デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: 講談社ラノベ文庫

どもー。
デスカイザーです。


「ここまで溜めたら今やっても後でやっても変わらないだろ!」
ってことで、読み終わったのが新しい順に感想を投稿していこうかと思います。
新鮮な感想は新鮮なうちに、熟成させてしまった作品は更に熟成を重ね味を出せる……出るかなぁ…。




今日のラノベ!



この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!


講談社ラノベ文庫より
『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』です。



【あらすじ】

勇気を出して告白し、豪快に砕け散った僕の前に突然現れたのは、パンツをはいていない金髪の美少女。彼女は世紀末にあらわれるはずだった「恐怖の大王」の魂を探している天使だという。けど、そんなことより早くパンツはいて!スカート、たくしあげないで!そしてそんな僕たちを見下ろすもう一人の桃色の髪の美少女。彼女はちゃんとはいている様子なので、ひと安心…と思ったらおしりから生えているのは尻尾…え?キミは悪魔??しかも「恐怖の大王」の正体が、××だって?!だからキミも、なんで脱ぐのさ!?第1回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。



感想:★★★★☆

引越しの片付けの一貫で本棚を整理していた時に見つけました。
ラノベ文庫の『このすば』こと『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』。
『湯けむり温泉郷まほろばの非日常~おんせん部活動日和~』で僕の中ではお馴染みの水樹尋先生のデビュー作ですね!
2012年2月刊行なので……5年半前!


天使のセラフ、悪魔のベリアルが、主人公・一樹の中に眠る大王様の魂をめぐって対立しているというのが物語の基本。
死後の幸せが確約されているとはいえ、天使に無邪気に命を狙われ悪魔に罵倒されながら命を救われるという構図そのものに一樹の不幸っぷりが凝縮されています…(笑)



基本的に世界の法則とか起承転結とか文脈とかを無視するタイプの無邪気さを発揮するセラフがとてもいい味を出してました!
天使の頭の輪っかを蛍光灯で代用して、代用できちゃったあたりで考えることをやめたよね!
54pでの出来事です……。

そして、天使がかき乱す?ひっくり返す?のを丁寧に積み直そうと真面目に頑張るのがベリアルちゃん。
たまに暴走するけど。純真だもの。
恐怖の大王が復活しても(理由はしっかり付けた上で)人類の敵にまわらないので、あまり悪魔してないです。
そして純真です。
どれくらい純真かというと、

Q:恋人になって最初にすることは?

A:交換日記


ってくらい純真です。
大王も思わずダメだしです。
でも、可愛いのでOKです。
155pくらいの大魔王とのやり取りなんですが、1冊通して1番好きなシーンだったりします。





タイトル『この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!』にはちょっと引っかかってました。

この素晴らしく不幸で幸せな世界「と」僕と、であって、
この素晴らしく不幸で幸せな世界「で」僕と、でないことに。

下だったら、一樹がセラフやベリアルと共に、あるいはクラスメイトの姫ちゃんや大王様なんかも一緒に、不幸体質だけど幸せに生きるんだ!的なビジョンが見えるわけですよ。
でも今作は上で、世界と僕=主人公が並列に置かれているわけで。
最初読んだときは正直ちんぷんかんぷんでした。
『わたしとことりとすずと』的な何かかと。


やっとのことで解釈が出来たのが終盤、大王様と戦うシーン。

「僕」が命を差し出せば「世界」に少しでも希望がある。
素晴らしく不幸で幸せな「世界」で「僕」が生きることを諦めれば、もしかしたら。


この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と、天秤にかけるなら世界を選ぶ。


それが一樹の選択でした。
でもセラフとベリアルからしてみれば、少なからず好意を寄せていた相手がそんな考えから大王様に殺されてしまったわけです。
セラフも途中からは死後の幸せではなく現世での幸せを実現させてあげようと頑張っていたのに。


この素晴らしく不幸で幸せな世界と彼とを天秤にかけるなんて、本人だろうと大王だろうと許さない。


セラフはここまでず~~~~っとぽけーっとした雰囲気を漂わせていましたし、ベリアルは一樹を守っていたのはあくまでも大王様の魂のためでしたし。
矢印が全然別の方向向いていたのに、急にギュンッと一樹に向いたことに痺れました。

最終的なオチをまとめるならば、再び一樹のもとに封印された大王様へのメッセージという形で、


この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と、ともに。



というような感じでしょうか!
人の願いは自分勝手でわがままで、争いが絶えず、分かり合おうとしないようなものばかりだけど、それだけじゃないんだよ?と。
だからここで見守っていて?と囁きかけるような一樹のメッセージであり祈りです。




今巻では何とも言えない端役感ただようクラスメイトの姫ちゃんの今後の動向に注目です。
一応、一樹の好きな子だしね?

あとどうでもいいけど、サキュバスでもないのに胸に逆ハートマークつけてるベリアルににじり寄って赤面フィーバーさせたい!



以上!



この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と! (講談社ラノベ文庫)
水樹 尋
講談社 (2012-02-02)
売り上げランキング: 1,298,936

どもー。
デスカイザーです。


発売情報をまとめてすらいないので、何を買ったら良いのかも分からぬ状況。
非常にまずいです…。

ひとまずはHJ、スニーカーの新作が豊作なのでそれを消化しつつ『信奈』最新刊を待つ感じになるのかなぁ、と。




今日のラノベ!

あのねこのまちあのねこのまち

講談社ラノベ文庫より
『あのねこのまちあのねこのまち 壱』です。



【あらすじ】

駅では電車が素通りし、地図にあるのにたどり着けない町、夕霧町。びっしりと生えた大根が道を塞ぎ、地蔵が抜け道を教えてくれるこの町には、一匹の猫がいた―。ポルターガイスト現象に悩む高校生・墨染幸一は、たまたま夕霧駅に降り立ち、相談屋を営む少女・フミと出会う。彼女の店にはいつもフシギな相談が。影が消えたり、角が生えたり…。「私は何でも解決出来るからね」と笑うフミに振り回され、幸一もおかしな町を駆け回る!ヒトもアヤカシも恋も呪いもハッピーエンドにするために!!しかし、やがて幸一は知る。のんきに茶をすする彼女の、あくびに隠れた哀しい祈りを―。とっても愉快でちょっぴり切ない、脱力系お悩み解決ファンタジー!



感想:★★★★☆

第6回講談社ラノベチャレンジカップ大賞受賞作!!


あのねこのまちあのねこのまち
     ↓    ↓ 
あのね この町 あの 猫の町


というタイトルからも分かる不思議系物語。
二章までの雰囲気は和製不思議の国のアリス、みたいな印象でした。
……言うて「不思議 迷い込む」くらいしかアリス要素無いけれども!

猫又のフミが、のほほ~んとしながらも依頼者のために力を尽くす。
そんな、あたたかいおはなし。
主人公が世話を焼き、世話焼きの世話を焼きにフミの友人が来て、その中心でフミがにこにこゴロニャンしてるような。
まさに表紙から想像した通りの物語。


そこから一転する後半、三章以降はあたたかさが「あたたかい」という一面だけじゃないことを教えてくれる物語。
低音やけどのような。
依頼者の求めることを叶えるのがハッピーなのか、依頼者の求めを退けてでも別の解決策を探すのがハッピーなのか。
読み終わった今だからこそ、そのどちらでもないと言うべきなのかなぁ、と思います。

フミとイネおばあちゃんの時は、イネおばあちゃんの生きる理由を求める心と、フミのおばあちゃんにとにかく生きていてほしいという心が相反してしまったが故の結末で。
もしかしたらイネおばあちゃんが寿命を永らえさせることで新しい生きる理由が生まれたかもしれない。
フミの選択にはそういう未来もたしかにあったでしょう。
でも一方でその理由が生まれるまでに数多の苦痛が待っていたかもしれない、見つからないかもしれない。
失敗とまでは言わなくても、そんな未来があったかもしれません。
そしてイネおばあちゃんが選んだのは、そんな未来をまとめて捨てる、本来の死の運命に逆らわないこと。



東さんと鬼の時は、東さんの生き続けたくないという気持ちと、愛する”人”にとにかく生きていてほしいという鬼の気持ちが相反した結果の相談で。
「大切な人を亡くす」という経験が発端だったからこそ、愛する人に同じ思いをして欲しくないという気持ちが働くのは自明だったかもしれません。
が、フミには自分の過去が強く重なってしまい…。



フミがイネおばあちゃんを亡くした時の悲しみは、それこそトラウマになるほど。
「依頼者を笑顔にするため」ではなく、「みんなを笑顔にする」というフミの行動原理さえも見失ってしまうほど。
東さんを殺したら、鬼が悲しむのはフミが一番良くわかっているのに……。




主人公がポルターガイストを父のものだと頑なに認めなかったり、
好きな女の子と目線を合わせられなかったり。

素直になれない人を素直にすることは比較的簡単かもしれませんが、

半身とも言える存在の死を受け生きる理由を失った少女や、
のぞまぬ生を与えられた死を望む少女に死を与える猫又みたいに、

素直な人の意見を翻させるのは生半可な苦労でできることじゃないのかもしれません。





そんな難しいことを考えるよりも先にフミのYシャツに終始興奮していたなんてそんな





以上!


あのねこのまちあのねこのまち 壱 (講談社ラノベ文庫)
紫野 一歩
講談社 (2017-08-02)
売り上げランキング: 106,570

どもー。
デスカイザーです。


今月創刊のKラノベブックスを早速買い逃していることに今さっき気がつきました…。
探さな…。



今日のラノベ!


クロックワーク・プラネット1

講談社ラノベ文庫より
『クロックワーク・プラネット Ⅰ』です。


【あらすじ】
―唐突だが。世界はとっくに滅亡している。
死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界―“時計仕掛けの惑星(クロックワーク・プラネット)”。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトの家に、ある日突然黒い箱が墜落する。中にいたのは―自動人形(オートマタ)の少女。「あんな故障一つで二百年も機能停止を強いられるとは。人類の知能は未だノミの水準させ超えられずにいるのでしょうか―?」
破綻と延命の繰り返し。作り変えられた世界と、変われない人類。理想と現実が悲鳴をあげる時、二つの出逢いが運命の歯車を回す!榎宮祐×暇奈椿×茨乃が共に紡ぐオーバーホール・ファンタジー!



感想:★★★★☆


なんというか、猛烈。




序盤~中盤は、リューズの正体とかマリーたち「国境なき技師団」の派遣理由とか、きな臭さはあったけど「ただのドタバタ」に収まるのかなぁ?という印象でした。

ナオト&リューズサイドじゃ普通に学園もの始まってデートまでしてたし、「あぁ、榎宮先生が本気で学園ラブコメ書いたらこうなるのかー」と関心してました。
実際にそのシーンを榎宮先生が執筆されているかは分からないけれども!
そこはある意味共著の嫌なところですよ…。
『クズと金貨のクオリディア』みたいに文体・主観違いでなんとなく察せるものでさえ真相を本から知ることはできず、ましてや今作は書いた本人たちですら把握してなさそうな…。

マリーサイドはナオトサイドとは違いほのぼのしているわけではなかったですが、集団を率いるには若いマリーが見せるプロ意識に関心していたり、そんなマリーに忠実な部下の仕事ぶりに関心したり。
関心してばっかり!





そんな印象が崩れたのが、派遣の真相と京都に迫る危機を知った190pのマリーの絶叫。
そしてこれから面白くなると確信したのが、195p~225pのマリー&ハルターとナオト&リューズの邂逅と話し合いのシーン。


それぞれ独立して動いていたものが、まさに歯車が噛み合ったかのように滑らかに回りだすんですもん。
あんなん面白いに決まっとるやん…!

特にあの一連の中の、ナオトの耳の良さについての流れね。
ナオト主観だとまだ「ちょっと特殊」の範囲に収まっていたのに、客観的に見た途端に「異常だこいつ!」ってなるやつ!
ノイズキャンセリング機能が現代と同じレベルだと、どうして思った?とばかりの遮音率100%。
そして遮音率100%越しに平然と会話するナオトきゅん。
一周まわって呆れるよ…。




225p以降は、まさしく猛烈。
ナオトのリューズ愛も吹っ切れ、マリーのプロ意識はまだまだ序の口で、事件計画者の“護権”主義は思っていた以上にくそったれ。
そのままの勢いでフィニッシュ!そして冒頭に繋がる…のかな?というエピローグ。
最高ですね!



残りの★1つ分は、単純に歯車機構についての理解不足です。
マリーの見せ場だったぶら下がり高速修理のシーンがうまく状況をつかめず「……?」だったり、リューズの機構の核心とも言える「右回りに回るのに、左回りの運動エネルギーを出力する歯車」の存在だったり。
いや、そりゃ「存在するからしょうがない」んだけど、マリーと同じく「ふざけんなあああああ!!」と叫びたくはなりますよね。
どこまでを「そういうもの」として受け入れられるかがこの作品の楽しみ方のポイントになりそうです…。




アニメED「アンチクロックワイズ」が何故あんなに熱い曲調なのに、物悲しい歌詞なのか。
その一端を知ることができた気がします。
…………アニメ見なきゃ。


以上!



クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)
榎宮 祐 暇奈 椿
講談社 (2013-04-02)
売り上げランキング: 19,434

どもー。
デスカイザーです。


自炊をある程度諦めれば読書する時間できるんじゃないかということに気づいた帰省中の更新です。
帰省と言っても連休であるはずもなく、たまたま日曜が休日になっただけの…。

分かっちゃいたけどGWなんて無かったっ!!



今日のラノベ!


白翼のポラリス

講談社ラノベ文庫より
『白翼のポラリス』です。


【あらすじ】

どこまでも続く空と海。はるか昔に陸地のほとんどを失った蒼き世界、ノア。人々は、いくつかの巨大な船に都市国家を作り、わずかな資源を争って暮らしていた。飛行機乗りの少年・シエルは、そんな“船国”を行き来し、荷物を運ぶ“スワロー”。愛機は父の遺した白い水上機“ポラリス”。空を飛ぶことにしか生きる意味を見出せず、他人との関わりに息苦しさを感じていた彼は、ある日無人島に流れ着いた少女・ステラを助ける。素性も目的も、何も語らない彼女の依頼で、シエルはステラを乗せて飛び立つことに。その先には、世界の危機と巨大な陰謀が待ち受けていた―。紺碧を裂いて白翼が駆ける。あの空みたいに美しい、戦闘機ファンタジー。第6回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作!



感想:★★★★☆

海流に乗って移動する船国っていう設定を見て真っ先に「ひょっこりひょうたん島」を思い出してしまったせいで、ステラが流れ着いてくるくらいまで文章のテンションとこちらのテンションの開きがすごかったです。
どう考えても自業自得です本当にありがとうございました。




一言で言うなら「青さ」がこの作品の良さだったと思います。
(『白翼』ですが)



まずは表紙で印象づけられる空と海の青さ
文章内でも秘密の孤島の景色や、水上で迎える夜の海・星空の画、それに何よりシエルが飛んでいる空の情景!


風景に関しては色をうまく使って景色の全体像を固めつつ、細部はこちらの補完で処理するような緻密すぎず大雑把すぎない好みのライン。
飛行時は景色を詳細に描写しすぎてないから、シエル目線だということをしっかり把握できたし機動理解に脳の処理をまわすことができたので読みやすかったです。


……処理をまわしたところで飛行機がどういう機動してるのかは分からなかったですがね!!
読んでる間に分かったのはインメンマルターンくらいでして…。
一応読み終わってから調べてみましたが、多分記憶として定着することはない(確信)
著者様がきっと飛行機好きなんだろうなぁ、というのが伝わってきてそれはそれで面白かったですが、物語を十全に楽しめたかと言うと疑問符がつく結果ではありますね。
悔しいです…。


ただこれに関しては「もっと簡易な表現で!」とも言えないところなので難しいとは思います。
それがないと戦いに起伏が生まれづらいですし…。

まぁぶっちゃけてしまえば「なんかよく分からないけどすごいことやってる!!」だけでも物語としては成立しますからね。
特に今回の最後の航空戦なんて、一般戦闘機乗りからしても異常な機動ってことが伝われば良いわけですし。





視覚的な青さだけじゃなく、シエルとステラの青さもポイントだったと思います。
むしろこちらが本題。

シエルが「白翼」の名を次いで間もないという意味ではもちろん、なんというか彼の行動とか考え方が青いというのがしっくりくるんですよね。

募ったイライラを吐き出して、幾ばくもないうちに後悔したり。
確固たるポリシーがあると自分では思っているものが、他人から見たら思考の尻すぼみだったり。
壁にぶつかると簡単に揺らいじゃったり。


ステラはシエルよりももう少し白に近い薄い青。
純真であって、無垢であって、それでいて困難を排して突き進めるだけの根気を持っていて。
ある意味ステラのほうがシエルよりも主人公っぽいし、何ならシエルと出会わなくてもステラならどうにかできちゃったんじゃないかと思っちゃうような(笑)



メイン二人のそんな青さが、作品全体を爽やかにしてくれているんですよね!
視覚的な青さと相まって。

だから国同士の命運をかけたような展開も、プロローグ&エピローグにある「小さな世界を守ったお話」という表現がこれ以上なくピッタリハマっていて。
読後の気持ちよさは良いものでした!!





★マイナス1の要素は……あまりにもクライスが良い奴すぎるところ。
嫉妬とかではなく。

序盤に出てきたチョイ役かと思いきや、シエルの相談に乗ったり道案内してくれたり、果ては軍人としてではなく一人の人間として戦いに参加してくれたり。

タイミング完璧すぎて、さすがに都合良すぎると思ってしまったのよね…。
参戦に関しては事前に情報ないとそのタイミングでの邂逅は無理じゃね?っていうくらいだし。



……あれ?こいつもしかしてボレアスのスパイ?







以上!


白翼のポラリス (講談社ラノベ文庫)
阿部 藍樹
講談社 (2017-03-31)
売り上げランキング: 14,512

どもー。
デスカイザーです。


仕事が本格的に始まってからのほうが、始まる前の準備やら何やらしてた時期よりも自由な時間が多いという謎。
優先して読みたい作品が……3冊あるので今週はそれを読み終えることを目標にしてみます。
あとは4月分の新刊情報をまとめられていないので、なんとか明日にはまとめたいところです…。



では、今日のラノベ!

軍師/詐欺師は紙一重

講談社ラノベ文庫より
『軍師/詐欺師は紙一重』です。


【あらすじ】

父親が亡くなり家を失うことになった語利カタル。最後に住み慣れた家の中で見つけた謎の抜け道を通ると―ファンタジー世界のような場所に出た。そこにやってきたのはドワーフとミノタウロス!さらに竜を駆る少女までやってきた。戸惑うカタルに少女は言う。「お前、軍師の血族か。ならさっさと来い、女王陛下と国難がお待ちだ」と。連れて行かれた先で聞かされたのはこの国は危難を迎えると「軍師の館」が現れ、そして驚いたことに、詐欺師だと言われていたカタルの祖父はこの世界では軍師だったらしい!カタルは決意する、祖父の後を継いで軍師として活躍することを!祖父の残した詐欺の道具と知略で国の危機を救えるか!?




感想:★★★★☆

軍師のあげる策を「謀略」と言うくらいですからね。
軍師と詐欺師の差っていうのはあって無いようなものなのかもしれません。




異世界トリップからの軍師もの。
主人公カタルは、元の世界に戻り夢であったゲームアプリの制作を再開させる!という強い気持ちを胸にして、軍師としての道を歩むことを決めます。
この「ゲームアプリ制作」という理由が、この作品独特の風味を出していたようにおもいます。


亡くなった父がゲームアプリ制作会社の社長であり、カタルもその遺伝子を濃く受け継いでいるんですね。
幼い頃から忙しそうに、面白そうに仕事をしている父を見てきたカタルの気持ちを汲み取れるからこそ、カタルが一国の軍師という大役を迷った末に受領したことの重さが出てきていたと思います。


また、色々なジャンルの製品があるゲームアプリという市場だから、「アプリの制作中、設定中で知った」というような描写にも一定の説得力がありました。
ここは内容そのものよりも、自分の感じ方に驚きを感じました。
その情報入手源が仮に「TVで見て知った」だったら説得力に欠けるだろうと思ったからですね。


「何をやるにしても何かしら学べる、情報を得られる」ということを(一応)信条にしているのに、TVのランクは下がっているという…。
例えばそのTVを見た時に両親がいた、とか父親が忙しい仕事の合間にとかだったらまた話は変わって説得力とかともかくそのエピソードの質は「感動」になりますし、逆にカタルのような出自ではなく普通の家庭に生まれた子が「クイズアプリでこの前やった」とかだったら説得力には欠けるでしょう。こじつけというか、都合の良い理由に見えてしまいます。

今作はそうした「知識」の出処が明確だったので、読みやすく、かつ溺れない程度に情報が詰め込まれていたのが好印象です!



情報といえばもう1つ、リュウゾウ語録の存在を忘れてはいけませんね。
「良いな、この言葉」ってメモしたのが7箇所くらい。
その中でも一番記憶に残っているのは、176pの“今あることだけを認識しろ、想像力は危機的状況になればなるだけ抑え込め”という言葉です。
危機的であるが故にマイナス方向に進みがちな想像を止め、現実を正しく捉えることで問題を解決するという考え方でしょう。

深い…。
核心を突いていると分かるのに、実行難易度が高いフレーズ。
だからこそ、タメになると思ったしこれを機になんとかしていきたい所存。
リュウゾウ語録は是非改めてメモし直したいですね…!






カタルと徐々に心を通じさせていたラウラさん。
距離が縮まるスピードに少し違和感を感じましたね…。
チョロインという言うにはチョロくなく、かといって一般的な騎士や軍人のようなお堅さ全開というわけでもなく…。
軍人だけに、まさに懐に踏み込むような距離の詰め方。
あるいは背中を預けさせようとするかのような。

王女と摂政に関しては、まだまだ謎の多い存在すぎまして…。
なんとも言えないが故にモヤモヤ感。





以上!



軍師/詐欺師は紙一重 (講談社ラノベ文庫)
神野 オキナ
講談社 (2017-03-31)
売り上げランキング: 59,045

↑このページのトップヘ