デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 角川スニーカー文庫

今日のラノベ!


滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ2

角川スニーカー文庫より
『滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ 2』です。


【あらすじ】

「どうやら、同じ日を繰り返したみたいなんだ」リルネ達とテスケーラの街へ辿り着いた俺は、何者かに術をかけられ時間軸をループし続けることになってしまった。冗談じゃねえ、早く“メーソン”を見つけなきゃいけないのに!おまけに、ループの引き金となった殺人事件を調べる過程で、針猫団という自治組織に絡まれまたもピンチ。けれど俺は針猫団のクライという少年に会い、ひと目で分かってしまった。彼がもう一人の主人公なのだと。


感想:★★★★☆

敵対する黒衣の数だけ主人公がいるのかな?
タイトルの「主人公の数を求めよ」の部分の意味が理解できた第2巻。
だとしたら「滅びゆく世界」というところの重要度を再認識せざるを得ないですよね…。




登場人物への容赦の無さは1巻から引き続き存在。
ループものだからね!Dead endで何しようが主人公のトラウマとやる気に繋がるだけだもんね!
リルネを中途半端じゃなくあぁいう状態(拷問中)にしたこと自体を評価したいよ、私は!

主人公の殺し方、というか殺すタイミングも全編通して見るとメリハリ付いてて良かったんじゃないかと。
引っ張るところ、畳み掛けるところ、あえて短く描写して絶望感を畳み掛けるところ。
そこの差がはっきりしていたから、ラストバトルでの畳み掛けがとても胸に来るものになっていました!

クライとジンの徐々に変わってきた絆という要素も含め、今巻はそのシーンを如何に映えさせるかに的を絞っていたように思います。
そりゃ、クライマックスなんだからそうなんだけども。
リルネとの主従・信頼関係とクライとの対等・利害関係との比較だったり、ティリスとスターシアの「眼の力」・守られるものという共通点だったり。
クライマックスを読んで初めてそれまでのすべてが腑に落ちるというような感覚で、それ故にクライマックスシーンのウェイトを大きく感じたような、そんな感じです。


逆に言うならば、それ以外の印象がちょっと薄くなってますね…。
ループって聞こえは良いけど要するに「無かったことに」しているわけで、ループ経験者の考え方が変わる以外の印象変化があまり無いというところがですね…。
これはdeskyzer個人の好みの問題ですし、客観的に見れば面白いんですがねー…。
あるいは読むタイミング(ノってる時なら大絶賛していた)





以上!お試し凝縮版でお送りしました。

どもー。
デスカイザーです。

親知らず抜いてきました!
麻酔が切れる時間なんですが、まだ痛みが全く無いので逆に戦々恐々としてます…。

そんな恐れを忘れるためには……エロスだ!


ってことで今日のラノベ!

魔装学園H×H10

角川スニーカー文庫より
『魔装学園H×H 10』です。


【あらすじ】

戦闘力とランキングが全てを決めるオーディンの世界。やっとオーディンへの挑戦権を得た愛音だったが、最強の槍グングニルは愛音の体を無情にも貫き!?一方、そうと知らない傷無は愛音の救出を急ぐ。しかし、姫川やグレイスの秘めた想いを知り、傷無の心は激しく揺れる。最強の機械神との決戦を前に、変わり始める仲間や家族との絆。皆の想いが交錯する中、史上最強のコアをインストールする、空前の任務が始まろうとしていた!!


感想:★★★★☆

オーディンの世界とタナトスの世界に分たれた戦局。


オーディン世界にいる愛音やグレイスたちは、文字通り命懸けでオーディンへの挑戦権を取りにいくもあらすじにあるとおり呆気なく返り討ちにされ…。
まぁ、ここまではいいのだけども。

その後特に期間が空いたわけでもパワーアップしたわけでもないのに、味方が増えただけで再突撃していったのは……愛音らしいと言えばそうなんだけどいい加減成長しなさいな!って思いました。

今までの戦局をどう打開してきたかって、仲間の増減はあったとしてもそれ+αで改装があって。
その改装によって2人ないし3人が力を得て、以前勝てなかった敵とやり合うという方式だったじゃない?

なんだけど、そのパターンに頼らず気合とか気持ちだけでなんとかしようとするタイプが意外とこの作品多い気がしますね…。
愛音とかユリシアとか傷無とか…。
それだけ逼迫した状況が多くて、キャラそれぞれの正義感の強さの表れでもあるんでしょうけどねぇ…。
今まではともかく、今回は特に猪突猛進感に溢れていたのでねぇ…。




タナトス世界側。
お留守番してたシルヴィアやハーキュラス、メルクリアにマスターズのメンバーたち、さらに戦艦アタラクシアに乗り込んでいた飛弾一家にハユルetc…が合流。
もう大所帯すぎてどこに誰がいるのか分からなくなるのはご愛嬌。

オーディン側が命張ってたのに対して、こっち側はタナトスに世界ごと飲み込まれていた割には平凡な展開続きだったような…?
少なくとも普通の捕虜はビーチパラソルの下で百合プレイに興じたりはしない(断言)

まぁ、だからこそというか、ピリッと引き締まる時の空気感は良かったです。




で、ここからはいつものエロス!のコーナー!!
今回は、ヴァルデ×傷無の擬似百合、シルヴィア&ハユルとの連結改装、ショタ傷無×JK怜悧の3本!

擬似百合は、あれですね。
傷無の女装、再び…!
あとヴァルデの目がガチで怖い((((;゚Д゚))))

連結改装は、あれですね。
見開き汁まみれハユル、三度…!
一歩リードして告白まで決めたのに、ここに戻ってくるんですよ、彼女は…。
進んでるのか退いてるのかはちょっと判断に困りますが!

ショタ×JKは、あれですね。
ある意味今までで一番禁断のやつ…!
既に3回くらい姉弟プレイやってますけど、今回のはだってショタ×JKだし…!




非常に良かったです。
が、あえて言うならばマスターズの誰か……ガーさまかスカーレットのエロス!があったらもっと良かった。
マジでそろそろガーさまとまともな改装してあげて…。



次の巻は……まぁ、まず間違いなくオーディンと決着つくでしょうね。

強さを求めるオーディンは言いました。
「敗者は死んで然るべきだ」と。(意訳)
次巻でオーディンは傷無や怜悧に負けるでしょう。
その時彼女が言うセリフ……もうお分かりですね?



「くっ…ころせ!」




※妄想です





以上!


魔装学園H×H10 (角川スニーカー文庫)
久慈 マサムネ 黒銀
KADOKAWA (2017-02-01)
売り上げランキング: 1,410

どもー。
デスカイザーです。

気疲れみたいなものでダウンしてました…。
風邪ではなさそうなので安心なんですが、まだ眩暈と酷い倦怠感が残っているので……パパッとエロいことでも考えて頭無理やり動かしましょうか!


っていうことで、今日のラノベ!

Santa-Xを待ちきれない

角川スニーカー文庫より
『エクスタス・オンライン 02.Santa-Xを待ちきれない』です。


【あらすじ】

最強魔王の力―重課金アダルト魔法でクラスメートを撃退した堂巡。でも、憧れの朝霧さんは打倒魔王に燃えて、反対にツンドラ美少女の雫石は魔王信者になってしまった!?堂巡がクラスメートとのややこしい関係に悩む中、奴隷の哀川さんから嬉しいニュースが。なんと修正プログラム“Santa‐X”が適用され、クリスマスになれば全員が助かるというのだ!!しかし同時に「魔王殺しの剣」の入手クエストが2Aギルドに発生して―!?


感想:★★★★☆

キャラ強め、エロ弱め(※久慈マサムネ作品比)



あらすじ読んで「あれ?もうシリーズ終わる?」と思いながら読み始めましたが、そんなことはありませんでした。
出し惜しみするものか!とばかりに女性陣の違う一面がどんどん出てきたのが印象的です。


朝霧さんは打倒魔王に燃えるあまり、たまーにクラスのヒロインがしちゃいけないような黒い顔を見せていました(挿絵95p)。
可愛いけど怖いっ…。
怖いけどやっぱり可愛いっ…!


雫石はクールビューティーの合間に魔王信者な一面……ここまでは1巻でもありました。
今回はそれに加えて、アイドル……だとっ…!?
堂巡は恐怖で “しかし、これはやばい”(本文110p)って言っていたけど、こっちとしてはやばいはやばいでもギャップ萌えでやばい。
その後の拗ねて三角座りな挿絵(117p)も含めて、やばい。
今作品で一番多くの顔を見せている雫石に今後も期待。


あと毒島。
カーストトップに君臨するギャルさんが、まさかのエクスタスの餌食に…。
塩を振った青菜ばりにしおらしくなった毒島さん、エロいっちゃあエロいけど普段の言動をふまえてしまうと個人的には好きではない…。
同じギャップでも雫石とは違うのだよ…。



魔王軍サイドでは、ダークエルフのサタナキア!
口癖のように「ダークエルフならこのくらい…」と言っていたので、もしやと思っていたら案の定元エルフ。
特殊な例とはいえ、エルフからダークエルフにクラスチェンジ(?)することってあるんですね、このゲーム世界。
フォルネウスも堕天使だし、ありと言えばありなのか。

それはともかく、サタナキアの忠義に乾杯!(突然の祝杯)

具体的に書くにはストーリー全部書かないといけないので抽象的な表現に留めますが!
よくぞ戻ってきたっ!
よくぞ過去を振り切ったっ!!


他にも1巻でリーダーシップを失った一ノ宮、ちびっ子悠木、社畜哀川さんetc…。
本当にキャラの魅力の展開という点で秀でていましたね。



話をエロい方面に飛ばす前にひとつ。
54pで一ノ宮と堂巡がサシで会話していた店のウェイトレスの服装を「ドイツの民族衣装っぽい服」という記述があったんですが、正直どんな服なのか分からなくてですね…。
調べました。ドン!

ディアンドル
(wikipediaより)
ディアンドル」っていうそうですね。
言われてみればオクトーバーフェストっていうドイツ発祥のビールのお祭り行った時にこんな感じの店員さんがいたような気がします。
なんというか…二人組で腕組んでスキップで回ってそうな服ですね。




さて。
本題のエロい方面は、最初にも書いた通り控えめでした。
カウント、1ビクンビクン2寸止め2覗き

だって、ダークエルフ女王とやることやってるのにシーン無しですよ!?
紙幅の都合だろうけど、それにしてもどうした久慈マサムネ先生!って叫びたくなるような不完全燃焼感。

不完全燃焼なんだろ、そうなんだろ、そうなんだよ…。
(神様ドォルズ二期、もう諦めるべきですかね…)




ラストに出てきた、復活の魔王サタン。
あんなもんどうやって倒すんだ…!!
……とか思っていた時期がありましたけど、よく考えたら朝霧さんが持ってましたね「魔王殺しの剣」。
ということは、脱出のためにヘルシャフトの真名を刻むのか、生き延びるためにサタンの真名を刻むのかが3巻の焦点になりそうですね。



以上!


エクスタス・オンライン 02.Santa-Xを待ちきれない (角川スニーカー文庫)
久慈 マサムネ
KADOKAWA (2016-12-28)
売り上げランキング: 4,196

どもー。
デスカイザーです。

最近ラノベ消費量が増えてきたからか、多少の体力的な無茶が気にならないですねー!
炭水化物と脂質とタンパク質とビタミンとラノベ。
これ、健康の維持に必要な5要素、大事。
……何か忘れてる…ミネラル?



今日のラノベ!

滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ

角川スニーカー文庫より
『滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ』です。


【あらすじ】

現代と異世界を行き来する能力を得た俺、辻道尽は、ストレスフルな現代社会に別れを告げて異世界で人助けを始める。そこで出会った魔法少女リルネもまた、現代からやってきた“転生人”だった。「あたしの護衛になってよ」―彼女の死の運命を知った俺はリルネを守ると決意する。そんな中、“主人公”を殺しにきたという来訪者が現れる。そいつは街の人々を次々に石に変えていき!?この滅びゆく世界を救うため、俺は誰より強くなる!


感想:★★★★★

僕、これ好きー!


いわゆる長文タイトルと呼ばれる類だけど、やや概念的なものになっています。
というのも、安直に「よっしゃ世界の壊滅阻止するために主人公探すぞー!」という内容では無いんですね。
(今のところは…)
概念的ではあるんですが、「求めよ」と問いを発している部分に想像の余地を感じてうずうずします!



「あれ?意外と異世界転生ほのぼの系…?」と思わず錯覚してしまう第一話
「死の運命を覆せ」という不穏なワードが出てくる34pを読んでも、実はそうでもないんじゃないかと期待してしまうだけの平和感の8割くらいは、ポテトチップスに感動するリルネの可愛さが生んでいるような気がします!!(熱弁)


第一話の平和感・ほのぼの感がブラフで、タイトルから感じた不穏な雰囲気……いや、それ以上の喪失感・やるせなさを感じることになる第二話
滅び方と文章のクオリティが予想以上でした。
リルネの悲しみ、怒り、憎しみ…、そういう感情があたかも自分がそこに居て、見て、感じたかのように思える表現。
つらいシーンだけどこの巻で一番好きなシーンですね。


ジンの能力に浮かび上がっていた「エンディングトリガー」っていうのは、条件をクリアすることで自動的に運命が変わるものというわけではなくって、あくまでもトリガーなんですね。
条件をクリアすることでストーリーをクリアするために必要な能力だったり何なりが解放されていく仕組みっぽいです。

ポケモン最新作で例えると、「ヌシのヨワシを倒す」がエンディングトリガー、「みずのZクリスタル」が解放される能力、その結果ストーリーを進めるために「ウソッキーをどかす」ことができると、と。

この第一話、第二話まで作品全体の枠組みの中で第一章という扱いですね。



第三話、第四話でリルネ・ジン・スターシアの3人の関係性を固めたり、能力が披露されたり…。
第一話でのほのぼの系(錯覚)とほぼ同じような内容のやりとりなんですが、石化事件を踏まえたうえで読むと全く違う雰囲気に見えるんですね…。
もちろんそういう書き方をされている部分もあるけども、それ以上にリルネがぎこちない笑みを浮かべているんじゃないか、とかジンが空々しい言い回しになっているんじゃないか、とか読者側(=私)の深読みがそれに拍車をかけているように感じました。


そしてそれを挟んで第五話で本格的に第二章がスタート!
早速……ジンが死んで……時間が戻って生き返って。
「あ、『リゼロ』だ」と思うなというほうが難しいこの時代における、異世界ループ。
訳の分からないうちに殺されるというあたり1巻の盗品蔵でのエピソードが頭をよぎりますね。

これが物語の最初からそうだったら文句垂れてたかもしれませんが、(やや上から目線な言い方になって申し訳ないです)第一章で十分それに見合うだけの文章力とストーリーを読ませてもらった上での第二章「ループ主人公」なので、純粋にどんな方法でループを止めるのか期待100%!!

楽しみ!




そして余談
公式略称は『ほろびゆ』ですが、個人的には相生生音先生がTwitterで仰っていた『よののなにをく』という略称がお気に入りです。
表紙タイトルの下段平仮名を左から読む感じです。



以上!


どもー。
デスカイザーです。


ダメです(唐突)。

読書ペースが戻りません…。
ツムツムやりすぎてるっていうのは分かっているんですが、どうにも楽しくて仕方がない…!
今週水曜~土曜の間でなんとか2冊は読みたいところ……いや読みます!読みますとも!
読めなかったら……………………FGOのコミックアンソロジーの感想書きます(ペナルティは課さない方針)。



今日のラノベ!


魔装学園H×H 9

角川スニーカー文庫より
『魔装学園H×H 9』です。


【あらすじ】

次空津波に巻き込まれたグレイスと懲罰四剣たちは、死と砂漠の世界に漂着した。そこは、機械神オシリスが支配する“死者の都”。不死のオシリスに加え、洗脳されたユリシアも立ちはだかり、絶体絶命のピンチに陥るグレイスたち。しかし、そこに思わぬ人物が現れて!?一方、ユリシアの洗脳を解く方法を知った傷無の手には、ロープと鞭が握られていた。縛られた心を解き放つため、いま、時空を超えたSMミッションが始まる!!


感想:★★★★☆

(イラストHisasi先生の更新が続いていますね…)



二人目の機械神・オシリス編。

ホクトの戦う理由・存在理由が優しいものだったことと、8巻でのオシリスの話し方からしてオシリスも優しい話だと予想していたけど、予想以上に優しく愛に満ち溢れたファラオでした…!

肉体を得て、愛する民を、夫を、娘を蘇らせる。
シリーズの中でおそらく一番壮大なスケールでの戦闘でしたが、オシリスの願いが最初から明らかになっていたので今までで一番戦って欲しくない戦闘でした。

……あと正直なところ、ホクトと同じような流れを辿ることが見え見えだったので、「もう戦闘とかいいんじゃないかな?」思い始めていたりも…。



シリーズが長く続いてきたことで、戦闘では音速超えは当たり前、さらに光速も超え、時すらも超えることがしばしば出てきました。
エッチなシーンも両者とも絶頂は当たり前、今回はついに「物理的には繋がってるけど一応擬似挿入、大丈夫だ感覚は共有されているけどモノは入っていないというところまできました。
(……いやもうそれ直接挿入するのと変わらないんじゃ…)

もちろんコアの再インストールによる装甲の強化や、かつての敵ネームキャラとの共闘があるので完全なマンネリ化とまでは言いませんが、そろそろ何か新しい要素が欲しいところですねー…。




っていうところで、やってきました我らがタナトスさん!
次はイズガルド・バルディーンの黄金帝龍のほうでイチャコラするのかと思いきや、まさかのアタラクシアへのダイレクトアタック!
もういっそ空間震警報実装して、出てきた神と戦闘(デート)すればいいんじゃないかな!
どこかで見たことあるけど逆に新鮮!!




…………いや、タナトス出てきたらまた世界消滅しちゃうんじゃ…
どうすんのよ…。


待て、次巻!





今回のエッチなシーンは、オシリスによるユリシアの調教、傷無によるユリシアの調教、傷無とオシリスの魔力生成(問題の物理的に挿入)、そしてあとがき後の短編としてゼルシオーネ生徒会長のコア再インストール!


【悲報】今巻一の立役者であるゼルシオーネさん、構成の都合上エッチなシーンがおまけ扱い


ゼル様は再インストール後の魔導装甲は精神攻撃という特性を反映させ、蝶がモチーフになっていてかっこいいです!
(擬態とか攪乱とかあるよね、某動物番組で見たことある気がする)

いやまぁ、ぶっちゃけゼル様のエッチなシーンって、エロさより先に気まずさを感じたので短編扱いで助かったような気もします…。
全国のゼル様ファンの皆様には申し訳なく思いますが…。



オシリスのシーンを消化した今、褐色好きに残された希望はグラベルの再インストールのみなのである…。


以上!


魔装学園H×H (9) (角川スニーカー文庫)
久慈 マサムネ
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-31)
売り上げランキング: 112,743

↑このページのトップヘ