デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 富士見ファンタジア文庫

どもー。
デスカイザーです。

「9月の新刊情報まとめ」の記事で今年は風邪ひかないだろうみたいなこと書いたんですが、物の見事にひきました……。
微熱レベルなので楽といえば楽なんですが、なんか悔しい…。


今日のラノベ!

織田信奈の野望 全国版16

富士見ファンタジア文庫より
『織田信奈の野望 全国版16』です。


【あらすじ】

「命を救われた日から、素晴らしい人生でした。僕は岐阜城で武田・徳川軍を一刻でも長く、食い止めます」命尽きかける信澄を救うため、信奈と共に奔走する良晴。そんな折、前将軍・足利義輝と側近・細川藤孝が、東軍に参戦!彼らが出した和睦条件は―光秀と藤孝が祝言をあげること!?自らの恋と織田家の命運。光秀は、本当の苦境に立たされた。戦局打破のため、将軍・今川義元と奥州の覇者・伊達政宗がついに動き、光秀のもとには宣教師・ガスパールが現れる!?「さあ、はじめましょう。運命に抗い、未来を奪い合う戦いを」全姫武将たちの総力決戦!関ヶ原編、ついに開幕!


感想:★★★★★

「あぁ、これが”全国版”の意味か」と納得。


北は東北、南は薩摩まで全国の諸将が織田の西軍か、それを討ち滅ぼす東軍かにつき、天下分け目の大戦へと突き進む。
”関ヶ原”に至るまでのプロローグがこの16巻ですね。

あとがきでも触れられていますが、この時期の戦国を綴る物語は群像劇として描かれることが多いように思います。
(意図して制作されたか、受け手がそう感じたかは別として)
それはやはり、関ヶ原が日本史上初めて日本全国を巻き込んだ大乱であったからでしょう。
それまでは両家、せいぜい地方単位で済んでいた戦の主体が増えたことで、その戦に至るまでのそれぞれの思惑・策謀・駆け引きも増え、必然物語としての密度も濃く。
さらに関ヶ原という要所はあるものの、それ自体への参加・不参加、またそれ以前の武将の動向を描くと地理的にも離れた場所を描く必要があるため、どうしても戦全体を描くには群像劇にならざるを得ないんですよね。
大河ドラマ「真田丸」のように一人の登場人物、一つの家に焦点を絞ると、50秒関ヶ原のようになってしまうわけですから。


関ヶ原編1巻となる今巻もその例に漏れず群像劇と言っていいでしょう。
登場キャラクター108人(ファンタジア文庫ニコ生発表)は伊達じゃない。


備忘録も兼ねて、場面ごとにまとめておきましょうか。
北から順番に。


①越後
上杉景虎VS最上義光

後述の梵天丸の成長が気に食わない最上っちが調子乗って不可侵領域たる越後に手を出そうとしたけど、それを読んでいた上杉謙信が北条家からの人質にして関東管領後継者の上杉景虎にフルボッコにされてどうしよっか…、っていう。

ついに、義姫が梵天丸を褒めました
外伝で語られた伊達親子のことを思うと、本編内では5ページにも満たない義姫のセリフの1つ1つが感動的でした。


②関東
梵天丸率いる奥州関東連合軍VS北条家

武将単位ではなく家単位としてだと唯一西軍=織田家側についた伊達家。
史実では関ヶ原に参加しなかった伊達政宗が、関ヶ原の地にやってこれるのかどうかが関ヶ原編の大きなポイントとなりそうです。

なかなかまとまった話が語られない北条氏康の家族愛・仲間愛が見れたのも嬉しかったです


③武田信玄
今巻のメインパーソン晴信ちゃん。
良晴の助けで運命を乗り越えた信玄に容赦なく襲いかかる死病という形の歴史の揺り戻し。
それを乗り越え、父との、そして散っていった近しい者達の想いを、「瀬田に武田菱を」という夢を叶えることができるのか。
シリーズの中で一番武将たる凛々しさを持つ彼女の、最後の粘りがどこにたどり着くのか。
運命を変えることが、できるのか…?


④清洲城
元康ちゃんと二郎三郎の入れ替わりの真相とそれを計画した本多正信の人生。
信玄が表のメインだとしたら、裏のメインは徳川ですね。
三方ヶ原から設楽原を経て関ヶ原に至るまで、松平家に何があったのかが明かされ、色々合点がいきました。

そしてその入れ替わりの事実と信玄の病の事実を掴んだ五右衛門と妹・石川一宗。
二人の決死の逃走の行方は…。
五右衛門は二つの実を拾えず、本当に死んでしまったのか……?


⑤岐阜城
今巻の信奈軍の行動目標だった岐阜城の信澄の救出。
それは……徳川と武田の結束により、叶うことはありませんでした…。
ういろうを手に高笑いをしていた彼の姿はなく、そこにいたのは一人の立派なもののふでした…。
誰か嘘だと言って…。

信澄の死のシーンとその後の信玄と藤堂高虎の会話を曲解すれば、信澄がまだ生きているという捉え方ができなくもないです。
それを一片の希望として、私は生き続けます…。


良晴が今まで捻じ曲げてきた運命は、道三や弾正のように既に揺り戻しがあったものと、そうじゃないものがありました。
今巻、特に後半ではその揺り戻し、”歴史の修正力”というべきものが一気に織田家を襲っています。
弟殺しという運命、”長良川”という場における親しい者の死。

さらには「関ヶ原の前に信奈(信長)が歴史から退場する」という運命と、「信奈(信長)の天下統一事業を良晴(関白秀吉)が継承する」という運命さえも呼び寄せようとしています。
良晴が藤吉郎のおっさんの代わりであることは、こういう運命をも示唆していたんですね…。
それは今まで一度も考えたことが無かったように思います。
もっと言うならその秀吉でさえ、関ヶ原の前には歴史から退場しているわけですが…。



⑥北陸方面
勝家・犬千代・長秀・半兵衛VS上杉謙信

膠着していた戦線を動かさねばならない事態に。
良晴、ガスパールに続いて未来を見る力を持つ細川藤孝が、亡命先の明から先の将軍足利義輝とともに帰国。
義輝亡命の折から歴史を裏で操っていた細川を見逃せるはずもなく…。
結果として戦力が分断されたうえに、その補填として越後方面からの援軍となるはずだった最上も①のとおりボロボロなため、戦況はだいぶ劣勢。

長秀さんの「ひぎっ!」という悲鳴が聞けたので私はもうこの人生に悔いはありません…!
ナイス勝家


⑦明智十兵衛光秀
間違いなく関ヶ原の行方を一番左右することになるのは彼女。
明智光秀が主君・織田信長を殺した”本能寺の変”と、西軍・小早川秀秋が東軍に寝返ったことで大局が決したという”関ヶ原の戦い”。
戦国時代のその2つの裏切りを、歴史の強制力として利用した細川藤孝の策略が十兵衛ちゃんに容赦なく襲い掛かります。

とうとう壊れてしまった十兵衛ちゃんに、再び光が差すことはあるのか…?


⑧その他
九州からの援軍を率いる官兵衛ちゃんは、小早川隆景の策と偶然の大雨により足止め。
14巻で見せた凛々しさはどこに行ってしまったのかと思うほどいつもの官兵衛ちゃん。
でもその頭のキレは過去最高。

395pで登場したガスパールが切り札と称した「ヤスケ」という少女。
日本人でも南蛮人でもない黒い肌。
史実では「弥助」ってググれば出るんですが、本能寺の変の際にその場にいたくらいにしかめぼしい情報が無いですからね…。

毛利両川は今巻は目立った動きはなし。

光秀の腹心・斎藤利三が援軍を要請した長宗我部元親は、大坂の海で毛利側に捉えられ、東軍として参戦することに。
何しに来たんだ……

描写は無いものの、宗麟ちゃんは弟殺しの運命を乗り越えるため九州で蒲生氏郷と対峙中。
宗麟ちゃんが良晴と共に来ていたら…、と思うとやるせない…。

ガスパール=2周目の良晴説がまた浮上しました。
……やっぱり本当なのか?



ということでして。
現在の地理で言うと北は山形、南は熊本まで本当に日本全土で姫武将たちが己の運命を変えるために戦っています。

誰が運命に抗えて、誰が儚く散っていくのか。
読むその瞬間までわからないだけに17巻以降クライマックスに至るまでの物語が楽しみだけど怖くてしょうがないです…。





ここまで来たら「賤ヶ岳の戦い」イベントは警戒しなくてもいいかな…?
あれ始まったら、よ?




以上!


織田信奈の野望 全国版16 (ファンタジア文庫)
春日 みかげ
KADOKAWA/富士見書房 (2016-09-17)
売り上げランキング: 222

どもー。
デスカイザーです。

海で「波を起こす系の能力者の攻撃を受けた体で吹き飛ばされる」遊びをしていたんですが、すぐ近くの海岸で波にさらわれ亡くなった方がいるということでちょっと反省中。
改めて水の質量って怖いと感じました…。
押し流されたり引き込まれたりであちこち擦りむいたし軽く痛めてるし…。

海では適度に遊びましょう



今日のラノベ!

アサシンズプライド3 暗殺教師と運命法廷

富士見ファンタジア文庫より
『アサシンズプライド3 暗殺教師と運命法廷』です。


【あらすじ】

「わたしがその試験に合格できなかったら、先生は?いなくなってしまうんですか…?」学院での一年が過ぎ去ろうとする季節。クーファは様々な悪意に晒される教え子・メリダに、進級試験を課す。もし失敗すれば、自らの手を彼女の血に染める覚悟を秘めて―。もう何もできない私じゃない。気負いながらエリーゼと共に試験へ赴くメリダの前に、同じ騎士公爵家の娘ミュールとサラシャが現れ…「三大騎士公爵家の四人娘、初の共同任務よ!」世界を欺く少女に試練と断罪の刃が振り下ろされるとき、暗殺教師と少女は命がけの矜持を示す―!


感想:★★★★★

1巻を読んでいた時に思い描いていた通りの展開。
メリダは【パラディン】を【サムライ】の力で押し破り、それに呼応するかのようにクーファがダンピールの力をもって敵を打ち砕く。

分かりやすく王道を突き進んでいるけど、魅力的な感情表現と無限に広がる戦い方がそれを感じさせないですね。

特にメリダの成長は誰の目から見ても顕著で、それは読者としても変わりなく。
「メリダだったらこのくらい乗り越えてくれる」という、やっぱりどこかクーファ目線での安心した気持ちで戦いを見ていられます。
一刀流、二刀流、肘、掌底、蹴り、体重移動、回転、踏み出し…
教えれば教えるほど吸収していく彼女の姿は、やはり金に輝く宝石のようです…。


「無限に広がる戦い方」という意味では今回出てきた人外ズたちが凄かったし、それに対応した暗殺教師ズたちも当然凄い。
ぶっちゃけ何がどうなってるか理解できない部分あるよね!





今回の事件は暗殺教師の矜持(アサシンズプライド)を保つことができたけど……メリダが1年生の時点でこれだからなぁ…。
暗躍する影があるとはいえ、犯罪ギルドの主要3メンバーが全員消え、表ギルドのトップを(形の上では一応)破って。
少なくとも聖フリーデスヴィーデ周辺に敵がいないですよねこれ……。

次巻はラブコメ要素増し増しらしいですが、シリアス方面での伏線張りがどうなるのかもちょっと気にしておきたいところ。
…だからといって暗殺教師の誓約(アサシンズプライド)は成ってほしくはないですがね?




以上!

アサシンズプライド (3) 暗殺教師と運命法廷 (ファンタジア文庫)
天城ケイ
KADOKAWA/富士見書房 (2016-07-20)
売り上げランキング: 17,848

どもー。
かき氷を食べると頭より先に歯にダメージがくるデスカイザーです。

氷属性ダメージ(小)



今日のラノベ!

気ままで可愛い病弱彼女の構いかた

富士見ファンタジア文庫より
『気ままで可愛い病弱彼女の構いかた』です。


【あらすじ】

「これから放課後、私のそばに居てほしいんだ」病夜宮係。高校に入学した直後、クラスで謎の係に任命された僕は何もわからないまま、放課後の保健室へ案内される。そこで出会ったのは―体が極端に弱く、保健室登校の美少女・病夜宮美闇。僕が入学式で一目見て、ときめいた女の子だった。肌が白く、物静かな深窓のお嬢様。一見そんな印象だけど…「この相談、超気になる。一緒に調べよう!」好奇心旺盛すぎて。「甘口くんは何でも構ってくれて、優しいなー」そして結構調子に乗る。相談を集めて、生徒全員の悩みを治す。彼女の活動のサポート役として、ずっと一緒に付き添うことに!?


感想:★★★★★

第28回ファンタジア大賞審査員特別賞受賞作!


相談を受けて解決するけど、その内容も結末も日常生活にありふれたもので。
一人一人に主人公が能力名を命名しているけど、本当の意味での異能があるわけではなく。

途中でブレずに。
そこにあるのは、気ままで可愛い病弱彼女との学生生活。




と、圧縮するならそんな感じになります。


以下解凍版の感想。



フィジカルガラスシンドロームという病気(ザッと検索した限りではヒットしなかったので架空の病名か?それとも本文にあった通りにあまりにも稀な病気だからネットでもヒットしないだけ?)の影響で保健室登校を余儀なくされている病夜宮美闇。
彼女の出席日数を補填するため生徒の悩みを解決!
とはいえ自由に動き回れたら保健室登校をしてないわけですので、そんな彼女を支えたり手助けしたり構ったり構われたりする係、それが病夜宮係なのである!!


相談の内容は「本の借りられ方が変」とか「保健室の骨格標本がない」とか、そのくらいのもの。
ミステリものみたくその謎がお話の構成の主軸に来るのではなく、あくまでもそれらは気ままで可愛い病弱少女との生活についてくるものであって、この本で魅せたいものは気ままで可愛い病弱少女とのいつもの日常、なんじゃないかと思います。


その日常というのは、主人公・甘口廿日と病夜宮美闇がちょっと特別な力を持っていても周囲の人と何ら変わりないんだよ?っていう意味もきっと含められているんですよね。

廿日のちょっと浮くような発言や能力の命名等がそこに起因すると「エピローグもしくはプロローグその2」で語られていたのですが……うん、この17ページで物語の印象がだいぶ変わりました。
だって、病気のヒロインをメインに据えてるのにこじつけ的能力を脇に持ってくるとか理由が無かったとしたらただのキャラ殺しにしかならないもん…。
エピローグ前の時点でそこだけ惜しんでたんですが、エピローグ読んで「おぉ、さすが!」となりました(笑)


地の文の心の声ダダ漏れ感と、ヒロイン達が廿日の心の声を異様に読み取るという2点に関しては、読者の好み次第というところでしょう…。
私はそういうの大好きというかむしろ好きだからこそ厳しい目でチェックするタイプですが、この本は……理想形にはちょっと届かないものの結構高いクオリティだと思います。
ややしつこく感じる部分が何箇所かあったんですが、すごく良いです!
(逆にいえばそういうのが好きな人がしつこく感じるということは、あまり好きじゃない人からしたら……)

地の文の三次脱線とかなかなか珍しいものもありましたしね?
(話の脱線の脱線の脱線〉






何よりタイトルに「可愛い」と銘打った作品でこれだけガチで純粋に可愛いヒロインがどれだけあっただろうか!
むちゃくそ可愛いぞ病夜宮美闇!
外見もそうだけど仕草とか反応とか!

「いるかー」
「いないよー」
「いるじゃねーか!」

のやり取りが好きなところとか!

病夜宮係になりたい……



あとどうでもいいといえばどうでもいいんですが、腕に装備するタイプの杖を「ロフストランドクラッチ」っていうの初めて知りました。



ということで、この二人のありふれた日常をまた見たいと切に願います。




以上!

気ままで可愛い病弱彼女の構いかた (ファンタジア文庫)
竹原漢字
KADOKAWA/富士見書房 (2016-07-20)
売り上げランキング: 42,799

どもー。
デスカイザーです。

月末ですね!
翌月はじめのラノベまとめ買いが楽しみであると同時に、ソシャゲのイベントの追い込みが重なるのでもう酷いことになってます。
ていうかツムツムのシンデレライベントをやりだしたのが間違いでした…。
ただでさえFGOとパズドラで手一杯なのに俺はなぜやることを増やした……?




んじゃ、今日のラノベ!
今回はいつも以上にネタバレ要素強いので注意です!!






いつか世界を救うために クオリディア・コード2

富士見ファンタジア文庫より
『いつか世界を救うために -クオリディア・コード- 2』です。


【あらすじ】

暗殺対象である神奈川序列第一位・天河舞姫の突然の来訪。二人っきりになる絶好の機会であるにもかかわらず、動揺する紫乃宮晶。ストーキングの証拠満載の舞姫グッズで埋め尽くされた部屋を隠し通せるのか―。さらには四天王入りを果たしたことで、「神奈川伝統の寝起きドッキリでね!」今度は逆に舞姫たちからストーキングを受けることに!?そして明らかになる衝撃の事実―「シノって…女の子だったの?」「そうだが」新世代ボーイ改めガール・ストーキング・ガール!!


感想:★★★★★

表紙、あらすじ、扉絵。
そのどれもが1巻未読勢をなぶり殺しにかかるかのような怒涛のネタバレ。
おっそろしいね!


1巻の感想書いてる時点で2巻読み始めていたというのはその時書いたとおりなんですがね?
主人公が実は女の子だったということが2巻で明かされて、その状態で男の子だと思い込んでいた時の感想書くのがしんどかった…。
一連のストーキングが男⇒女だから犯罪ラインを一歩踏み越えた感じだったのに、女⇒女だと……そこまで違和感無いのよね!
いや、住居侵入はどちらにせよアウトだけど!?



はい、ここからはちゃんと2巻の感想をお届けしますよー


扉絵で衝撃を受けた性別の話がまさか前フリでしかないとは思わなかった……!
1巻読んでいて疑問だった舞姫とほたるの本当の関係と、ほたるの感情の抜け落ちた表情、それに舞姫が暗殺対象となった理由。
その全てが「入れ替わり」によって一本に繋がるとは……!

あえて混乱を誘うようにまとめると、「ヒメちゃんはヒメちゃんのままだけどヒメちゃんの待っていたほたるはシノの相方のほたるではなくてシノの相方のほたるが”友達”として記憶を操作していたシノのことでシノの相方のほたるはほたるのことが大好きでヒメちゃんのことが大嫌いだったもうひとりの友人である真里香ちゃんでヒメちゃん暗殺の命令も真里香ちゃんが上司を自身の能力で操っていた」という。


いやぁ……これは参った!
1巻での疑問点をこれだけ驚く形で解消してくれるとは思ってませんでした。
さすがですよ本当に…。
『デート・ア・ライブ』のほうでも何回か驚かされてはいるけど、改めて橘公司先生のすごさを感じました!

強力な力を持つという緊張感を押しのけて繰り広げられる日常シーンの一歩ズレたゆるさ、そしていつの間にか設定を信じ込まされ、信じたそいつに裏切られる爽快感。
やみつきだぜ…!


2巻冒頭にほたるちゃんへの狂信的な愛の独白があったから「ほたるってこんな崇拝されるようなキャラだったか?」と思ってはいたけど、それがシノのことだとなれば納得。
シノことほたるがやっている暗殺は、やってることが物騒だけど行き着くさきは対アンノウンへの勝利だからね。
根っこの部分は”正義の味方”だとは分かってます。

今まで表で皆を引っぱってきたヒメちゃんと、裏から支えていたとも言えるシノことほたる。
…うん、良いコンビだ!!
アニメも楽しみですね!!
……って思って今アニメ公式サイト覗いてみたんですけど、よく考えたらこのサイト見てからこのシリーズ読むんじゃ楽しさ半減ってレベルを超えて「こいつ何言ってるんだ?」状態になることに気付いたぞ?
だって、キャラの名前が違うんだもん…!
「え?あれ?ほたるって…あれ?」ってなるよ!?


ま、それは私が心配することじゃないからね。
きっとアニメ放送中にどこかのスレで笑い話になるんだろうよ。



そんなわけでアニメ『クオリディア・コード』の前日譚 in 神奈川、驚きと再開の喜びと共に読了です!





以上!

いつか世界を救うために (2) -クオリディア・コード- (ファンタジア文庫)
橘 公司(Speakeasy)
KADOKAWA/富士見書房 (2016-01-20)
売り上げランキング: 64,569

今日のラノベ!

いつか世界を救うために-クオリディア・コード-

富士見ファンタジア文庫より
『いつか世界を救うために -クオリディア・コード-』です。


【あらすじ】

西暦二〇四九年。世界は終わるかと思ったが、終わらなかった。突如として現れた正体不明の『敵』―“アンノウン”と戦争を続ける人類。防衛都市のひとつ神奈川の学園に転校してきた紫乃宮晶。彼の目的は『神奈川序列第一位・天河舞姫を暗殺すること』。しかし『最強』の称号を有し、人類の希望である少女の強さはあまりにも規格外で…。「のぞきではない。監視だ」「今は胸を調べている」「無論、尾行だ」「変態ではない、調査だ」「秘密裏に行う家宅捜索だ」舞姫の全てを知るための観察が始まった!?新世代ボーイ・ストーキング・ガール!!


感想:★★★☆☆

クオリディア・コード in 神奈川



すごい緊張感溢れる作品なのかな?と身構えて読み始めて、150pくらいで主人公シノと同じように一人相撲とってる自分に笑っちゃいました(笑)




すごい能力を持った人たちが盛大にその使い道を間違えているのが、なんとも面白かった!
瞬間移動でストーキングという発想は無かった……
っていうか、世界滅亡直前とまではいかなくてもそこそこ切羽詰まった状況のはずなのに、登場キャラの8割方やってることがストーキングというね!
お前らもうちょっとやることあるだろ!?


……無いか!
うん、そうか姫だもんな!!



はい、終始こんな感じのノリでした。
こういうの大好きです




そんなゆるふわ(してない)日常とは裏腹に、シノの役割はその姫の暗殺。
暗殺者が対象の近くに潜入しているうちに情に絆され……というパターンではどうもなさそう。
結果的にはそういう風に見えるけど、姫個人への情といよりは任務そのものへの疑問が暗殺を実行できないでいる理由。
実際読んでいても、なぜ姫が暗殺されるに足る人物と判断されたのかがほとんど見えてこないんですよね…。
大穴の青ちゃんがどうもハズレだったようなので推理はお手上げ状態……

姫へのもうひとつのアプローチである、シノの相方・ほたるちゃん。
かつての親友同士であるほたると姫。
時折見せるほたるの感情の抜け落ちた表情は任務を遂行するための切り捨てか、それとも……?




ひとつ山場が越えたとはいえ、物語としてはむしろこれから。
というか本質で言えばむしろ疑問が膨らむばかり。
……ということで、様子見の★3つ評価ですの。

いわゆる上下巻構成らしいので、2巻が非常に楽しみ。
……楽しみと言いつつ、現時点既に2巻読み始めてるのでタイムラグが酷い




以上!

いつか世界を救うために -クオリディア・コード- (富士見ファンタジア文庫)
橘 公司(Speakeasy)
KADOKAWA/富士見書房 (2015-07-18)
売り上げランキング: 102,833

↑このページのトップヘ