デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ:その他のレーベル > ノベルゼロ

ほいほいほーい!!

今日のラノベ!


父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ

ノベルゼロより
『父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ』です。



【あらすじ】

デスゲームは誰もが参加を渇望する一大エンタテインメントとなっていた。これは革新的で刺激的なデスゲームを次々と発表し、卓越した運営手腕と恐るべき強運で数々の危機を乗り切る中間管理職・黒崎鋭司の物語だ。上司の無茶ぶり、部下の期待、市場のニーズには応え続けなければならない。時には同業他社や参加者から恨みを買い、巨乳の美人部下から尊敬以上の愛情を向けられても、決して動じてはならない。なぜなら、愛する妻子の生活がかかっているから。そう―父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ。



感想:★★★★☆


これは発想の勝ち!



少年エースにて連載中の、同名作品のノベライズ。
原作・漫画タッグでのライトノベルというと、『政宗くんのリベンジ』や『終わりのセラフ』など人気作がたくさんありますが、この作品はそれらに続く作品となるのかというところ。
十分そのポテンシャルはあると思いますが、あとは世間に受け入れられるかでしょうか……?



読み始めてすぐに、






デスゲーム産業!?
どういうことなの!?







と、当然のように思いましたが、
人口とか賞金の出処とか倫理観とか事後処理とか、割と早い段階でそういった細かいことを気にするのをやめて「そういうもの」だと受け入れることにしました。
「テーマの特異性に反して、企業戦士としての黒崎の姿からは学ぶことがたくさんありそうだぞ?!」というほうに気を囚われたとも言う。

恐らく社会の中での扱いは某カイジほど闇社会の産業というわけではなく、一昔前あるいは現在のパチンコ産業に近いものです。
合法だけど後ろめたさがあるアミューズメント枠です。
あれです、入社早々に風適法学ばないといけないやつですよ。




風適法はともかく。

黒崎の人間性がとても魅力的でした!!
家族のことも仕事のことも、どちらも捨てず、そしてどちらからも高い満足度を得られるよう立ち回っているように見えて素敵だと思いました。
仕事って、それ自体に真剣に取り組まなければならないのは当然なんですが、それ以上にその仕事の先に何が待っているのかが大事なのかもしれません。
いわゆるモチベーションですね。
「あれを買いたい」「あそこに行ってみたい」、そして「あの子の笑顔が見たい」。
そのような目標を自然に設定し、それに向かって励めることが凄いです。
尊敬。
そん&けいです。



序盤読んだ段階で
「愛する娘 or 嫁がデスゲームに参加し、それを運営側からバレないようにサポートしたが(エピローグで)バレて、作品名セリフで締め」
という結末を予想しましたが、全然そんな展開ではなく、部下を想い怒れる黒崎の姿がとても眩しかったです。
わたしのこころはけがれている。





残りは読書メモにて!




~memo~


10p:うん、開幕から狂ってるなこれ!
⇒やっぱりですね、最初はこうなりますよね……。
だって、デスゲームですよ、デスゲーム。
死んじゃうゲーム!
ある意味古代ローマの剣闘士のような感覚なんでしょうか?
……あっ、そう考えると結構理解できるかも。


17p:乳!
⇒でっけぇおっぺぇだな!!!



45p:信頼の上のハッタリ
⇒黒崎のハッタリは、それ以前に獲得した信頼を担保としたもの。
そして、これが出来る人っていうのは人生で得をする……というのがdeskyzerの持論です。
まぁ、なんといいますか。
もっと単純に言えば、ファーストインプレッション(あるいはそれに近い初期)の段階で「出来る人」と分類される事が大事だというものです。

「出来る人」に分類された人は、些細なことで褒められ、多少のミスは「あれ?珍しいじゃん」で済むんですよ。
でも「出来ない人」に分類されたら、特別に褒められることは少なく、多少のミスでも「またお前か……」と言われてしまうんです。
今作で言ったら「出来る人」は黒崎や山羊山さん、「出来ない人」は伊藤ですね。
実際仕事があまり出来ていないというのが何とも庇いづらいんですが、それでも第三話での伊藤に対しての黒崎のような、畏怖ではなく信頼でやる気を出させようとすることができる上司になりたいものです。

……薄々感じていましたが、今日の感想ちょっとブレ気味?



53p:ごまめんモン、愛々娘
⇒サーモンをめんつゆとごま油で漬け込んで1晩置く「ごまめんモン」はいずれ作るとして。
愛々娘という日本酒、存在するのかと思って調べたら……ヒットしませんでした!!
架空だったか…!!
……待て何だこのビキニ娘って日本酒!?



60p:デスゲーム知識 #とは
⇒正しいデスゲーム知識って、何なんでしょうね……
ルールを守って人を殺す…………
うん、やっぱりこういうところで引っかかっちゃうのがにゃぁ……



61p:天網恢恢疎にして漏らさず
⇒天の張る網の目は荒いが、悪人は決して漏らさない。
悪には必ずバツが与えられる、という意味の言葉ですね。
……今調べて初めて意味を知ったのですよ。
言葉そのものは知っていたけれど。



83p:デス通
⇒大丈夫!デス通の攻略本だよ!



190p:本名……
⇒思いっきり本名晒されてるけど、大丈夫なんでしょうか?
デスゲーム運営会社の人の顔写真は危険だからと撮らないようにしているのに、本名は思いっきり公開しちゃって……。
ついでに嫁さん娘さんがググっちゃったら一発アウトな気がします。
あるいは専門誌をたまたま見ちゃったら。
あとこのシーン、ちゃんと仮面付けてます……よね?
じゃないと……ね?



218p
⇒名誉毀損とか、産業スパイとかその辺りの倫理観は残ってるんだよなぁ……



257p:孤島好きだな!?



264p:因果応報じゃねぇか!?
⇒びっくりした!
びっくりするほど本人のせいでそれを本人も自覚した上で逆恨みしててびっくりした!!

ある意味衣笠くらいクズい人間こそが「デスゲーム運営」と聞いた時にパッと浮かぶ人間かもしれません。
でも明らかに良い業績を出しているのは黒崎たちの会社。
となると、やっぱりどんな仕事でも真摯に取り組まなければならないという結論が浮かんできますね。
おしごと、頑張ろー!




~memo~


書き残したことがあるはずなんですが、思い出せそうにないので一旦ここまでです。
思い出したら追記します!
ちょっともう眠くてだめじゃ。







以上!


父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ (Novel 0)
みかみてれん
KADOKAWA (2018-02-15)
売り上げランキング: 17,831

どもー。
デスカイザーです。



竜と正義 人魔調停局 捜査File.01 (NOVEL0) 

NOVEL0より
『竜と正義 人魔調停局捜査File.01』です。


【あらすじ】

血霧と硝煙に覆われた任務の果てで彼らが正対するのは、魔物の本能か、それとも人間の業か。人間と魔物が共存する現代。人魔社会の平和維持のため、調停局の新人実働官ライルは今日も事件と、上司であるオーロッドの叱責と戦っている。第9回MF文庫J新人賞・最優秀賞受賞作が加筆修正、完全版として登場。


感想:★★★★☆

「新しいヒーローを」というレーベルコンセプトに合致した、良い作品でした。


あらすじにもあるとおり、MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作の加筆修正版。
MF文庫Jでは『MONSTER DAYS』というタイトルで刊行されているようです。
近々買って読み比べてみるつもりですのでお楽しみに(?)



世界観としては、人と魔族が共存している世界。
とはいえやはりどんな世界でも、”混ざりもの”を排除しようとする組織はあるわけで。
そんな人類至上主義団体と主人公属する人魔調停局、そして人類社会に新たに加入しようとしている”竜羽の里”の3つの組織の思惑が絡み、一人の竜のお姫様の運命が弄ばれるお話。


魔族の排斥を許せない主人公・ライルは、竜のお姫様・クーベルネを守るため、同僚のアルミスと共に数々の難局を乗り越えていくわけですが…。

如何せん、ライルが弱い。


というのも、

ライル=人
クーベルネ=竜
アルミス=ユニコーン
敵=マンティコアとかアホみたいに強い化物魔族とか

っていう状態なんですよね。
魔族は基本的に普段は人形態、戦闘などでは魔物形態、っていう使い分けがあるんですが、元来持っている魔物の性質(鱗持ち=防御力、爪=攻撃力、ユニコーン=回復みたいな)はパッシヴスキル判定。
要するに、普通にしてたら人が魔物に勝てる道理が無いんですよね!
そこをアルミスとの共闘と知恵でなんとかするのが今作の見所でもあるんですが、さすがにライルが大怪我負いすぎて臨場感を味わう以前に心配になる…。

「鍛えてるから骨が折れても動ける!」の感覚がよく分からないんですよね…。
これは戦闘入る作品だと大体どれにも言えることなんですが。


それが絆の力なのか……






お話の結末、クーベルネをめぐって何が起こっていたのか/誰が黒幕だったのか、については概ね予想通りだったので評価は辛め。
概ね、に含まれない部分は主に人類側の組織が一体どれがどれなのか読み終わった今も把握できてないっていうところですね。
司法局とか軍とか調停局とか大統領とか、ろくな説明もなくポンポン出てくるんですもん…。
苦手なのよ…こういう組織を覚えるの…



1巻にしては主人公が死にかけすぎてるしパワーインフレ(主に敵の)も凄まじいんだけど、これ2巻で何やるの?
主人公の葬儀?

いや、ほんとライル、死ぬなよ?




以上!

どもー。
デスカイザーです。


就活って予想以上に忙しいですね……
十分な準備をしていなかったというのもありますが…。
とにかく予定立てるのと調べ物するので手一杯!
……と言い切るには間に読書なりFGOなりやってるけど。



んじゃ、今日のラノベ!

皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ‐ A Tale of Armour ‐ (NOVEL0) 

ノベルゼロより
『皿の上の聖騎士1 A Tale of Armour』です。


【あらすじ】

フィッシュバーン家には伝説がある。大平原“大陸の皿”を統べる大国レーヴァテインがまだ皿の中の小さな辺境国にすぎなかった頃、ご先祖様が大陸中の霊獣を訪ね歩いて防具を授かり、集まったそれらは一着の聖なる甲胄と成った。―それが全ての始まりだった。伝説の甲胄が纏われた瞬間、新たな神話が開闢る。


感想:★★★★☆


ノベルゼロ創刊っ!!


「ヒーローを見て育ってきた世代に新たなヒーローを」

みたいなコンセプトのレーベルで、最近流行りのラノベと一般図書の中間レーベルですね。
帯を外すと普通の本に見えるように工夫されているためより手にとりやすくなっていることと、文字が大きいメディアワークスと違って一般的なラノベと同じ文字の大きさというのが特徴ですかね。
表紙の手触りも厚紙みたいで気持ちいいです。
厚紙みたいという例えは明らかに何か間違えている気がするけど、大体そんな感じのザラザラしつつも手になじむ感じのあれです。はい。



さて。
そんな新レーベル1発目として選んだのは『聖剣の刀鍛冶』の著者・三浦勇雄先生の作品。


序盤のストーリーをコナン風にやると…、


フィッシュバーン家に伝わる伝説の甲冑。
”聖母”の生まれ変わりという表現が言い過ぎでないほどの美しさをもったフィッシュバーン家のブラコン姉・アシュリーは、成人の儀と共にその甲冑をまとう儀式を執り行うこととなった。
王やその側近、そしてアシュリーの弟であるアイザックというごくわずかな者たちが見守るなか甲冑を身にまとったアシュリーは…

気がついたら体がバラバラになっていた!
(これがやりたかっただけ)

バラバラになった甲冑とアシュリーの肉体は幼い幻獣に姿を変え、大陸中へ…。
なんとか頭=ヒュドラ部分だけを確保してその場から逃げるアイザックの運命は…!?




そんなこんなでアイザックと蛇になったアシュリー、そして幻獣ドラゴンと人とのハーフであるイザドラの3人が100年越しの幻獣の恋心を相手に、体を取り戻す命懸けの旅をする物語です。





まぁ、何が問題かって幻獣のスケールがね?

ドラゴンは山と見紛うほど、ヒュドラもそれに負けず劣らず、グリフィンはそこまで巨大というわけではないものの…グリズリーくらい?の大きさで刃を通さない皮膚と爪の延長線上をウォーターカッターかよ!っていうくらいの滑らかさと鋭さで両断する必殺技持ち。

それに立ち向かうのが一応サッキュバスの血を継いでいるから治癒力が少し高めなだけのアイザックと、ヒュドラの能力〈千里眼〉を使えるだけの戦闘力がない白蛇と、ドラゴンの怪力とか硬さ等々をスケールダウンして受け継いでいるイザドラ。



いやぁ…これは……。





そういう力関係でいかに「払える犠牲」で乗り越えるか、っていうのがこの作品のポイントになりそうですね。
逆にいえば命とか仲間みたいな「払えない犠牲」以外は何でもやる、っていうことですが。
大丈夫。腕の1本2本だったら問題ない。



基本的にみんなボロボロになっていくし状況的にもどんどん追い詰められていくけど、そんな中でも奏でられる姉弟の会話のハーモニーが作品の雰囲気を暗くしすぎない役割を担っていて良かったと思います。
アシュリーのアイザックの呼び方が「アイザック」という名前呼びじゃなくて、「弟よ」なんだけど、これで焦って叫ぶときの「弟よおおおおおお!?」が好きですね。
名前呼びよりも愛に溢れてる感じがする。



今後も楽しみ。




「トール?アイザック達、遺体、集める、敵対?」
「いいかチャイカ、あいつらが集めてるのはガズ皇帝のじゃねえ。
ついでに言うなら死んでないから遺体ですらないからな?」
「いくら兄様でもうら若き乙女の脚部を集める趣味があるとは思わなんだ…」
「だから集めないって言ってるよな!?」





以上!

↑このページのトップヘ