デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: HJ文庫

どもー。
デスカイザーです。


なんやかんや学生でいられる時間も残り20日。
本当なら積んでるラノベをもう少しハイペースで消化しないといけないんですが…、パズドラだったりツムツムだったりをやっている間に1日が猛スピードで流れていきますね…。
精神的には満たされているんですが、このままだと読書脳がサビてしまいそう!
それはそれで新鮮な気持ちで読書できるから良いのだけれども。



では、今日のラノベ!

ギャルスレイヤー

HJ文庫より
『ギャルスレイヤーだけどギャルしかいない世界に来たからギャルサーの王子になることにした』です。


【あらすじ】

伝説的カリスマギャルを姉に持つ奈々倉瑠衣。姉への複雑な思いはいつしか怒りに変わり、漆黒の『ギャルスレイヤー』として渋谷・原宿に降臨するようになる。ある日、願いが通じたのか突然渋谷・原宿が滅亡した…。1台のプリクラ機を残して。ギャルの聖地化した『神のプリクラ』を破壊すべく三号玉の花火を持ち、原宿に立つギャルスレイヤー。しかし誤って自分に発射してしまい瑠衣は命を落としてしまう。その後転生をした瑠衣が目覚めたのはギャルしかいない異世界「サヴァンギャルド」だった。



感想:★★★☆☆

一部で話題沸騰中の作品。
deskyzerもその例に漏れず発売前から気になっていたわけですが…。




プラスの感想とマイナスの感想がせめぎ合っていて、とても複雑な気分です。
とりあえず、それぞれ書き出してみましょう。



◎プラスの感想

・卓越した表現力
・ユーモアセンス
・構成



◎マイナスの感想

・タイトルの蛇足感
・ぃゎゅるギャル文字
・飽和する表現力




……なんとなく見えてきました。
文章力そのものは好きなんだけど、作品自体は苦手なようです…。



表現力やユーモアセンスに関しては、本当に素晴らしいです。
1シーン1シーンごとにどういう環境なのか、どういう心情なのかを巧みな言葉づかいで彩っているため非常に想像しやすく、そんな豪華な世界の中で空気が凍ったり叫びが轟いたりするギャグパートはまさに贅沢。
題材からして「ギャルスレイヤー」ですからね?
QBじゃなくても言いたくなる訳分からなさが、なぜこんなにも美麗な文章で描かれているのか不思議でしょうがないです…。

ただし、あまりにも表現が美しすぎて引き出しが多いために、1巻通して読むにはやや食傷気味になる覚悟が必要なように思います。
そこが読んでいてつらかった点で、読み切るのに何日もかかった最大の理由だったかなぁ、と思っています。
好みの問題も大いにあると思いますが。




構成はもう凄いとしか!(語彙来い)
「運動神経が上がるにしても何か違和感のある万能さ」や「憎んでいるはずのギャル文化の知識の深さ」の2つが、前半を読んでいて微かに気になっていたことだったんですが、それが270p前後のギャルスレイヤーの過去、姉の家出以降の回想を知ることで氷解していった時の快感と言ったらもう!

他にも後半では怒涛の伏線回収ラッシュや、状況比較表現がいくつかあって唸りっぱなしでした…。





あとはマイナスの感想のほうですが…。
上でベタ褒めした分、いつもより容赦なくいきますか。


タイトルですが……私もう「タイトル詐欺だ!!!」と叫びたいんですよね…!
ギャルサーの王子になる話じゃないじゃんこの本!!

いや、確かにギャルしかいない世界のギャルの姫からギャルスレイヤーへの好感度は高いし、彼女と結婚するんだとしたらギャルしかいない世界の王子ということになるでしょうが。
他何人か出てきたヒロイン(当然ギャル)とイチャイチャしたり囲まれたりしていて、それを主人公が前向きに考えているのなら概念的に王子と読んでも良いのでしょうが。

あくまでもギャルスレイヤーとしてギャルの敵であろうとする主人公のスタンスと、王子という定義付けはどうにも当てはまらない!
百歩譲って王子は分かったとしても、何なんですか「ギャルサー」って!!!!
ちゅーかもっと絆されろよ誘惑されろよ操って使い捨てて乗り換えろよっ!!
「ギャルという集団としての属性は憎むがその個人を残らず憎むことはできない」とか言うくらいなら、もっと憎むか愛でるか両極端でいるべきでしょ!
読み終わった今となってはそりゃ主人公の過去のことを知ったからそこの理解はできるけど、そこに至るまでの200ページ超をタイトルの印象から裏切られ続けているんですからね騙されませんよ!!!




あといわゆるギャル文字の初歩、小文字な!
正直なところ小文字レギュラーキャラがいるって事前に知ってたら買ってませんでしたっ!
以前、電撃文庫の『女の子は優しくて可愛いものだと考えていた時期が俺にもありました』を読んだ時に小文字が読みにくくて物語の出来以前の段階でフラストレーション溜まっていたことをまだ忘れてませんからね!!

試し読み等で事前に確認しなかった自分が悪かったと言うべきか、確認しなければいけないものを出してきたと怒るべきかで悩みますが……、ラノベ読みという立場上前者でしょうね。

次からギャルものを買う時は気をつけることにします(自戒)






そのようなわけで、ベタ褒めしながらフルボッコという大変情緒不安定な感想となりました…。

続きは気になりますが……多分買わないでしょうね…。
一文だったり小ネタだったりなら構わないんですが、終始小文字設定ONでしゃべるキャラがいるとなると読む気力は無いです。
白乃友先生の高い文章力・表現力が別の作品で発揮されることになったら、全力で読みたいと思います!



以上!


今日のラノベ!

造られしイノチとキレイなセカイ 2

HJ文庫より
『造られしイノチとキレイなセカイ 2』です。


【あらすじ】

今度の「家族」は“ペット”の白竜!?アリアという新たな家族を迎え、一家団欒も板についてきたカリアスたち。新生活を始めたアリアのために街へ服を買いに出かけた一行は、露店で不思議なオーラを放つオブジェを発見する。気になって購入し、封印を解いてみたところ…なんと大きな卵が現れ、その中から幼い“白竜”が誕生!やたら高位なペットも加わり一層にぎやかになった「家族」が、温泉プールに行ったり、トレーニングをしたり、街を守ったりと相変わらず世界を満喫するほんわかスローライフ第2弾!


感想:★★★★★

今回は子供たちの戦いに対しての覚悟というものが、ひとつの軸としてありました。


守りたいという気持ちをきっかけとして戦い方を学ぼうとしていたエリル君とアリアに対するカリアスの態度が好感。
普段は親バカだけど、指導者としての顔も同時に持ち合わせている二面性が良いというのはもちろん。
子供たちが真剣に考えることのきっかけを作るために自分が傷つくことを厭わなかったことフィアナにもしっかりフォローを入れたことがさらに良かったです。
「いや、フォロー入れるのは普通でしょ?」という意見もあるかもしれないけれど、自分があれだけの怪我をしているその瞬間に言えるというのは、本当にすごい…。
ただただ尊敬。


そして、その覚悟を問われることになった四章。
子供たちの成長が眩しかった……!
もうそれに尽きる!

リリーさんの正体は「女性団長」情報の時点で分かってはいたけど、ああまで強いとまでは思ってませんでした…。





それにしても三章の温泉パートが良かった!
「これぞ緋月薙先生!」とばかりのコメディーパートだったので、もう…もう……最高!
特に男性陣と女性陣がお互いの水着を褒め合った後に平静を装って離れて悶えるシーンな!
セリフ以外にも「…ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!!!!」って恥ずかし半分照れ半分な声が聞こえてきそうなあの甘ったるい空間よ!!

なんだろう!なんだろう!!!(混乱)
この章だけでも充分638円の価値がある!!





今更ですが、この作品はHJ文庫の公式HP内の「読める!HJ文庫」で連載されていたもの。
WEB版ではイリス主体のホームコメディー色強め、書籍版ではフィアナのシーンが追加されラブコメ色強めという風に差別化されているらしいので、WEB版も空いた時間で読んでみたいと思います!

どっちがより好きかと聞かれたら……僅差でフィアナとカリアスのラブコメですかねぇ…。
「/////////」なセリフがもう堪らない。


以上!


造られしイノチとキレイなセカイ2 (HJ文庫)
緋月 薙
ホビージャパン (2016-11-30)
売り上げランキング: 230,801

どもー。
デスカイザーです。

『政宗くんのリベンジ』の感想を書いた記事のアクセス数がじわじわ上がってきて、作者でもないのにニヤニヤしています(笑)
はやく動いてるのを見たい…!



今日のラノベ!

造られしイノチとキレイなセカイ

HJ文庫より
『造られしイノチとキレイなセカイ』です。


【あらすじ】

トリティス教国でも有数の実力を持つ騎士・カリアス。彼が幼なじみのフィアナと共に向かった遺跡で発見したのは…小さな女の子だった!そして、不思議な力を持つその少女・イリスを保護したことで、フィアナとも疑似夫婦関係に!?教皇や騎士団長、町の人々も巻き込んで、嫁と娘と一緒に世界を満喫する「家族」のほんわかスローライフ、ここに開幕!


感想:★★★★★


『造られしイノチ』と暖かな家族が、この世界を『キレイなセカイ』だと教えてくれました。




『勇者と魔王のバトルはリビングで』の緋月薙先生の新作です!
……といっても見落としていたので(おい)1巻発売の8月からだいぶ経ってしまいましたが…。
12月発売の2巻を売り場で見つけて愕然として、既刊コーナーにダッシュしましたとも!




この作品を一言で表すとしたら「なし崩し的ホームコメディー」という感じでしょうか?


物語開始時点では聖殿騎士のカリアスと、カリアスに想いを寄せている幼なじみのフィアナの二人だけ。
フィアナの恋心は当のカリアス以外にはバレバレですが、実っていないので当然家族ではない二人。

では、物語が進むとどうなったのか?


カリアスとフィアナは同じ教会で生活をしていて。
カリアスが遺跡で発見した『造られし命』こと『ホムンクルス』の少女・イリスを保護して義父となり
フィアナが同じく遺跡で発見した『造られし命』こと『ホムンクルス』の少女・アリアを保護して義母となり
後から発見されたアリアはイリスのことを「おねえちゃん」と呼ぶようになり


はい、なし崩し家族かんせー!


※補足というか今日たまたまコンビニで見かけたことのメモ代わりでもあるんですが、「なし崩し」っていう言葉は「曖昧な/うやむやにする」という意味ではなく「少しずつの積み重ねで」というような意味だそうです。語源は借金の返済をこつこつすることで、漢字では「済し崩し」だそう。今回の例ではカリアスとフィアナを擬似夫婦たらしめる状況が少しずつ加わっていったという意味で使いました。



他にも養子関係だったり、「実は家族」関係が明かさる人がいたり、好きな男の子をモノにしたい女の子がいたり。

ホームコメディーなのに、血縁関係のある親子として登場したのは町の食堂の母娘のみ!
徹底的に血縁ではない家族の形にこだわり抜かれています。
変化球。だがそこが良い。

この作品に詰め込まれているのは、間違いなく本物の家族の暖かさ。
……あと、フィオナの悲痛な叫び。





そう。
暖かいだけのお話なら、ここまで私が緋月薙先生にハマることは無かったでしょうね…。
もちろんそこも大きなポイントではありますが。
それと対を為すポイントが「叫び」と「照れ」と「ハモり」を駆使した日常・コメディパート、です!
「ハモり」と表現したのは、いわゆる「「「こういうこと!」」」ですね。


どの要素もラノベならよく見るものですが、この作者の表現は他作品と一線を画しているように思います。
タイミングなのか、長さなのか…。
理由までは分かりませんが、うーん……なんというか心に入ってくる深さが違うんですよね~…。
波長が合っているのかしら?


今作でもこの3つのポイントで大いにニヤニヤさせていただきました…!
満腹です!
え?2巻ですか?
大丈夫です、今お腹空きました空けましたいけますいきます。



「「「以上!」」」


造られしイノチとキレイなセカイ (HJ文庫)
緋月 薙
ホビージャパン (2016-07-29)
売り上げランキング: 153,547

どもー。
デスカイザーです。


5月\(^o^)/



今日のラノベ!

剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。

HJ文庫より
『剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です』です。


【あらすじ】

老衰以外では人が死ななくなった世界で唯一、怪我や病で死ぬ可能性がある少年エイジ。しかも彼は全人類が使える魔法すらも扱えない異端者だった。そんなエイジが十年前に手に入れたのは、多種多様な機械兵器の作成が可能な“工房”と、その管理者たる狐耳の少女テンコ。彼女の主に選ばれたエイジは、今日も自作の機械兵器を駆使し、立ちはだかる敵を残らず殲滅する!


感想:★★★☆☆

ファンタジーSFディストピア獣耳幼女もふもふ俺TUEEE厨二バトルここに爆誕!
(著者コメントより)


不死となり魔法が使えるようになり、その代償として機械が使えなくなった人類。
その中で例外として、不死でもなく魔法が使えるわけでもないが機械を使えるというアドバンテージを持つ主人公・エイジの復讐譚。

人生の指針として復讐に囚われている割には普段の態度からはそんなことが感じ取れず。
かといって何も考えてないわけではなく、むしろ最善手を打ちやることは全てやっているからこその余裕…?

普段の飄々とした態度と、いざ復讐相手との戦闘となった時の過剰火力による圧殺を見てると……うん、完全にこれはTUEEEの悪い部分が出ちゃってると言わざるを得ないかな。
明確な敵として掲げてる相手の強さが霞んじゃって、物語全体が軽く見えてしまう…。
実際王宮戦力は勝負になってないし、現時点でエイジに次ぐ実力を持っているララセル(表紙のピンク髪の子)でさえほとんど手も足も出ないといって過言では無いくらいの絶望感はあったんだけどね…。


エイジがあんだけ強かったらもう何も怖くなくね…?って。





一方で、その勝負にすら持ち込めなかった王宮勢力を、そうと分かっていても戦場に送り出す指揮をした王女・クラリッサは普段とのギャップが良い方向に。
エイジ好き好きオーラを包み隠さない一面を持ちつつも、王女として、何の権限も無いお飾りとはいえ国民の上にたつものとして、国民を愛する心を持っている彼女の勇姿の美しさといったら……っ!





あとですね。

「死」が無い世界の歪さが、読んでて怖かったです。
だってさ、読んでてもそれを想像できないんだもん。


「死ぬことが当たり前」の世界の住人が、
「死なないことが当たり前」の世界の住人の気持ちになって、
「死ぬことが当たり前」の世界の怖さを汲み取る。


これ、仮に理解したとしたらその瞬間から外に出られなくなるよ?



だからこそ、不老不死っていうのは長きにわたってフィクションの題材にされる一方で、クローン技術の応用には”神の領域”だとして躊躇してしまうんだろうな…。
色々な場所で聞く「いつ死ぬか分からないからこそ今この刹那を一所懸命に生き抜く」みたいな言葉を、真の意味で理解できたような気がします。




本編の話からズレましたが、結論としてはテンコもふもふ可愛いということで。




以上!

剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。 (HJ文庫)
ツガワトモタカ
ホビージャパン (2015-10-30)
売り上げランキング: 102,733

どもー。
デスカイザーです。

FGOのメンテが明けない…。
fhanaのアルバム買ったから聴きながら種火回収なり特異点の記録見返すなりしようと思ってたのに…
アストルフォに種火食べさせまくってる最中に「チュートリアルが完了していません」ってエラーメッセージ出たあたりで今回のは根が深いのを察してそっ閉じして12時間経過。


おのれディライト!


応援してます!がんばって!



んじゃ、今日のラノベ!

あの神父は、やっぱりクズだった

HJ文庫より
『あの神父は、やっぱりクズだった』です。


【あらすじ】

教会で勇者の蘇生を生業としているラルフはセクハラ常習犯のクズ神父。クズのくせに魔力は魔王をも凌駕する程だが、ラルフを更正させようと頑張る異端審問官の金髪ツインテ少女シャロンはちょっと苦手。前から、教会本部に睨まれていたラルフだが、ある日ついに異端認定されてしまう。仲間と見なされたシャロンと2人、愛の(?)逃避行が今始まる。


感想:★★☆☆☆


伝えたかったことはおそらく「勇者っていうのは肩書きとして与えられるものではなく、本人の素養や心構えから自然と沸き上がってくるもの」ということ。

たとえ勇者の肩書きを持っていたとしても、そいつが村人から食糧を巻き上げたり、女の子に乱暴したり、ところかまわず威張り散らしたり……、総じてクズい行動していたらそんなのは勇者じゃない。


…ということを、素行がクズい神父の追い込まれた時の行動と対比したかったのも分かる。
勇者の肩書きを持たない異端審問官の貴い精神こそ、勇者と呼ぶにふさわしい、と。

結論はなんとなく把握したけど。
内容は割とバッサリ斬る形の感想になります。
ご了承ください。



まず、神父がそこまでクズじゃない。
そりゃ蘇生後すぐには起きれない女勇者にイタズラしようとしたりシャロンに報復として下剤飲ませようとしてるけど、言ってしまえばそれまで。
それよりも、私腹を肥やすために不当な取り分を設定している教会だったり、殺しが趣味の異端審問官だったり、そこらじゅうにのさばっている威張り散らして庶民から巻き上げるだけの勇者だったりのが余程クズ。

それにストーリー上『”やっぱり”クズだった』とはとても言えない。
前半はそれこそ上に書いたようなことをしてるけど、後半の直向きさ、シャロンをなんとかして助けたいという熱い想いに触れた後、どうしてクズだなんて言えようか?



あと、魔王関連の設定の矛盾とか、「あいつがそう考えるか?」っていうのが何箇所かあったのが気になって、それが積み重なって大きな違和感としてこびりついて離れないんですよね。

たとえば魔王城。
常人ならそこに立っているだけで瘴気と毒気に晒されて気分が悪くなるところに常人が乗り込んでいって「瘴気が足に絡みついて歩きづらい」程度にしか影響してないし、「常人は魔王城に近寄ることすら叶わないことを肌で感じた」割には平気で近づいていってるし。

魔王城入る前に馬が始末されているのに魔王城から離れる時、魔王の追手が追いつかなかったのは何で?とか。


ラストシーンも。
「強者が生き残り、弱者は滅ぶ」ことを何よりも貴ぶ魔王が、「最強になる秘訣」ごときで弱者を見逃すかどうかが引っかかってうまく飲み込めなかったです。

たしかに一見矛盾がなさそうに見えるけど、こういう考え方の人が「誰かから教えてもらった強さ」を良しとするか?
並列という概念を捨てると、教えるっていう行為自体強者から弱者へ施すものよ?
絶対そんなの承諾するわけないじゃん。

……っていう考えです。
ついでに言うなら、神父が弱体化しているとわかった時点で魔王が取るべきだった行動は、神父を殺すことではなくて人間社会を滅ぼすことのはず。
神父の弱体化のおかげで人間を襲わない理由が無くなったわけですし。




やめましょう。
気になったことつらつら書いていても誰も得しない。



視点は好き。
なので、構成と勢力図、あとタイトルと内容のミスマッチを感じないようであれば次回作も買うかもです。


あるいは私の読解力がもっとあれば、綺麗にハマる話なのかもしれない。




以上!

あの神父は、やっぱりクズだった (HJ文庫)
城道コスケ
ホビージャパン (2016-03-31)
売り上げランキング: 128,138

↑このページのトップヘ