どもー。
お昼ご飯が賞味期限を過ぎたもののみで構成されていたデスカイザーです。
腐肉を食らう時は近い(アンデッド族)



今日のラノベ!

14

電撃文庫より
『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?Lv.14』です。


【あらすじ】

残念!ついに知られてしまいました!残念美少女・アコの存在が―よりにもよって、英騎のお母さんに!そして案の定「今度連れてきなさいな」と言われてしまった英騎。西村家の全権を掌握するお母さんを前に英騎は無力だった。なんとかアコをまともな彼女に偽装するために特訓を始めるネトゲ部だったが、ハードルはあまりに高く険しくて…果たしてアコはお義母さん面接を乗り越えることができるのか?それともやっぱり危ない子扱い?アレイキャッツ結成二周年記念オフ会だって結婚記念日だってあるのに、いったいどうしたら…!?残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、三者面談の第14弾!



感想:★★★★★

他人に自分を良く見せたいってことはよくあると思うんです。
仕事であっても、友達付きあいであっても。
ましてやそれが夫……恋人…の親であるなら尚更。

でも結局ボロが出るんだから諦めなさい?(CV.シューちゃん)っていうのが今回のお話ですね!
なおかつアコだし。
今まで1年間夫婦であることを譲らず、決して恋人に落ち着こうとはしなかったアコが今さら「英騎さんと健全なお付き合いを」なんてできるわけが無かった。


でもアコもアコなら、ルシアンのお母さんも凄かったですね…。
想定問答メモ集を見るアコと、想定問答の台本を見るルシアンのお母さんの会話のシーンはシリーズ屈指の謎空間でした(笑)
なぜそれで会話が成立す……それは会話なのか?

そういえばルシアンも「親に紹介」っていうイベントに動転しているからか、アコの結婚発言を「……って言っちゃうくらい良い関係を築けているんだよ」みたいな方向に持っていくことなく、結婚を正当化する方向に頑張ってましたね…。
ここ数巻の例に漏れず「リアルとゲームは別」っていうシリーズ当初の命題がここでも半分否定される形になりました。







第1回オフ会とは逆のシチュだった2周年オフ会の集合シーンも良かったです!
今巻ではアコが声を掛けられてビクゥッってなってたけど、1巻読み返してみたらルシアンも声を掛けられたタイミングで「うわっ」って驚きの声を上げてるんですよ。
はは、愛い奴らめ。




【今回のルシアン・シューちゃん】

シューちゃんが隣に座るルシアンの腕をクイクイッってするシーン。
及びその後のルシアンの「気安い感じの瀬川がちょっと嬉しかった」という言葉。

最高です。
ありがとうございました。






次巻はいよいよ新婚旅行もとい修学旅行!……かな?
果たしてネトゲ部の面々はネトゲをできるのか!?
置いていかれるマスターの運命は!?




以上!

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.14 (電撃文庫)
聴猫 芝居
KADOKAWA (2017-06-09)
売り上げランキング: 11,041