デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 一迅社文庫

あけましておめでとうございます!
デスカイザーです。


2015年もよろしくお願いします!!


せっかくの長期休暇だからラノベじゃなくてアニメの消化を優先してます。
今日は『人生』をようやく見終えました。
……キャラデザ安定してるっていいね。ほんと。
同じガガガ文庫だというのにあっちはもう…。


んじゃ、今日のラノベ!

勇者よ、魔王にデレるとは情けない! (一迅社文庫)勇者よ、魔王にデレるとは情けない! (一迅社文庫)
(2014/12/20)
高尾 瑞夫

商品詳細を見る


一迅社文庫より
『勇者よ、魔王にデレるとは情けない!』です。


【あらすじ】

仲の良い幼なじみだったダイチとリナの16歳の誕生日、二人は突然、愛しあいながらも勇者と魔王として殺しあわなければならなかった前世の記憶を思い出す。それから一年、前世はどうあれこっちの世界では思う存分イチャつけると思っていたダイチとリナだが、そうはさせじと意志を持つ勇者の聖剣(正体はロリ巨乳)も二人の恋路を邪魔しにやってきて…。期待の新人、高尾瑞夫が贈るすごくエッチなファンタスティック学園ラブコメがついに登場。


感想:★★★☆☆

あらかたの感想は読後すぐにtwitterにつぶやいたのよね~。
★×3という評価からわかるとおり、マイナス評価のことについて。


ざっくり言うと、エロよりのラブコメ。
もうちょっと言うと、本番シーンがない18禁小説ってかんじだった。



最近忘れてた登場人物紹介をば。

魔王の生まれ変わりである主人公の大智と、勇者の生まれ変わりである理奈。
お互いの家で頻繁に勉強するなど、仲が良い幼なじみ同士だったが、前世の記憶がよみがえったことで好き合う気持ちを自覚。
歯止めがきかなくなることを恐れた理奈はとりあえず高校在学中は付き合わないことを宣言するも、大智に弁当を作ってくるなど距離は縮めようと努力する。

生徒会長の勅使河原紗耶香。
魔物絡みの事件を調査しているうちに二人と知り合う。
いいとこのお嬢様でストレスを溜め込んでいぶん、フィクションへの憧れがつよく一度暴走すると手がつけられなくなる。

紗耶香と同じく生徒会に所属する副会長の藍子。
いわゆる”自称ビッチ”であるが処女。
そのことを紗耶香に隠しとおせていると信じているが、真実は筒抜けのもよう。


聖剣・エリオティート、愛称はエリオ。
伝説の鍛冶師によって打たれた剣で、魔王の魔剣とは同じインゴットから打たれている。
勇者様ダイスキーで、自分と勇者の仲を邪魔する魔王を敵視している。



そんなメンツでお送りされているただのエロ小説(取り繕うのをやめた)。
なんとういうか、表紙とかあらすじから求めていた内容と少し違うというか…。
確かに理奈のしぐさが可愛いという描写はところどころにあるけど、最初に「一線は踏み越えません」宣言されてるとなんか冷める。
加えて言うなら、最後の最後に一線超えるのもわかってるから盛り上がらない。
一線超えないなりに主人公が理奈一途かというわけでもなく、ほかのヒロインに平気で目移りするし。
イチャつくこととエロを切り離せきれてなかった。


途中で出てきた「魔王・勇者関連のラノベのタイトルを羅列する精神攻撃」は面白かった。
「はたらく」「新妹」「いちばん後ろの」みたいな有名どころから「メイドがおしえる」「あるいは魔法石機関工学科の社会契約論」みたいな新しい作品までほんとたくさん。
「バトルはリビングで」があったことだけは評価する!



個人的に、一迅社文庫ってタイトルにはものすごく惹かれるけど内容が伴わないことが多いです。
しかも質の悪いことに、あらすじは問題なくおもしろいんだよなぁ…。
だからちゃんと買うけど、いざ読んでみると「あれ……?」状態に陥るのがパターン化されてきた。
警戒ランク上げるかな…。



以上!

どもー。
デスカイザーです。


また2日空けてしまったですよ……。
水曜はヒトカラ8時間で疲れきってそれどころじゃなく、木曜は22時に帰ってきたあと株ノートまとめてたら更新する時間が無かったです。

今月中になんとか感想溜まってる分をなんとかまとめてやりたいけど、そんなタイミングがあるのかどうか。



それじゃ、今日のラノベ!

引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている3 (一迅社文庫)引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている3 (一迅社文庫)
(2014/08/20)
棺 悠介

商品詳細を見る


『引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている3』です。


【あらすじ】

重度の引きこもりだったため、高校生らしい夏を過ごしたことがない紫羽のために、春哉は『引きこもり対策部』としての合宿の開催を提案!合宿当日、行動するペアを逐一くじで決めることに。紫羽と一緒に過ごしたい春哉なのに、ことごとく違うペアになり、徐々に二人はすれ違って―!?大人気引きこもり学園ラブコメ、ついにクライマックス!!


感想:★★★☆☆


面白かったには面白かったけど、1巻で感じた面白さはもうどこにも無かった。
2巻で一気に春哉のまわりの女子が増えて、紫羽もだんだんまともになってきちゃったのが今回もそのまま。
引きこもり要素がほぼ皆無(心の引きこもりは…)になって、ただの普通のラブコメに成り下がっちゃった…。

紫羽の唯我独尊なスタイルが好きだったし春哉もそこに憧れ惚れたはずなのに、2巻あたりから段々ただの恋する重度のオタク少女になっちゃってたのが致命的かな。
今回の合宿でグループわけをクジで決める、ってなったときにそれを一番感じました。
紫羽だったら少し強引な手段を使ってでも春哉とふたりっきりになろうとしてたはずだし、それこそ夜這いするくらいのことはやるはずだったけど、完全に消極的になっちゃってるからそういうのも無し。


周りに女の子を出しすぎたせいで、紫羽がどんどん霞んでいくのが顕著だったし。





1巻で止めるのが正解だったかもしれない。





春哉と紫羽は今後も幸せな生活を送って欲しいです。



以上!

どもー。
デスカイザーです。

ファンタジア文庫新刊買ってきましたー。
なにぶん木曜日以降家から出てなかったもので(汗)

サボることなく発売日に手に入れることを心がけないと…。



んじゃ、今日のラノベ!

ウは宇宙ヤバイのウ! ~セカイが滅ぶ5秒前~ (一迅社文庫)ウは宇宙ヤバイのウ! ~セカイが滅ぶ5秒前~ (一迅社文庫)
(2013/12/20)
宮澤 伊織

商品詳細を見る


これ発売日には買ってたんだけど、読んでなかったパターンね。
『ウは宇宙ヤバイのウ! “セカイが滅ぶ5秒前”』です。


【あらすじ】

巨大隕石が降り注いで5秒…地球は滅亡した!―と、次の瞬間、高校生の久遠空也はベッドの上で目覚めた。今のは夢!?だけどやけに生々しい…。ベッドの隣には冷めた目のヌル香。「なにやってるんです?しっかりしてください」彼女はため息混じりに説明する。空也はかつて星間諜報局の敏腕エージェントだったが、世界線混淆機なるものを起動させたことで記憶を失い、地球人の高校生になったというのだ。「緊急措置としてついでに時間も遡りました。隕石が再び落ちてくる二日後までにこの状況をなんとかしてください」「…ってどうしろと!?」


感想:★★★☆☆

久しぶりに反応に困るラノベでした(笑)

隕石落下による地球消滅を回避するために訳のわからぬまま2日前にタイムスリップしてなんとかすることに。
しかし!
そもそも日常的にそんな簡単にタイムスリップできるはずもないわけで。

とある組織のエージェントだった主人公とその相棒の宇宙船が世界線混淆機(ワールドシャッフラー)を使ったことで、宇宙がメチャメチャになり、この地球に高校生としての記憶を持って、かつ主人公が記憶喪失になり現れた…らしい。

正直、まだ整理がつかない。というか整理できるとは思えないので受け入れることにします。

んで、まぁ色々やって最終的に地球救いましょ的な話でした。



いや決して投げやりにやってるわけじゃないんです。
本当に、ただ、理解が追いつかないだけで。

色々なところのレビュー見ると、SF大作のオマージュが散りばめられてるらしいんですけど、不肖デスカイザーはまだSF趣味に目覚めたことがないので……。


好き勝手やってるなぁ、というのはよく伝わってくるんだけどね!
ラノベ業界広しといえど、ここまで突っ走ってるのも珍しいと思います(笑)

SF趣味がある人には面白い…のかもしれないけど、そうじゃないならほかの作品を!
って感じですかね。


以上!

どもー。
デスカイザーです。


学戦都市アスタリスクのコミック1巻買ってきましたー!
綾斗のキャラデザがイメージ通りのほのぼの系でついつい「そう!これ!」と叫んでしまいました(笑)

漫画だと異性より同性のほうに目が行くのはなんでだろー?

コミックス版では綾斗の活躍に期待したいと思いますー。



それでは、今日のラノベ!

引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている2 (一迅社文庫)引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている2 (一迅社文庫)
(2014/03/20)
棺 悠介

商品詳細を見る


表紙は田中和美!
『引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている 2』です。


【あらすじ】

 強く美しかった幼馴染・紫羽と再会し、重度の引きこもりに変わり果てていた彼女を救い出した春哉。
 顧問・犬養先生の下「引きこもり対策部」として本格的に活動を開始した彼らだが、部員のひとりで中二病をこじらせた少女、ハリエット・ミューカスこと田中和美には人には決して見せない素顔があって……!?
 引きこもり学園ラブコメ、待望の第2弾!!


感想:★★★★☆

相変わらず若干古めでマニアックなネタが多い作品です。
ネタが仕込まれるたびに検索しなきゃ分からないけど、それがまた面白い!



1巻で、関わったみんなに何かしら影響を与えた「葦原事件」
それから少し経ち、なんだかんだで少し仲が縮まった引きこもり対策部(通称:引き対)の面々。
定期試験が終わり、紫羽をクラスの打ち上げに誘いたかった春哉は引き対でリハーサルを決行。

…そして地獄は幕を開ける……!


時を同じくして、偶然田中和実の妹を不良から助けた春哉は彼女たち姉妹の抱える問題を聞き、なんとかできないかと考えるのであった…。

さらに春哉はBeautiful Teacher Inukai こと犬養先生から「真紅の魔女」の監視、もとい補修の監督を任される。
その真紅の魔女も重度の引きこもりのようで……。



といった感じで、日常パートと田中和美姉妹の問題パートの2つを行ったり来たりという感じで、アクセントに魔女登場。

1巻に比べて変な禍根とか壁とかが無くなったぶん、紫羽の言動が生き生きしてて読んでて微笑ましかった。
葦原とはまだ少しぎこちなさが残ってるみたいだけど、紫羽と和美は遠慮のないいじりが繰り広げられるくらい進展してるみたいで、今後も会話のテンポを上げてくれそう。



今回から登場の真紅の魔女こと塔崎深玖さんですが、ほかに負けないくらいキャラが濃い!
見た目はどこか不思議な雰囲気をまとう妖艶な美女だけど、一言話し始めたら最期、ツッコミ慣れしてる春哉でさえ疲弊しきるほどボケ続けるというある意味最強さん降臨。

ただでさえ紫羽たちの若干古いボケに検索が必要なのに、深玖さんの登場でますます加速。
全くわけがわからないよ…。



深玖さんの素性と、紫羽と春哉の恋がどうなるのか。

ネタにはついていけないけど不思議な魅力のあるこのシリーズ。
3巻も期待して待ってます。




以上!

どもー。
デスカイザーです。


無事単位獲得!!


朝から心配でお腹が下り気味だったけど一安心です。
いやー。
期末の筆記テストに電車の遅延で間に合わなかった英語(必修)がどうなるかと思ったけど、ギリギリ62点でした。
合格ラインが60点だからマジで危なかった……。

来年度はもうすこし普段から学習するようにして、テスト既刊でも悠々とラノベ読めるように頑張りたいと思います!



それでは、今日のラノベ!


政宗くんのリベンジ (一迅社文庫)政宗くんのリベンジ (一迅社文庫)
(2013/12/20)
竹岡 葉月

商品詳細を見る


『政宗くんのリベンジ』です。


【あらすじ】

 8年前、美少女・安達垣愛姫にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・政宗は、激ヤセし名字を変え、イケメンに変身して帰って来た。そう、すべては残虐姫の異名を持つドSな彼女を惚れさせ、最高の形で振るという、復讐のために―。



感想:★★★★★

完全に表紙の女の子に惹かれて買いました。
良い衝動買いだった…。

同名の漫画が原作。
その漫画の原案が著者の竹岡葉月先生で、原案がノベル形式で提出されてる関係からか、こうしてノベライズとなったようです。
原作漫画はREXだっけな?って一迅社のコミックレーベルから2巻まで発売中、3巻が3月下旬に発売予定です。
そちらもぜひぜひ。



さて、本編の話。

元デブ・現イケメンの政宗くん。
小学生のころ、とある理由から知り合った愛姫と仲良くなり告白するがこっぴどくフラれる。

-豚足-と罵られながら…。


最初はショックから引きこもっていた彼だが、しだいにその心は復讐心へと変わる。
「彼女が振り向くようなイケメンになって、こっぴどくフッてやる」と。



……という感じのちょっと変わったラブコメなんだけど、別に殺伐としてるわけではないです。
イケメンとはいえ、もとがもとなので結構頭が残念なかんじw
しっかり作戦をたてるんだけど、肝心なところが抜けてたりなんだり。



なんといっても、残虐姫・愛姫ちゃんが素晴らしい!
容姿端麗・学業優秀で家柄も完璧でお付きの人がいるレベルのお嬢様、ただし本性を知ればしるほどギャップに萌える。
まさにギャップ萌え(お嬢様ver. feat黒髪貧乳)の理想像といえるでしょう!!


あと、政宗くんのお友達・朱里小十郎くんも注目。
プロデューサーさん!男の娘ですよ!男の娘!

愛姫ちゃんのお付きの人な小岩井吉乃ちゃんも人気高そう。
外見そのままのおっとりした性格ながらも、生まれたときからお付きの人という人生を歩んでいるだけあって愛姫ちゃんの扱いはまさに天下一。



ストーリーは漫画原作ってこともあって、比較的読みやすいと思います。
キャラデザが作りこまれてるのもそのへんが効いてるかな?

2巻もぜひ出て欲しいけど……。
一迅社文庫ってなかなか続編出ないからなぁ…。
とりあえず、漫画を追っかけつつ待機したいと思います。



以上!

↑このページのトップヘ