デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: ファミ通文庫

どもー。
デスカイザーです。

今年も残り一ヶ月!
つまり今年読めるラノベも予定的にはもう20冊くらいが限界かもしれないということ。
(……アニメが溜まってなければもう少し読めるんだが)

2016年の初ラノベを何にするかも考えとかないといけないですねー。
2014年は『織田信奈の野望』1巻
2015年は『彼女はつっこまれるのが好き』2巻
今のところ、候補は
未読の中だと『GATE外伝1』『織田信奈の野望外伝』
既読の中だと『C3-シーキューブ-1』
あたりです。
まぁ、あと一ヶ月頑張りましょ!



んじゃ、今日のラノベ!

獣娘小隊にやる気なし司令官が着任しました。 (ファミ通文庫)

ファミ通文庫より
『獣娘小隊にやる気なし司令官が着任しました。』です。


【あらすじ】

暇すぎて出世ができない最悪の左選先『アリ地獄基地』。そここそが怠惰を愛する男・リオンにとって最高の勤務地だった!しかし意気揚々と着任するも獣人種の兵を束ねる人狼族の少女ルガルが彼のやる気のない態度に猛反発。さらに獣人と人間が対立し、砦には不穏な空気が漂っていた。そんなある日、リオンがルガル達と外出している間に、砦が敵国によって占拠されてしまう!嘆くルガルのため、リオンが打ち出した秘策とは!?獣娘ファンタジー軍記、開幕!


感想:★★★★☆

主人公・リオンのスタンス=やる気なし自体は、もはや目新しさが欠ける設定に感じるようになりました。
「やる気ないと思った?残念、やる時はやるんです!」
っていうギャップを楽しむのが第一だと思うんだけど、こうも色々読んでると被りが、な……。

とはいえ、第二、第三の楽しむポイントはバッチリですよー!


主人公のスタンスは上述のとおり「やる気なし」
それ自体はありふれてるけど、その根底にある思考パターンは作品により千差万別なので、そこが一応の差別化ポイントですかね。
この作品の主人公・リオンの行動指針は、


「頑張らないためなら、どんな努力も惜しまない」



すごく共感。
何せ、私デスカイザーの行動指針と全く同じ!
凄いよね。
もう読んだ瞬間鳥肌がすごかった!


作品自体の話ではなくなりますが、デスカイザーが”ラノベ”の次に面白いと思っている趣味のひとつである”熟語を漢字から意味付けしていく”を使って、「頑張る」と「努力」の違いを説明いたしましょう。

「頑張る」=”頑なに””張る”
張る、というのは……そうですね、”諦めない、撤退しない”みたいな意味に捉えましょう。
つまり、「頑張る」という言葉は「意地でも諦めない=自分の力以上のTRYをする」という意味になります。

そして、
「努力」=”力を””努める”
つまり、「自分の力を発揮する=自分の持てるだけの力を行う」という意味になります。


お分かりでしょうか?
つまり、リオン(そしてデスカイザー)は、「自分の持てる力の限りを尽くして、自分の力で解決できないことを起こさない」ことをモットーとしているわけです。


直感的な例を示すと、
試験前に慌てて勉強すること、は「頑張る」で、
普段からコツコツと(あるいは計画通りに)学習すること、は「努力」なのです。


作品内ではリオンが自分の生き様を語っているシーンがあります。
もちろん、上で挙げたような理論ではないうえに、「無茶」という新たなワードが加わっています。
でも、そのシーンのおかげで。
彼は決して、決して適当に生きているがために「やる気なし」をしているわけでは無いという事実がはっきりとします。
……真面目なシーンと普段とのギャップをあれだけ作れるほど完璧にモットー通りに振る舞えているのは、リオンの出生をはじめとした身の回りの要因が深く関わっていることは否めませんが。





この作品は、「物語の中の誰かの手記をもとにつくられた物語」という設定のもとで書かれています。
リオンが「やる気なし」の割に英雄であるかのような印象を受けるのは、そのせい。
……あとがきもその設定に則ってたから、「えっ?獣娘のいる王国って実在したの?」という突拍子の無い思考に囚われたのは内緒


誤植があるくらいには固有名詞がたくさん出てくるのがネックではありました。
ヒロイン(=獣娘)たちの名前は、種族ごとに連想しやすい名前(イヅナ、リュウカなどなど)だったので大丈夫だったけど、国の名前と人の名前はどうにも苦手でして…
絶対2巻読むとき苦戦する(予言)




個人的にリオンとの共感が底知れないので、続きがすごく楽しみ。




以上!

だもー。
デスカイザーです。

9ヶ月ぶりくらいに自然回復スタミナだけで神々周回する生活です。
#パズドラ

ただ単に今月の課金分が尽きただけとも言う。



それじゃ、今日のラノベ!

Lady!? Steady,GO!! Special Edition (ファミ通文庫)

ファミ通文庫より
『Lady!? Steady,GO!!』です。


【あらすじ】

僕、静目圭には一つ年上の幼馴染みがいる。僕がセンパイと呼ぶその彼はとても優秀だ。
できないことは皆無だと言い切れるほどに。
最高の身体能力に、最高の知力に、最高の容姿。
超巨大複合企業《SANADA》の次期当主になるべく、幼少時から特殊な環境で教育を受け続けたセンパイ。
しかしその彼には、残念ながら常識が皆無だった!
そんなセンパイこと真田燐之介と、その教育係として日々奔走する僕の、
後継者争い本格参戦への幕が今上がる――!!
スペシャルエディションはなんと『バカとテストと召喚獣』書き下ろし短編小冊子付き!


感想:★★★☆☆

バカテスの井上堅二先生の新シリーズ!

超英才教育を受けた結果奇跡的なレベルで常識が欠如した真田燐之介。
真田グループの末端の末端に位置する静目家に生まれ、燐之介の幼馴染みで教育係である静目圭。
燐之介の妹で、ブレない突っ込み係、真田華凛。
引きこもり、人見知り、電子系最強、甲斐景虎。

4人で結成されたワークスチームで、真田家の跡目争いをどう切り抜ける!?




……っていうストーリーになっていくと思われます(予想)!

1巻は顔見せ的な感じで、チーム結成の障害となっている飛鳥井さんとの壮絶な(笑)対決。
あとイースターエッグと呼ばれる謎の物体と、リリィと呼ばれる謎の少女の登場。
燐之介の超人的な才能と、圭の超人的な発想力(と常識)、そしてイースターエッグを中心にして起こる摩訶不思議な現象(主に燐之介の性転換)がうまく融合することで、色々な方向に尖った笑いが…!!

初っ端からヘリで街中に乗り込んで模擬弾撒き散らして、ビル爆破解体まで。
動くお金の規模がまさに桁違い…
そこまでしてやったことが「カップル狩り」なんだからもう……w



『バカテス』がバカが織り成す地獄絵図だとしたら、この作品は天才が作り出す地獄絵図。

まだ『バカテス』ほど面白い(比喩抜きで笑って呼吸できなくなるレベル)ところまではいってないけど、2巻以降での地獄に期待!




以上!

どもー。
デスカイザーです。


皆さん地震大丈夫でした?
私の住んでる地域は震度4でしたけど怖かったです(≧∇≦)
東日本大震災のときよりは小さいとはいえ、似たような揺れ方で…

っていう感じのアイドルブログありそうだよね(どうでもいい)


それじゃ、今日のラノベ!



ファミ通文庫より
『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!4』です。


【あらすじ】

それは駆逐艦娘の陽炎が横須賀に来る前のこと。指導役の神通、同じ隊の霞、霰、そして相棒である不知火。第十八駆逐隊に所属する彼女は、かけがえのない仲間に囲まれ、厳しくも充実した訓練の日々を送っていた。そんなある日、同型艦の黒潮から鎮守府祭開催の噂を聞き期待を彫らませる陽炎だったが、まさか自分が駆逐艦娘の代表者に選任されるとは思いもよらず―。今回は陽炎の呉鎮守府時代!


感想:★★★★★

5巻買ってないことに今気づいた…


えー、ざっくり言うと過去編ですね。
陽炎が横須賀に来る前、呉鎮守府で神通さんの愛のムチを受けていたころのお話。
不知火、霞、霰、黒潮など駆逐隊の面々に加え、
みんなの鬼教官、神通
ボクっ娘、最上
航空戦艦となったばかりの伊勢・日向
その二人に航空機の扱いを指導する龍驤

…といった呉鎮守府の艦娘+

横須賀の問題児・曙となだめる潮、
佐世保の別の意味での問題児・皐月と長月

…と、シリーズお馴染みの駆逐艦たちも勢ぞろいです!



シリーズ通してのテーマどおり、駆逐艦が大活躍のストーリー!!

①日頃から戦闘をしているからこそ容赦のない”豆まき”
…俺の知ってる豆まきはこんなリアル鬼ごっこみたいに殺伐としていない…

②このシリーズの駆逐艦らしい血気盛んな”騎馬戦”
…俺の知ってる騎馬戦は殴り合ったりしない…


……そんな感じです!(そんな感じです)



皐月・長月と霰との出会いがなんだかんだ初公開?
正直うろ覚えなんだけど、陽炎が皐月に初めて合ったシーンで一緒にいた霰と皐月が「以前から知り合っていた」みたいな描写が1巻にあったよね?
…確認してきたけど出会いのシーンでは「第十四駆逐隊はもともと長月と霰しかいなかった」くらいでした。だからたぶん後々語られていたのでしょうたぶん。

たぶん。

あ、でも長月が霰と一緒にいたい・守りたいと思っていた気持ちの原点を知れたので良かったです。
もしこれから『陽炎、抜錨します』シリーズ読む方がいらっしゃったら、この4巻を読んでから1巻を読むと、長月・皐月サイドの気持ちがより深く分かるので面白いと思います。



Weigh Anker!!!!


以上!
(綴りが怪しい)

どもー!
デスカイザーです。


趣味に割く時間の割合が
ラノベ:艦これ:パズドラ
  1 :  7 :  2
くらいになってきてます…。
艦隊のレベルに見合わない難易度でイベント進めてたからなんだけど、そろそろラノベ熱が暴走しそうなのです…。
とりあえず明日は読書するために絶対バイトの残業は断る!


それじゃ、今日のラノベ!

天啓的異世界転生譚 3 (ファミ通文庫)
ウスバー
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-01-30


ファミ通文庫より
『天啓的異世界転生譚 3』です。


【あらすじ】

格闘家少女ララナの案内で、武闘大会にやってきた鋼たち。はじめは参加に乗り気でなかった鋼だが、会場で見たある衝撃的な光景をきっかけに、大会を勝ち抜く決意を固める。そんな彼の前に立ち塞がるのは、優勝候補の魔法使い、歴戦の格闘家、謎の炎術師、そして、ツンデレアイドル!?暴風が吹き荒れ、スカートが舞い、会場が消し飛び、3歳児神様が絶叫し、木の枝がかっ飛び、やっぱりスカートが舞い上がる武闘大会で、“棒切れ勇者”の無双の活躍が、始まる!!


感想:★★★★☆

メインヒロインは「棒きれ」



最後の最後まで鋼が武闘大会に出る意図をうまく隠しきられてしまったのが悔しい…。
一瞬浮かんでたはずなのに、その後の展開でまんまと引っかかったーあー!

悔しい!


そして今まで幕間で進んできた「鋼を追いかける謎の厨二少女」が本編に合流……しかけたね。
しかけたところで終わっちゃったし、結局鋼とはまた物理的距離が開いちゃったし…。
はたして鋼は彼女のことを認知しているのか……?
……してるよねさすがに。



2巻で初登場のラトリスとララナの2人も今回大活躍。
ラトリスさんの薄々感じていたキャラの濃さは間違っていなかったこと、さらにキャラが濃いのに2巻では影が薄かったララナの真の実力があきらかに…!
ララナさんマジで強かった…
全国大会2位って…
そんな彼女の語る「かつての鋼」っていうのが気になってしょうがないんだよね…
転生してから出会ったはずの彼女なのに、鋼の過去・転生前を知っているかのような口ぶり。
最初は例の厨二少女かと思ったけどそういうわけでもなかったみたいだし…。
……こういうときって1巻でチラッとだけ出てたりするパターンだけどどうなんだろう(地味な推察)



表紙のアスティ涙目にはちゃんと意味があるのです!
……忘れててごめん



以上!

どもー。
デスカイザーです。

新刊を4冊ほど買ってきましたー。
今月の残りの新刊は来月のラノベ文庫と一緒に買うつもりです。
ちなみに来月の発売情報は明日まとめるつもりです!
(twitterで今日やるって言っちゃったけど腹痛のため断念)


んじゃ、今日のラノベ!

天啓的異世界転生譚 2 (ファミ通文庫)天啓的異世界転生譚 2 (ファミ通文庫)
(2014/06/30)
ウスバー

商品詳細を見る



ファミ通文庫より
『天啓的異世界転生譚 2』です。


【あらすじ】

死闘の末に「棒切れ」で巨竜を倒した鋼を襲う新たな即死危機!
それは、三歳児女神シロニャすら怯える最凶ダンジョンの出現。
あの手この手で女子をエロい目に遭わせる一方、男子を容赦なく殺すという非道なダンジョンを前に、鋼はかつてない苦しい選択を迫られる。
さらに、街の英雄となった鋼の元には、猫耳、盗賊、ゴスロリの美少女が護衛候補としてやってきて……。
神をも下すチート(無駄)能力が炸裂する稀代の転生譚、フルスロットルの第2巻!


感想:★★★★☆

鋼に迫られる苦しい選択…

ダンジョンを「わくせいはかいばくだん」で爆砕するか、

ダンジョンに乗り込んで美少女たちのあられもない姿を見るか…



後sy前者ですよね!




10日間の闘い(棒きれで叩き続ける)の末街を救ったのも束の間。
戦闘を行っていた場所に現れたダンジョンによって再び街は退避する準備へ…
ずいぶん短期間で逃げる逃げないを繰り返す忙しい街ですねっ!

なんだかんだ言っても一大事。
先の闘いでギルドに認められた鋼はダンジョン攻略を要請され、その護衛にとギルドに紹介された美少女たちとギャーギャーするお話。
ギャーギャーするとは書いたけど、美少女のうちのゴスロリことクロニャさん絡みで世界の不条理だったり心の問題だったり結構深い内容もある……よ?
1巻の戦闘を経て鋼にデレたアスティが可愛いんだけど異様に残念な扱いを受けているのが残念だけど嬉しい。
なんだろう、この気持ち



深い内容「も」ってことで、やっぱり一番は会話のテンポの良さだよね。
鋼が綺麗にボケもツッコミもこなしてくれるから、常に賑やか。
彼のように流れるようなツッコミを極めたい……!


3巻は……今月中に読もうかな



以上!

伝説の魔剣<ただの木の枝

↑このページのトップヘ