デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: ただの日記

どもー。
デスカイザーです。


ここ最近話題になっている「ラノベの主人公は努力しちゃいけない」発言についての記事です。
最初はTwitterで呟いて終わらせようと思っていたんですが、長くなりそうだったのでこちらでまとめておくことにします。

ラノベ読者の一人として、私はこういうことを思っているんだぞー!
というのを残しておきたかった、という(当ブログでは毎度のことですが)どちらかというと発信よりも記録に近い記事なのであしからず。


大元の記事はこちら!

……と言いたいんですが、元記事がリンクフリーじゃないらしいので、
「ラノベ 努力 社長」
あたりで検索していただけますと幸いです。




元の話はどうやら「人工知能は人間関係を破壊していくのでは」ということらしいです。
それこそラノベで散々語られている分野ですね。
『SAO』のアインクラッド編及びプログレッシブとアリシゼーション編では特に痛烈に明確に描かれていますので、このテーマに興味をもった方は是非是非読んでみてください♪



まずは、一番問題になっているところからいきましょうか。


「ラノベの主人公は努力をしちゃいけない、それは読者が自己投影できないからだ」という趣旨の発言。
これ、断定しちゃってるから問題なんですよね。


そういう嗜好の層が一定数(それも圧倒的少数というわけじゃなく)いるのは間違い無いと思います。
ただ、それがあたかも圧倒的多数であるかのように、そうじゃないとヒットしないかのように言っているからこれだけ叩かれているんであって。



それと「ヒロインは都合よくやってくる。超能力は勝手に身についている」という趣旨の発言。
「都合よく」と「勝手に」の部分じゃないでしょうか、問題は。

そりゃ例えば異世界転生ものならスキルの1つや2つや100個200個、ヒロインの1人や2人や1パーティが最初に転生条件として与えられることが多いですよ?
そうじゃなくても物語のスタート地点で主人公に好意を寄せてる幼馴染とか妹とか姉とか転校生がいたり、格闘術おさめてたり頭良かったりチートレベルの能力持っていたりしますよ?


主人公が苦悩する、失敗する、仲間が落ち込む、誰かに嫌われてしまう、誰かが傷つけられそうになる、etc…
それらに対応するために知謀を巡らせる、折り合いをつける、行動する、仲間と協力していくことも”努力”と呼ぶんじゃないでしょうか。
そして、その結果感謝され、達成感を味わい、結束し、絆を深め、成長していくことがラノベの醍醐味の一つなんじゃないでしょうか。

どんなに売れない作品だとしても、それが物語として成立している限りは何かしらの山場と、それを越えるための努力・奮闘と、それに伴う結果があります。
これだけは間違い無いです。
それを初期設定の優劣のみで判断し、展開や過程を一切考慮せずご都合主義だと断ずる。
「なーーんも努力してない設定じゃないと売れない」というインタビュアーの問いにYESを返す。



それを出版側が行っているのが、許せませんでした。






で、それとは別に「そもそも論」なんですが。


社会が、価値観がバラバラになってきた!
趣味が多様化してきた!

⇒売れるラノベには絶対の法則があるんです!
主人公に都合の良い物語であることです!



……?!


これが「売れるラノベに法則性が無くなってきたんです」だったら、そのあとの「都合の良いメディアを選択するようになり、自分に都合の良い情報しか得なくなる」という方向にも価値観の多様化という方向から繋がるんですが……。
「自分に都合の情報を選ぶ」という価値観に統一されちゃってるじゃないですか……。


あと、

努力してない主人公しか受け入れてもらえない!
今の読者は主人公が努力していると気後れしてしまう!
ヒロインも何もいつの間にか勝手に!

⇒いくら仲間内でも人間関係って疲れるよね!
それを維持するために努力してるよね!



……なぜその考えを
     ラノベに適用できなかったっっ!!



と、まぁ本人の発言の中で食い違いが発生しているように思われる部分がいくつかあるんですよね…。
努力うんぬんに関しても上述のように気づいていないだけで本人が答えを導き出しているわけですし。



問題のインタビューに関して私が感じたのは概ね以上ですね。




まぁ、でもですよ。
社会の価値観がバラバラになっている、という前提条件が覆らない限りラノベ市場の多様さが損なわれることは無いと思うので、ある意味安心といえば安心ですね。
(絶対の法則、とやらがどこまで真実味帯びているかにもよる…?)




眠くて着地点がふわふわしてますが、ここら辺で。


以上!

どもー!
デスカイザーです!

コミックマーケット90終了です!
参加された皆様、お疲れ様でした!



Twitterでもガンガン呟いていましたが、私も3日間とも始発で(ここ重要)参加してきました!


今回は西館がイレギュラーでしたね〜
企業ブースは東京オリンピックに向けた工事のため3日目は無し、さらに西4ではなく西1・2ホールでの開催でした。

そしてその西4ホールで初日に降臨したのが"風の神"こと西川貴教さん!
"ラスボス"小林幸子と同じく今回も長蛇の列でした……
私は企業ブースを回っていたので入場する際にしか列を見てないんですが、それでも凄かったです……

あと企業では私自身巻き込まれたんですが、開始10分でのTYPE-MOONの列形成中止がですね……
結局30分程で列形成再開したんですが、コミケはその30分が致命的。
結果的に私は企業を一度捨て東館の同人ブースに参加していた作家先生方のもとを訪れていたのでTYPE-MOON列に戻ることは叶わず。

ある意味そのおかげで「ラノベこそ我が人生」という原点回帰ができたので良かったんですが……FGOの人気からして列がああなるのは予想できなかったのか、それともスペースが最初確保できていなかったのか。
それだけ気になりますね。


1日目レポートはそんな感じですかねー。

2日目は開始30分ほどで離脱できるほどサクサク済んだので割愛

3日目は……人多かったですねー!
(東京テレポート発のりんかい線を除いて)電車最速到着であるはずの豊洲始発ゆりかもめ乗ったのに列番号3-1ですよ!?
1番号あたり400人とかだとしたら4000人後半代の人が既にいるんですよ??
…………そのうちの何人が徹夜・深夜勢なんでしょうねぇ……

とあるサークルの列に並んでいた時に前でしゃべっていた人が「私は深夜というか0時くらいから並んでいたんですよー」とか言ってて口を挟みかけたのは秘密。
何しれっとルール違反を自慢してるんですか?!(ここで叫ぶ)



眠い頭で浮かんでくるコミケの主な内容はそんな感じでした。
あと個人的には3日間とも始発だったんだけど、その分睡眠時間が慣れない3時間とか4.5時間くらいだったのがつらかったです。
体力的にも精神的にもつらかったです……

最終日に競歩してたら左脛に鈍い痛みが走ったことをはじめとして、栄養失調やカロリー不足が原因とも取れることもいくつか経験しました。

食事と睡眠は本当に大事!




こんな感じでしたー!
……ということで寝落ちの波が近づいてきたのでここらで終わりに。
コミケでお話してくださった方や聞く余裕がある方。そしてそして先生方、スタッフの皆様


本当に本当にありがとうございました!


以上

どもー。
デスカイザーです。


講談社ラノベ文庫の複製原画プレゼントに当選しました!!


image


『チートな魔王の道具屋は、今日もJKJCが働かない!?』の1巻イラスト。
澄守先生のサインと、実名入り。


これは、本気で、家宝です!


なぜこの作品を選んだかというと……まぁ好きだからですが(汗)
アニメ化してる作品だったり長続きしてる作品とも悩んだんですが、これ応募するときに「ラノベ文庫といえば?」と考えてパッと浮かんだのがこの作品だった……んじゃないかと(おぼろげな記憶)。



今後もラノベ文庫を全力でプッシュしていきますよー!



以上!

どもー。
デスカイザーです。


昨日の記事の続きで、就活の思い出を書き連ねていきたいと思います。
……べ、別に体調崩したりアプリ熱高まったりエロゲ熱高まったりしたせいで全然ラノベ読めてないわけじゃないんだからねっ!



◎3月中旬:リクナビ、マイナビ主催の合説へ!

in 幕張メッセ
5年前くらいのモンハンフェス以来とかですよ。行ったの。

自分を見失いかけてたので、この時は事前にチェックして興味持ってた企業はもちろん、その場で声をかけられて飛び込みで説明を聞く、なんてこともたくさんしてました。
私が内定いただいた企業とのファーストコンタクトも、幕張メッセでの合説でした。


人事の方と2時間近く話し込んでな?



大体どの企業でも(たとえマンツーマンだとしても)1ブース10~20分くらいが平均的な時間ということをふまえると、2時間というのがいかに異様な数字かが分かると思います(笑)
複数の内定の中から企業を絞らなければならなくなった時、最後の決め手になったのはこの合説での経験。

私と全く同じ経験をすることは中々無いとは思うけど、第一印象を決定づける出会いの場だから、馬鹿にせずちゃんと行くべき。

……余談だけど、他大学の就活生の実態を初めて目にしたのもこの場。

座る時は前から詰めて
ちゃんと挨拶する
姿勢よく座る
パンフ等をいただく時は両手で受け取る
逆に渡すときも両手で渡す


「自分を売り込む場」だという自覚を持っていたら絶対にやるであろうことをしない人がたくさんいました…。
正直、「就活生って……こんなもの?」と思わざるを得ないような光景でした。
今これを読んでいて、これから就活する方、もしくは就活じゃなくても何かしらかしこまった場に出る機会がある方。
頼むから、自分の評価をむやみに下げるようなマナー違反はしないで…!



◎個別説明会

合説経由、あるいはリクナビ等からの申し込みで予約した企業個別説明会。
私の場合は3月中旬から始まり、ほぼ毎日、時には1日で2社まわることもありました。
この時期が一番楽しかったですね。
企業の中に踏み込んだ説明を聞ける機会なんて就活をのぞいたらほとんど無いですし、何より首都圏近郊を歩き回れたのが嬉しかったです。
好奇心の塊ことdeskyzerが人生で最も生き生きしていた時期です。

そして!
就活の時のお昼ごはんといえば!
 #今日の立ち食い蕎麦
のタグでお馴染み、立ち食い蕎麦めぐり!

約2ヶ月で30食以上食べましたね~。
語りすぎるとまた長文になるので、ランキングとかはまた別の機会に書きたいと思います。
……それまでにもう少し食べたい。



就活の話に戻りますが、個別説明会に参加したことの最大の意義は好奇心が満たせた事……ではなく、マナーをしっかりし続けることの練習ができたことじゃないかな、と思います。
1回の説明会が2時間から長くて4時間なんてことも。
その中で100%ピッチリ背筋伸ばし続けるなんてことは無理で…(汗)
持久走と同じく70%~90%くらいをうまく調節しながら維持する、という経験はこんな機会が無いとなかなかできないですからね。
頷く、表情を状況に合わせて変える、目線を逸らさない、のような頭で分かってはいることもやり続けるのは難しかったですね…。
それでもやろうという意識を持って取り組み続けられたのは良かったかなぁ、と思います。
(そしてやっぱりいるんですよねぇ……浅く座って背もたれよっかかるような人も…)


◎選考

3月下旬くらいからは、説明会と並行して選考もスタート!

まず選考に持っていく履歴書に苦労しましたね…。

自分を良く見せるのか、それともありのままの自分を見せるのか。

悩んだ結果、分を取り繕って就活早く終わらせるより、ありのままの自分を採用してくれる企業を気長に探したほうが将来的に悩むことが無いんじゃないか」という考えに落ち着いたので、ありのまま書きましたし、面接でもありのまま喋りました。

ラノベ!
カラオケ!
アルバイト!
学習!


…本当に、よく内定出たよなこれ……

まぁ、でも面接で大事なのは「何をしたか」ではなくて「そこから何を得たのか」だというのは良く耳にするし目にしますね。
それを自然体で話すことができたから、内定を取れたんじゃないかと勝手に分析しております(笑)

……自然体、大事よ?
面接での自己PRとか志望理由を丸覚えで話す人の話は、就活前の学内セミナーで笑い話として(反面教師として)聞いていたんだけど、4回やったグループ面接のほとんどの参加者がこの丸覚えな話し方でした。
すごく、不自然。

「だって何を話すか事前に考えないと何を言ったら分からないじゃん!」

……ごもっとも。
なので骨組みだけはしておいて、肉付けはその場でやる。
日常的に誰かと会話するときも、話の種に目星をつけておくことはしたとしても、その一言一句までは考えないでしょ?
同じことよ。


面接は自分を売り込むという
      特殊な目的でする”会話”


それを忘れなければ、あとは純粋な企業との相性勝負にもっていけます!





そんなこんなで選考が進み、4月の末頃に例の合説で話し込んだ企業から内定をいただき、5月中旬にさらにもうひとつ内定をいただきました!
そしてそして、悩みぬき、入社承諾書を提出。
内定辞退の連絡をもう片方にし、本日、就活が、終わりました。

思い出してください。
6/1、選考スタートの日です。
まるで皮肉るかのように、今日終わらせることができ、とても嬉しいです(暗い笑み)



私物のブログとはいえ、思いっきり私物化した記事を連続投稿してしまい申し訳ありませんでした!
次の更新はおそらく…おそらくラノベの感想をちゃんとお届けできると思いますのでお待ちください…!




以上!

↑このページのトップヘ