どもー。
デスカイザーです。


読書は間に合うのか!と思いながらもバーミヤンで1時間半くらい駄弁ってました。
紹興酒はね……たまーにで良いよ。たまーにで。




今日のラノベ!


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2


富士見ファンタジア文庫より
『ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2』です。


【あらすじ】

正式に魔術講師となったグレンは、アルザーノ魔術学院で例年行われる魔術競技祭に向け、生徒たちに指示を飛ばしていた。「先生がやる気出してるんだし、私たちも頑張らなきゃね!」システィーナたちもグレンのやる気に応えるべく、優勝を目指していたのだが―当のグレンは優勝で得られる特別賞与を使った、借金返済を目論んでいただけで…!?そして訪れる競技祭。学院が熱気に包まれる中、女王を守る親衛隊に異変が…。女王を取り押さえた挙げ句、なぜかルミアを狙ってきて!?「処刑!?そんな勅命聞くか!馬鹿」拒絶された生徒を守るため、グレンの魔術が秩序を正す!


感想:★★★★★

さぁ、既読後溜めていた感想はこの本でラストです。
ラストで残るからにはそれなりの理由があります。
つまり……今までで一番記憶に残ってないっ!!

エピローグでグレンがお酒呑んでいることだけは何故かハッキリ覚えていたので、とりあえず僕も呑んでます。
呑んでみたら何かが分かるような気がした(過去形)





魔術競技祭に学院中が沸き立ち、女王を守る親衛隊の暴走が同時に進行し、グレンはお腹が空いて死にそうになる話。
うん。
たぶんグレンの空腹は、戦闘よりも死の危機だったんじゃないでしょうか?

この締まらなさがグレンの持ち味とみて間違いなさそうです。
緊張感でピンと張り詰めているけれども、そこで張っているのは糸ではなく既に曲げられたアルミ線。
どんなに引っ張ても曲がった癖は、直らない。
中空で曲げようとしても思った形にするのは難しいですが、型に嵌めたり角に沿って曲げる分にはちょうど良い形になる。
そんな印象です。


1巻の詠唱の件でも発揮されていましたが、グレンの「常識破り」には驚かされっぱなしです。
今回は魔術競技祭の種目別の割り振り。
生徒のポテンシャルを完璧に見極めたうえで、慣例や固定観念を捨てたベストな配置にし確実に勝利・高順位をキープしていくその手腕!
こう言ったらグレンは嫌な顔をするでしょうが、セリカじゃなくても「まともに働け!」って言いたくなりますよ……。




ルミアの存在と未だ秘された事柄は、どうやら「禁忌教典」に関わりがあるようで。
ここまで2巻続けてルミアが事件の中心にいるのに、なぜかシスティーナがメインヒロインっぽいんですよねぇ……。
これ結構新しいパターンなんじゃないでしょうか?
まぁ、それはともかくメインヒロイン争奪戦は置いておいてリィエルさんの掘り下げはよ!
なんか好みのキャラっぽい空気漂わせているので、はよ!!





3巻の感想は、読んだ直後に書けるようにします……これはひどい……。


以上!



ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2) (富士見ファンタジア文庫)
羊 太郎
KADOKAWA/富士見書房 (2014-11-20)
売り上げランキング: 158,620