!



知の女神・ローラに呼び出され異世界に転生したケーマが、「食べるだけで育つ」というレアスキルによりチートレベリングをしつつ、異世界生活をゆったりまったり満喫するお話。




「魔吸収」というスキルで、食した対象のスキルを自分のものにしたり、経験値を得たりするんですがね?
生活に必須な食事をすることで成長するというスキル特性的な強さはもちろんなんですが、食べることでスキル自体の熟練度が上がり経験値の取得効率も上がるというところが特にエグいチートですよね…!
本来存在するであろう高レベル帯のレベルアップ速度逓減問題をある程度無視できるっていうことですから…。






この作品の楽しみどころは、①駄女神の駄女神っぷり ②散りばめられた雑学 ③ケーマのスペック ④微エロ といったところでしょうか。


①は、kt60先生の書籍作品としては初めてアホの子がメインヒロインというところで大きなポイントだったと思います。
もうね、密度が濃い。
アホの子がアホの子してるだけでまず面白く、そこに先生の代名詞とも言うべき飽和した語彙による詰り(なじり)が入ってきて、それが1巻まるまる読めるとかお得すぎます!
税別750円くらいまでなら出しても良い。本当に。
ちなみに今巻で一番好きなフレーズは106pの「王じゃなくなったベルゼブブ」です。



②は、食をテーマにしているのに意外にも食以外のところのほうが「へぇ~~~」と言いたくなるものが多かったように思います。
ウーパールーパーが幼形成熟することとか、アブラムシの「個としての集団」という生態とかはここぞとばかりに書いてあったのでもちろんですが。
ギルドのクエストがランク分けしてあることの「ハンターに見合ったレベルの仕事を」という意味以外の思惑とか、遅効性の毒を門で飲ませて必要手続きをする場所で解毒薬を渡すこととか、システマチックな所での学びが色々あったところが、個人的にはとてもポイント高いです。
モンハンのランク帯による受注制限にも意味はあったんだっ!!

そういえば猪の肉を剣の上に置いて焼いていたシーンを見て、そういえば中世モデルの異世界冒険作品でも当たり前のように鍋とかフライパンのようなもの使ってるなぁ、というのを思いました。
旅の荷物を少しでも少なくするならそういう使い方は当然アリだよなぁと思う反面、衛生面の問題や脂がこびり付かないのか、火に近づけ続けて剣が痛まないのかとかは気になるところです。
異世界冒険モノの荷物事情というのは、当たり前の物を当たり前に持たせるパターン、考慮の末に減らしていくパターン、所持品無しで行くパターン等様々なので注目したら面白いのかもしれませんね!



③はチートスキル「魔吸収」ではなく、会話スキルのほうですね。
192pとか203pのリリナという商人を相手にしている時は特に顕著なんですが、ケーマは口がうまいというか人心掌握に長けてるんですよ。
ちょっとすごいとかじゃなく、それこそスキルなんじゃないの?と思うくらいに。

何でかなぁと少し考えてみたんですが、現状判断材料としては前世のケーマの環境しか無いですよね…。
24pでは暮らしがあまり良くなかったこと、母のいる家にいるのが辛く父ともうまくやれていないことがサラッと書いてありました。
母の「アレ」というのがどこまでのものか気になってはいましたが、文章から受ける印象よりは酷いものを想像したほうが良さそうですね。
なるべく敵を作らず、挑戦的な相手とも蟠り(わだかまり)をあまり作らず会話できるスキルが自然と身につくくらいのものを。



④は読んで字のごとく?
唐突におっぱい揉んだり、戦略的におっぱい揉んだり。





無限に読んでいられるので無限に続いて欲しい!



以上!