デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: その他のレーベル

どもー。
デスカイザーです。


ひとことだけ。
製造業はやばい。





今日のラノベ!

俺の『鑑定』スキルがチートすぎて 2



Kラノベブックスより
『俺の『鑑定』スキルがチートすぎて 2 ~伝説の勇者を読み“盗り”最強へ~』です。



【あらすじ】

規格外の固有スキル『鑑定』ランクEXを授かったメル・ライルートは、当代の勇者となって、世界を滅ぼさんとする悪竜の打倒を決意した。エルフの少女シルフィーナの故郷に到着したメル一行は、エルフの女王から悪竜に与する妖精の存在を知らされる。その正体を突き止めるべく、メルたちは妖精の国へと赴くのだが…妖精王が妙ちくりんな試練を強要したり、さらには悪竜が直接攻撃をしかけてきたり―。それでも新たな仲間を得たメルは、今日も“神の眼”であらゆるモノを読み“盗って”、立ちふさがる困難を打ち砕く!



感想:★★★★☆

2巻もとてもスルスル読めましたー!




今回もメルくんの鑑定スキルが大活躍でしたね。


「何も読み盗ってない時にメルくんがSランクと同等のスピードで動いてるのは『勇者の剣』に残ってるアース・ドラゴの残滓のおかげだっけ?勇者の剣のスキルだったっけ?
うーん……。



まぁ、メルくんだし、いっか!」



みたいなテンションで読んでいるので、結構内容の理解がアバウトだったりします……。
いや、多分読み込んで理解したらそれはそれで面白いとは思うんですが、メルくんが無意識に『真眼』を発動させていることもあって、直感に頼って読み進めるのが一番面白いと思うんですよ!

一応ラスボス的ポジションの封印されし悪竜さん「の一部」、あるいは「の瘴液を浴びた狂化人類」との戦闘も特に危なかっしく感じることもないですし。
仮に危機的状況になっても「……でもメルくんがなんとかするんでしょう?」という無類の信頼!約束された勝利の剣(勇者の剣的な意味で)。

メルくんに絶対の信頼を寄せているという意味ではシルフィにリンクして読んでいるといっても過言では無いかもしれませんね…!
1巻ではメルくんとリンクしていたdeskyzerなので、3巻を読むときはおそらくクララとリンクしていることでしょう。
\(^o^)/唸る野生\(^o^)/


一方、その絶対的な安心感はある意味マンネリ感というか、盛り上がりに欠ける印象を感じさせなくもなかったです。
マンネリ感を微塵も感じさせない主人公への安心感。
スローライフともまた少し違った方向でのこのフィーリングを、ぜひこの作品には大成していただきたい!!





イオリ・キドーが兄の末路を知ったらどんな顔をするのかな…。


以上!



今日のラノベ!

俺の『鑑定』スキルがチートすぎて

Kラノベブックスより
『俺の『鑑定』スキルがチートすぎて ~伝説の勇者を読み“盗り”最強へ~』です。



【あらすじ】

天涯孤独の少年メル・ライルートが、15歳になって授かった固有スキルは人や物の情報を読み取る『鑑定』スキル。しかも幻のランク“S”をも超える、存在しないはずの規格外―ランク“EX”だった!しかし『鑑定』は人の情報をも読み取れるため、身分を隠したい犯罪者に狙われる危険がある。さっそく命を狙われたメルはどうにか返り討ちにするも、追われる立場に!?エルフの少女とともに逃亡生活を余儀なくされる彼はしかし、チート能力を駆使して困難をあっさり乗り越えていき―。“神の眼”を手にした少年は、伝説の勇者の能力を読み“盗って”、最強へと駆け上がるっ!



感想:★★★★★


279pの、
「そっか。なら、納得だね」

このセリフに至るまでの物語。
ここで感動するための物語。




第1巻にしてただの村人から先代勇者以上の力を得るまでになったメルくん。
鑑定スキルに関して、ランクEXがどれだけのことができるのがメルくんの知る以上にヒントや情報が無い構成なので、「もっとこうすれば…」とか「なんでそれやっちゃったの!?」とか不必要な煩悶に苦しめられることなくサラッと読めた印象です。
大地母神さまの“真眼”に関してのバラしも、「い、言われてみれば確かにそうかも…」と、疑問を挟むことも否定することもないメルくんの立場とほぼ同じ反応でいられたのが良かったです。

そう、シルフィの拉致の真相以外、ほぼ全てメルくんの意識と同化して読めた気がします。
まさに真の一人称。
偶然なのか計算なのか、本を読んでいる時の自分の思考速度と、メルくんの会話速度が完全に一致していたというのも一人称感を強めていたと思います。
心の声と発声のバランスとタイミングとかね?
多少あってもおかしくない主人公と読者の意識のズレみたいなものがほぼ無かったという点で評価されるべきだと思います!!




さて、その上でシルフィというメインヒロインについてです。
人殺しをしたことで、(事情があったとはいえ)問答無用で否定されてもしょうがないのに「メルくんの言うことだから」と納得してしまう系ヒロインです。
はい、かわいい!
多分この子「お湯がもったいないし、一緒にお風呂入ろっか?」って言ったら恥ずかしがりつつも「め、メルくんが言うなら…」って納得して入っていきますよね。
かわゆいなぁもう!!
……で、後でそれを知ったリザにメルくんが撃たれる。





物語全体としてはいたって明瞭。

①シルフィの故郷をめざす
②途中で戦闘になったら、近くの人(敵含む)のスキルを読み盗り対応する

ソフトカバーで300ページ弱だけども、それを感じさせないくらいスルスル読めちゃいました。
癖の強すぎるキャラもいないし、影が薄すぎるキャラもなし。
見る人によっては「平凡でつまらない」という感想にもなるかもしれませんが、個人的には余計なこと考えずにメルくん視点で没頭できたので最高に楽しかったです!!!



以上!



今日のラノベ!


余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です上

余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です下

モーニングスターブックスより、
『余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です』です!



【あらすじ】

『魔法』と呼ばれる特殊な力を持つ者だけが入れる高校で、憂鬱な毎日を送っていた落ちこぼれの野花三葉は、ある日の放課後、何者かに階段から突き落とされ、命を落としてしまう。「もっと好きに生きればよかった」―後悔する三葉の前に白猫の姿をした天使が現れ、あと六ヶ月だけ時間をくれるという。かくして、三葉は六ヶ月の“余命”を手に入れるのだが!?第1回「モーニングスター大賞」受賞作!




感想:★★★★★

読後に泣く自分を幻視して買った作品
その幻視は現実のものとなりました……。



少し長い感想(あるいは駄文の垂れ流し)になったので、最初に要点を。

◎上巻は、後悔しないように生きる!という三葉の強い意思が魅力的なストーリー。
◎下巻は、自分を殺した相手に迫ることで感情が大きく動いていく…!
◎どちらかというと女性向け小説読んでる時の感覚、樹虎にきゅんきゅんする!
◎ぼくはいま、とても悲しい




ではいきます。

不遇な学校生活を送っていた三葉(「みつは」ではなく、「みつば」です)。
親友とは離れ離れになり、仲の良い友達ができず、組まされたペアは不良で、先生からもいびられ…。
とどめとばかりに階段から突き落とされ死んでしまいます。

物語はここから始まる、延長戦の6ヶ月。
奇跡で得られた6ヶ月を、後悔しないように全力で生きると決めた三葉の、不器用ながらも力強い6ヶ月。


上巻は、それまでの学生生活の難点だった人間関係について立ち向かっていくのがメインでした。
ペアの樹虎に対してはおどおどせず正面からぶつかっていくことで次第に信頼を勝ち取り。
他人の危機に見て見ぬふりをせず飛び込んで助けたことで、心実というかけがえのない友人を得て。
努力に次ぐ努力により模擬戦で好成績を収め、魔力覚醒薬使用の誤解を解いて先生からの評価も変え。

まさに表紙に映る堂々とした仁王立ちのように、「どうなるか分からないけどなんとかする!」っていう三葉の固い意思が眩しかったです!
……ポチ太郎の堂々たる姿もまた…。
お前表紙にいたのか……
ポチ太郎、なんだかんだキーマン……ならぬキーワンです。


まぁ、でもですよ。
上巻だけで見たら、割とよく見かけそうな「頑張る女の子!」系の物語と言えなくもないです。
急に何かの才能に目覚めたり、周囲の態度が唐突に一変するわけでもなく。
もちろんその頑張る姿に心打たれたので「すぐ下巻読もう!」となるわけなのですが。
……上下巻同時刊行、大正解ですよね。




ってことで下巻。
上巻で三葉は頑張りました。
すごく、すごく頑張って、人間関係も、魔法のちからも順調です。
順調なのに、これからなのに、余命が、命の期限が迫ります。


恋愛模様が動き出すのも下巻から。
樹虎と三葉の間には、ペアを超えた感情によって動いてるかのような場面が増えていきます!
最初は三葉をグズ呼ばわりしてた樹虎が、集合場所に現れない三葉を探して校内を走り回ったりね?
三葉が樹虎をからかう頻度が高くなっていたのは、あれですよね。小学校低学年くらいの男の子が好きな子にちょっかいかけちゃうみたいなやつですよね!?
そしてそんな樹虎の前に立ちはだかるは、クラスのイケメン委員長山鳥くん…!
ハァー!!!真面目くんと不良くんがクラスの美少女をめぐって恋の争い!

「ここ(モーニングスターブックス)って女性向けレーベルなのかな!?まぁいいか!!」

心実が三葉を「おねえさま!」と慕う姿がまた程よい百合感を醸し出しいとをかし。

「ここ(モーニングスターブックス)って女性向けレーベルなのかな!?まぁいいか!!」(2回目)



そんな弛みきった思考のまま、三葉を突き落とした犯人との対峙のシーンを読んだので…。
目が覚めました。



もともと6ヶ月しかない余命がもう残り半分も無いって状況で、犯人が自殺しようとしている場面に遭遇した時の三葉の気持ち。
想像するだけで、ドス黒い感情と胸が締め付けられる感情と喪失感と色々ごちゃ混ぜになりました…。
大切な人がいなくなった程度のことで、簡単に命を無駄にしようとしているなんて、ねぇ…。
限られた時間を後悔しないように生きると決めた三葉を、嘲笑うかのような。
「―ふっざけんな!」っていう慟哭に込められた感情は、どんなに想像しても想像しきれないものですよね…。




生き返る前に課題になっていたことは犯人を見つけたことで概ね完了し、あとは後悔の無いように死ぬまで生きるだけ。
……だったのに。
ここで恋心に気づいちゃうのは、切ないですよ……。
だってもう無理じゃないですか。
どんなに足掻いたって、ねぇ、もう……ねぇ。

ラスト100ページくらいですかね?
それこそ禁断魔法でも何でも使って三葉が余命以上生きる術を見つけ出すんじゃないかと急いで読みたい気持ちと、全てを察して最後の三葉の生き様を目に焼き付けようとゆっくり読みたい気持ちがせめぎ合ってました。
三葉のために何かをしなきゃいけないのに、何をすればいいのか分からない感覚。
もちろん読み進める以外には何もできないんですが、それでも何かせずにはいられないような。


そして、涙。


やっぱりどうすることもできなかったというやるせなさ、心実の心が引き裂かれるかのような痛みの幻覚、最後の最後の奇跡で樹虎と三葉が結ばれた喜びと切なさ。
三葉が後悔しないように全力で生きたこの6ヶ月が、たしかに彼女が生きたという証をこの世に残したということの誇らしさ。

クローバー畑に向かって最後まで全力で駆けて行った三葉の姿が、本を閉じたら居るわけです。
こんな満面の笑みで、樹虎に背中を預け、心実がしょうがいかなぁと見守る姿が。

ぁぁぁぁぁぁぁぁ…………。





これだけ全力で頑張る姿を見たら、「自分も後悔しないように生きよう!」って普段なら思うところですが、今回は受けたダメージが大きすぎまして…。

何より、悔しい。
三葉の死を覆すことができなかったことが、とても悔しい。



2巻分で描ききれなかった分のストーリーが詰め込まれた3巻の発売が決定しているようですが、僕は3巻をどういう気持ちで読めば良いんでしょうか…。
本当に誰か教えてください。
読みたいけど、読んだら多分また泣くですよ…。

樹虎にきゅんきゅんするという意味ではどちらかというと女性向けなのかもしれませんが、男性の皆様にもこの悔しさを味わっていただきたいです!
あと、こういう物語こそアニメやってほしいですね!
そして涙に溺れるのである。




以上!


気づいたら2週間。
どもー。
デスカイザーです。


前回の更新後1週間は不眠に襲われ、その後1週間は眠気に襲われておりました…。
ストレスはしょうがなくないけど飲み込むとして、「そろそろ…寝れる?」って時に始まる隣の部屋の熱唱マンの罪は重い。


コミケでご挨拶させていただいた方々、遅ればせながらありがとうございました!
久々にラノベオタクっぽい日常(戦場?)に浸れて、楽しかったですし回復しました!
お金と時間の都合上回れなかったサークルさんもいくつかあったのが大変申し訳なく…、悔しいです…。
冬コミはもう少し余裕を持って参加したいです!



では、今日のラノベ!


成人すると塩になる世界で生き残る話

ビギニングノベルズより
『成人すると塩になる世界で生き残る話』です。



【あらすじ】

ある夏の日、成人になると肉体が塩になって死ぬ世界に一変した。これまでの社会機能は麻痺し、町では不良共が欲望のままに暴れ回る。そんな中、夏休みから自宅に引きこもってゲーム三昧だった青年・祐也が、不良達の抗争に巻き込まれることとなった。飛び交う銃弾、破壊と暴力、セックス。突如出会った盲目の少女と偏執的な後輩少女とともに、この異常な世界を奔走していく!



感想:★★★★★


タイトルの右側を理解することを脳が拒絶するところから、既にこの物語に呑まれていたのだと知る。




「なんで塩なの!?」
「どういう現象なんだ!?」


思い返してみると、そういうセリフが一切無かったように思います。
(あるいは覚えてないほど希薄なシーンではあったのかもしれませんが)
主人公なんて、初めて塩になった大人を見て最初は固まったものの最後には「まあいい、」で済ませますからね!

よくねぇよ!!?


と、読者としてはついつい思ってしまいますが。
あの場で「何で…?」のループにハマり行動しないなどという愚を犯さず、自分の守れる範囲を正確に判断して守るために行動し続ける主人公に、もう惚れ惚れ。
裏を返せば守れるもの以外は切り捨てるという残酷な姿勢が、どういう経緯で培われていたのかもまたこの作品に厚み(物理)を加えるスパイスの1つ。

そういえばこの作品、何かと人殺しを正当化している気がしますね。
それも自分や自分に近しい誰かを守るための人殺し。
許される行為か、許されざる行為か。
少なくとも塩になる世界になってからの話で言えば、司法も警察もまともに機能してないんで許す許さないの話ですら無いんですがね?





ヒロインは2人+1人。

+1こと、主人公のおとなりさんこと新崎さん。
幼なじみ的ポジションなのに、序盤に拉致られレ○プされるだけの子。
あるいはこの物語で一番不憫なのは彼女なのかもしれない…。


ヒロインその1、本条唯ちゃん。
新崎さんの友達の盲目の女の子。
人の善性をかき集めて形成したかのような天使、それ故に他人の悪意に疎い。
そして、悪意に疎いが故に悪意を上回る善意で包み込めるタイプの天使。
語弊を恐れず言えば、秩序も何も無い世界では足でまといにしかならず存在価値が女性であることくらいの存在。
主人公のスタンスに噛み合わないのに何故か行動を共にさせてもらえている。
その答えは結局うまく見つけることができませんでした!
情?



ヒロインその2、森園真名実ちゃん。
泣く子も黙る主人公の後輩のストーカー(仮)。
表紙で一目惚れしてずーーーーっと出番を待っていたのに、まともに喋るまで20万字超ってどういうことですかデブリ先生。
そしてスク水をありがとう。
主人公と同じくらい黒く、暗く、ぶっ壊れた存在でとてもゾクゾクしましたありがとう。
壊れてるけど、壊れてる世界においては狂おしいほどに愛しい。






何かが欠けた少年少女たちが、壊れた世界で互いを照らし合う物語。
四十二万文字のボリュームに見合うだけの読書時間は必要だけれども、
控えめに言って最高なので、是非。

とりあえず真名実ちゃんに出会えて本当に良かった。ありがとう。ありがとう。




成人すると塩になる世界で生き残る話 (ビギニングノベルズ)
宙乃塵屑
キルタイムコミュニケーション (2017-07-22)
売り上げランキング: 446,490

今日のラノベ!


僕らが明日に踏み出す方法

メディアワークス文庫より
『僕らが明日に踏み出す方法』です。




【あらすじ】

「納得できるまで、今日をやりなおせたら」―そう思ったことは、ないですか?ピアノコンクールを一週間後に控えた少年・中瀬と、同じく一週間後に告白の返事を待たせている少女・山田。ふたりはある日、同じ一日をループしている自分に気づく。次の日へと進むための条件は「『最善の一日』と思える一日を過ごす」こと。目の前にいるキミの、本当の願いはどこ?わたし達が出逢った理由は―?廻る毎日に二人が見つける「明日に踏み出す方法」は―。



感想:★★★★★

ある理由のためにどうしてもピアノコンクールで一番を取りたい中瀬。
告白の返事を決めあぐねている山田。



二人は同じく「納得できるまで、今日をやりなおせたら」という願いを持ち、それが額面通り満足のいく一日を過ごさないと次の日に進めないという現象を引き起こします。
でも、幾度のループの果てにたどり着いた結末はというと、中瀬はコンクールで一位を取ることができず、山田は忍と交際しない選択をするというもの。



“理想の結末”を完遂するまで繰り返す『リゼロ』みたいなタイプのループものとは違い、繰り返す中で自らの真意に気づいて“理想の結末”が変わるタイプのループものでした。
何度も何度も繰り返す中での精神的な成長が心地よかったです。


で、それだけで終わらなかったのがこの作品のすごく良かったところ!
コンクールの日であり告白の返事をする日だったループの最終日が終わったのに
「あれ…?まだ40p近くある…?」ってなった時のワクワク感!
「まさか…あれがこうなってそういうこと!?」をさらに裏切る、それでいて納得の結末。

これがまぁ堪らないわけですよ!!


最終的に読む前にあらすじから想像していた結末とは何もかもが違うのに、「岬先生…こんにゃろめー♥!」ってついついじゃれつきながら崇め倒したくなるような気持ちのいい敗北感。
これだからラノベ読みはやめられない…!





……っていう感想を1ヶ月前には抱いていたということを最後に。
読み終わってから感想書くまでに間が空いているのでふわっとした感想になってしまったこと、ご容赦ください…。




以上!



僕らが明日に踏み出す方法 (メディアワークス文庫)
岬 鷺宮
KADOKAWA (2017-06-24)
売り上げランキング: 314,394

↑このページのトップヘ