デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 電撃文庫

どもー。
デスカイザーです。



幸せを態度で示すと言われ、パンパンと手を叩くのはなぜなのか。
童謡って奥が深い…。



今日のラノベ!

賭博師は祈らない

電撃文庫より
『賭博師は祈らない』です。


【あらすじ】

十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。―それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想い通わせていくが…。やがて訪れるのは二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。第23回電撃小説大賞・金賞受賞作!



感想:★★★★★

今年の電撃小説大賞もすごいのが出てきましたねー!
今のところ2017年で一番面白いと思った作品です。




いつも小金だけ稼いでいくというスタイルから「ペニー・カインド」のあだ名を持つ賭博師・ラザルスと、「大勝ちする」という失敗を帳消しにするために賭場から購入した奴隷で喉を焼かれている少女・リーラの物語。

良いと思ったポイントは、
①リアリティ
②口癖
③ジョン
④コイン
の4点ですね。



①リアリティは間違いなく狙って作られたもので、ついついラザルスという賭博師が実在して有名な記録が残っていると錯覚してしまうほどの精度。
あとがきにもある通りジョンやフランセスのような実在した人物を多少手を加えて登場させているという点はもちろん、メイド服の興りやテムズ川の汚染状況のような民俗学や地理歴史に分類される点においても非常に優れています。

その一方で時折入る作品世界の時間軸以降の情報が、この作品がフィクションであることを思い出させてくれました。
263pのヴァンテアンという賭博のことを説明する「フランスで生まれたこの賭博は十九世紀に入り急速にイギリス国内で広がりを見せ、二十世紀初頭になってアメリカで名前がこう変わった。ブラックジャックである。」という文章が良い例ですね。

ラザルスへの過度な感情移入は防ぎつつ、一方で作品世界にはどっぷり浸からせる。
読者を賭場の観戦者にするような表現だな、と感じました。




②ラザルスの口癖「どうでもいい」。
一言なのに、対応するシチュエーションにより存外多くの情報をくれる言葉ですね…。
108pで知った知り合いの賭博師の死の前後では重みが全く違うものになりますし、苦笑いしながらだったり吐き捨てるようにだったり言い方を変えれば事細かに描写するよりも分かりやすく感情が分かりますし。

さらに、「どうでもいい」と言いながらも実はしっかり考えているということ自体が、ラザルスをより賭博師らしくしているような気がします。
ポーカーフェイスのためのルーティーンのような。
興味ない風を装いながら計算することで相手を出し抜くような。

『C3 -シーキューブ-』のいんちょーさんの口癖「馬鹿げている」に似たものを感じます。
あちらも感情表現を含めていて、策士のようなところもあるので。



③ジョンがカッコ良すぎるんですよっ!!!!
脳も筋肉で出来ている系のキャラかと思いきや、性格イケメンだし要所で物凄く良い事言うし!
特に250p、攫われたリーナをダラダラ言い訳並べて取り戻しに行く決心を固めないラザルスに対して放った「お前がやりたいという以上に、やるべき理由が必要か!」の一言。
響きます……。

考えてみれば、拳闘を衰退させないために暗黙の了解以外のルールを制定しようとし、そのためにはと不利を承知で自分が勝手にそのルールに従って闘うような人。
他人を想い、自分を発露することことそが彼の人生
もしかしなくても作中で最もまともな人間はジョンなのかもしれません…。




④Twitterで大絶賛すると宣言した理由であるコインの仕掛け。
200pくらいまで読んだところで「ラザルスのコインが両面とも表で、それがオチだったらどんなに痺れるだろう」と想像していたんですよ。
賭博師ならイカサマ用の小道具(四五六賽みたいな)は誰でも持っているとか、コインを見た神父さんが微妙な表情をしたとか、それまでのコイントスが全部表だったとか、フラグはあったので。

そしたら本当に両面表だったし、最後の最後337pで明かされたし、何より「リーラに関する選択肢を提示した後、リーラにコインを手渡し、仕掛けに気づいたリーラが喜ぶ」という想像していた中で一番望んでいたものだったし!!!
フラグに気づいていなかったらもう1度読み返したくなること間違い無しな仕掛けでした!

種明かしの時にラザルスが言っていた「困ったときにやるべき事は、いつもあらかじめ決まっているのさ」というセリフはこれだけでも痺れますが、同じセリフを冒頭16pでコイントスする際にも言っているということがまた痺れに拍車をかけます。
賭博師の必須三箇条、勝たない・負けないに続く『祈らない』の由来ともとれますし。
状況的に「リーラを買う」ではなく「奴隷を買う」なんだけど、ラザルスがこういう仕掛けをやっていたから2人が出会ったわけですし。
教会でも救出前でも旅行前でも、リーラに関することでコイントスする時、ラザルスは既にリーラを自分の元に置いておくことを決めていたと言うことですよ?
萌えるなというほうが無理だ!




そんなこんなで色んな要素が混じり合い、取り憑かれたように読んでしまう作品でした。
上に挙げた以外にもリーラが声を出せないということを最大限に生かした展開だったり、ニリツ先生の美麗でシーンに合った雰囲気を使い分けたイラストだったりも引き込まれた理由でしょう。

周藤蓮先生、今後要チェックですね。




以上!


賭博師は祈らない (電撃文庫)
周藤 蓮
KADOKAWA (2017-03-10)
売り上げランキング: 1,805

どもー。
デスカイザーです。


SAO「オーディナル・スケール」昨日見てきました!
メインキャラ総出演でオリジナルキャラ出してぐだーっなんてことはなく、SAO事件を原作以上に掘り下げつつキャラの魅力を引き出すストーリー、さらにはアリシゼーション編に続くエンディングとすごく面白かったです!
コンサートのシーンでシリカたちの一つ前の席に川原礫先生がいたように見えたのは気のせいじゃないはず…。



では、今日のラノベ!

ソードアート・オンライン19ムーンクレイドル

電撃文庫より
『ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル』です。


【あらすじ】

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。どこからともなく現れた、たった一人の“ベクタの迷い子”が暗黒の神を倒し、この世界に平和をもたらしたのだ。しかし、そんな人界の中枢、白亜の塔“セントラル・カセドラル”にて―。“整合騎士見習い”へと昇進したロニエ・アラベルは、人界の最高意志決定者“代表剣士”キリトから、衝撃的な言葉を耳にする。「―いずれもう一度戦争が起きる」“アンダーワールド大戦”のその後を描いた“アリシゼーション編”最後を飾るエピソード!


感想:★★★★★

アリシゼーション編の後日譚、現実世界の五百万倍というスピードになったアンダーワールドにおける物語。
主人公は……ロニエ!!
月のように寄り添う彼女の、儚い輝きが導くものとは…



傍付きとしてキリトを見てきたロニエ、同じくユージオを見てきたティーゼ。
ロニエはアスナの存在が、ティーゼはユージオの消滅が理由で絶対に想いを伝えられないような状態にあって。
そんな恋における葛藤を抱えつつ、整合騎士としては着実に成長し続けるロニエの様子がもどかしくもあり、嬉しくもあり!

本編というかアリシゼーション編の中では学校にいた頃はメインヒロイン格だったけれども、そのあとはアリスが出てきてアスナも来て他の女の子たちもリアルから来て……。
確かに心神喪失したキリトの護衛として出番はあったけれども多くは語られないようなポジションだったから、こうしてキリトを想う気持ちと「アスナ様がいるから絶対に口に出してはいけない」という思いの間で葛藤する姿が見られたのは本当に待ち望んでいたことで嬉しかったです。


それと対比するかのように騎士としても女性としても成長していたのが、《無音》のシェータさん。
暗黒界人のイスカーンと結婚して子供も授かり、神器級の剣を大戦で使い潰してしまうも《無手》の剣士として新たな境地に足をかけていました。
二人の意外なほどの良い親っぷりを見ていると、あの大戦が必ずしも負の側面だけでなかったということを感じますね…。
そりゃ、戦は無いほうが良いに決まっているけれども、戦がなかったらイスカーンとシェータが出会うことも惹かれあうことも無かったでしょうし…。

二人の娘のリーゼッタをあやすロニエは、可愛さを感じて祝福していたのは間違いないけれども、それ以外の感情がトゲとなってチクリと刺さっていたんじゃないかと、つい考えてしまいました…。
キリトと2人になる機会が続いていただけに、そうした想いもどんどん強く…。





と、恋の話ももちろんなんですが、メインはアンダーワールドで発生した殺人事件とその背後に潜むものに迫るというもの。
殺人が起こるはずがないというところと、証拠となるものが消滅したというところで「SAO」での圏内事件を思い出しましたね。
あの時は被害者が死んでおらず転移していたというタネでしたが、今回はどうやら本当に死んでいて、武器も天命が容易に全損するように生成されたものようで、本当に背後に何かがあるようです…。
謎の黒い影、裏の暗黒術師、実行犯の謎…。

実行犯に関しては「システムに事故だと誤認識させる手順をとる」ことでシステムの縛りから逃れたとか、あるいはクスリやら何やらで自我を喪わせるか操るかして自殺させたとか、色々推理はできますが…。




話は大台20巻に続くようです。
恋も事件も気になりますが、「ロニエ・シンセサス・サーティスリー」が実現したのかどうかが一番気になるかも…。




以上!


ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)
川原 礫
KADOKAWA (2017-02-10)
売り上げランキング: 50

今日のラノベ!

13

電撃文庫より
『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?Lv.13』です。


【あらすじ】

おいお前ら、真グンマー(※レイドボス)倒そうぜ!という誘いに乗って、レイドボス戦へと馳せ参じたアレイキャッツの面々。ああ、それなのに…。
◆✝黒の魔術師✝:さあ向かうとしようか
◆バッツ:なんでお前が仕切ってんだよ
◆セッテ:なーかーよーくーしーてー!
早くも友情破綻の予感!そして案の定、リーダー不在で迷走してしまうレイドPT。それを見かねて指揮官に就任したのはなんとセッテさん!?一方リアルでも、マスターの独断と偏見で秋山さんが(知らぬうちに)次期生徒会長候補として立候補させられてしまうことになり―残念美少女・アコの加勢は吉と出るか、凶と出るか…!?残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、トップをねらう第13弾!


感想:★★★★★

『お前はまだグンマを知らない』実写化のタイミングでグンマネタを仕込んできた聴猫先生に、恐ろしさすら感じます…。
あとあらすじで作品内のチャット再現できたのがちょっと嬉しい!




全世界6000万人のネトゲ嫁ファン待望のセッテさん回!!
これだけ好きなのに、やっぱり敬称を取ることができないセッテさん回ですよっ!!
やっぱりセッテさんはドMなフレンズだったんだね!!
おすわり!!
◆セッテ:なんで!?


セッテさんの魅力って、リア充組にいる時の中心にいて皆に自然に頼られている感じと、ネトゲ部にいる時の皆のツッコミを自然に引き受けている感じのギャップだと思うんです!
第二のルシアンのような常識ある立場なのに、常識がありすぎてネトゲネタにちょっとついていけないような。
そんな魅力を「おせっかいが大好きなドM」とずばっと評価したのがアコというのが、ここ何巻かのアコとセッテさんとの関係の終着点な気がして感慨深かったです。
だって、セッテさんからはともかくとして、アコがセッテさんを親友とはっきり認めているんですから!

確かにアコからしたらセッテさんは、ルシアン以外でまともな方向に真面目に持っていこうとしている希少な人で。
セッテさんからしたら「嫌いです」と言われ慣れない言葉を言ってくれる友達で、共にネトゲを学ぶ立場。
これ以上なく正反対な二人だけど、これ以上なくお似合いな二人。
同じ属性の人同士だけが最高の友人となるわけではない、ということをここ数巻での伏線を含めてよく表していたと思います。
1巻、2巻の頃のアコのような「知らない人は敵」というようなスタンスでは到底考えつかないようなこの教訓。
シリーズが10巻以上続いているからこそ真実味をもって描写できているように思います。
(第1巻でその題材ができないという意味では無い)


あー…ん?
そういう意味ではルシアンとシュシュの兄妹が「似た者同士」っていうような描写はここ(上赤文字)との対比だったのかもー?
あと今巻の隠れメインキャラのみかんちゃんとルシアンの相性が良いっていうのは、アコとセッテさんのようにあまり共通項の見えない知り合いという意味ではここの補強的な意味もありそう。

さらにだ。
選挙という題材そのものが「当選という同一の目標を別の方向からアプローチする」という意味で、似ていないもの同士の切磋琢磨を描いていると言えますね!
セッテさんと涼香ちゃんがお互いを讃え合っていたのも、涼香ちゃんとシュシュの意外な繋がりも…!✝黒の魔術士✝とバッツのいがみ合いも!!
……と邪推しすぎると話が進まなくなるのですが。

人間関係の基本中の基本である「特定の2人の属性と関係度合い」っていうところを改めて掘り下げたくなる巻でした!




今回はレイドボスの数合わせとしてでしたが、ルシアン、アコ、シューちゃん、マスター、セッテさんに加えて顧問の猫姫せんせー、それにソロ組のシュシュとみかんちゃんを加えたLAプレイヤー8人が、恐らく初めて部室に集ったんじゃないかな…?
新歓時の理想形だっただけに、揃ってくれて嬉しかったですー!
きっと夏合宿もこの8人になる!きっと!Maybe!!





読んでる間は「セッテさんがんばれ!セッテさんスペック高い!セッテさんかわいい!」って半分脳死状態だったのに、感想書いてみたら堅くなっているのはなんででしょう…?



以上!

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)
聴猫 芝居
KADOKAWA (2017-02-10)
売り上げランキング: 1,255

どもー。
デスカイザーです。

自動車免許を合宿で取りに来て1週間が経過したところですが、まさかこれほどまでに読書できないとは……。
同時期に入校した人達と遊んでるっていうのもあるんですが、単純に教習の疲れが酷くて読み始めてもすぐ寝落ちする有様。

ラノベか免許か、となったら合宿に来てる今はどうしても免許を選ばないといけないですからねぇ……。



申し訳ないですが、感想も簡易更新にさせていただきます。
無事免許が取れ、帰宅したらいつも通りの体裁に整えますので何卒ご容赦を。







ではでは、今日のラノベ!

迷宮料理人ナギの冒険


電撃文庫より
『迷宮料理人ナギの冒険〜地下30階から生還するためのレシピ〜』です。

【あらすじ】

「やってられるか!こんな毎日…!」冒険者になりたいけれど、剣や魔法の才能はないただの料理人の息子・ナギ。実家の食堂の手伝いの日々に絶望した彼は親に黙って旅に出ようとする。が、一歩踏み出したその瞬間!突如として足元に開いた巨大な穴へと滑落した!目覚めたのは謎の地下大迷宮。街全体がダンジョンへと崩れ落ちるという、未曾有の事態にナギは巻き込まれてしまったのだ―!父の若き日の遺産・移動炊具車(屋台)に宿っていた炎の精霊・エンヒや、同じく崩落を生き残った戦闘神官の少女・リヴとともに、ナギは迷宮脱出を目指す!果たして迷宮崩落の原因は?そしてナギの料理の腕は、この巨大ダンジョンの中でどのように発揮されるのか…!



感想:★★★☆☆

冒険者になりたい、という夢。
料理人の父からの厳しい教育。



突然放り込まれることになったダンジョンで、今まで抱えていた想いがどれだけ思慮が行き届いていないものだったか、今まで周りに当たり前にいた人達がどれだけの覚悟を持って生きていたかを思い知らされる、というのがポイントだったと思います。


どこまでいっても「ナギの成長譚」としての立場が崩れないので、純粋に見守れるし、没入できました。

ただ、逆に言うならばリヴやクラムといった魅力的なヒロイン達があくまでも「ナギのパーティ」としてしか思えず、関係性が近づいたとしても男女というよりは仲間というほうがしっくりくるものに。
個人的にはそれ=ナギの成長譚を期待して読んでいたので問題無かったですが、仮に今後ラブコメ的な方向が濃くなるようだと、文章と感覚の差に違和感が出てくるかも?という懸念は……あります。




終始冒険者の命が必要以上に重く語られていないというところはGOOD。

いや、重いですよ?命は。
重いけれども、魔物も人間も生きることに必死なのが迷宮であり、相手を屠る以上こちらがやられても文句は言えないというのは……必然ですからね。
そこに抵抗を覚えていなかったナギは、力の有無とは別に冒険者になることの意味は理解していたんでしょう。



メインとなる料理の描写は、良いところもあれば上滑りしてるところもあり、という印象。
153pのナギが出汁の味を表現しようとしているところなんかは、初めて体感するものを言葉にしようとする四苦八苦なところがよく出ていて良いんですが……。
いわゆるグルメものと違って、あくまでもメインが「料理」であるところが分水嶺なんでしょうかね。
料理って今でこそテレビでも色々やってるけれども、もこみちだったりサイゲン大介だったりイノッチだったり……料理の作り手に依存しているものが多いわけじゃないですか。
「今日の料理ビギナーズ」とか「キューピー3分クッキング」のような純粋に料理のみが目的である番組の主な視聴者層を想像すれば分かるように、料理って実はそこまで派手じゃない。

もちろんこの作品の調理だってエンヒという役者がいて、本来世界に無いはずの食文化というサプライズまであります。
けどやっぱりそれを描写するとなると、どこか空々しいものを感じてしまうんですよね…。

そう考えるとおにぎりを握るシーンだけで涎を誘われる『デスニードラウンド』はやっぱり異常だよ…。





エピローグで呆気なく街に辿り着き、時間の流れが狂っていると思しき迷宮に再び潜る冒険者がたくさんいた、というのはすごく引っかかりました。
特に迷宮内への定期的な食糧補給は、時間経過問題との整合性から考えると実現できるのか?と気になってしまいました。
「保存食!」というのが答えだとは思いますが……。





以上!

迷宮料理人ナギの冒険 ~地下30階から生還するためのレシピ~ (電撃文庫)
ゆうき りん
KADOKAWA (2017-01-10)
売り上げランキング: 46,535

どもー。
デスカイザーです。


あけましておめでとうございます!
今年は更新頻度が今までよりさらに落ちることが確定しているのですが、なるべく多くの作品を、できるだけ深く読み込んでいきたいと思っていますのでよろしくお願いします!


では2017年1発目の…今日のラノベ!

彼女はつっこまれるのが好き!6

電撃文庫より
『彼女はつっこまれるのが好き! 6』です。


【あらすじ】

人気アイドル声優・音無まどかを「お姉さま」と呼び、挑発するかのような発言を繰り返す新人アイドルが現れた。彼女の名は、木立陽菜乃。中学三年生。ある日、いつものようにラジオを収録している良人とまどかのもとに、その陽菜乃が乱入してくる。まどかと陽菜乃がピリピリとした対決ムードを漂わせる中、良人はひたすらオロオロ…。そして彼女の登場に刺激され、良人とまどかの関係も接近しそうで―。暴走上等で突っ走る、ますます目が離せない絶好調のハイテンション・つっコメディ。第6弾。


感想:★★★★★


新年1発目にこの作品を読みたかったのは、「お仕事への覚悟」と「好きなものへの愛情」の2つがテーマになっているからです。
学生から社会人へ、という節目の年なので。



シリーズ通して音無まどかのプロ意識には脱帽しっぱなしだけど、それと並ぶくらい固い決心でもってアイドル声優業界に飛び込んできているのが陽菜乃ちゃん。

彼女の登場と、挫折。
先輩としてのまどかの対応。
それらを間近で見た良人の考え。


みんながみんな違う意見なので「こういう考え方で望まなければいけない」っていう明確な答えが得られるわけではないですが。
それはそれとして、「仕事に何らかの意識をもって取り組んでいる」という点が学ぶべき点になっていると思います。

今回再読して改めて思いましたが、やっぱりまどかも、陽菜乃ちゃんも、生涯忘れることなく尊敬し続けたいキャラですね…!
(良人に関してはこの巻での決断がきっかけとなって成長したシリーズ完結間際の姿で尊敬しているので……、6巻のこの段階では尊敬したいキャラからは外しておきます…)





「好きなものへの愛情」っていう点は主に陽菜乃ちゃんのまどかへの態度から。

“好きだけど嫌い。嫌いだけど好き。好きだから……嫌い。”(本文228p)

それだけの矛盾とか葛藤が生まれるくらい、何かを好きで有り続けられることって素晴らしいと思います。
……今までも定期的に言っている気がしますが。
その上でさらに「好き」に並び立てるように努力する陽菜乃ちゃんの在り方は、言葉では言い表せられないくらいすごいこと、じゃないでしょうか。
すごいことです(断言)




さぁ、気力とやる気のチャージは完了!
あとは彼女たちに見られても恥ずかしくないような仕事ができるように、努力するだけですね!



以上!

↑このページのトップヘ