デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: ダッシュエックス文庫

どもー。
デスカイザーです。

そろそろ来月末の期末試験に向けて行動しないとなぁ、とか思った今日このごろ。
何せ講義に出てないからね!

……一応、あの、就活という名目があったんです、はい。
教科書は買ってあるんですけどね?



今日のラノベ!

ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。

ダッシュエックス文庫より
『ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。』です。


【あらすじ】

破滅的にとことん運が悪い高校生の向希純は、下校途中に暗殺者『ファントム』が人を殺す現場を目撃してしまい、次のターゲットにされてしまう。助けを求めた警察に紹介されたのは、未成年者の警護を専門に請け負う警備会社『SMG』。希純はそこの代表者である、来栖沙耶香という美少女をボディガードに雇うのだが―「…あれぇ?俺、前より危ない目に遭ってない!?」希純に敢えて危険な橋を渡らせ、苦しむ様子にうっとりとする沙耶香の本当の姿。実は彼女は真性のドSだった―!?「あなた、いい声で鳴くわね」腕に自信があるからこそ、死なせない程度にお楽しみ。ドS青春スクールライフ、ここに開幕!ダッシュエックス文庫第2回集英社ライトノベル新人賞特別賞&ジャンプ小説新人賞’14 Winter小説フリー部門“特別賞”も受賞


感想:★★★☆☆

3月頭に買ってから3ヶ月近くちまちまちまちまちまちまちまちま読んでようやく読み切りました…。
つまらないとかじゃなく、寝る前にちょーっとだけ読む用にしていたので結果的にこうなってしまいまして。
ついでに言うならその間1ヶ月くらい、扉絵にもあるぽよりんゼリーのくだりだけ繰り返しよんでいたのでさらに進み方が遅くなっていたのは公然の秘密。



前半は沙耶香の本気具合がうまく伝わってこなかったこともあって「ちょっと腕に自信がある子が自信を砕かれる話」になると思ってました。
ぽよりんゼリーのくだりで希純(きすみ)に一杯食わされたあたりから徐々に沙耶香の本心が見えてきて、後半はその点に関しては安心しながら読めました。

ただ……。
結末、オチのことを考えると、というところはありますね。

そもそも「クライアントとボディガードは信頼関係が大切」と言いながら希純を個人的嗜好で適度にいたぶっていた時点で、どれだけ弁明を重ねたところでも疑問が残るのに、それに加えて一連の事件が「自分の会社を脅かしかねない敵をあぶり出すための自作自演でした」って……。
「本当は第一候補じゃなかった。沙耶香が一目惚れしたからあなたを選んだ」っていうのがエピローグでフォローとして入っているけど、それこそ私情でわざわざ人を危険に晒しているわけで。

題材が面白いと思ったから買ったけど、そのあたりの意外性と現実性の折り合いはもう少し丁寧にやってほしかったかなぁ……。
ボディガードは死ななきゃ良いって商売じゃないはず。




全体のストーリーはそんな感じで疑問が残る感じですが、会話のテンポとか内容には光るものを感じました。
的確に希純を手玉にとる沙耶香とそれに対する希純のやや投げやりさが感じ取れる叫びツッコミ。
もし自分がラノベ書くとしたらこういうの書きたいなって思える会話文でした。
地の文でも比喩を使った情景描写と希純の心の声のバランスがすごく良かったと思います。

「とにかく笑わせよう」という著者の意図が見えすぎてる文章”じゃない”ことが貴重で、とにかくこの作品を引っ張っているものですね。
今後ギャグ枠での期待が高まります!



最後に、おそらく誤用だと思われるところ。
p151「予想の範疇内だったのだろうか」

範疇 or 範囲内じゃないかな?って。
それとも何か二重使用での強調とかが意図される熟語なのかな?
どうなんだろう…






繰り返しになるけど、次回作に期待。
厳しい言い方になるけど、根底にある設定を受け入れきれてないからシリーズの続刊は買うのを躊躇うかな…。




以上!

どもー。
デスカイザーです。

私の人生における第一次就職活動、本日をもって終了!!


正確に言うならばまだ内定いただいた企業から選ぶ過程はあるけど、選考は終わり。
疲れもうした…。
あとお金…。


第二次ですか?
転職する可能性がゼロとは言えないのでね?



んじゃ、今日のラノベ!

ユリシーズⅢ

ダッシュエックス文庫より
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士Ⅲ』です。


【あらすじ】

劇的なオルレアン奪回を経て、モンモランシ率いるフランス軍勢は、シャルロットの女王戴冠のため、司教座都市ランスへと進軍する。その一方で、救国の乙女と奉りあげられながら、ユリスへの変身を制限されたジャンヌは徐々にモンモランシへの不満をつのらせ、アーサー王の再来と名高い姫騎士リッシュモンは戦線を離脱するなど、内部では不穏な空気が流れつつあった。そんな彼らをイングランド軍の姫騎士ファストルフ率いるガーター騎士団、ユリス・ノワールと化したフィリップ、そして三十一人のユリスによる金羊毛騎士団が追撃する!混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編、揺れ動く乙女たちの愛が歴史を突き動かす第3巻!!


感想:★★★☆☆

物理的にも内容的にも分厚かったですね~。
分厚すぎて……3回寝落ちしましたね……。

日本史ならなんとなく地理とか人とか流れが分かるんだけど、西洋史になると途端に眠くなるんですよ!
あれ何なんでしょうね!
普段45分の電車乗車時間中に80~100頁くらい読むんですけど、これに限っては寝落ちしてなくても50頁、寝落ちしたら30頁くらいしか進まなくて毎回絶望してました…。



さて。
3巻の内容は、2巻のオルレアンでの反攻の後から始まり、ランスでの戴冠に至るまで。

今回の見所は大きく2つ。

1つは、イングランドとフランスの百年戦争の中において両国の趨勢を事実上握っていると言っても過言では無いブルゴーニュ公国・フィリップ善良公女と、ブルターニュ公国・リッシュモンの決断。

もう1つは、ヘンリー五世を敬愛し、その遺志を継ごうとするイングランド騎士・ファストルフ(表紙左の挑戦的な笑みを浮かべてる子)のリッシュモン、ジャンヌへの対抗心。




いつもならここから一つ一つ感じたこと書きおこしていくんですけどねー…。
今回ばかりは、ちょっとお手上げです。


フィリップがパリの黄金時代の時から感じていた欲との葛藤と懸念の現実化とか、リッシュモンの騎士道と祖国への想いとの板挟みとさらにそこに加わったモンモランシへのアムールというぐちゃぐちゃな心の中でも選択した心意気だとか。
同じ庶民の出としてファストルフがジャンヌに抱く微かな劣等感と対抗心、しっかり成果をあげている自分よりも血筋でチヤホヤされているリッシュモンに対する「絶対に見返してやる!」精神。理解できるだけに今巻時点での結末が哀しい。


書くとしたらこのくらいが限界なくらいに、今回はうまく読み解けませんでした…。
悔しい…。
…悔しい……




以上、です…。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士III (ダッシュエックス文庫)
春日みかげ
集英社 (2016-04-22)
売り上げランキング: 127,897

どもー。
デスカイザーです。


今カウントしてみたら、実に16日ぶりの休み!
……そりゃ風邪引くわ。
結局午前中はゼミの課題やってたけどなー!

アニメ消化するか、それともラノベ読むか悩むところ…。
今日ばかりは就活のことは忘れましょうや!!



んじゃ、今日のラノベ!

都市伝説系彼女。

ダッシュエックス文庫より
『都市伝説系彼女。永遠子さん救済倶楽部』です。


【あらすじ】

非科学的なことを一切信じない多賀谷敬一郎は、高校の入学式でユーレイにパンツを奪われたという謎の美少女・久喜島永遠子と出会う。怪奇現象に好(憑)かれまくる永遠子を救うため、敬一郎たちは“永遠子さん救済倶楽部”、通称『文類研』を立ち上げるが、出てくるユーレイや怪奇現象は、なぜか残念なものばかり!?都市伝説のカシマレイコは下ネタ大好きだった!?メリーさんは実はすぐ迷子になる!?おまけにコックリさんはエロい言葉しか指し示さない!?ゆる~くカワいい怪談青春ラブコメ、開幕!!


感想:★★★★★


やっべ寧々子可ぁ愛いっ!?!



怪奇現象の正体自体はとてもゆるーいものだと1章のテケテケ痴女で分かってからは、ずっとゆるーい気持ちで読めました。
結末のゆるさに対して、その過程は真剣だから弛れることも無く。

特に民俗学や社会心理学の知見で解説してくれる謙吾の存在が大きいですね。
主人公・敬一郎は何があっても頑なに「怪奇現象は非科学的」という態度を崩さないのに比べ、謙吾は「そういうこともあるかもな」という姿勢で、それすらも仮説定説に絡めて話してくれるからすごく分かりやすい。



そーれにしても寧々子可愛いなぁもう!
性格と体格からPCゲーム『サノバウィッチ』の和奏を連想したせいでCVみくにゃん再生余裕だったんだけど、もう怖い話のたびに主人公に「ひしっ」としがみついたり服つまんだりするのがもうたまらなくてね!?
なんなのこの子天使なの!?
んでしかも料理で餌付け済とかどうしようもなくどうしようもねぇ!
メリーさんと連携してどうにかこうにかお持ち帰りできませんかね!

できない?
なら仕方なくない。





錯乱。




疲れたあなたに半分痴女(物理)



以上!

都市伝説系彼女。~永遠子さん救済倶楽部~ (ダッシュエックス文庫)
おかざき登
集英社 (2016-03-25)
売り上げランキング: 32,389

どもー。
デスカイザーです。


ちょっとスケジュール的に修羅場ってました。
捻出しようと思えば更新する時間無くはなかったけど、
「ちょっと休憩させてくれ…」となるくらいには緊張状態が続いているのですよ…

昨日(3/24)が誕生日だったんですけど、今週一番忙しかったのが昨日から今日にかけてというところで、もう学生じゃいられないんだなぁと思いました。
何せ小学生以降、誕生日に遊び以外の用事が入ったこと無……あったわ。
引越しのアルバイトやってたわ。




きょ、今日のラノベ!

異世界Cマート繁盛記 (ダッシュエックス文庫) 

ダッシュエックス文庫より
『異世界Cマート繁盛記』です。


【あらすじ】

異世界×エルフ×スーパーマーケット=俺が店主。ストレスフルな現実を“辞める”ことにした「店主」は、ふとしたことで異世界に紛れ込んでしまう。親切にしてくれた異世界の人たちに恩返しをしたい!行き倒れのエルフ娘を店番に雇って、店主は小さな商店を開くことに―。店に並べるのは現代文明の品!砂糖にコーヒー、チェーンソーからレジ袋まで、今日も売れに売れまくっています!近所の“オバちゃん”から子供たち、果てはドワーフの鍛冶師に伝説の冒険者まで!?「異世界Cマート」は今日もお客さんの笑顔でいっぱい!まったりスローライフな店主生活、本日も気ままに大営業中!


感想:★★★★★

疲れたこころに一服の清涼剤




緊張の糸がプツンと切れ、何もかもを放り出した昼下がり。

空を見上げながら、ふと角を曲がったら……見慣れない景色。

たっぷり10分近くかけて、理解はできないけど、納得はした。


異世界か……。
……まぁ、いいか。



っていうところから始まる異世界ライフストーリー。



現実世界から持ち込んだ様々なものを異世界で売り、
通貨がある程度溜まったら一部を砂金に交換し、
その砂金を質屋に預け、お金を得る。
そしてそのお金でまた何か買い、異世界で売る。

商売として成り立っているけど、主人公としてはお金儲けをしたいわけじゃなくて、右も左も分からなかったところを助けてくれたオバチャンをはじめとした異世界人への感謝の証。
自分の売り物でお客様が笑顔になるんだったら、利益なんて無くてもいい!という気持ちで経営されています。


なんかNPOっぽいね。
高度文明による嗜好品や高技術商品を格安で提供し、生活圏全体を豊かにするっていうところが。
必要以上に無料で配ると社会主義国家における労働のモラルハザードがおきるけど、お金を対価として要求している以上はそんなことはおきにくいし。




数少ない現実世界の登場人物である、質屋の娘さんが異常にヒロイン力高いんですよね。
実家の仕事柄経営・財務関係についての知識をしっかり持っている秀才っぷりを見せたと思ったら、ちょっとお茶目に主人公をいじってみたり。
うん。
かわいい。





最近特に緊張状態が続いていたので、これくらいゆるふわなストーリーだと本当に癒されます…。
新木先生作品で言うなら『GJ部』よりもさらに脱力系。

何か壮大なことが起こるわけでもなく。
世界が救われるわけでもない。
そこにあるのは、


笑顔だけ







以上!

今日のラノベ!

マルクスちゃん入門 (ダッシュエックス文庫) 

ダッシュエックス文庫より
『マルクスちゃん入門』です。


【あらすじ】

思春期ど真ん中の魔法使い、主人公ハテテルは英霊召喚をしようとしていた。片想いのギャルJKと結ばれるための愛の使徒を!だが現れたのは革命の哲学者を名乗る一人の少女で!?三日以内にギャルJKと恋愛成就しなければ、この変態哲学少女カール・マルクスと死ぬまで○○○…!!我欲と自制に板挟みな青年と人類史上最“紅”なサーヴァントによる思想革命ラブコメ、指導開始!恋愛の最底辺労働者たちよ、今こそ勃ちあがるのだ!(楽しい用語解説付きです)。


感想:★★★☆☆

その筋のかたが見たら卒倒すること間違いなし☆な問題作ですね!



カール・マルクス



はいそこの経済学部のあなた!
聞き覚えありますね?ありますね??
無いと答えた経済学部生はもう1回入学からやり直してください

っていうくらい有名な経済学者。
具体的なわかりやすい研究としては、等価交換の原則に基づく労働価値という概念とか。
「資本主義は最終的には共産主義へと至る!」っていう理論体系の完成者でもあります。
そういう意味で哲学者、思想家でもありますね。

まぁそういうわけで経済の入門編とかで絶対学習する方なんですよね。
マルクス先生は。

それが、この作品では、
















寝取りシチュに興奮しすぎて



息を乱しながら

ミミズで鬱勃起をきめる

変態なバニーガール少女






として描かれています!

必殺技は




マルクス共産砲



本気で刺されても知らないからね!?




そんな変態もといマルクスちゃんは、自分があまりに召喚されないことに焦り、恋愛成就のためにナイチンゲールを召喚しようとしていたハテテルの儀式に横入り!
ナイチンゲールは吹っ飛ばされた衝撃で近くにあったハーピーっぽい人形の中に押し込められ、一応人間として召喚されたマルクスは魔法陣の暴走によりハテテルと両思いになる呪い(3日後にヤリ続けて死ぬ)が付加!
⇒呪いを解除するためにはハテテルの恋を実らせるしかない!

という物語です。


『どくろちゃん』のおかゆまさき節をきかせつつ、マルクスの資本主義観・共産主義観を交えたコメディはさすがでした。
なんといっても最初から最後までとにかく誰も彼もが暴走しすぎてずっと叫び続けてるくらいの疾走感が良かった!



いや、うん。
本当にこれ怒られない?

『デスニード・ラウンド』は権利関係でのやばさだったから最悪訴えられるくらいで済むけど、こっちは学問だからなぁ…。
作品としては本当に面白いよ?
ただ、学問って一種宗教的な側面もあるわけで…。

”そういう人達”がこの作品を読んだら……と思うと……。




ぼく、しーらないっ!



以上!

↑このページのトップヘ