デスカイザーのラノベ日誌

ライトノベルの感想を……綴るっ!

カテゴリ: ダッシュエックス文庫

今日のラノベ!

マルクスちゃん入門 (ダッシュエックス文庫) 

ダッシュエックス文庫より
『マルクスちゃん入門』です。


【あらすじ】

思春期ど真ん中の魔法使い、主人公ハテテルは英霊召喚をしようとしていた。片想いのギャルJKと結ばれるための愛の使徒を!だが現れたのは革命の哲学者を名乗る一人の少女で!?三日以内にギャルJKと恋愛成就しなければ、この変態哲学少女カール・マルクスと死ぬまで○○○…!!我欲と自制に板挟みな青年と人類史上最“紅”なサーヴァントによる思想革命ラブコメ、指導開始!恋愛の最底辺労働者たちよ、今こそ勃ちあがるのだ!(楽しい用語解説付きです)。


感想:★★★☆☆

その筋のかたが見たら卒倒すること間違いなし☆な問題作ですね!



カール・マルクス



はいそこの経済学部のあなた!
聞き覚えありますね?ありますね??
無いと答えた経済学部生はもう1回入学からやり直してください

っていうくらい有名な経済学者。
具体的なわかりやすい研究としては、等価交換の原則に基づく労働価値という概念とか。
「資本主義は最終的には共産主義へと至る!」っていう理論体系の完成者でもあります。
そういう意味で哲学者、思想家でもありますね。

まぁそういうわけで経済の入門編とかで絶対学習する方なんですよね。
マルクス先生は。

それが、この作品では、
















寝取りシチュに興奮しすぎて



息を乱しながら

ミミズで鬱勃起をきめる

変態なバニーガール少女






として描かれています!

必殺技は




マルクス共産砲



本気で刺されても知らないからね!?




そんな変態もといマルクスちゃんは、自分があまりに召喚されないことに焦り、恋愛成就のためにナイチンゲールを召喚しようとしていたハテテルの儀式に横入り!
ナイチンゲールは吹っ飛ばされた衝撃で近くにあったハーピーっぽい人形の中に押し込められ、一応人間として召喚されたマルクスは魔法陣の暴走によりハテテルと両思いになる呪い(3日後にヤリ続けて死ぬ)が付加!
⇒呪いを解除するためにはハテテルの恋を実らせるしかない!

という物語です。


『どくろちゃん』のおかゆまさき節をきかせつつ、マルクスの資本主義観・共産主義観を交えたコメディはさすがでした。
なんといっても最初から最後までとにかく誰も彼もが暴走しすぎてずっと叫び続けてるくらいの疾走感が良かった!



いや、うん。
本当にこれ怒られない?

『デスニード・ラウンド』は権利関係でのやばさだったから最悪訴えられるくらいで済むけど、こっちは学問だからなぁ…。
作品としては本当に面白いよ?
ただ、学問って一種宗教的な側面もあるわけで…。

”そういう人達”がこの作品を読んだら……と思うと……。




ぼく、しーらないっ!



以上!

どもー。
デスカイザーです。


今日、バイト中に猛烈にカラオケに行きたくなって死ぬかと。

まぁ、それだけですね。



んじゃ、今日のラノベ!

文句の付けようがないラブコメ5 (ダッシュエックス文庫) 

ダッシュエックス文庫より
『文句の付けようがないラブコメ 5』です。


【あらすじ】

九十九機関の走狗としての己を貫いたユウキだが、そのことにより神との関係は振り出しに戻ってしまった。ふたたび始まる変わらぬ日々。セカイが身を削つて世界を保ち、対価としてユウキがセカイに身を捧げるという、歪なかたち。それが続けられるならまだいいが、セカイの命は限界に近づき、いずれにせよ近いうちに世界は終わる。運命を変えられる可能性を持つのは、神として奇跡の力を揮える神鳴沢セカイしかいない。自分の役割と、愛する人を想う気持ちとの狭間で苦悩するユウキは、最終的に“新婚旅行”という奇妙な答えを導き出す。果たして彼の真意とは―?


感想:★★★★☆

”この世界”での前後編の後編。
前回ラストで九十九機関の狗であることを選択したユウキ。
”今回”はいつもとは違って殺伐とした空気が最後まで続くのか…?

と思いきや、セカイはそんなユウキを含みをもたせつつも称え、受け入れると表明。


そして二人(とおチヨさんとクルミとハルコ)は「最高の新婚旅行」へ!
セカイを神の役目から解き放ち、世界の隅から隅まで、本当の自由を与える旅行。

これまでのどの世界でも神の役目という鎖を本心から捨て去ることのできなかったセカイが、今回ようやくその鎖から解放されて、全力のはしゃぎっぷりを見せていたのが嬉しかったです。
嬉しかったけど…。
鎖から解放、と言っても要は九十九機関がセカイに世界を守らせることを放棄しただけなので。
そんなことしたら世界がどうなるかは前回の物語で痛いほど思い知らされてるわけで。



読んでる最中はセカイやハルコの滅多にないはしゃぎっぷりを見てるのが楽しかったけど、さすがに3回目ともなると今回の物語がどんな幕引きになるのかが予想できちゃってね…?
それでもしっかり身を引き裂かれる思いではあるんだけど、1巻でのインパクトを考えると慣れてきたな~と。


段々とこの”ゲーム”の真相に近づきつつあるハルコ。
(頑張れ推理担当)
デスカイザーも一応仮説は立てたけど、さすがに当たるわけが…
今までこの物語にどれだけ希望を打ち砕かれてきたと思ってるんですか!?

一応予想メモ。

このゲームを始めたのはセカイ本人。
おそらく無意識に。
ただ神として苦行を耐え忍んできたセカイにユウキが唐突に「結婚しないか?」と迫り、結婚し、人生(否、神生)の中で初めて幸せというものを知ったセカイ。
神は願ってしまった。
「いつまでもこんな幸せが続けばいいのに。」
そして、同時にこうも願ってしまった。
「神の役目から解放された状態でユウキと過ごしたい。」

その2つの願いを無意識のうちに、”神の力”が歪んだ形で叶える。
すなわち、
「ユウキはセカイを助け出さなければならない。助けられなければ最初からやり直し。」


どうよ!?


真相は次巻または次々巻で!





以上!

どもー。
デスカイザーです。


ろくに確認せずにラノベをカゴに放り込んでたら、買い逃しが2冊も…。
これはひどい……

10日に買うときに忘れないようにせねば!



んじゃ、今日のラノベ!

文句の付けようがないラブコメ  4 (ダッシュエックス文庫)

ダッシュエックス文庫より
『文句の付けようがないラブコメ 4』です。


【あらすじ】

またしても為された再構築。新たな世界で桐長ユウキに割り振られた役割は、これまで敵だったはずの九十九機関の側に立つこと。しかも彼は、神鳴沢セカイを使役して世界を救う使命を帯びていた。苦痛に満ちた“お務め”を果たすことに疲弊しているセカイは、ユウキに対して冷え切った態度を取るが、ユウキはあくまでも忠実に役割を果たしていく。そうするうちに、縮まるはずのなかったふたりの関係はゆっくりと変化していくのだった。そんな折、とある一夜の出来事が、彼らの距離を急速に近づけていくことになるのだが―


感想:★★★★☆


2・3巻の世界の結末があまりにもあまりにだったので覚悟して読み進めたけど、少し油断したところにボディブロー打ち込まれて悶絶した感じの…


要するに、また、絶望が、ですね


今までよりユウキが九十九機関寄りの立場を取り、小岩井さんが最初からユウキに九十九機関の関係者であることをバラした状態
っていうのが、4・5巻の”世界”の特徴。
あくまでも”機関の一員”としてセカイと接するユウキが、(とんでもない量の)お酒を通じて少しずつ分かりあっていき、次第に恋愛へと発展していく、というのは新鮮でした。
今までは”一人の無害な男子高校生”としてセカイと接してたからね。


まぁ、結局ラストシーンで九十九機関寄りの立場っていうのが働いた結果、セカイの背筋の凍るような一言が生まれたわけですが。

((((;゚Д゚))))


とりあえず、この世界は今までで一番ひどい結末が待っていそうな予感。
5巻は気を引き締めて読まないと、やられる。

間違いない。



以上!

どもー。
デスカイザーです。


読書しながら艦これしても集中が途切れないようになりました!
人類の新たな一歩ですよ!

これで最近の読書不足をなんとか解消したいところ…。



それじゃ、今日のラノベ!



ダッシュエックス文庫より
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士2』です。


【あらすじ】

アルマニャック派の亡命政府が推すフランス姫太子シャルロットの姫騎士に就任したジャンヌは、モンモランシやアスタロト、乙女義勇軍らと共に、オルレアンへと進軍する。亡命政府にとって最終防衛拠点である都市オルレアンは、イングランド軍に包囲され、いまや陥落寸前だった。賢者の石の力を手に入れて、人間を超えた「ユリス」となったジャンヌに導かれ、一同は辛うじて入城を果たした。だが、そこにはジャンヌを狩るためにイングランド軍が派遣した最強の敵が待ち構えていた―。混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編、運命が加速する第2巻!!


感想:★★★★★

2巻でようやく作品の癖を掴みきれた!


感想に入る前に露骨なマーケティングを!
『織田信奈の野望 全国版』がファンタジア文庫から9/19に発売!
GA文庫時代の『織田信奈の野望』1~10巻と外伝を全面改稿+短編の追加!
新たなキャラクターに新たな展開の数々によって、既存ファンだけでなく「アニメ見てたけど原作には手が伸びなかった」という方にも、まだまだ『織田信奈の野望』を知らない方にも楽しんでもらえる作品になっているんじゃないかと思います。
……いや、作者じゃないからどう変わってるか知らないけど。
同日にはさらにドラゴンマガジンに掲載されていたサイドストーリーをまとめた短編集も発売!
12巻一斉に手に取るも、試しに1巻だけ手に取ってみるも良し!
ぜひどうぞ!!

わたしはー。
合宿の初日が重なってしまったのでー。
おとなしくポチッときましたー。




さてさて。


先生自ら「1&2巻で上下巻構成」とおっしゃられているだけあって、1巻で「ん?」と思っていたところが綺麗に解きほぐされた感じです。
文量的には結構読むの大変だけど、1巻で諦めず2巻まで読めば面白くなる!
……はず!!

その1巻の感想は以下からどうぞ。
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1』


1巻はざっくり言うと、ユリスになったジャンヌをシャルロットに引き合わせるまでのお話でした。
そこから続く今巻は、シャルロットをフランス女王としてランスという都市で戴冠させるために、対イングランドのフランス最終防衛戦であるオルレアンを奪回するお話です。

1巻では学生編以外での出番が無かったバタールとアランソン、そして1巻でジャンヌを救った女傭兵ラ・イルに恋するがさつな傭兵ザントライユの3人が新たに主要キャラとして登場。
それぞれが尖ったキャラクターを持っているんだけど、3人共戦いの中で己のやるべきこと・やらなければならないことを見つけていくうちに……さらにキャラクターが尖っていく…。
バタールとか最終的に「女装を習慣づけられてしまった美少年」から「同性愛に目覚めた男の娘」になっちゃうからね?
それほどジャンヌとモンモランシが周りに与える影響はドデカいです。
救世主だしね?


とか言いつつ、ジャンヌは今回大ピンチ。


ジャンヌ、一回死にます。

正確には賢者の石のおかげで、心臓取られてるけどギリギリ生きてるので「死にかけ」ですが。
……いや、死ぬだろ。
イングランド軍にもユリスが現れ、さらにはユリスではないのに賢者の石を武器として使うボウガン使いによって瀕死に追い込まれてしまうジャンヌちゃん。

ジャンヌちゃん信奉者じゃなくても十分トラウマレベルの画ですね。



その死にかけのジャンヌを救うべく、モンモランシたちは”治癒”の能力をもつ賢者の石を探しにモンモランシの実家ちかくへ。

7つある賢者の石は、そのそれぞれに特性みたいなものがあるんですね。
その特性によってユリスに発現する能力が変わります。
たとえばジャンヌに埋め込まれた半球の賢者の石は”加速”の力。
(賢者の石は分割すると、それぞれに違った特性が出る…?つまり「もう半分」は…?)

モンモランシたちが探していたのはご存知エクスカリバー!!
……の鞘。

エクスカリバーも賢者の石を加工したものなんだけど、その鞘も治癒の能力をもった賢者の石なのでした。
今巻では、そのエクスカリバーの持ち主、アーサー王(アルチュール王)の伝説の真実、さらにはアスタロトの真実にも迫ります!
アスタロトに関しては幕間の物語のほうでもそのルーツが明らかになります。
こっちのモデルは”ノアの方舟”だと思われ。

さらにはモンモランシにも、当然のように「ある秘密」が…。
この秘密が「赤髭のジャン」の一連の行動につながっていたんですねー。



伝説も歴史も知らない状態で読んでるからかもしれないけど、『ユリシーズ』という作品は第一印象をことごとく覆してきます。
粗野だと思った人間が理知的な行動をとったり。
まともだと思ってた人間が変人になってしまったり。
クズだと思っていた人間も行動理由を聞くことで一気に納得したり。

今のところ覆されるまでの最短記録はラ・イルで、最長記録は赤髭のジャン…じゃなくてフィリップですね!
そうですよフィリップちゃんですよ!!

1巻のラストでモンモランシとキスした彼女。
モンモランシとキスした人間は……エリクシルを得る。
そしてエリクシルを得た人間は……賢者の石を用いてユリスとなれる。

さぁ、この感想記事を丁寧に読んだ方はひとつの真実に気づきますね?





一番好きなキャラクターが一番過酷な運命に身を投じているのがつらい…。

そんな彼女は3巻で暴れそうなので、とても楽しみなんですよ!!
ジャンヌの賢者の石:ソロモンの指輪の代償は〈傲慢〉
今巻で新たにユリスとなったラ・イルのジョワユーズの代償は〈暴食〉
そしてその彼女の賢者の石:聖杯の代償は〈色欲〉


〈色欲〉

大事なことなので2回言いました。


べ、別に過度な期待はしてないんだからね!
ちょーっとモンモランシ押し倒して際どいところまで行ってもらってそこが扉絵になるくらいしか期待してないんだから!



ここからは少しダラダラしゃべります。

ジャンヌ・ダルクを題材にしたラノベ・ノベルゲームといえば某fateシリーズが真っ先に出てくるけど(デスカイザー個人の発想です)、よくよく考えると人物が出てくるだけで彼女がどういう足跡をたどったのか、まわりにどんな人がいたのか、っていうのは無いんですよね。
サーヴァントとして召喚されたzeroのバーサーカーとかライダーとか、ほんの一部に関してはあったけど。
(今zeroのバーサーカーの記事みたら、今のところ『ユリシーズ』には名前だけ登場している方でした)

んで、それ以外に有名な作品(デスカイザー個人の感想です)が思いつかなかったんですよね。
これだけ有名な伝説にも関わらず、なぜこんなにもモチーフにしている作品が少ないのか。
また、ジャンヌ・ダルクという存在は知っていても、その詳細があまり知られていないのはなぜなのか。
『ユリシーズ』を読んで、よーく分かりました。

それはですね……



めんどくせぇ!



ってことだと思います(笑)
英仏+近隣諸国の関係の把握にはヨーロッパの地図をそこそこ把握していないと厳しいものがあるわ、複雑に入り乱れた血縁関係と人間関係が混乱を誘うわ、騎士道&カトリックっていう門外漢が理解するには時間がかかる勢力が絡むわ…。

面白いよ?歴史をモチーフにしている作品って人間関係が多少複雑でも「事実だったならしょうがないかなぁ」って諦めがついてオールファンタジーよりは許せるから面白いよ?
それでもやっぱり誰にでもおすすめできるかと言うとそうはならないよね…。

中学・高校レベルの内容とはいえある程度の基礎知識が前提条件だし、歴史が反射的なレベルで嫌いならどうしようもないし。
ラノベ…ではあるけど、一般文芸の歴史作品よりやや低い程度のハードルはあると思います。
『信奈』を布教してても思ったけど、やっぱり層を選ぶ作品なのかなぁ…。歴史作品って。

こういうところでも、小さい時から鬼畜教育を施してくれた親に感謝。
そのおかげで、こうして比較的楽に物語世界を把握できてます。
……ヨーロッパの地理とか大学の友達に聞いたら、たぶん半分くらい「?」を浮かべると思うもん。
そう言ってる俺も西ヨーロッパとスカンディナビア半島あたりしか自信が無い…。


よし駄弁り、終わり。


どもー。
デスカイザーです。

毎週木曜日恒例の『空戦』放送後のアクセスが伸びる現象は今週も発生。
原作が気になるくらいにはアニメの評判が良いようで。

先週の放送が録画できてなかったデスカイザーによる『空戦』コメントでした(泣)


それじゃ、今日のラノベ!



ダッシュエックス文庫より
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1』です。


【あらすじ】

十五世紀、フランス王国は王位継承権を巡り、イングランド王国と苛烈な戦いを繰り広げていた。そんな中、貴族の息子でありながら魔術や錬金術の研究に没頭する少年モンモランシは、パリの王立騎士養成学校でブルターニュ公の妹リッシュモンら、多くの騎士・姫騎士候補に囲まれ、慌ただしくも充実した日々を送っていた。だがアザンクールの戦いでの大敗によって、フランスと彼らの運命は一変する。パリが陥落し、騎士養成学校も閉鎖され、すべてを失いお尋ね者の流れ錬金術師となったモンモランシは、逃亡先の村で不思議な少女ジャンヌと出会う…。混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編!!


感想:★★★★☆

言わずと知れた聖女ジャンヌ・ダルク+ファンタジー!


『織田信奈の野望』の春日みかげ先生の作品なわけですが、先生色のよく出た作品だったと思います。
地の文での「会話」だったり、どことなく空気を読まないキャラだったり。
気合の入ってるロリコン集団も健在!

親分は、永遠に!
穢れない!!



とまぁ信奈ネタはそこそこにして『ユリシーズ』の感想をね。ちゃんとね。


言わずと知れた、とか冒頭に書いといてあれですが、ジャンヌの伝説の詳細って実はあんまり知らないんですよね。
お告げ聞いた少女が立ち上がって民衆煽って都市奪還した、くらいの認識でした。
ってことでぶっちゃけ個人的には『信奈』ほど把握できてない舞台&キャラ設定から。

十五世紀。
イングランドがフランスの王位継承を求めて始めた百年戦争末期が舞台。

パリの騎士養成学校の同じ教室で授業を受けていた様々な立場の6人の少年少女たちが「友情の誓い」を立てるまでがプロローグ。
その6人を把握するのがまた難しい。
逆にその6人を抑えられさえすれば、国家闘争を把握したも同然なので気合い入れて覚えましょう。


・モンモランシ……主人公で、フランスの悪名高い大貴族「赤髭のジャン」の孫。人生が大体錬金術と妹と妖精で構成されているような少年。妖精女王アスタロトと出会い賢者の石を使って”妹”やリッシュモンを助けようとするも、研究に没頭するあまり時間を忘れ気がついたら七年が経過。リッシュモンからは絶縁され国からは異端扱い、妹(従妹)との結婚を強要しようとしてきた祖父から逃げたことで廃嫡され一文無しの逃亡生活。その逃亡先で最後の賢者の石の実験を行う場として選んだ祭壇遺跡で出会ったのが、死別した”妹”と同じ名前をもつジャンヌで、まぁ色々あってジャンヌに賢者の石を埋め込み”ユリス”とし、以降幼女(ジャンヌ)と頻繁にキスすることになり、その度に多方面からの文句を浴びることになざまぁwww

・リッシュモン……デジモンではない。
兄はフランスの領邦国であるブルターニュ公告の主君筋、母は夫との死別後先代のイングランド再婚しているため現在のイングランド王の義理の妹、さらには実力を買われ騎士道を学びにブルゴーニュ宮廷への留学も経験している。この時代の主な4勢力であるフランス・イングランド・ブルターニュ・ブルゴーニュの全てと何らかのつながりをもつ存在。それ故に彼女の運命は数奇であり、それ故にこちらとしてはとてもこんがらがることになるとも言える。

・シャルロット……フランス王シャルル六世の娘。兄が二人ほどいるため騎士養成学校にかよっている時点では王位継承はしない確率のほうが高かったが、結局王位継承することになります。
彼女の母であるイザボーはドイツからフランスに嫁いできた絶世の美女。当然シャルル六世の妻なんだけど、シャルル六世の弟であるオルレアン公ルイ(当時王宮を二分していたうちのアルマニャック派のトップ)との不義の恋に走り、庶子をもうける。その後ブルゴーニュ公ジャン(二分していたうちのもう片方ブルゴーニュ派のトップ)によりオルレアン公ルイが殺されると、ブルゴーニュ公ジャンとの恋にはしる。なんでお前らはこうも複雑な関係にしたがるんだ!?
そしてシャルロットは男性不信、母嫌いとなる。

・バタール……シャルロットの母イザボーがオルレアン公ルイとの間にもうけた庶子がこの子。男性嫌いのシャルロットのお付きの人みたいなポジションをとってるので女装を強要されている。早い話が男の娘。かわいい(と専らの噂)

・フィリップ……ブルゴーニュ公ジャンの娘。「お漏らし姫」なんて呼ばれてしまうほど気が弱く泣き虫だったりするけどれっきとしたブルゴーニュ公国の跡取り。バタールやシャルロットへ懺悔するために騎士養成学校にきた、というエピソードからも分かるとおり心優しい姫様。

・アランソン……ブルターニュ公家の出でリッシュモンの従弟。おそらくこの時代では最も平均的な騎士に近いはずなのに、その”平均的な騎士”っていうのが伝統的な騎士道精神を重んじているから、周りからはやたら気障ったらしく見える。おそらく6人の中で一番家庭環境が複雑じゃない子。安息地。


以上の6人が友情の誓いを立てた7年後がこの物語のメイン舞台です。
錬金術師となりアスタロトとともにジャンヌを導くモンモランシ。
ブルターニュ公国の姫騎士リッシュモン。
フランス王位継承者シャルロット。
ブルゴーニュ公国善良公女フィリップ。
オルレアン防衛戦隊長バタール。
たしかオルレアンの副隊長的なポジションのアランソン。

6人の複雑に絡む運命が物語に旨みを生み出しています。
日本料理的なたとえですね。なぜでしょう。


幕間として挟まれている、神の時代の最期の様子(名前が違うから不明瞭だけどおそらくアスタロト視点)がまた固有名詞バンバンでてくるから眠くなるんだけど、ギリギリ寝ないくらいには面白い!
……褒めてるんだか批判してるんだか分からない文章だな…。
フォントが幕間だけ変わってるんだけど、それがまたなぜか眠気のスイッチに…。



もう少しwikiかなんかでジャンヌ・ダルク伝説について知識深めてから読んだらもっと面白いのかも?



とりあえず今のところ一番グッときたヒロインはまさかのフィリップです。
完全にラスト1コ前の挿絵とシチュにやられました!
太もも最高!(そっちでもあるがそっちだけではない)



2巻も連続して読んでるので明日の記事も『ユリシーズ』です!


以上!
プラゲリが始まってるから最後駆け足ぎみですごめんなさい(パズドラ)

↑このページのトップヘ