デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 講談社ラノベ文庫

どもー。
デスカイザーです。


急遽スマホの機種変更してきた関係で、土日の予定がこんがらがってきてます…。
買い物と、セイレムと、魔王の始め方オンラインと…。
読書と、スロットと、ツムツムと、カラオケと…。
そしてブログの更新(と更新のストック)も。

某海賊風に言うならば、

ここが命の張りどころ、ってね!!



今日のラノベ!


異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 6

講談社ラノベ文庫より
『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 6』です。


【あらすじ】

腐敗した教会を正そうとするルマキーナ。彼女に協力して、ディアヴロはとうとう王都へ乗りこむ。聖騎士との交戦が予想されるが、実は楽観していた。“宝物庫”で揃えた新しい装備は、この異世界において圧倒的だからだ。しかし、立ち塞がったのは無力な信者たちだった。ルマキーナは戦いを望まず―教会堂に閉じ込められ、逆に背徳の汚名を着せられてしまう。理不尽な扱いすらも受け入れる聖女だったが…ディアヴロは黙っていることなどできなかった。「敵も味方も判らぬ愚者どもめ、もはや生かしておく価値もない!」強大魔術で教会を粉砕する!?やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第六幕!



感想:★★★★☆

ホルンめ、エロい下半身しやがって!!




VS教会編完結です。

・「教会を変えたい」という想い
・ディアブロを神様だと信じる

という最初に設定されたルマキーナの条件が揺らぐことなく、そしてこの条件がうまく活かされたラストでとても気持ちよく読み切れました。
頼りにしていた神官がクズに成り下がっていたり、何度も囚われ呪いを受けたりと数多くの困難にぶつかってきましたが、それでも諦めることなく目に光を宿し続けていたことがですね、最後のディアブロの迫真の演技に繋がると思うんですよ。
もちろん教会の腐敗そのものが許せないという気持ちもありましょうが、女の子の自らを顧みない奮闘を前にしたら魔王の羞恥心の1つや2つ大したことないです、えぇ。
ホルンの胸部装甲くらい些細なものですとも、えぇ。



そのホルンもルマキーナとは少し違う意味で諦めない子でしたねー!
いやまぁ、一度は逃げてますが。
良いんですよ、彼女くらいの歳で目の前の驚異から一目散に逃げるのは。
逃げた後に、逃げたけど、どうにかできる可能性を見つけた時にそこから目を逸らさなかった強さを大事にすれば良いんですよ。

ルマキーナの諦めなさは、壁にぶつかってもわずかな窪みに手をかけて登ろうとするもの。
ホルンの諦めなさは、壁にぶつかり引き返し、帰りながらはしごが落ちてないか探すもの。

どちらがより良いかというより、どちらも選択肢に持っておきたいものです。
ちなみに流れで例えるなら、

レムは、壁を乗り越える方法を手持ちと周囲のもので考える。
シェラは、周りに迂回路が無いか探す。
ディアブロとクルムは壁を粉砕する。

といったところでしょうか。
個性がすごい。




久々の登場となったアリシアは……生き生きしてましたねー。
あの真面目そうな外見で、ああも企み顔が似合う美人さんもなかなか居ないですよ。
教会や王国の嫌な体質が現実味を帯びてきた今となっては、アリシアは反逆の騎士でありながらも正義の忠臣であるのかも、と思えてきました。
少なくともディアブロが既得権益に囚われない限り、物語上重要な一手を担う存在になっていきそうです。
……クルムと二人でしょうもない計画で悪い笑み浮かべているイラストとか来ないかなぁ…。




最後の最後、レムとの入浴シーン。
全てを持っていく黒い天使。
角だか何だか知らないが、
ディアブロよ、もげてしまえ……(呪い発動!)




以上!



異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術6 (講談社ラノベ文庫)
むらさき ゆきや
講談社 (2016-09-30)
売り上げランキング: 188,926

今日のラノベ!

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 5



講談社ラノベ文庫より
『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 5』です。


【あらすじ】

聖女ルマキーナが呪詛を受けてしまった。解呪するにはディアヴロがゲームで入手したアイテムを使うしかない。数多の冒険者たちが攻略に失敗しているダンジョンに挑むことになるが…密かに余裕だった。このダンジョンを造ったのはディアヴロ自身だからだ―『我が地を荒らす小さき者どもに、死を与えよう!』たとえ最強種ドラゴンが現れようともディアヴロは魔王らしく怯まない!「フッ、たかがレベル140で神気取りか?笑わせるではないか、雑魚め」その頃、ジルコンタワーには魔王の覚醒を告げる魔族が現れて…!?自分が作ったダンジョンを自分で完全攻略!?やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第五幕!



感想:★★★★★

今巻は「ここ!」ってフィーチャーするところが見当たらず、クオリティの高い面白さを維持し続けていましたねー!




大きく分けて自作ダンジョン攻略と対魔族戦闘の2パート。

ダンジョンはディアブロがゲームで作ったもの、ということでどことなくディアブロが生き生きしてました。
「ゲームと違ったらどうしよう…」と少し不安がる姿も、普段のロールプレイから外れていることを考えればテンションが上がってるが故とも取れて……そんなに普段と外れてないですね。
でもなんかテンションが高いというか、浮ついているように感じたんですよ。

……分かりました。
多分ダンジョンのギミックとして攻略していた皆でダンスしている姿があまりにも強烈すぎて、それに全体の印象が引っ張られちゃってるんですねこれ。
いやだって!
レム・シェラ・ルマキーナが踊ってる姿は蝶よ花よというかダンジョンに舞い降りた天使的なsomethingなのは間違いないじゃないですか?
その近くでホルン(この時点ではショタけもっ子という認識)がたどたどしく踊ってるじゃないですか?
で、それを冷静に観察しながら無表情で完璧に踊る自称魔王が居るんですよ?

多分今作で一番衝撃的なシーンですよここ!!
レムのレムに指入れてクチュったシーンよりも衝撃的ですよ!!!






その衝撃を乗り越えた先で、ホルンが「実は女の子でしたー」を発動しても何の驚きも無いですよね。
ディアブロが(ホルンに)ついてないことに気づいてすごく衝撃を受けていたシーンも、あんたの踊りのほうが衝撃なんだよっ!!ばかっっ!!!ってなってました。
ごめんねホルン…、薄々気づいていたんだ…!

このあたりでこの先何が来ても驚かないという変な自信が生まれてました。



ダンジョンの管理者的メイドキャラ・ロゼはとても良いキャラしてますね!
ビジュアルが素晴らしいのは表紙を見ていただければお分かりになりますね、主に腋と脇腹。
性格も「ディアブロだけに忠誠を誓い、他は塵芥も同じ♥」っていう本性を隠そうもせずにバラ撒き散らす強気さが最高です。
微妙にレムに言い負かされてしまう程度のスペックっていうのも、強気さを引き立たせるアクセントとしてしっかり機能しているのではと。

今後の彼女は、メインになりすぎず、便利になりすぎずというところが求められます。
言わばチートに近い稀少アイテムが山ほど保管してある場所の責任者ですから、あまり便利にぽいぽい使われちゃうとギリギリの戦闘という面白さが損なわれてしまいますから。
適度にメンテして、適度に戦っていただければと思います。





対魔族戦闘、ディアブロが本気を出して戦うことを決意したのは良いのだけど、そのきっかけが「戦場で嫁のおっぱいを揉むなんて!」「リア充爆発しろ!」なので、とても驚きました。
先にも書いたとおり、この巻で驚くことはないだろうと思って読んでいてのこの驚きだったので驚きですよ。
驚きの二乗です。
つまりどういうことだ…。




そしてホルンの男気と涙で感動してEND。
1冊通して色んな感情を使い切ったような気がします…。
ただの感動とか、ただの驚きとかじゃなく一風変わったものを提供してくれるので、やっぱりこのシリーズ好きです。



以上!



異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術5 (講談社ラノベ文庫)
むらさき ゆきや
講談社 (2016-06-02)
売り上げランキング: 213,803

どもー。
デスカイザーです。


昨日、原宿で行われたCeuiのライブに行ってまいりました!
ライブ特有のテンションにはどうしても馴染めないというか一歩引いて見てしまうタイプでして、今回も特有の世界観にはあまり馴染めませんでしたが…(ひくとかじゃなく、混ざれない)。
それを補ってあまりある曲の良さ、歌声の良さのおかげで活力を得られました!
特に「星織ユメミライ」と「primal」の2曲は前奏が始まった瞬間涙が浮かぶほど。
人生でもトップ3に入る程好きな曲でこれのために行ったと言っても過言では無いくらいだったので、本当に良かったです!!

皆様もぜひ、上の2曲を聴いてみてください!




日記終了。
今日のラノベ!

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 4


講談社ラノベ文庫より
『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 4』です。



【あらすじ】

ゲームに似た異世界へ召喚されたディアヴロは、手違いで奴隷にしてしまった豹人族のレムと、エルフのシェラ、さらに幼女魔王のクルムを従え、波乱に満ちた異世界ライフを過ごしていた。ある日、聖騎士に追われていた聖女を助ける。彼女は教会の最重要人物だった。事情を知ったディアヴロたちは、魔王領の都市ジルコンタワーまでの護衛を引き受ける。何日もかけて行った街では、様々な問題が起きており…そのうえ超巨大魔獣が出現して突っこんできた!「これより多重魔術を使う!レムよ。周りを警戒しておけ!」魔王を名乗るディアヴロが、神の信徒の守り神に!?やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第四幕!



感想:★★★★☆

アリシアとの再会&結託からルマキーナとの出会い、そして旧魔王領ジルコンタワーに蔓延る腐った神官たちに怒りの鉄槌を下すまでの物語。




魔王ロールプレイでしかうまく会話できないという設定が少し暴走し始めましたね。
今までは魔王の微妙な発言をまわりが良い方向に理解してうまいこと進むことが多かったですが、なんとなく今回は全く意図と異なる発言をまわりが曲解してなんとか落ち着いているような。
「殲滅あるのみだ!」(52p)とかもう言い訳のしようがない……(笑)

ディアブロのテンパる気持ちはよーく分かるので、その動揺が見てとれることにありがたみも感じています。
ただ近いようで遠い違いに慣れるまでは少し大変かなぁ?と思ったりも。




さぁそして今巻から登場の大主神官ルマキーナさま!表紙の子です。
触手にひん剥かれての殺害予告という登場から、終盤のレズ拘束、そしてラストの死の呪いとどこまでも不遇な子なんですが、改めて字に起こすと不遇さがすごい。
触手からの救出後最初に目覚めた時に心配されるのが、自分を助けた男性からの貞操というのも加えるとさらにひどい。
周りに癒しという幸福を与えている分、当人に不幸の星が棲みついているパターンですかね…。
1シリーズ分脱いだ気がするので、5巻以降は勘弁してあげていただけたらと思います。
刊行済なので手遅れですが。




ストーリー的には、敵の在り方がテーマだったかと。
ディアブロの「敵」の前提としては自分に害するもの、良識で判断して周囲に害を為すものというところは不変です。
でも、この巻で一瞬でも相対した勢力を挙げてみると、
初っ端が魔族と通じた国家騎士、続いて聖騎士、教会所属の非正規部隊こと聖騎士隊、領主、超大型の魔物、そして聖騎士長。

あの世界での常識的な価値観で属性だけ見てみると、まさにディアブロの魔王としての面目躍如といったくらい表側の人間・教会だったり国家戦力と相対しているんですよね。
でも中身を見てみるとあら不思議、ディアブロは紛れもなく正義の味方。

この矛盾していない矛盾感が面白いんですよねぇ…!
傍から見たらどっちを援護したら良いのか分からない感じの。
「援護します!」「ありがとう!(…しめしめ)」みたいなことが平気で起こりそうで楽しみです。
基本的にゲスなので。






次回、『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』第5巻
「自分で作った高難易度マ○オを自分自身で実況プレイ」(意訳)





以上!



異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術4 (講談社ラノベ文庫)
むらさき ゆきや
講談社 (2016-02-02)
売り上げランキング: 121,172

どもー。
デスカイザーです。


今日は、スロットのアプリをオートで回しながら簿記の勉強していました。
食傷感と射幸心の間(はざま)で揺れるdeskyzerの明日はどっちだ!(給料日的な意味で)



明日のことは明日に任せて。
今日のラノベ!


ドラどら王子の新婚旅行


講談社ラノベ文庫より
『ドラどら王子の新婚旅行』です。


【あらすじ】

5人の美少女花嫁と結婚した“ドラゴン乗りのどら王子”クラルト。新婚旅行を控えてウキウキの6人だが、花嫁たちそれぞれの出身国から、今回のハーレム婚について説明を求める書状が舞い込んだ!戦争にも発展しかねない王国の危機に、釈明のために飛び立つ新婚夫婦婦婦婦婦!待ち受けるのは、コワモテ無敵の剣豪、半裸の魔乳魔女、超絶ブリッ子王女様、そして、すっぽんぽんの幼女?挨拶回りの中、クラルト達は世界が長年抱えてきた争いの火種に直面する。大陸をまとめる次期国王夫妻妻妻妻妻の器が試される時、彼らが導き出した結論は―?怒涛の冒険&ヒロイン増量で楽しさ大幅パワーアップ!オールレンジ・ハーレムラブコメ第2弾!



感想:★★★★★

5人の妻を等しく愛でるストーリーながらも!
新たな嫁候補を次々と投下し続ける!!
それでこそ、真のハーレムものであるっっ!!!


作者、あるいは作者と編集を合わせた制作サイドの才能の片鱗はあらすじの「夫婦婦婦婦婦」「夫妻妻妻妻妻」で感じていただければと!
このあらすじ、ナレーターになったつもりで全力で読むとすごく面白い。
ふうふふふふふwww





さて、今作は『ドラどら王子の花嫁選び』の続刊です。
各国への結婚挨拶まわりついでに新婚旅行!という、なんともクラルト達らしい内容。
ムサシ&メリィ&ヴェヌセラル回でもあります。
そして他国から来た3人がクラルトとの仲を深めるほど、身近な存在だったエフリークとカイトスの相棒感が引き立わけです!
さらにさらに、新キャラのオロチが嫁以外の「家族」としてのポジションを開拓していき、さらにさらにヴェヌの姉・プリネルラや新キャラのノイス、既存メイド・ゼナンが嫁候補……に?な雰囲気を漂わせたりとなんとも濃い1冊です。
これ本当に1冊に収まってるのが奇跡ですよ……。



⇒嫁’sについて

ムサシとおやっさんとの、古風で、だからこそ想いの丈が伝わってくるやり取りにはウルッときました…。
全体的に洋風な作品ですが、ムサシの国が出ていた第三章だけは別の作品であるかのような雰囲気で、好きですね。
すっごいもどかしいけど、そこに確かな美学があるっていうTHE・サムライな感じがたまらないです!


メリィの国はアフリカのが雰囲気近いのだけども、「森に住む民=エルフ=中世=欧州」みたいな図式が頭に刷り込まれているせいで、ヴェヌの国(=欧州的雰囲気)との堺が曖昧だったり。
それはそれで英仏戦争を彷彿とさせるので世界観のイメージとしては成り立っているのが不思議。
……どちらが英でどちらが仏かはご想像にお任せします。


ヴェヌは1巻からの成長に涙ですね…。
まさかあのつんけんしていたヴェヌが、クラルトにスリスリしてうっとりするなんて!
スリスリされたら気持ちよさそうなヒロイン第一位に決定です!
ちなみに二位はロイナ。

スリスリはともかく、生まれつきの髪色で煙たがられてたヴェヌにとってクラルトはお婆さま以来の心を許して一緒に居られる人。
そういう人のために頑張る才能にかけて、ヴェヌの右に立つ人はいないでしょう!
ノイスとの優勝決定戦はハラハラしたけど、それでも不思議と勝利は疑わなかったことが自分の中では印象深かったです。
新婚旅行を通じてエフリークを呼び捨てで呼んじゃうくらい親密になったことですし、これからもヴェヌはもちろん嫁たちで仲良く騒がしく結婚生活を楽しんでいただきたいものです…!




⇒新キャラ+αについて


オロチちゃん!
嫁、妹に続いての家族の形すなわち娘ポジション!
手のかかるわがままっ子を経て、今風のギャルっぽいワガママさんになり、魔力を取り戻し日本神話風のワガママさん(?)に。
同情するなら贄をくれ!!
童貞のくせに立派に子育て宣言をするクラルトさんの人生、本当に面白そうで羨ましい限りです!
きしゃぁぁぁぁぁっ!!



プリネルラ!
存在自体は1巻でも出ていましたが、しっかり登場したのは初。
いやよいやよも好きのうち、いやよいやよは好きだから。
まぁなんというか……薄々そうなんじゃないかなぁと思っていたんですけどね!
勘違いと強がりと風土がそうさせてしまっただけで、本当は仲良し姉妹でした良かったです!
そしてヴェヌよ、プリネルラが普乳ならばまだ成長の余地はあるぞ!まわりの嫁たちには叶わないだろうけど!!

……普乳って良い言葉ですね。響きからして柔らかそう。
巨乳でも貧乳でもなくちょうど良いおっぱいこそ至高だと思います。




ノイスちゃん!
射撃大会の決勝でヴェヌと死力を尽くして戦った、血と赤いものが盲目的に大好きな女の子。
ぶっちゃけ謎多き子なのです。
いや、軍幹部の娘だとか、ヴェヌの対戦相手だとかってことなんだけど、それだけにしては新キャラの登場理由としては少し弱いような…?
裏を感じます。




ゼナン!
…………は、ハイライトが消えた感じの温度のある無表情が最高ですね。相変わらず。
どうなんでしょう、嫁入りするんでしょうか…?




キャラが多くなっても、まだ余裕がありそうな印象です。
決してマンネリを感じさせない工夫の詰まった、まさにハーレムものの1つの完成形とも言える『ドラどら王子』シリーズ、ぜひとも長く続いてほしいですね!
……っていうのを本当は発売してすぐに言うべきだったんですが、そこは反省です…。




以上!


ドラどら王子の新婚旅行 (講談社ラノベ文庫)
愛坂 タカト
講談社 (2017-06-02)
売り上げランキング: 756,926

今日のラノベ!

ギャルこん2!

講談社ラノベ文庫より
『ギャルこん2!ギャルと合コンに参加することになった。』です。



【あらすじ】

「あたしと一緒に、合コンに参加してほしいデース」そんな真乃のお願いにより、オレは人生初の合コンに参加することになった。ギャルが苦手なオレにとっては気が乗らないのが正直なところだが、真乃の頼みとあらば仕方ない。だが、いざ会場に向かってみると、そこに現れたのはオレの知っている真乃の姿ではなく、肌が黒くなってギャル度は高めだが、態度は逆にお淑やかになっているという、明らかに様子のおかしい真乃…いや、真乃の偽物だった。首をかしげるオレたちだが、一方で、果音の様子もまたおかしい。オレを騙してホテルに連れ込んだかと思うと、そのままオレを押し倒してきて…!?純情ギャル&真面目少女との新婚生活ラブコメ第二弾!



感想:★★★★☆


(1巻で受けた『僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない』と似てる…っていう印象は全く無くなったということを最初に。)

『ギャルこん!2』ではなく、『ギャルこん2!』なんですね。
階乗だから実質4巻です(違います)。
あぁ、なるほど。
ギャルと合コンにってことですか(違います)。



1巻の感想では「果音ちゃんの感情出るシーンをもっと読みたい!」と書いていましたが、その点についてはとても満足です!
ラブホでおっぱい見られちゃうシーンの赤面なんかね、最高ですよね!
本当に「なんてこと無い」なら目隠しも手を縛ることも無いわけだから、彼女が吐露した以上にドキドキしていたことは明白!
服を着る前に拘束を解いてしまうなんて初歩的なミスを彼女がシラフでするはずがない!
そう、ドキドキしていたことは明白!!

明白である!!!!

って事あるごとに煽って羞恥と蔑みの目線に晒されたい。


後半、真面目なシーンで言い負かされてしまった果音の涙もまた、ベクトルは違えど羞恥と同じで今までならあり得なかった表情ですよね。
論理的に完璧な筋道を立てているが故に、それを超える理屈(または屁理屈)を出されたら即応できないのが果音ちゃんの弱点。
幼なじみっていうだけじゃなく、果音ちゃんのほぼ唯一と言って良い弱点を補完できてしまうケータローが憎いもとい羨ましい……。





「自分の信じる道を大事に」×「人は見かけによらない」
1巻の感想では前半部分しか見抜けませんでしたが、2巻でダブルテーマだったことに気づくことができました。
果音ちゃんは先に言ったとおり。
真乃(ギャル)と真乃の真似をする偽真乃(黒ギャル)の2人と本物の(?)ギャル3人組に今回付加された意外性は山ほど。
ヒメルダが実は年下で、中二病でごまかしているけど実はもっと構って欲しかった!っていうのもそうですよね。

まぁでもやっぱり見た目から受ける印象からはなかなか逃れられないですもん…。
だから偽真乃父の言う「世間はこうやって見る」っていう意見は、分かってしまうんですよね…。
頑なで視野が狭かったからイラッとしたけれど、決して間違っているわけではなく。

折り合いつけるの難しいけど、周囲に迷惑をかけすぎずにしよー!
っていうザックリとした着地しかできないですごめんなさい。





合コンの話をしよう。

あのね?南野さんがすんごい可愛いんだ

ここで可愛いと思ってしまったこの感情が、まさにケータローのトラウマの引き金であることを忘れないようにしておきたいです。
ギャルトラップ、あるいは南野マジックとでも名付けよう。





次は順番で言うならヒメルダ回になるのかな…。
真乃、果音ちゃんからは一歩引いた立ち位置の彼女がメインになるとしたら……良い意味で予想外の展開の連続になりそうで楽しみです!!


以上!


ギャルこん2! ギャルと合コンに参加することになった。 (講談社ラノベ文庫)
三門 鉄狼
講談社 (2017-02-02)
売り上げランキング: 227,299

↑このページのトップヘ