デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: ダッシュエックス文庫

どもー。
デスカイザーです。


お待たせしました!
やっと感想が書ける状態になりました!
(視界の右側にある段ボールから目を背けつつ)

まぁもっとも明日から本格的にお仕事生活が始まるので、更新頻度はあまり上がらないかもしれませんが…。
拘束時間的には大学時代のアルバイトと変わらないので、意外といける気もしてます。



では、今日のラノベ!


文句の付けようがないラブコメ 6

ダッシュエックス文庫より
『文句の付けようがないラブコメ 6』です。


【あらすじ】

果てなき輪廻の果てに。数多の被験者のうち、“非人道的実験”に成功して生き延びることができたのは少女Aだけだった。世界を救う英雄たる使命を背負った少女A。周囲にあるのは無数の書物が並ぶ図書館のみ―彼女の心象世界には時間も空間もない。世界救済を探るためのあらゆる可能性を、ただひたすら演算するだけの存在として、少女Aは存続していく。そんな彼女の前に突如、異物たる少年Bが現れてこう言った。「お前さ。俺と結婚しねえ?」「はい。よろしくお願いします」永遠とも思えた輪廻の果てに待つ、少女Aと少年Bの結末とは?『文句の付けようがないラブコメ』がここに終わり、そしてまた始まる―




感想:★★★★★

終わりにして始まり
始まりにして終わり





AとBのいる世界」と「CとDとEが裁定者として世界を推測する世界」の2パートが交互に繰り返されていく構成。

「「CDEの世界」は、その存在が矛盾しているところがキーでしょう。
監視、裁定する立場であり役者でもある立場である彼女らが、その舞台の存在そのものに疑問を差し挟むだけのパートなのですから。
そして疑問を持ち得るということはどういうことか?
舞台の未成立、すなわち繰り返すゲームの終わりであると。
では、このくそったれなゲームを始めたのは、この世界の神は誰だ?」


っていうところがざっくり「CDEの世界」で語られていた内容ではと。
クルミちゃんほどでは無いにしろ、おチヨさんほど頭が回るわけでは無いので解釈が間違っているのではと不安になりながら読んでました…。

理解しきれなかったのは単純に一気に読めなかったというのもあるけれど、「ABの世界」が間に挟まるという構成の弊害でもあったと思います。
この構成にはそれ以上の価値があるのでしょうがないのですが。




「ABの世界」の内容は突き詰めればシンプル。
ずばり「Aの名前をつけよう」!

Aは知識はあっても記憶はなく、本があっても理解が無いようなそんな状態。
そこに突如現れたBは結婚を申し込み、Aは受け入れ…。
長い長い時間をかけて(時間の概念が意味を為さない空間ではあるけれども)口を動かすことを「思い出し」、感情を「思い出し」、思考を、口調を……そして記憶と事実を。


上に書いた「それ以上の価値」っていうのはこの部分にありまして。
徐々に徐々にA……セカイという神が自分のことを思い出すのと並行して、それを裁定するCDEも真実に近づいているところ。
そしてその真実が最終的にこれまでのこのシリーズを覆すものだというところ!!!




千億のループの果て、46兆年の月日の果てにたどり着いた「ABの世界」が、それでもなお「1回目のゲーム」。
既刊5冊のループ、えぇ、悲しくも美しい文句のつけようがないラブコメが、まさに一瞬の出来事のような。
そしてその46兆年×46兆回分のパターンを構築するだけの情報処理能力をもつセカイと、それを全て実行してきたユウキ。


無限の果てに元に戻った世界の救済、ラブコメの「続き」。
文句をつけられるはずがあるだろうか、いやない。




……え?これ続刊あるの…?



以上!



文句の付けようがないラブコメ 6 (ダッシュエックス文庫)
鈴木 大輔
集英社 (2016-11-25)
売り上げランキング: 42,828

どもー。
デスカイザーです。

コミケに行っていたのに企業ブースで発表された新情報を1つも把握していない疑惑アリ!
……調べます…。



今日のラノベ!

その10文字を、僕は忘れない

ダッシュエックス文庫より
『その10文字を、僕は忘れない』です。


【あらすじ】

宮崎菫は一日に10文字しかしゃべれない。それ以上は声にならないのだ。スケッチブックで会話をする彼女は教室で浮いた存在だった。けれど不器用でも懸命に対話しようとする姿と、誰よりも純粋な心に、俺は惹かれていった。図書館で勉強を教えてくれた時、横顔が気になって勉強どころじゃなかった。プールで見た水着が可愛すぎて、息が止まるかと思った。初めてケンカをして、初めて仲直りのキスをした―。「ありがとう」も、「ごめんなさい」も、「嬉しい」も、「大好き」も。大切なことは10文字でみんな伝えられるって、そう思ってた。でも、菫が背負う過去の痛みも、菫の隣にいることの意味も、俺はわかっていなかったんだ―。


感想:★★★★★

表紙・タイトルから受ける「切ない系ラブコメ」という印象を裏切らない、けど予想は超えていく作品でした。



精神的ショックから声を失ってしまうという作品はよくありますし現実にも起こりうることですが、この作品のヒロイン・菫は「1日に10文字しか喋れない」という症状で、しかもその10文字も周りに親しい人しかいない時にしか喋れないというもの。

やっぱりこの作品の最大の良さは、その「10文字」という制限にあると思います。

・普段は筆談であるからこそ、会話のテンポの差がそのまま物語の緩急を示す。
・限られた文字数しか喋れないからこそ、口にするときの重要度が伝わる。
・制限を使い切った後どうしても喋れない時の絶望感が生まれる。


”0”でも”100”でもない、”10”だからこそ起こる効果が遺憾無く詰め込まれていました。



ストーリーは、トラウマを抱え周りとの距離を作る菫と主人公・蒼とのもどかしい距離感を描く……のかと思いきや、とある人物の一言により徐々に雲行きが怪しくなり…、というもの。

上述のとおり10文字という制限、筆談という制限のなかで心情を伝える菫の存在がある一方で、蒼と菫の関係を変えるきっかけとなったのが言葉である、というのがなんとも言えない皮肉さを醸し出していますね…。
今思えば菫の保護者代わりをしている小花衣先生が普段からその人のことを愚痴っていたのも伏線だったんですかね?
10文字以上の発言であったのもまた皮肉です…。



あとですね。
菫のことを蒼が「宮崎(菫の苗字)の中には、自分が存在していない」(123p)と評する場面があるんですが、これがまた面白い。


というのも、自分が存在していないと評したおそらく「”自分が存在している”蒼」の菫への気持ちは、周囲の後押しで気づき、心無い一言で簡単に崩れ、そして全てを見透かした一言で救われ…。

それは果たして”自分が存在している”と言えるんでしょうか?


「考え、悩み、意見を持つこと」という意味では”自分が存在している”と言えるのかもしれませんが、その場合菫にも”自分が存在している”わけで。
なぜなら「相手の意見を受け入れる」という行為に至る過程に自我が入っているから。
プログラムみたいに最初からそういう存在であったわけでは無い以上、「相手の意見を受け入れる」という意見は認められて然るべきです。


さて、ここでちょっとした矛盾が生まれてきました。
蒼のことを”自分が存在している”とするならば、菫のことも”自分が存在している”としなければ辻褄が合わなくなります。
もしくは蒼も菫も”自分が存在していない”とするか。


私のしょうもない頭ではこのあたりで議論が煮詰まってしまったのですが、どちらにせよ言えるのは、何気ない一言が相手の人生を変えてしまうかもしれない、という事。
菫から言葉を奪ったのも、蒼から自分を奪い去ったのも、言葉でした。
でも、菫と蒼の心が通じ合ったのも、菫が蒼に誓ったのも、また言葉でした。


言葉にも裏と表がある。
それをどう使うかは使い手しだい、と。


そんな感じのまとめで終わりとしましょう。




っとその前にひとつだけ。
テーマや内容は重い部分があるけど、一人称の地の文は日常パートで軽快に、シリアスパートでは対照的に重さを増すものとしてうまく働いていたとも思います。
これだからラノベ読むのはやめられない



以上!

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)
持崎 湯葉
集英社 (2016-07-22)
売り上げランキング: 7,530

どもー。
デスカイザーです。

そろそろ来月末の期末試験に向けて行動しないとなぁ、とか思った今日このごろ。
何せ講義に出てないからね!

……一応、あの、就活という名目があったんです、はい。
教科書は買ってあるんですけどね?



今日のラノベ!

ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。

ダッシュエックス文庫より
『ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。』です。


【あらすじ】

破滅的にとことん運が悪い高校生の向希純は、下校途中に暗殺者『ファントム』が人を殺す現場を目撃してしまい、次のターゲットにされてしまう。助けを求めた警察に紹介されたのは、未成年者の警護を専門に請け負う警備会社『SMG』。希純はそこの代表者である、来栖沙耶香という美少女をボディガードに雇うのだが―「…あれぇ?俺、前より危ない目に遭ってない!?」希純に敢えて危険な橋を渡らせ、苦しむ様子にうっとりとする沙耶香の本当の姿。実は彼女は真性のドSだった―!?「あなた、いい声で鳴くわね」腕に自信があるからこそ、死なせない程度にお楽しみ。ドS青春スクールライフ、ここに開幕!ダッシュエックス文庫第2回集英社ライトノベル新人賞特別賞&ジャンプ小説新人賞’14 Winter小説フリー部門“特別賞”も受賞


感想:★★★☆☆

3月頭に買ってから3ヶ月近くちまちまちまちまちまちまちまちま読んでようやく読み切りました…。
つまらないとかじゃなく、寝る前にちょーっとだけ読む用にしていたので結果的にこうなってしまいまして。
ついでに言うならその間1ヶ月くらい、扉絵にもあるぽよりんゼリーのくだりだけ繰り返しよんでいたのでさらに進み方が遅くなっていたのは公然の秘密。



前半は沙耶香の本気具合がうまく伝わってこなかったこともあって「ちょっと腕に自信がある子が自信を砕かれる話」になると思ってました。
ぽよりんゼリーのくだりで希純(きすみ)に一杯食わされたあたりから徐々に沙耶香の本心が見えてきて、後半はその点に関しては安心しながら読めました。

ただ……。
結末、オチのことを考えると、というところはありますね。

そもそも「クライアントとボディガードは信頼関係が大切」と言いながら希純を個人的嗜好で適度にいたぶっていた時点で、どれだけ弁明を重ねたところでも疑問が残るのに、それに加えて一連の事件が「自分の会社を脅かしかねない敵をあぶり出すための自作自演でした」って……。
「本当は第一候補じゃなかった。沙耶香が一目惚れしたからあなたを選んだ」っていうのがエピローグでフォローとして入っているけど、それこそ私情でわざわざ人を危険に晒しているわけで。

題材が面白いと思ったから買ったけど、そのあたりの意外性と現実性の折り合いはもう少し丁寧にやってほしかったかなぁ……。
ボディガードは死ななきゃ良いって商売じゃないはず。




全体のストーリーはそんな感じで疑問が残る感じですが、会話のテンポとか内容には光るものを感じました。
的確に希純を手玉にとる沙耶香とそれに対する希純のやや投げやりさが感じ取れる叫びツッコミ。
もし自分がラノベ書くとしたらこういうの書きたいなって思える会話文でした。
地の文でも比喩を使った情景描写と希純の心の声のバランスがすごく良かったと思います。

「とにかく笑わせよう」という著者の意図が見えすぎてる文章”じゃない”ことが貴重で、とにかくこの作品を引っ張っているものですね。
今後ギャグ枠での期待が高まります!



最後に、おそらく誤用だと思われるところ。
p151「予想の範疇内だったのだろうか」

範疇 or 範囲内じゃないかな?って。
それとも何か二重使用での強調とかが意図される熟語なのかな?
どうなんだろう…






繰り返しになるけど、次回作に期待。
厳しい言い方になるけど、根底にある設定を受け入れきれてないからシリーズの続刊は買うのを躊躇うかな…。




以上!

どもー。
デスカイザーです。

私の人生における第一次就職活動、本日をもって終了!!


正確に言うならばまだ内定いただいた企業から選ぶ過程はあるけど、選考は終わり。
疲れもうした…。
あとお金…。


第二次ですか?
転職する可能性がゼロとは言えないのでね?



んじゃ、今日のラノベ!

ユリシーズⅢ

ダッシュエックス文庫より
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士Ⅲ』です。


【あらすじ】

劇的なオルレアン奪回を経て、モンモランシ率いるフランス軍勢は、シャルロットの女王戴冠のため、司教座都市ランスへと進軍する。その一方で、救国の乙女と奉りあげられながら、ユリスへの変身を制限されたジャンヌは徐々にモンモランシへの不満をつのらせ、アーサー王の再来と名高い姫騎士リッシュモンは戦線を離脱するなど、内部では不穏な空気が流れつつあった。そんな彼らをイングランド軍の姫騎士ファストルフ率いるガーター騎士団、ユリス・ノワールと化したフィリップ、そして三十一人のユリスによる金羊毛騎士団が追撃する!混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編、揺れ動く乙女たちの愛が歴史を突き動かす第3巻!!


感想:★★★☆☆

物理的にも内容的にも分厚かったですね~。
分厚すぎて……3回寝落ちしましたね……。

日本史ならなんとなく地理とか人とか流れが分かるんだけど、西洋史になると途端に眠くなるんですよ!
あれ何なんでしょうね!
普段45分の電車乗車時間中に80~100頁くらい読むんですけど、これに限っては寝落ちしてなくても50頁、寝落ちしたら30頁くらいしか進まなくて毎回絶望してました…。



さて。
3巻の内容は、2巻のオルレアンでの反攻の後から始まり、ランスでの戴冠に至るまで。

今回の見所は大きく2つ。

1つは、イングランドとフランスの百年戦争の中において両国の趨勢を事実上握っていると言っても過言では無いブルゴーニュ公国・フィリップ善良公女と、ブルターニュ公国・リッシュモンの決断。

もう1つは、ヘンリー五世を敬愛し、その遺志を継ごうとするイングランド騎士・ファストルフ(表紙左の挑戦的な笑みを浮かべてる子)のリッシュモン、ジャンヌへの対抗心。




いつもならここから一つ一つ感じたこと書きおこしていくんですけどねー…。
今回ばかりは、ちょっとお手上げです。


フィリップがパリの黄金時代の時から感じていた欲との葛藤と懸念の現実化とか、リッシュモンの騎士道と祖国への想いとの板挟みとさらにそこに加わったモンモランシへのアムールというぐちゃぐちゃな心の中でも選択した心意気だとか。
同じ庶民の出としてファストルフがジャンヌに抱く微かな劣等感と対抗心、しっかり成果をあげている自分よりも血筋でチヤホヤされているリッシュモンに対する「絶対に見返してやる!」精神。理解できるだけに今巻時点での結末が哀しい。


書くとしたらこのくらいが限界なくらいに、今回はうまく読み解けませんでした…。
悔しい…。
…悔しい……




以上、です…。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士III (ダッシュエックス文庫)
春日みかげ
集英社 (2016-04-22)
売り上げランキング: 127,897

どもー。
デスカイザーです。


今カウントしてみたら、実に16日ぶりの休み!
……そりゃ風邪引くわ。
結局午前中はゼミの課題やってたけどなー!

アニメ消化するか、それともラノベ読むか悩むところ…。
今日ばかりは就活のことは忘れましょうや!!



んじゃ、今日のラノベ!

都市伝説系彼女。

ダッシュエックス文庫より
『都市伝説系彼女。永遠子さん救済倶楽部』です。


【あらすじ】

非科学的なことを一切信じない多賀谷敬一郎は、高校の入学式でユーレイにパンツを奪われたという謎の美少女・久喜島永遠子と出会う。怪奇現象に好(憑)かれまくる永遠子を救うため、敬一郎たちは“永遠子さん救済倶楽部”、通称『文類研』を立ち上げるが、出てくるユーレイや怪奇現象は、なぜか残念なものばかり!?都市伝説のカシマレイコは下ネタ大好きだった!?メリーさんは実はすぐ迷子になる!?おまけにコックリさんはエロい言葉しか指し示さない!?ゆる~くカワいい怪談青春ラブコメ、開幕!!


感想:★★★★★


やっべ寧々子可ぁ愛いっ!?!



怪奇現象の正体自体はとてもゆるーいものだと1章のテケテケ痴女で分かってからは、ずっとゆるーい気持ちで読めました。
結末のゆるさに対して、その過程は真剣だから弛れることも無く。

特に民俗学や社会心理学の知見で解説してくれる謙吾の存在が大きいですね。
主人公・敬一郎は何があっても頑なに「怪奇現象は非科学的」という態度を崩さないのに比べ、謙吾は「そういうこともあるかもな」という姿勢で、それすらも仮説定説に絡めて話してくれるからすごく分かりやすい。



そーれにしても寧々子可愛いなぁもう!
性格と体格からPCゲーム『サノバウィッチ』の和奏を連想したせいでCVみくにゃん再生余裕だったんだけど、もう怖い話のたびに主人公に「ひしっ」としがみついたり服つまんだりするのがもうたまらなくてね!?
なんなのこの子天使なの!?
んでしかも料理で餌付け済とかどうしようもなくどうしようもねぇ!
メリーさんと連携してどうにかこうにかお持ち帰りできませんかね!

できない?
なら仕方なくない。





錯乱。




疲れたあなたに半分痴女(物理)



以上!

都市伝説系彼女。~永遠子さん救済倶楽部~ (ダッシュエックス文庫)
おかざき登
集英社 (2016-03-25)
売り上げランキング: 32,389

↑このページのトップヘ