デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 富士見ファンタジア文庫

今日のラノベ!


始まりの魔法使い 2

富士見ファンタジア文庫より
『始まりの魔法使い 2 言葉の時代』です。


【あらすじ】

竜歴509年。将来の食糧危機を見据え、“私”は新たに農耕と牧畜を始めることを決めた。とはいえ、異世界の動植物に知見がない“私”は、その方法を他種族から学ぶべく、人魚や半人半狼、蜥蜴人の留学生を迎えることに。しかし、価値観の異なる生徒たちとの授業は困難の連続だった!そして、“私”が留学生を世界中から集めたもう一つの理由、それは魔法学校を有名にすることだった。いつか、“彼女”がこの場所に迷わずに戻れるように。―「でも、今はいないじゃない」剣部の一族の少女・ユウキの赤い瞳が真っ直ぐに“私”を映し出す。これは、すべての“始まり”を創った竜の魔法使いの物語。



感想:★★★★★

鼠ショックとユウキショックのダブルパンチですね!



1話タイトル「ゆっくりとした破滅」

38p“かつての人はホモ・サピエンスを除いて全て滅んでしまった”

11話タイトル下「第三次世界大戦にどんな兵器が使われるかはわからない。
          だが、第四次大戦なら分かる。石と棍棒だ」
          アルベルト・アインシュタイン


歴史の過程に滅びの足音は付き物とはいえ、2巻でこれだけ滅びを示唆されるとは思わなかったです。
緩やかな停滞は破滅の入口。
先生の魔法学校、村づくりがどれだけ困難な道なのかを再認識させられました…。


特に鼠。
鼠の驚異が出るまでは「他種族と協力関係を結ぶ」「他種族を支配下に置く(=野生動物の家畜化)」という友好・支配関係を前提としたものだったので、すっかり敵対という道が念頭から抜け落ちていました。
それだけにショックが大きくてですね…。
竜や魔法っていう強大な力が手元にあったからこそ襲われる可能性を考えていませんでしたが、滅びの最も分かりやすい理由って言われてみれば外敵ですね。

この話、平和に慣れきった現代日本だから通じているもので、外国とか、あるいは近い将来戦争・紛争が起きている時代だったら成立すらしないのかもしれませんね。
一番面白いところが「え?何をいまさら?」ってなりそうで。

歴史が積み重なるということは、守るべきものが増えるということ。
先生はどこまでを許容して、どこからを諦めるんでしょうね?







一転、ユウキの話。

224p“ずっと変わらず、変わり続けた”っていうのがユウキを表す適当な言葉かな、と思います。


登場当初の、子どもの時の純真さをずーっと持ち続けていて。
大好きな先生に褒めてもらえるのが嬉しくて。
大好きな先生とずーっと一緒にいたいと思い続けて。

でも、そのずーっとは、ただの人間である自分には不可能で。
思いとは裏腹に体は成長して、老い、身体の滅びへと少しずつ近づいていく…

しかし諦めず、
有記として、記憶を通して先生とずっと居る、居続けると決めた執念。
不可能を可能へと変えてしまったその愛情。


変わらないために変わり続ける姿は、尊敬の念に堪えません。





アイ=愛に続いての、ユウキ=有記

ひとつひとつの言葉に込められた意味がほかの作品よりも強く濃い所がこの作品の見所であることを、改めて認識させられましたね…!
そうなってくると……ニーナは…?





以上!



始まりの魔法使い2 言葉の時代 (ファンタジア文庫)
石之宮 カント
KADOKAWA (2017-09-20)
売り上げランキング: 6,380

どもー。
デスカイザーです。


どんなに苦しくても。
どんなに余裕がなくても。

それでも命をかけて読みたい作品がある。
そんな幸せな時間を過ごさせてくれて、ありがとう。


っていうことで翌日の仕事を眠気で彩った作品です。




今日のラノベ!


織田信奈の野望 全国版19


富士見ファンタジア文庫より
『織田信奈の野望 全国版19』です。



【あらすじ】

関ヶ原の合戦は終結し、信奈の天下布武がついに実現!東軍・西軍に分かれ争っていた姫武将たちも戦後処理のため、清洲城に集まり、ひとときの平和を楽しんでいた。しかし、その裏では…良晴との結婚を巡る、もう一つの戦いが勃発!?良晴を独占するため念願の祝言を急ぐ信奈に対し、小早川隆景・上杉謙信・島津家久などなど…良晴に想いを寄せる各地方の姫武将の家臣たちは、「側室同盟」を結び、大奥成立のため、密会・拘束・抜け駆け…陰謀と策略を巡らせる!?天下は信奈のものになっても、良晴だけは譲れない!恋のバトルの花咲く「清洲会議」が今ここに始まる!?



感想:★★★★★

緩急が凄い。
まさに急転直下桶狭間




九州編あたりからの怒涛の戦ラッシュが関ヶ原でひとまずの決着。
そして始まるは恋の戦!

勢力図的に今まで交わることのなかった姫武将同士による掛け合いは、シリーズをここまで読んできたからこその微笑ましさ。
まさにご褒美ですね!
本多正信とかねたんの絡みなんかは「ありがとう」としか言えない…っ!



そんな平和な感じ、1巻当初とか6巻の本猫寺の雰囲気を一気に吹き飛ばしたのが、168pからの良晴と小早川さんのシーン。
今まで感じていた平和は、関ヶ原での熾烈な戦いの果てにあるもので、壮絶な苦悩の上に成り立つもので、尊い犠牲の上にあるものだというのを再認識させられました。
小早川さんが泣き出してしまう1行は、本当にズガンと殴られたかのような衝撃。
発売日の26時に読み終わってそれから丸2日経つけれども、未だに読んだ時に頭に浮かんできた小早川さんの泣き顔がリフレインします。




いつもの『信奈』であれば、このシーンの直前にあった御館の乱で気を引き締めるところだったんですがね…。
上杉景虎の“運命”の収束、良晴たちの命の危機っていうのを考えたら。
発生要因とか会話とか、のほほんとした空気が拭えない展開だったのは小早川さんのシーンを引き立てるためにあえてやっていたのでしょう…。






19巻の真の実力はここからです。
小早川さん、あんなに泣いていたのに、この後のほほん時空に飲み込まれていきます……!
再点火した恋心を押しとどめきることができず、誰が文句を言えようか、いや、言えまい。
……信奈以外。


そう、信奈は怒ります。
良晴のこととなると、烈火のごとく怒ります。
つい、第六天魔王になってしまうくらいには。



何が何でも帳尻を合わせようとする歴史の意思。
信奈を怒らせ、冷静じゃない状態にして。
論功行賞のミスからの破滅という項羽の歴史をなぞらせて強制力を高めるかのような、そして場の力が最大限発揮されるような本能寺の変直前の勢力図を再現する武将配置。

このシリーズで幾度となく良晴たちの前に立ちふさがってきた歴史の意思。
本能寺の変、関ヶ原の戦いと運命をついに乗り越えきったかのように思わせての、再来。
さらにそれを義元ちゃんが水際で防いだ結果、ついに歴史が暴走したのか外国船団の来訪。
そろそろ薄ら寒いものを感じます…。
死の状況とか無視して、ただただ死という結果だけが与えられるような終わりも想定しておくべきかもしれないです……。いや、本気で…。





いやぁ、それにしてもまさかですよ。
1冊の間に2回同じことやられるとは思いませんでした。
1度目は不意打ちで感動させられ、2度目は不意打ちで恐怖を感じさせられて。
冒頭にも書いたように、緩急が凄かったです。

戦続きからの日常編……だからこそ、彼女たちが戦っていたという事実を忘れさせるほどの楽しい描写と、どんなに忘れようとしても忘れきれないものを意識させる物悲しい描写のそれぞれが映えるんですね。




1つだけ、義元ちゃんが万能化されすぎてることに少しむむっと思いました。
それが彼女の魅力だというのは分かるんですが、「義元ちゃんの命を救わなかったら今こうして止められる人はいなかった」っていう良晴の考えは違うと思うんですよね。
「台風で土砂崩れが起きたが、台風による倒木が民家への被害を食い止めた。台風に感謝しよう」みたいな矛盾を感じるんです。
義元ちゃんを救わなければ信奈上洛あたりで詰みかけてるわけですから事実としてはそうなんですけどね?
歴史改変に対しての力不足を感じた良晴が立ち直るきっかけというのも分かるんですが……「冒頭回帰による感動現象」よりは「今更感」が強いですね、やっぱり。






次巻でついに最終巻になるのか。
それとも、装い新たに世界編とでも銘打って再スタートするのか。
前者の覚悟は決めているけれども、あとがき直前のいつもの勢力図の代わりに世界地図が載っていたのが後者の希望を捨てさせてくれないです…。
何はともあれ……春日みかげ先生のお体の具合が本当に心配になるあとがきなので、どうかお体ご自愛ください…。
そして願わくば『信奈』を、あるいはまだ見ぬ新シリーズを。




以上!


織田信奈の野望 全国版 19 (ファンタジア文庫)
春日 みかげ
KADOKAWA (2017-09-20)
売り上げランキング: 114

今日のラノベ!


始まりの魔法使い 1

富士見ファンタジア文庫より
『始まりの魔法使い 1 名前の時代』です。


【あらすじ】

かつて神話の時代に、ひとりの魔術師がいました。彼は、“先生”と呼ばれ、言葉と文化を伝え、魔法を教えました。そんな彼を人々はこう呼びました。―始まりの魔法使い、と。そんな大層な存在ではないのだが―「だから火を吹かないで!」「ごめんごめん。私にとってはただの息だからさ」竜として転生した“私”は、エルフの少女・ニナとともに、この世界の魔法の理を解き明かすべく、魔法学校を建てることにした。そこで“私”は、初めての人間の生徒・アイと運命の出会いを果たした―。これは、永き時を生きる竜の魔法使いが、魔術や、国や、歴史を創りあげる、ファンタジークロニクル。



感想:★★★★★

名前によって事象が確定されるのなら、この読後の気持ちにはあえて名前を付けないでいたい。

そして、永遠に不確定の中を漂っていたい。



そう思うくらい胸いっぱいになる物語。






95pの「この世界の魔法は、名前でできていた。」っていうのが、この本の核心でした。

魔法そのものが名前、言葉によって補強されるものであるということはもちろん。
登場人物の名前に込められた想いが伏線となり、名前が真実であり、名前が力となる。

魔法に絶望することはあっても、名前に込められた想いは希望となる。
その希望は、まるで魔法のようで…。




……もうこれ以上は。
ラストの29話・30話を読んで、ハッとしてプロローグを読んで。
もうそしたら言葉が浮かばなくなるというか。

あの儚く幸せだった生活の延長が、6000年あまりの時の果てに…?と考えたらもうダメになってしまいました。


だって、あまりにも。
前世で諦めたオカルトチックなもの満載の世界なのに、たったひとつ不老不死だけは不完全にしか存在せず。
そんな運命を受け入れるしかなかった二人の、その決定的瞬間を想像するだけで…。

それでも、今までに感謝して、次に希望を託して。
どれだけの感情がそこにあるかなんて、名前をつけられるはずが、言葉にできるわけがなかろうて。






プロローグに至るまでの物語。
6000年の物語、はよ。はよ。




以上!



始まりの魔法使い1 名前の時代 (ファンタジア文庫)
石之宮 カント
KADOKAWA (2017-05-20)
売り上げランキング: 16,990

どもー。
デスカイザーです。


入社して初めての2連休ってことで色々やりたかったことを詰め込んだ休日を過ごしております。
その結果仕事している時より体が疲れているのはご愛嬌。
本当はもう少し外でやりたいことあったんですが……またの機会にしましょう、無理だ。
俺はっ、今からっ、引きこもる!!



ということで、そんな覚悟に相応しい(?)今日のラノベ!


ロクでなし魔術講師と禁忌教典

富士見ファンタジア文庫より
『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』です。


【あらすじ】

アルザーノ帝国魔術学院非常勤講師・グレン=レーダスは、自習→居眠りの常習犯。まともに教壇に立ったと思いきや、黒板に教科書を釘で打ち付けたりと、生徒もあきれるロクでなし。そんなグレンに本気でキレた生徒、“教師泣かせ”のシスティーナ=フィーベルから決闘を申し込まれるも―結果は大差でグレンが敗北という残念な幕切れで…。しかし、学院を襲う未曾有のテロ事件に生徒たちが巻き込まれた時、「俺の生徒に手ぇ出してんじゃねえよ」グレンの本領が発揮される!第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞の超破天荒新世代学園アクションファンタジー!


感想:★★★★★

タイトルから禁忌魔術によるチートものだと思って敬遠していた作品。
結論から言えば全くそんなことはなく、むしろ好みの理詰めの正統派教師もの!
前半はとにかくグレンの表面的にダメな部分しか描かれていないせいで読むのがつらくてですね…。



が、魔術をとにかく丸覚えして覚えた数で成績の優劣が決まっていた学院の空気を一喝し、彼なりの指導が始まった124pからその空気が一変。
基礎の基礎から「何故そうなる?」「何故この形式?」と突き詰めていくグレンの考えは、大いに同意でした。

その上で師の扱う人間のレベルを少し超えたところにある魔術を(魔力の追加補給有りとはいえ)使ってみせるということは、そのレベルに至るまで魔術を深く深く理解していることの証左に他ならないわけです。
しかも、そこまで理解しているにも関わらず「魔術なんてとんでもない代物だ」と言って、忌避するだけの理性まで持っていると。
その事実だけでグレンを人として尊敬するに不足は無いですよ。
たとえ彼がニート志望だとしても…っ!!






学院生たちが持っていた魔術というものの優位性。
「目に見える“不可視”を神聖視」と読書中にメモしていたんですが、我ながら面白いことを書いたなと(笑)


魔術を通して起こる発火や電撃のような現象自体は目に見える。
でもそれがなぜ起こるのかという部分からは目をそらし、見ないフリ。
そして確かに目に映っている現象のみを頼りに「人智を超えたもの」として崇める。



なんかカルト宗教みたいなんですよね、こう書くと。
でも、よく考えると実生活でも考えもせずに「そういうもの」として受け入れてるものっていくらでもあるというのは言うまでもないわけです。
日常的に使う機械の仕組み、空の色、マイナスの数にマイナスの数をかけるとプラスになること。
『ロクアカ』の世界とは状況もレベルも内容も違うけど、グレンはそういうところを「そういうもの」として受け入れずに考えて、さらに良いものに昇華していったわけですよ。

だからグレンの考え方には大いに同意すると同時に、耳が痛くなります…。





キャラが可愛くて制服がエロいというのは周知の事実なので割愛。
一言だけ言うとすれば「私はシスティ派」。



序盤でサラッと出てきた呪文が「ここぞ!」というところで使われてスゴさを思い知らせる演出や、魔術のアレンジっていう授業のテーマが実戦でどうなるのかが分かるという後半の展開も素晴らしかったです!
ストーリーの組み立てが上手いですね、本当に…。




今後の展開によっては、同じファンタジア文庫の『空戦』に並ぶくらいお気に入りのシリーズになりそうです。
ちなみに既刊は全部揃えました。


以上!
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)
羊太郎
KADOKAWA/富士見書房 (2014-07-19)
売り上げランキング: 14,106

今日のラノベ!

織田信奈の野望 全国版18

富士見ファンタジア文庫より
『織田信奈の野望 全国版 18』です。


【あらすじ】

最初は一人で抱えていた、荒唐無稽な夢だった。夢が潰されかけたとき、良晴が現れた。夢に危機が訪れたときは、光秀が支えた。歴史上、あるはずのなかった3人の絆が、信奈の夢。「天下布武」を実現させようとしていた。そして―「『運命』はやはり、この私に関ヶ原で戦えて命じているのでしょう。私は、もう逃げません。吉姉さま、決戦の時です!」ついに覚醒した、戦国時代の真の覇者。信奈たちに、関ヶ原の「最後の試練」が立ちはだかる!戦いが終わったとき、夢は叶うか、潰えるか。全ての戦いは、この瞬間のためにあった。ここに―天下人が決まる!



感想:★★★★★

関ヶ原編、堂々の完結!


史上最大の死地に追い込まれた相良良晴
天下分け目の戦で覚醒した松平元康、改め徳川家康
「裏切り」の運命に翻弄される小早川隆景
死の淵をさまよう武田信玄
毘沙門天の名の下に戦い天下人を見極める上杉謙信
エトセトラエトセトラ…。


ひとつの実を拾おうとすると、別の実を落とさなければいけないような状況が18巻スタート時でした。
各戦線が複雑に絡み合っているし、そこに参戦している姫武将は皆「天下太平のためにこの関ヶ原で終わらせる」ことは考えていても「積極的に相手を殺す」ことは考えていない優しい姫武将ばかり。
死んで欲しくないけど、誰かが死なないといけない…。



ところが、致命的な状況に陥る度に神風が舞い込み続けます。
相良良晴が今まで繋げてきた絆という名の風が…!


たとえば「裏切り」の運命を受け入れ良晴救出に向けて動き出した隆景ちゃんを救ったのは、あの奸悪無限・宇喜多直家。
ドラゴンマガジン掲載中の良晴が記憶を失って毛利に身を寄せていた頃のお話で、毒が抜けたというか、ロリに目覚めて丸くなった直家さんが隆景ちゃんを庇う動きを見せ、戦線離脱。
もともと小早川家に恩があると言えなくもない宇喜多家だけど、あの直家がこんなにかっこよくまともな戦で散ろうとするなんて本来有り得ないこと。
(……散々な言われよう)



たとえば烏頭坂。
「場」の運命により討ち取られかけた島津家久を救ったのは、半兵衛が関ヶ原に建立した八幡神社を通じて現れた安倍晴明…あるいは前鬼と呼ばれていたもの。
家久上京時の、梵天丸じゃないほうの外伝掲載のストーリーでの家久と安倍晴明の縁もあったでしょう。

さらに本来の歴史において島津家久に討たれていた長宗我部信親。
彼があわや相良良晴と刺し違えようか、という折に一発の銃弾で救ったのが虚無僧・杉谷善住坊。
信奈の、良晴の、信玄の暗殺を意思の力で跳ね返された彼。
「暗殺じゃ世の中は変えられない」という良晴の言葉を、良晴自信に実現させるための救いの銃弾。
かっこよか……!





今までの物語を彷彿とさせるシーンは他にもいくつもありました。

光秀が簪を自分の太ももに刺して気を強く保ったり。
武田信玄による、上杉謙信考案の陣形「車懸り」は『天と地と姫と』での二人があればこその感動。
ついに関ヶ原に合流した尾張旗本衆・勝家、犬千代、長秀さんたちの奮戦は、桶狭間の戦いでの織田家家臣団の戦いと、アニメOPサビのあの映像を思い出して泣けてきたし。
ついに梵天丸は関ヶ原参戦、母・義姫との約束を守ることができた!




今までの主要キャラで今巻一言も喋ってないの、今川義元と近衛前久、姫巫女さま、北条氏康くらいなんじゃないかな?ってくらいの総出演による、天下分け目の大戦。
そして外伝と言いつつも外伝を読んでいないと容赦なく置いていくスタイル。
そういうの大好きです。




ある意味では、今巻は誰かが死の淵に立つ⇒都合の良い展開で救われる、の繰り返し。
でも、その都合の良い展開がなぜ起きたのかを考えると、それは良晴の「全ての実を拾う」精神の結晶であり、姫武将たちの民や平和への想いの結晶であり、誰かの強い想いに応えようとする誰かの足掻きであり。




“命をかけて荒野を駆ける戦いの日々の中

振り向くとそこに居て震え止めてくれる

悲しみの日が閉じれば野望の陽がのぼる

運命蹴っ飛ばし思うまま進もう

世界をリンクして”


(2012 愛美「Link」より)





信奈と織田家臣団
小早川隆景と吉川元春
武田信玄と武田四天王
島津四姉妹

そして、相良良晴



「場」の力に定められた死の運命を、かつて振り向くとそこに居た人たちが蹴っ飛ばし
甲斐、越後、尾張、中国地方、九州、関東、東北、そして京。
それぞれの世界をLinkして、天下泰平を、民のための日本国を目指す物語。



まさしく『織田信奈の野望』の総決算に相応しい、重厚な物語でした!!
ありがとう!!!!




あと少しだけ続くようですが。

良晴(秀吉)が、北条を帰順させる。
うーん、これは一夜城かな?






以上!


織田信奈の野望 全国版 18 (ファンタジア文庫)
春日 みかげ
KADOKAWA (2017-05-20)
売り上げランキング: 1,115

↑このページのトップヘ