デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ:その他のレーベル > このライトノベルがすごい!文庫

どもー。
デスカイザーです。


メリークリスマス!

ところで。
ラノベ感想ブログなのに、ラノベの感想書くのが1週間ぶりなんですが…。
この調子だと社会人になったら更新頻度がどうなってしまうのかと不安です……。




では、今日の…今週のラノベ!

魔法少女育成計画

このライトノベルがすごい!文庫より
『魔法少女育成計画』です。



【あらすじ】

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた…。第2回『このライトノベルがすごい!』大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル。


感想:★★★★☆

アニメ放送前から……具体的には確か3年前くらいからタイトルとしてはチェックしていた作品。 
『最弱無敗の神装機竜』『落第騎士の英雄譚』などなどと同じく、アニメ前に読んでいれば…、という後悔で一杯です……。



内容は……16人の魔法少女による「殺し有り」の蹴落とし合い!
魔法少女モノ、という枠の中で語弊を恐れず説明するしたら「まどマギと龍騎を足して2で割った」ような…。


1人の魔法少女につき1つ固有の魔法があるんですが、これの応用のさせ方が物語を大きく左右してた気がします。

「困った人の声が聞こえる」というスノーホワイトの魔法が、死に際の最期のメッセージを拾うのは「困ってる」に含めていいのだろうか、とか。
「手裏剣を投げたら百発百中」なリップルの魔法が手裏剣以外にも適用されるのだとしたら、他の魔法の拡大解釈も…、とか。


決定事項を他の側面から見て抜け道を探すような応用力って生き残るのに大事だなぁ、とこの先の人生で役に立つ機会が少なさそうなことを、改めて学ばせてもらいました。

けど、拡大解釈のしようによっては他の魔法少女が生き残っていた可能性も十分ありえるので、四歩くらい引いて見ちゃうと冷めてしまうかも。
……引くな進め抉り込むんだっ!!





16人の魔法少女。
生き残るのは8人のみ(当初予定、実際人数2人)。

この手の小説で、「積極的に殺す側に男性が居ない」っていうのは初めての経験でした。
そういう視点での感想ですが……、根本的に狂気に染まっている人はいなかったですね。
大なり小なり、理由があって「あの状況」に置かれているわけで、1冊読み終わった今振り返ると誰に対しても「そういう理由があるなら…」と納得できるだけのものは持っていたように思います。


「男性=狂気に染まっても理由が語られない」というイメージは何処かにあるんですよね……。
ミステリーでの殺人犯はともかく、殺される側で狂気に染まってる人とか、街中の酒場で見かけた狂人の出自とか……。
そもそも街中の酒場で狂ってる女性ってあんまりいないですね……。
中世世界だとそうなる前に奴隷市場に流れるかー……。





この作品のどういうところが一番面白かったか、と聞かれるならばこう答えましょう。
「ストーリーが進めば進むほどキャラクターが壊れていくのが面白かった」、と!!

スノーホワイトが抱いていた「魔法少女=困ってる人を助ける」っていう概念。
彼女が魔法少女としての矜持を見失っていくのと同じペースでこちらの抱いていた魔法少女像も崩れていくので、彼女自信は何もしてないのに彼女への親近感ばかりが募っていくという。

ストーリー上「何もしてない」スノーホワイトは、16人の魔法少女の中では一番人助けをしていて。
「権謀術数テロ殺人何でもござれ」な他の13人の魔法少女は、人助けの優先順位がどんどん下がっていて。
1人は本当の意味で「魔法少女として何もせず」死に。
1人は「巨悪に立ち向かうために小さい悪を見逃す」形になり、その巨悪にも立ち向かえず死ぬ、と。


『まどマギ』とこの作品の2例だけ見ると、決断せずのらりくらりな主人公(ヒロイン)の魔法少女って生存力的に強いという結論に……。



あぁ、そうか。
過程はともかく、生き残った二人は本当の意味で「他人のために」動ける人材なのか!

誰かを救うために必要なのは決断することではなく、助けを求める声に気づけるようにしておくこと。
誰かの復讐を遂げるために必要なのは相手を恨む気持ちを持ち続けることではなく、誰かを想い続ける気持ちを持ち続けること。



やっぱり結果的には質の良い魔法少女を選出できるようになっているんですねぇ……。
本当「結果的には」なんだけども。



キャラが16人いるぶんスポットが当たる密度にバラツキはありましたが、その分凝縮されたスペースのなかで最大限キャラの背景を膨らませるような書き方をしていたのが好印象でした。
色々な意味でバラバラな彼女たちの想像の余地があるのは、決して投げっぱなしなんかじゃなく良い塩梅のステータスの空白になってて読後も楽しいです。

……まぁ大半死んでるんだけどね!!
想像したところで多分今後一切出てこないんだけどね!!





2巻以降はどういうお話になるのでしょう…?
彼女がマスターとなって……、また絶望するのでせうか?





以上!


魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
遠藤 浅蜊
宝島社
売り上げランキング: 1,122

どもー。
デスカイザーです。

ここ2、3日くらい色んな妄想が頭をよぎるせいでラノベ書いてみたいなぁ、という欲求が。

朦朧としている、とも言う。
元気が無い。
そんなときこそ読書です。


それじゃ、今日のラノベ!



このライトノベルがすごい!文庫より
『まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 3』です。


【あらすじ】

ツヴァーラでのトラブルを解決し、ティアラやルイーズらをパーティに加えた風音たち一行。さらにダンジョンでは巨大猫の召喚獣を仲間に加え、ますますカオスっぷりを増したパーティに、ミンシアナ王国の現女王から呼び出しがかかった。首をかしげながら王都へ向かった風音たちの前に現れたのは、懐かしい、驚くべき人物だった…。魔物を倒してスキルを奪取!大人気異世界ファンタジー第3弾!


感想:★★★★★

1巻の感想は以下のリンクから
まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる


巨大猫に「ユッコネエ」、新たなゴーレムに「タツヨシ」くん。
と、もとの世界での仲間の名前で寂しさを誤魔化しているんじゃないかと邪推したところで、本物のゆっこ姉登場!
いくらか年を重ねてはいるものの、本人との再開に喜ぶ風音たち。
2巻の感想でも書いた気がするけどファンタジーなのに急にリアルな感情を引き出してくるのはズルい…。
簡単に感動してしまう…。


そんな感じで、ゆっこ姉と温泉行ったり、ゆっこ姉がどうしてたのか聞いたり、ゆっこ姉の実の息子でミンシアナ王国の王子に会ったり。

一番はなんといっても弓花のパワーアップ!(?)
1巻で風音が訪れていた、あの…なんちゃら神殿。(見つからない…どこだ…)
2周目で訪れ試練を乗り越えると1周目のキャラが仲間になる、というシステム。
弓花は「弓花」という現在のキャラが2周目扱いになるという事実に気がつき、ゲームで使っていたキャラを仲間にするために単独で神殿に赴き…。

出てきました!
なんか……すごいの!

英霊・アーチ。
テイムしたてで瀕死のクマ(比較的強い)を従えたブロンド髪の女の子。
その服装はお花畑を身にまとったかのようなドレス、背中には天使の羽、頭には輪っか。
手にはひまわりの花を模した…鈍器?

そして、とにかくめちゃくちゃ強い。


あと、同時に弓花が手に入れたアイテム・神狼の腕輪も最高ですね。
一定時間獣人になるんですよ!
ケモ耳、尻尾だけでなく、顔のパーツも(鼻とか)獣人らしいものになり、いくつかスキルも使えるようになるというもの。
なにより…


かーわーいーいいいい!!!

 
1巻から地道に弓花を応援していたのが報われた…!




もとの世界とこの世界がどういう関係なのか…
そろそろ明らかになり始めてくる…のかな?



以上!

どもー。
デスカイザーです。


18日ぶりのカラオケ行ってきました!
……感覚ずれてるのがよくわかる文章な。

『銃皇無尽のファフニール』のOPを4回、EDのfullを10回ちょい、TV版をそれぞれ1回ずつなどなどを歌って計8時間。
何回歌っても抑揚の加点が抑え気味になるのが悔しかった。

そして結局今日も1冊しか読めてない。




んじゃ、今日のラノベ!

まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 2 (このライトノベルがすごい!文庫)まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 2 (このライトノベルがすごい!文庫)
(2015/01/10)
紫炎

商品詳細を見る


このライトノベルがすごい!文庫より
『まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 2』です。


【あらすじ】

「狂い鬼」を蹴り倒したことで「オーガキラー」として名を馳せ始めた風音。
弓花の槍の師匠・ジンライをパーティに加え、冒険を続けていたところ、オーガの手から隣国ツヴァーラの王女・ティアラを救い出すことに。
図らずも、王家をとりまく陰謀に巻き込まれた風音たちは、ツヴァーラの王宮へ乗り込んでいく……。
魔物を倒してスキルを奪取! 大人気異世界ファンタジー第2弾!


感想:★★★★★

新たな仲間も加わる第2巻!
あわや売り飛ばされるところだった王女・ティアラを救い、そのまま隣国で巻き起こる陰謀に巻き込まれる風音たちの物語。

冒険の途中に立ち寄った温泉街で、風音のゲーム友達の達良が”600年前”にこの世界に来ていたという事実を知るシーンが感動的。
普段はゲーム知識を活かして強くあろうとする風音や、風音の足手まといにならないように必死に研鑽を積む弓花のふたりだけど、ふと元の世界が恋しくなり泣いてしまうこともしばしばあるなかでのこの事実。

慣れ親しんだ温泉まんじゅうを食べながら、日本語が残されている石碑を見てボロボロ泣きながらの
「六百年は遠すぎるよ達良くん」(p227)
はずるい。もらい泣く……


風音に救われ、後にパーティメンバーとなるティアラの百合っ子属性の今後の発展に期待を表し、筆を置くこととする。
hshs



以上!

今日のラノベ!

まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる (このライトノベルがすごい! 文庫)まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2014/08/09)
紫炎

商品詳細を見る


なろうコングランプリ受賞作品!
『まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる』です。


【あらすじ】

魔物倒してスキルをゲット! 大人気ウェブ小説が待望の書籍化!
やり込み倒したゲーム「ゼクシアハーツ」そっくりの異世界に転移してしまった風音。
なぜか持っていたラーニング能力を駆使し、魔物からスキルを手に入れまくる。
気づけばオーガを蹴り倒して街を救い、かつての自分を仲間にし、冒険者としてメキメキ頭角を現していった――。
って気づけばオーガ蹴り倒してる!?
応募総数2200作品、日本最大級のオンラインノベルコンテスト、第二回「なろうコン」グランプリ受賞作品!


感想:★★★★★

どもー。
デスカイザーです。
3分茹でる袋麺の麺入れてから1分後に生卵入れるやつ、すごいおいしいよね。


……。
さすが受賞作ってだけあって、タイトルが既に当たり感漂わせてるよね。
この感度大事にしていきたい。


さてさて。
内容は、大雑把に言っちゃえば異世界転生もの。
主人公の由比浜 風音(ゆいはま かざね)(ちっちゃい)が目覚めると、そこは彼女がやりこんでるゲーム「ゼクシアハーツ」で最初のクエストが行われる浮遊石遺跡の近くだった。
よく分からないうちにゴブリンがたくさん現れ、逃げ、遺跡の扉のギミックで1匹圧殺したところで夢じゃないことを認識する。

危機感を持ちつつも自分の好きなゲームの世界であることを確かめるために遺跡の奥にむかう途中、一人の女の子に出会う。
立木 弓花(たちき ゆみか)。リア友。
友人と会えたことに安堵してなんだかんだゴブリンを屠ったあとに、風音は衝撃の事実を知る。

「ここはゲームのなかじゃ無いよ?」

そう。
舞台は同じだが、ここはゲームから千年後の世界。
やりこんで覚えたストーリーどおりに進めればいいというわけではなくなっていた…。


倒した敵モンスターによってスキルを得られる”ラーニング能力”を持つ風音と突出した槍の才能を発揮する弓花の、現実世界への戻り方を探す旅がここから始まる!!



だからなんであらすじ始めちゃうかな俺は!
消す気も無いけど!


風音のもつラーニングスキルが普通につよい…。
明らかな”私TUEE”ですね。
……風音なら自分で言いそうだな。

ちっちゃくて可愛い風音だけど、意外とバカきゃらでは無いのです。
むしろゲームだと割り切ってるからこその応用力はすごい。
めっちゃゴーレム作ったり作ったり。作ったり。
火系統魔法も、段階すっとばして上級魔法使っちゃったり。
楽しんでるのがよく伝わってきて、微笑ましい。

ぴょんぴょんしてる小動物って可愛いよね!


弓花は逆に地道な努力と卓越したセンスで乗り越えていく感じ。
もともと何か武道やってたからって、いきなり槍振るえるというのがもう…。

と、チート的な強さを持っていても世界に関する知識が無いうえにゆっくり進んでいくストーリーがまた良い。
つよいと異常な速度でストーリーかっとばす話もよくあるけど、やっぱ強いからこそゆっくりってのが乙だよね。


ってことで続き楽しみ。


以上!

↑このページのトップヘ