どもー。
デスカイザーです。


ついに『魔王の始め方』オンラインが始動…!
システムは……どこぞのグランドオーダーに色々似ているから馴染みやすいですね。
読書のおともに少しずつ進めていこうと思います。

ちなみに『魔王の始め方』5巻は100ページくらいで止まってますん。



今日のラノベ!


自称!平凡魔族の英雄ライフ

Kラノベブックスより
『自称!平凡魔族の英雄ライフ ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~』です。


【あらすじ】

魔族が通う学園のクラス分け試験で四百階層の魔王級ダンジョンを作成してしまった青年クロノ。「クロノ君。君は一体何者なんだ!!」「俺はただの田舎の平凡魔族なんですが」。竜が飛び交い伝説のモンスターがうろつき、凶悪な魔法が日常的に使われている魔境で育った彼は、自分の常識がずれていることに気づいていなかった!魔力も身体能力も桁外れ、素手でドラゴンすら殴り倒せるクロノは、すぐさま学園中の注目の的になる。「君は魔王を越えた英雄に、国の救世主になれる器だ!」「俺は普通に友人を作って楽しく学べるだけでいいんですが…」自称平凡魔族が送る、無敵の英雄スクールライフ開幕!!



感想:★★★★☆


過去の魔王の家宅捜索!





クロノの無自覚チートな強さに周りは唖然。
クロノ本人も自分を普通の魔族だと思い込んでいるがために周りの反応を不思議がる。

から笑いと呆れと疑問符が飛び交う1冊




執筆初心者の描くチート魔王ものを高品質にしたような印象を受けました。
言ってしまえばそれくらいシンプル

何せ舞台は学校と過去の魔王が作ったダンジョンのみ。
登場人物もシンプルにクロノ、クラスメイトの貴族令嬢、現魔王、クラスメイトの獣っ子。
主人公1に対してヒロイン3、ヒロインは皆クロノの強さに対して呆れと憧れが綯交ぜになったような反応。
構成だってダンジョンもぐる、宝探す、ハプニングを呼び寄せる、の3段階。


なのに、これだけ面白い!
めくる手が止まらない……というよりは、止め時が分からないという感じでいつの間にか読了しているような。
なんかもう悔しさすらありますね(笑)
「ちくしょう面白いなぁ…!」って。





一方、クロノが文字通りの平凡魔族というわけでは無いという意味でちょっと打ちひしがれる感覚もあったり。
生まれとか、育ちとか、本人が選べない部分で得られた強さの話ですからねぇ…。
それが悪とは言わないし無いものねだりをする気もないけれど、「面白い」以上に学べるものが少ないというのもまた事実。
うむむ…。

自分の持っている力が実は強大なものだと分かった時にそれを悪用しない、という強さは学びのひとつですね!
クロノ、やろうと思えば軽く単騎で征服できるもんね?




面白い、それは間違いない。

でも本音を言うならば、1200円はちょっとお高いのですよ…。
あまりにもサラッと読めてしまうから、ちょっとコスパ的に損してるような気分にですね?
サラッと読めるということはクオリティが高いということで、クオリティが高いということは値段が多少高くても釣り合いが取れるということなんですが…。
Kラノベブックス、文庫サイズじゃダメかなぁ…?


なんやかんや言いつつ、続刊は間違いなく買いますが!!






どうでもいいけど、ソフィアの服はおっぱい隠す面積を間違えていると思うの。






以上!