今日のラノベ!


僕らが明日に踏み出す方法

メディアワークス文庫より
『僕らが明日に踏み出す方法』です。




【あらすじ】

「納得できるまで、今日をやりなおせたら」―そう思ったことは、ないですか?ピアノコンクールを一週間後に控えた少年・中瀬と、同じく一週間後に告白の返事を待たせている少女・山田。ふたりはある日、同じ一日をループしている自分に気づく。次の日へと進むための条件は「『最善の一日』と思える一日を過ごす」こと。目の前にいるキミの、本当の願いはどこ?わたし達が出逢った理由は―?廻る毎日に二人が見つける「明日に踏み出す方法」は―。



感想:★★★★★

ある理由のためにどうしてもピアノコンクールで一番を取りたい中瀬。
告白の返事を決めあぐねている山田。



二人は同じく「納得できるまで、今日をやりなおせたら」という願いを持ち、それが額面通り満足のいく一日を過ごさないと次の日に進めないという現象を引き起こします。
でも、幾度のループの果てにたどり着いた結末はというと、中瀬はコンクールで一位を取ることができず、山田は忍と交際しない選択をするというもの。



“理想の結末”を完遂するまで繰り返す『リゼロ』みたいなタイプのループものとは違い、繰り返す中で自らの真意に気づいて“理想の結末”が変わるタイプのループものでした。
何度も何度も繰り返す中での精神的な成長が心地よかったです。


で、それだけで終わらなかったのがこの作品のすごく良かったところ!
コンクールの日であり告白の返事をする日だったループの最終日が終わったのに
「あれ…?まだ40p近くある…?」ってなった時のワクワク感!
「まさか…あれがこうなってそういうこと!?」をさらに裏切る、それでいて納得の結末。

これがまぁ堪らないわけですよ!!


最終的に読む前にあらすじから想像していた結末とは何もかもが違うのに、「岬先生…こんにゃろめー♥!」ってついついじゃれつきながら崇め倒したくなるような気持ちのいい敗北感。
これだからラノベ読みはやめられない…!





……っていう感想を1ヶ月前には抱いていたということを最後に。
読み終わってから感想書くまでに間が空いているのでふわっとした感想になってしまったこと、ご容赦ください…。




以上!



僕らが明日に踏み出す方法 (メディアワークス文庫)
岬 鷺宮
KADOKAWA (2017-06-24)
売り上げランキング: 314,394