デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: HJ文庫

どもー。
デスカイザーです。


5月\(^o^)/



今日のラノベ!

剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。

HJ文庫より
『剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です』です。


【あらすじ】

老衰以外では人が死ななくなった世界で唯一、怪我や病で死ぬ可能性がある少年エイジ。しかも彼は全人類が使える魔法すらも扱えない異端者だった。そんなエイジが十年前に手に入れたのは、多種多様な機械兵器の作成が可能な“工房”と、その管理者たる狐耳の少女テンコ。彼女の主に選ばれたエイジは、今日も自作の機械兵器を駆使し、立ちはだかる敵を残らず殲滅する!


感想:★★★☆☆

ファンタジーSFディストピア獣耳幼女もふもふ俺TUEEE厨二バトルここに爆誕!
(著者コメントより)


不死となり魔法が使えるようになり、その代償として機械が使えなくなった人類。
その中で例外として、不死でもなく魔法が使えるわけでもないが機械を使えるというアドバンテージを持つ主人公・エイジの復讐譚。

人生の指針として復讐に囚われている割には普段の態度からはそんなことが感じ取れず。
かといって何も考えてないわけではなく、むしろ最善手を打ちやることは全てやっているからこその余裕…?

普段の飄々とした態度と、いざ復讐相手との戦闘となった時の過剰火力による圧殺を見てると……うん、完全にこれはTUEEEの悪い部分が出ちゃってると言わざるを得ないかな。
明確な敵として掲げてる相手の強さが霞んじゃって、物語全体が軽く見えてしまう…。
実際王宮戦力は勝負になってないし、現時点でエイジに次ぐ実力を持っているララセル(表紙のピンク髪の子)でさえほとんど手も足も出ないといって過言では無いくらいの絶望感はあったんだけどね…。


エイジがあんだけ強かったらもう何も怖くなくね…?って。





一方で、その勝負にすら持ち込めなかった王宮勢力を、そうと分かっていても戦場に送り出す指揮をした王女・クラリッサは普段とのギャップが良い方向に。
エイジ好き好きオーラを包み隠さない一面を持ちつつも、王女として、何の権限も無いお飾りとはいえ国民の上にたつものとして、国民を愛する心を持っている彼女の勇姿の美しさといったら……っ!





あとですね。

「死」が無い世界の歪さが、読んでて怖かったです。
だってさ、読んでてもそれを想像できないんだもん。


「死ぬことが当たり前」の世界の住人が、
「死なないことが当たり前」の世界の住人の気持ちになって、
「死ぬことが当たり前」の世界の怖さを汲み取る。


これ、仮に理解したとしたらその瞬間から外に出られなくなるよ?



だからこそ、不老不死っていうのは長きにわたってフィクションの題材にされる一方で、クローン技術の応用には”神の領域”だとして躊躇してしまうんだろうな…。
色々な場所で聞く「いつ死ぬか分からないからこそ今この刹那を一所懸命に生き抜く」みたいな言葉を、真の意味で理解できたような気がします。




本編の話からズレましたが、結論としてはテンコもふもふ可愛いということで。




以上!

剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。 (HJ文庫)
ツガワトモタカ
ホビージャパン (2015-10-30)
売り上げランキング: 102,733

どもー。
デスカイザーです。

FGOのメンテが明けない…。
fhanaのアルバム買ったから聴きながら種火回収なり特異点の記録見返すなりしようと思ってたのに…
アストルフォに種火食べさせまくってる最中に「チュートリアルが完了していません」ってエラーメッセージ出たあたりで今回のは根が深いのを察してそっ閉じして12時間経過。


おのれディライト!


応援してます!がんばって!



んじゃ、今日のラノベ!

あの神父は、やっぱりクズだった

HJ文庫より
『あの神父は、やっぱりクズだった』です。


【あらすじ】

教会で勇者の蘇生を生業としているラルフはセクハラ常習犯のクズ神父。クズのくせに魔力は魔王をも凌駕する程だが、ラルフを更正させようと頑張る異端審問官の金髪ツインテ少女シャロンはちょっと苦手。前から、教会本部に睨まれていたラルフだが、ある日ついに異端認定されてしまう。仲間と見なされたシャロンと2人、愛の(?)逃避行が今始まる。


感想:★★☆☆☆


伝えたかったことはおそらく「勇者っていうのは肩書きとして与えられるものではなく、本人の素養や心構えから自然と沸き上がってくるもの」ということ。

たとえ勇者の肩書きを持っていたとしても、そいつが村人から食糧を巻き上げたり、女の子に乱暴したり、ところかまわず威張り散らしたり……、総じてクズい行動していたらそんなのは勇者じゃない。


…ということを、素行がクズい神父の追い込まれた時の行動と対比したかったのも分かる。
勇者の肩書きを持たない異端審問官の貴い精神こそ、勇者と呼ぶにふさわしい、と。

結論はなんとなく把握したけど。
内容は割とバッサリ斬る形の感想になります。
ご了承ください。



まず、神父がそこまでクズじゃない。
そりゃ蘇生後すぐには起きれない女勇者にイタズラしようとしたりシャロンに報復として下剤飲ませようとしてるけど、言ってしまえばそれまで。
それよりも、私腹を肥やすために不当な取り分を設定している教会だったり、殺しが趣味の異端審問官だったり、そこらじゅうにのさばっている威張り散らして庶民から巻き上げるだけの勇者だったりのが余程クズ。

それにストーリー上『”やっぱり”クズだった』とはとても言えない。
前半はそれこそ上に書いたようなことをしてるけど、後半の直向きさ、シャロンをなんとかして助けたいという熱い想いに触れた後、どうしてクズだなんて言えようか?



あと、魔王関連の設定の矛盾とか、「あいつがそう考えるか?」っていうのが何箇所かあったのが気になって、それが積み重なって大きな違和感としてこびりついて離れないんですよね。

たとえば魔王城。
常人ならそこに立っているだけで瘴気と毒気に晒されて気分が悪くなるところに常人が乗り込んでいって「瘴気が足に絡みついて歩きづらい」程度にしか影響してないし、「常人は魔王城に近寄ることすら叶わないことを肌で感じた」割には平気で近づいていってるし。

魔王城入る前に馬が始末されているのに魔王城から離れる時、魔王の追手が追いつかなかったのは何で?とか。


ラストシーンも。
「強者が生き残り、弱者は滅ぶ」ことを何よりも貴ぶ魔王が、「最強になる秘訣」ごときで弱者を見逃すかどうかが引っかかってうまく飲み込めなかったです。

たしかに一見矛盾がなさそうに見えるけど、こういう考え方の人が「誰かから教えてもらった強さ」を良しとするか?
並列という概念を捨てると、教えるっていう行為自体強者から弱者へ施すものよ?
絶対そんなの承諾するわけないじゃん。

……っていう考えです。
ついでに言うなら、神父が弱体化しているとわかった時点で魔王が取るべきだった行動は、神父を殺すことではなくて人間社会を滅ぼすことのはず。
神父の弱体化のおかげで人間を襲わない理由が無くなったわけですし。




やめましょう。
気になったことつらつら書いていても誰も得しない。



視点は好き。
なので、構成と勢力図、あとタイトルと内容のミスマッチを感じないようであれば次回作も買うかもです。


あるいは私の読解力がもっとあれば、綺麗にハマる話なのかもしれない。




以上!

あの神父は、やっぱりクズだった (HJ文庫)
城道コスケ
ホビージャパン (2016-03-31)
売り上げランキング: 128,138

今日のラノベ!

100円ショップ店員が異世界トリップした結果。 (HJ文庫) 

HJ文庫より
『100円ショップ店員が異世界トリップした結果。』です。


【あらすじ】

100円ショップで働く高校生・譲原秋海は、店ごと異世界に転移してしまう。そこは可愛いエルフの魔法使いや獣人たちが存在し、魔王によって危機に瀕していた…。そこで、秋海は突然襲ってきたハエ型モンスターを「殺虫剤」で倒したり、王女に「カップラーメン」で喜ばれたりと大活躍!!異世界を100円グッズで成上がる、ワンコイン(税抜)ファンタジー!


感想:★★☆☆☆

駅前にある個人経営の100円ショップ「100(ワン・オー・オー)」
その家の兄妹が仲良く深夜にお店に駆り出されていたところ、お店ごと異世界トリップ!
「魔王」を倒すべく勇者を召喚した宮廷魔術師のエルフ・エリューシカから事情を聞き、さらには成り行きでハエ型モンスター・ベルゼブブを効果増進魔法を付与された殺虫剤で倒した秋海。
異世界のみんなからの期待を受けては頑なに拒むこともできず、かといってノリノリになることもできず…。

だからといって最後の最後までこの中途半端な、覚悟を持たずに成り行きに任せる秋海のスタイルが続くとは……
そういうスタイルがハマる話もあるにはあるけど、このお話に限っては面白さマイナス補正でした。
どうせだったら、妹のまつりみたいに「100円ショップの商品は万能だよ!」くらいの意気込みでやってくれたほうが、こっちも「おお!」ってなったのに…。

秋海が変に冷静だからこっちも読んでてすごく冷静に推理できちゃって、物語にのめり込みきれなかったのが残念。


あとユニコーンの使えなさが異常
「モンスターを追い払う力を持つんです!」と力説された割には、「モンスターを引き寄せるこの匂いはユニコーンがいても駄目なんです!」とか「強力なモンスターには効かない」とか。
完全に能力の発揮度が名前負けしちゃってるよこれ。
結局ユニコーンが素で役に立ったの1回だけじゃん……。


エピローグでまつりの友達が出てきて、さらにその友達含めて再び異世界トリップ!
最初に秋海たちを呼び寄せた時に「異世界召喚に必要な石はほとんど使い尽くしてしまいました」発言をして。
物語終盤で相当な額の財産であらゆるルートから石をかき集めてなんとか送還用の石を用意。
この時点でもうエリューシカのいる国には石がすっからかんなうえに、「あらゆるルート」を使ってなんとか集めたのに、まさかの再度召喚。
「勇者がくるまでは小隊を組んでやっとベルゼバブ一匹」という実力と、「石は魔物を倒した時にドロップ」という事実を踏まえると「どうやって石集めたよお前」状態。

ついでにツッコミたいんだけど、秋海たちが帰ってきた際に「異世界での5日=現実世界での数分」という時間の進み方の違いが明らかに。
仮に異世界での1日=現実での1分だとすると、現実で1日過ごすと向こうの世界で8年近く経過することに。
店をリフォームし、新たなバイト(=まつりの友達)を雇い……となるとエピローグ時点で本編終了から1ヶ月近く経ってるとおもうんですよね…。
大体異世界換算で240年くらい経ってるけど、それもうエルフのエリューシカ以外誰も知らない世界…

あっ。240年も経てばさっきの石の問題は解決できそうですね!!
それ以上の問題が立ちはだかった気がするけど!!



以上!



どもー。
デスカイザーです。


野球を題材にしたラノベってあんまり見ないなぁ、と思う今日このごろ。
ダッシュエックス(スーパーダッシュ)文庫に『後宮ベースボール』的な作品はあった気がするけど、それ以外は思いつかないや…
スポーツって文章じゃ描きづらいからね~…



んじゃ、今日のラノベ!

金属バットの女 (HJ文庫)

HJ文庫より
『金属バットの女』です。


【あらすじ】

5月のクソ暑い日、駅のホームで世界一可愛い娘と出会った。翌日、起きると家族が殺されていた。親父、かーちゃん、兄貴、妹、じじぃ。そんで、そこには金属バットを持ったあの娘が立っていた。そいつは『試験官』っていう世界を滅ぼす化け物から人類を救う女って話だ。「今日から一緒にくらすことにしたから」そしてその娘は確かにそう言った。


感想:★★★★☆



全く…
わけが分からないよっ!!!


読み終わっても何が起こっていたのか全く分からない…。


第9回HJ文庫大賞特別賞受賞作。

この作品を一言で言い表すなら、”狂気”

「物語はこういう構成であるべき」という固定観念に一石を投じるレールガンをブチ込んできてますね。

「怪物が出る」
「世界に唯一の救世主の美少女」
「救世主がなぜか惚れた主人公と強制的に同居」

こんだけレールが敷いてあって、なんで血みどろになっちゃうかなぁ!!


まぁ、血みどろになるのはしゃあなし。
そういう作品は多々あるし、むしろ好きなジャンルだから。



結末が釈然としなかった(以下重要なネタバレ)



物語の割と前半から主人公が考えていた「最後(=13番目)の怪物を倒したら世界と二人の日常はどうなるのか?」という問い。
「ありふれた結末なんてつまらない」と主人公が考え抜いた結果、大好きな彼女を殺そうとするけど、彼女の監視役であり姉である人物に止められ。
決定的に亀裂が入った人間関係から逃げ、最後は踏切の中で主人公が銃で自殺する、という終わり方。

もう少し主人公的にも世界的にも色々あったけど、大体こんな感じなんですが…


血みどろの世界観で、
”彼女を殺そう”という思考回路が、
テンプレブレイカーになり得るとでも??


むしろ、世界観をつかんで真っ先に想像する終わり方なんだけどな…。

そこまでの展開(というか世界観の常識とのかけ離れ方)から期待していただけに、ものすごい不完全燃焼。



なんというか、一般文学の”謎を大量に投下して全く回収せずに物語終わらせる系”に近いですね。
化物とは?彼女の力の正体とは?13番目は?
「読後の想像の余地」と「ピースがぴったりとはまった感覚での読了」は表裏一体とはいえ、作者の伝えたいことを読み解くのにえらい苦労する(うえに確証がもてないとかそういうレベルじゃなく全く分からない)ので、あんまり好きではないです…。
何年か前に芥川賞だか直木賞だかなんだか取った小山田さんの『穴』もこれ系だったから、読んでがっかりした記憶がある…。



期待どおり面白かったのは、冒頭の家族が殺されるところまで。
そこからあとは、ひたすら翻弄され続け、最後は遠心力ですっ飛ばされました。

誰かこの話の真髄を教えて…


以上!

どもー。
デスカイザーです。


あえて読書を捨て、ほかのやりたいことを消化してみた結果…!



終わらなかった!!


あと2日くらいあればなんとか…。
大学サボるか…



んじゃ、今日のラノベ!


VRMMOをカネの力で無双する6 (HJ文庫)
鰤/牙
ホビージャパン
2015-09-30


HJ文庫より
『VRMMOをカネの力で無双する6』です。


【あらすじ】

パチロー事件がいち段落つき、落ち着きを見せ始めたプレイヤーたちの目に飛び込んできたのは、我らが石蕗一朗が逮捕されたというニュースだった。再び大混乱の渦にぶち込まれたナロファンだが、同時にその裏ではゲーム自体の存続すら危ぶまれる事件が進行していて―。全てのゲーマーたちよ立ち上がれ!大人気課金バトルファンタジー第6巻!!


感想:★★★★★

感動の最終巻!


ローズマリーを中心とした事件は、まだ終わっていなかった…!


逮捕される御曹司
恋する人工知能
シスルVSポニー

御曹司を中心に数々の事件を巻き起こしてきたこのシリーズだけど、今回は今まで以上に規模がでかかった。
これまでの登場キャラ総出演。


あーもう!
なんかまとまらない!!

だって好きなんだもんこのシリーズ!
終わるの嫌だー!!!!



えーと、まず!

ローズマリーと対話するなかで、御曹司と桜子さんのブレない主従の絆が見えてきてなんか泣きそうになりました。
文庫だと2巻だったっけ?
桜子さんの誕生日を祝うところ。
ラノベだと「男女=恋」って邪推したくなるのが常なんだけど、あのシーン以降桜子さんと御曹司の間にはそういうのを挟んで見れないんですよね。
今回ローズマリーが桜子さんと御曹司の仲を疑ったのは、そのあたりの機微をまだ察せていない「人間に近づこうとしている人工知能の”人工知能らしい部分”」が見える部分だったのかなぁ、と。

そのおかげで、恋人のようにお互いを把握している主従っていう素晴らしい形がそこにあるんだ、ということを客観的に再認識できた気がします。

それと同時に、「桜子さんを雇った理由の三分の一は顔」という御曹司の発言にはびっくり。
……やっぱり御曹司も人の子なんだね(失礼)


人の子、といえば。
御曹司も怒るんだね(やっぱり失礼)





今巻はアイリス=杜若あいりの活躍もめざましかったですね。
一介の専修学校生にしかすぎないあいりが、

警察署にのりこみ、
シスルにのりこみ、
カマスの塩焼きを所望し、
Mizunoの社長を動かし、
ポニー社のCEOを札束でビンタ

惚れるわーー!!
さすが一部界隈で”鬼””魔王”と恐れられているだけある!!

えぇ、もう。ね。
彼女の成長がこのシリーズで一番楽しみだったといっても過言ではありません。
精神的な意味でも、人付き合い的な意味でも。


あぁ、もう、本当に寂しいな、おい。
『シーキューブ』以来だぞこんなに最終巻が面白くてつらいってのは。


ちょうど、この本を読む直前に友達と「物語の引き際はどうあるべきか」みたいな話をしてたんですよ。

「ラノベは1巻で綺麗に終わらせるから、本当のエンディングのときに1巻で使った”綺麗な終わり方”が使えず、結果としてグダることが多い」
「エロゲはラノベよりも人生観に強く関わるストーリーだから、最後はヒロインと結ばれてハッピーエンドっていう枠に従えば良い。ただしファンディスクが出るとラノベと同じ現象が起こる」
「ラノベは”本当の目的”を物語に設定することが、グダらないためには必要」

そんな感じの会話だったんですがね?

まぁ、なんという浅い会話だったのかと反省している次第であります。


こんな、こんな素晴らしい終わり方があるじゃない!


登場キャラが多いのにその全てを生かしきり、
主人公はまったく考えがブレず、
伏線を回収しきって、
そのうえで読者が将来を想像する余地をもたせ、
決め台詞で幕を閉じる。


何回見返しても最後の1ページとイラストだけでも胸がつまる思いです。


嫌だよぉ…
終わってほしくないよぉ……

でもこれでよかったとも思えるんだよもう…!




いつも以上に心のうちをそのまま書きおこしたのでだいぶ見苦しい文章となってしまい申し訳ありません!
ですが、まぁ、「自分の読書記録」というのもこのブログの趣旨のひとつなので平にご容赦を。

本当はキャラクター一人一人に対して語りたいことがあるのですが。
さすがに時間がかかりすぎるのでここら辺で終わりたいと思います。



ウェブ版、読むぞー!!!!!!!




以上!

↑このページのトップヘ