デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ:その他のレーベル > ビギニングノベルズ

どもー。
デスカイザーです。


ようやくFGOのイベントシナリオを完走したところでイベント残り3日。
当然アイテム交換もシナリオ消化も終わってるはずもなく!
……やばいよやばいよ!

今日のラノベ!

魔王の始め方 4

ビギニングノベルズより
『魔王の始め方 4』です。


【あらすじ】

新大陸へ視察に出向いたオウルは、現地の予知能力を持つ老婆から「マリーは死ぬ」と告げられ、さらにオウルは勇者で魔王を討つ者だと言われる。この受け入れ難い運命、予知に抗うことは出来るのか?


感想:★★★★★

新大陸編っ!

まぁまぁ、マリーちゃんこんなに大きくなっちゃって~!って親戚のおっちゃん感覚で読んでました。

オウル中心に良い家族が出来上がってましたね。
オウルはマリーを娘のように大事に育て、正妻はリル・スピナ・ユニスで、マリーはスピナを”姉さん”と慕い…………真面目に相関図書こうとするとメビウスるねこれ。
あと側室が10人と愛人が252人。

あ、でも今回出てきた「子供の魔王」ソフィアがオウルの娘ポジションに落ち着いて、マリーは今は娘というよりは手のかかる弟子ってほうが強いのか?っていうか側室になってたっけ?あれ?

さらにさらにスピナが”やりすぎた”後の治療の過程でなつかれちゃったホスセリちゃんに、未来を見る力を持つ天狐をその体に下ろす巫女・テナに、妖狸をその体に下ろす巫女でテナの孫・ユツ、「海の魔王」タツキに、「試練の山を司る魔王」サクヤもオウルファミリーに。
deskyzer的にはホスセリちゃんお気に入りです!



簡単な新キャラ紹介はここまでにして、話を戻しましょ。

何が家族っぽかったかというと、オウルが何かやることを任せることが多かったところ。
まぁ3巻でもその傾向は見えていたけど、今巻でそれがより鮮明になった気がします。
だって、一時的にとはいえオウルがオウルシティ側のダンジョン運営をメリザンドに一任してるんだよ!?
新大陸行ってるとはいえダンジョンのことだよ!?

そろそろオウルという存在の認識を今基準に置き直すべきかも…?
じゃないと毎巻毎巻驚くことになっちゃいそう。




新大陸での魔王オウルの物語。
勇者オウルとして、新大陸の魔王を倒す!運命を変える!という構図みたいですね。
英雄の星ほどの強制力は無いだろうけど、魔王として力を蓄えたオウルが勇者として善の力を振るうことになったら……破滅の道に繋がるのは必然ですね。

「運命を変えることはできる!」というのを示したのが今巻の意味になると思います。
オウル1人じゃ到底無理だけど、嫁ズの力や新大陸の巫術に魔王もとい神々の力。
そこまでを手札とし、運命の裏をかく一手を打てるかどうかがポイント。
今回はギリギリなんとかなったけど、これで序の口なんだから……さらに強力な神が出てきたら今度こそ死者が出そうでちょっと怖い…。




そして EX stepという名の本編!

ミオ!
メリザンド!

二人の!幸せが!
私は!嬉しい!

今、メリザンドは正しく救われたっ!
私はそれがたまらなく嬉しいっ!


「妻として」家を守るミオ!
その儚いたくましさが!胸を打つ!


帰ってきて言語野っ!!





帰ってきた言語野!!

どうしても新大陸と今までのダンジョンに物理的距離があるので、今までのキャラと新キャラのバランスが難しくなるところ。
それをこういう形で補完してくださるのは非常に嬉しい。
キャラひとりひとり、家族ひとりひとりを大せ…つ……に……


家族ひとりひとり…(泣)(au金ちゃん)

……。
…………。

……くっだらねぇ(勝手にやっておいて)



家族ひとりひとりを大切にするオウルが「理想のお父さんキャラランキング」に選ばれる日もきっとそう遠くは無いはずです!
そんなランキングあるのかどうかは知りませんが!
無いなら……いつかうちのブログでやりましょうか?





以上!

魔王の始め方 4 (ビギニングノベルズ)
笑うヤカン
キルタイムコミュニケーション (2016-06-30)
売り上げランキング: 20,212

今日のラノベ!

魔王の始め方 3

ビギニングノベルズより
『魔王の始め方 3』です。


【あらすじ】

「お前の最後の言葉は覚えているぞ。…言われたとおり、信じてやる」ユニスの魂を取り戻すため宗教国家ラファニスへ攻め込むオウル達。ラファニスは神の御遣いである天使達が支配する国。まさに天に立ち向かうかのような無謀な戦いにオウルが取った手段は、巨大なダンジョンそのものを…!?天使と魔王。知略と戦力を最大限に出し切った総力戦。仲間、そしてダンジョンを愛する者達を待ち受ける結末とは!?


感想:★★★★★


完!

前半200ページ弱ではオウル勢力がラファニスへ攻め込む話、後半140ページ弱で後日譚や前日譚が描かれる、という構成。


馬がいない空飛ぶ馬車では攻めきれず、オウルが使った奥の手の中の奥の手は、ダンジョンを丸ごとその中に宿した超弩級ゴーレム「オウルの動く城」(名前はダンジョン解説より)。
それだけの手を使い、魔物英霊エルフ魔獣魔術師etcの総力を結集し、それでもなお薄氷の上の勝利。
こんな安っぽい言葉でしか表現できないのが悔しいくらい、良い戦いでした。

えぇ、まさに今までの物語を結集させた戦い!
リル・スピナ・ユニスの3人とオウルとの今までの積み重ねがはっきり見えるVSメリザンドの最終局面は、それぞれの初登場シーンが頭に浮かんできましたし。
46pにも及ぶオウルから女性陣への魔力供給(=Hシーン)は、それこそ誰とどういう出会いがあって、どんな関係性があったかを振り返ることができたし、その上でオウルの御旗のもとに1つにまとまる様はこの作品を象徴すると言っても過言ではないですよね。

御旗(意味深)

そんな中でも前半だと特にウィキア・シャル・ナジャの3人とデュラハンが意思を疎通させて戦うシーンが特に好きですね…。
あんな別れ方(1巻参照)でも、それまでに培っていた関係性はそう簡単に消えるものじゃないんだなぁ、と。
そのあたりの何というか”記憶”とか”繋がり”みたいなところは、この作品では頻繁に出てきていたと思うんですが、オウル以外との関係性のなかでそういったものが出てくるのは珍しかったかなぁ、と。

オウルのもとを離れ武者修行していたミオもそうだけど、終盤はオウルと離れたところでのそういった成長がうまくかみ合っていたのが良かったです。
部下の成長を通して総力を向上させるオウルの手腕が見えるというか。
こいつどんだけ先を見通してるんだよ…、って毎回色んなところから思わされますね…。





で、後半。
マリーとメリーが遂にオウルに捧げたり、オウルタウンがオウルシティになったり、結婚式したり、スピナと3日3晩まぐわったり、ラズとオウルの出会いと別れだったり、マリーが13歳になってローガンが葛藤したり、ユニスが赤ちゃんを産んだり、天界が本気で攻めてきたり……。


後日譚は、ラファニスとの戦いの後で平和を楽しみ気の赴くままに生活する姿が描かれていてほっこりしました。
1巻でスピナが媚薬スライムを作ってユニスがその犠牲(笑)になる…みたいなちょっと気の抜けるようなエピソードが、あの戦いの後になるとすごく貴重で美しい時間のように思えるから不思議。
ローガンの言うとおり、あの幸せは無限じゃなくて有限。
しかもどんなに長くてもオウルがリルより長く生きることは無いんですよね…。
もちろん普通に人間なミオやマリーはもっと早く死んでしまうわけで。
もっと早く…といっても我々と同じ100年前後ですが。

なんか……幸せだけど寂しいですね…。




唐突ですが好きなキャラランキンーグ!!

1位:ミオ
2位:リル
3位:スピナ
4位:ユニス
5位:ノーム

正妻ズを差し押さえて「獣の魔王」がトップ!
普通に異常なことやってのけるそのスタイルが大好きです!



そして!!

完!と冒頭で書きましたが、大人気によりまさかの続刊が刊行!
嬉しい。超嬉しい。


孤独だった老人が、魔王となり、賑やかな毎日を過ごす。
そんな”平和”が願わくば彼の望むままに続きますように。



以上!

魔王の始め方 3 (ビギニングノベルズ)
笑うヤカン
キルタイムコミュニケーション (2015-10-30)
売り上げランキング: 18,960

今日のラノベ!

魔王の始め方2

ビギニングノベルズより
『魔王の始め方 2』です。


【あらすじ】

フィグリア王国を手に入れ、魔王と名乗りはじめたオウル。次なるターゲットは大国グランディエラ。ユニスの父である英雄王ウォルフディールが治める強国にオウルはどう立ち向かう!?オウルの知られざる過去、ユニスと兄の決死のバトル、愛深きゆえに師匠を取り込もうとする魔術師…。前作を上回る熱くてハードな展開の数々!異色のダークファンタジー、第二弾!


感想:★★★★★

読んだの自体は1年前なんですけどね?
4巻読んでたらそれまでの内容がだいぶおぼろげだったので、記憶の掘り起こし的な意味も込めて書いてなかった感想を書こうと思い立ったわけであります。



1巻で受けた「オウル=完璧」っていうイメージが良い意味で崩れました。

オウル崩しの最初は、ユニスの死。

「……えっ、蘇生しないの?」

って素でびっくりしたのはよく覚えています…。
ユニスが”英雄”であるということがこれほどの意味を持つとは……今思えば考えておくべきでしたね。
そもそもユニスがオウルの下に残ると決めるまでの流れで、英雄のままならなさをオウルが語っていたんだから。



次にスピナの…暴走?
愛の?

ユニスの魂を取り戻すべく「絶対に攻め込まない」とかつて宣言していた宗教国家ラファニスへ攻め込むことを決めたオウルの判断を、オウルを案ずるが故に反対し、失踪し、スライムになり、オウルと文字どおり一体化。
白アールヴ調教後のマリーの失踪報告を聞いたときは読んでいて軽くパニックになったけど、こうして結末を見るとなんともスピナらしいなぁ、と。
人気が凄まじいCOMICS1巻でも描かれていた媚薬スライム事件と、動機が何も変わってない。

スライムという狭い領域においてのみオウルを凌駕するスピナ。
オウルの絶対的強者というイメージが崩れ落ちた瞬間ですね。




そして弟子の暴走に屈しかけたオウルを救ったのが、最後のオウル崩し・リル!
というかラズ!

「魂」っていう2巻のキーワードがここでも生きていました。
いやぁ……、今までも正妻してたけど、そんな結びつき見せられちゃったら…ねぇ?

スピナのところであわや崩れ去った絶対的強者というイメージが、このあたりで早くも復活。
「オウル個人」ではなく、その配下を含める形でですが。
……配下全体でのイメージがつくのは3巻になるのかな?
とりあえずその先陣を切ったのが今巻のリルだったかなぁ、っていうことで。






で、皆さん気になって仕方がないであろうHシーンですが。

個人的なお気に入りは、ノームとの最初の取引、書き下ろし閑話での再びのノーム……ですね!
……つまりノームだよっ!!

白アールヴのセレスとかロリリル(言いにくい)とかも良かったですがもちろんファロも。
なんかノームの割り切ってるスタイルがハマりましたね。
商魂逞しい女の子は見ていて飽きないです。



4巻読んでいるということは3巻ももちろん読了済。
ということで、なるべく早いうちに3巻の感想も書きたいところです…。
昔読んだ本の記憶を探り探り書く感想というのも中々面白いんですが、考察薄めになるのはちょっと気がかり…。



以上!

魔王の始め方 2 (ビギニングノベルズ)
笑うヤカン
キルタイムコミュニケーション (2015-06-12)
売り上げランキング: 6,940

どもー。
デスカイザーです。

FGOコラボは『空の境界』でしたね!
自社コラボ云々以前に『空の境界』についてほとんど何も知らないんですよね…。
なので……うん。
ガチャあんまり引かなくて済みそうで良かった!ということで。



んじゃ、今日のラノベ!

魔王の始め方 1 (ビギニングノベルズ) 

ビギニングノベルズより
『魔王の始め方 1』です。


【あらすじ】

ただ一人、黙々と地下道を掘り続ける老人。その姿が突如ぎらぎらと双眸を輝かす若者へと変貌する。―彼の名はオウル。人生をかけた研究の末、ついに“魔王”となるべき資格を得たのだ!手始めにサキュバスの美女、リルと契約すると、彼は自らの国土となる広大なダンジョンの創造へと乗り出していく!人間不信の魔王が世界に挑む、ダークファンタジー&ハーレムロマンここに開幕!


感想:★★★★★

出たのも読んだのも1年前ですが、コミック版発売記念っていうのと、「別にR18作品でも無いからいいか」という今更な判断で今日このタイミングで感想書くことにしました!


最初に言っておきたいのは、この作品はただエロ小説の枠に押し込めちゃいけないってこと。
エロいよ?
試し読みの段階でサキュバスのリルが既にマックスエロいよ?
でも、それだけじゃない。

「エロのためのファンタジー」ではなくて、ちゃんと「ファンタジーの中のエロ」と言えるだけの物語の濃さがあります!


まず引き込まれたのがオウルの近隣の村への支配体制。
要求するものはしっかり要求してるからそこだけ切り取って見れば圧政になるけど、しっかり保護・育成している部分とかユニスをけしかけた村に罰を与えたことなんかを見ると凄く良い統治じゃないか!と。

そう考えると、ユニスをけしかけた村があったこと自体がこのあたりのシーンの厚みを増してくれてますね。
「逆らったらこうなる」っていう部分でオウルの残虐性・約束への誠実性が見えてくるっていうのと、無条件で代償を払うことを受け入れるのみでは無かったって点では「支配されている側も生きている」っていう当たり前だけどこういう支配ものだと読んでて忘れがちな点をすり込んでくれたっていう点で。



次に人の心の扱い方がうまいところ!
特に後半のアラン遊撃隊編で顕著だったんだけど、まぁ人を屈服させるまでの持っていきかたが素晴らしい!
方法はもちろんのことエッチぃことなんだけど、そこに仲間を思いやる心とか罪悪感とか正義の心とかをうまく絡めることでその効率を格段にアップさせてるその内容が恐ろしくスムーズで容赦ない。
「人はこうしたらこう考える」っていう、言ってしまえば心理学に近いところをうまく取り入れてましたね。

ヒロイン側とオウル側両方に感情移入しすぎちゃったせいで、ここ読んだ後の放心具合がすごかったのは嬉しい悲鳴…



あと、オウルが老成されてるおかげで物語が浮つかないっていうのも魅力。
表紙を見てみてくださいよ!
この……野心に満ち溢れながらも達観が含まれた眼差しの鋭さ。
これと相対するのは勘弁願いたいよね……
自分の考えていること完璧に見透かされそう、というか事実見透かされるよねこれ。








あと、


エロい







1巻の好きなシーンはなんといっても冒頭のリル。
というか3巻まで通しても一番好きなシーンがここですね。

Amazonのお薦め本メールでこの本の存在知って、ビギニングノベルズ創刊を知って、試し読みでこのシーン読んで。
凄い衝撃受けたんですよね。
今までもこういう系列のネット小説はいくつか読んでたけど、ここまでエロくて、かつ統治系ファンタジーとしての物語の下地がしっかりしてる作品が初めてだったので。
あれから1年経ったわけだけど、同じ系統の作品ではそれ以上のものには出会えてないですし。




こればかりは心の底から思います。


出会いに、感謝




以上!

↑このページのトップヘ